トップへ戻る

車中泊におすすめのマット厳選10選!人気アイテムの価格を比較!

車中泊におすすめのマット厳選10選!人気アイテムの価格を比較!

車中泊をする際に不可欠なアイテムであるマット。価格もピンキリでニトリ等のホームセンターで買えるものも多いです。今回はそんなおすすめのマットを軽自動車サイズのもの等と分けてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車中泊で使用するマットとは?

車中泊で使用するマットは、空気を入れて使うものが一般的になります。

いわば、簡易ベットのようなものになり、車内で寝ていても沈み込まず、座席の凸凹にも悩まされず、寝返りを打つことも出来ます。

車中泊のマットは、2種類あり、自分自身で空気を入れるタイプのものと、バルブを開けると自動的に空気の入るものになります。

空気の入っていない状態であれば、丸めて収納をすることが出来るため、持ち運びにも非常に便利です。

知ってる?車中泊のマットの役割とは?

車中泊マットの役割は、車内での睡眠をサポートすることにあります。

先ほども説明した通り、車内は、シートを倒すだけでは、凸凹しているので、背中が痛くなったり、あまり寝れなかったり、といった悩みがあります。

車中泊マットは、厚みのあるウレタン素材を使用しているものが多く、空気を入れることで硬さも調節することが出来ます。そうすることで、車内をフラットにすることが出来るため、シートの凸凹などは気にならなくなります。

そして、クッション性も良く、通気性や防寒性にも優れているので、車内での睡眠の質を上げることが出来ます。

使い方は非常に簡単で、空気を入れるだけです。バルブを開ければ、勝手に空気が入ってくるものもあるため、非常に使いやすいマットもあります。

車中泊マットの選び方 厚さは10cmがおすすめ!

車中泊でも快適な睡眠を得たいのであれば、車中泊マットの厚さは10cmがおすすめです。
厚さが10cm程度あれば、シートの凸凹は気にならないという声が非常に多いです。

しかし、車種によって、凸凹具合は異なるので、車中泊マットを買う前に一度確認するようにしてください。

Amazon等通販だけでなくニトリ等のホームセンターで買える

車中泊マットが欲しいと思った時に、どこに行けば買えるのでしょうか?

通販サイトだけではなく、ニトリ等のホームセンターでも購入可能です。

ただ、気を付けなければいけないのは、ホームセンターで売っているマットは、車内で使えるようなマットであって、車中泊専用のものではない場合があります。

ちなみに、ニトリで売っているのは、空気を入れて利用するものではなく普通のマットレスです。

4つ折~6つ折が出来る折り畳み式のマットレスであれば、持ち運びも出来るため、車中泊用のマットとして使われています。

人気・おすすめの車中泊マット5選

車中泊マットも色々な種類がありますが、その中でも特におすすめの5つをご紹介していきます。

1. QSH 車中泊マット

車中泊マット 車中泊 ベッド エアーマット アウトドア 車用ベッド エアーベッド ベッドキット (ダークブルー)

サイズ:132×27×36cm

こちらは、後部座席の足元に設置をするタイプの車中泊マットです。
表面がスエード調になっているので、滑らかな寝心地が特徴です。

フルサイズのマットではないので、コンパクトで収納もしやすいのですが、空気入れは付いていないので、注意をしてください。

2. ねむりっち トラック布団 スタンダードタイプ

【日本製】ねむりっち トラック布団 スタンダード ブラック 抗菌・防臭・防ダニ 60㎝ 4tワイド 60㎝×200㎝ 【20日間安心保障】

サイズ:200×60×約7cm

こちらは、トラックの運転手をしているドライバーの方向けに作られた布団です。
ダイヤ柄のキルティングで寝心地を良くしています。

空気を入れるタイプではないため、布団を置いておくスペースが必要になります。

3. QSH エアーベッド

エアーベッド SUV車用ベッド アウトドア エアーマット ベッドキット キャンプ用 車中泊ベッド 後部座席用 進化版 (ダークブルー)

サイズ:180×128×12cm

先ほど紹介した、QSHのベットタイプのもので、SUV車用の車中泊マットとして紹介されていることもあり、かなり大きめのマットです。

後部座席全面にマットを置くことが出来るので、快適な睡眠が可能です。こちらには電動の空気入れが付くので、空気も非常に入れやすくなっています。

4. GROOVY OUTSTYLE 車中泊 マット

GROOVY OUTSTYLE 車中泊 マット 厚さ8cm ライトブラウン 1枚売り 自動膨張式 エアーマット キャンピングマット マットレス 簡易ベッド 車中泊ベッド エアーベッド インフレータブルマット (ライトブラウン)

サイズ:185×63×8cm

こちらは、2ヶ所のエアバルブを回すと自動で膨らむ車中泊マットです。そのため、かなり簡単に膨らませることが出来ます。また、マットを2枚以上使って連結をさせる際も、ボタンを留めるだけなので、広々と使うことも出来ます。

収納の際は空気を抜いて、丸めてしまうことが出来るため、非常にコンパクトになり、収納場所にも困りません。

5. MEITAN  車中泊ベッド

MEITAN 車中泊ベッド SUV車用ベッド エアーベッド 後部座席用 車用エアーベッド アウトドア キャンプ用品 ベッドキット ドラウブマットレス エアーピロー無料提供 MT-BS006 (ネービー)

サイズ:180×130×12cm

こちらはSUV車用の車中泊マットです。エアーピローも2つ付いており、車中泊でも快適に過ごすことが出来ます。

大きいサイズですが、電動エアーポンプも付いているため、5分程度あれば空気も入ります。愛車がSUVで車中泊用のマットをお探しであればぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

軽自動車におすすめの車中泊マット5選

近年は、アウトドアブームの影響もあり、軽自動車で車中泊をする方も非常に増えています。

しかし、車中泊マットはSUV車などに合わせて作られているものも多く、軽自動車だと中々サイズが合わいことも。ここでは、軽自動車でも使える車中泊マットを紹介していきます。

1. FIELDOOR 車中泊マット

FIELDOOR 車中泊マット 5cm厚 Sサイズ ブラック 自動膨張マットレス 連結可能 高密度ウレタンフォーム 大型バルブ エアーマット インフレータブル キャンプ アウトドア

サイズ:195×60×10cm

こちらは、サイズがS・M・Lの3種類があり、マットの厚さも5cmと10cmで選ぶことが出来ます。
使う際もバルブを開けると勝手に空気が入って膨らんでくれるため、使いやすさも◎。ボタン付きなので、連結させることも可能なため、大型車で並べて使うことも可能です。

2. オンリースタイル 車中泊専用マット

オンリースタイル 車中泊専用マット 自然に膨らみ シートの段差をしっかり解消【1枚】 (0094)

サイズ:198×66×10cm

こちらは、最高の寝心地を追求した車中泊マットです。寝心地はもちろんのこと、使い方も簡単で、こちらもバルブを開けると自動で空気が入ります。

また、マジックテープで連結出来るようになっており、つなげて使うことも出来ます。

3. Levolva<レヴォルヴァ> 車中泊マット

Levolva<レヴォルヴァ> 車中泊マット 超軽量 折畳み リバーシブルタイプ 185cm×62cm LVOM-3

サイズ:185×62×1.3cm

こちらは、折り畳み式の車中泊マットになっており、650gといった超軽量が特徴です。薄さが気になる・・・といった方もいらっしゃるかもしれませんが、断熱&緩衝性に優れた高発泡PEシートを使っているため、快適な寝心地です。サッと出して使いたい方にはおすすめです。

4. Levolva<レヴォルヴァ>MR31S/MR41Sハスラー専用スマート車中泊マット

Levolva<レヴォルヴァ>MR31S/MR41Sハスラー専用スマート車中泊マット LVMR-6 ≪車中泊マット&車中泊ベッド&車中泊グッズ≫

サイズ:195×55×4cm(部分によって変わります)

MR31系ハスラー専用の車中泊マットです。

助手席側において使うマットになっており、サッと置くだけで使えます。車種専用設計で作られているマットのため、段差などもしっかりと考慮されています。ハスラーをお持ちの方は、検討してみてはいかがでしょうか?

5. N-BOX用 くるマット

【日本製】愛車の N BOX N-BOX カスタム JF3/4系で眠れる!フルフラットの段差を解消「くるマット」で車中泊を快適に!

サイズ:53×44.5×10cm

くるマットは、様々な大きさのフラットクッションがいくつかあり、それを組み合わせることで車中泊マットとなります。

今回はN-BOX用のものなので、フラットクッションが4個となっています。車種によってマットの大きさと個数が変わってくるので、愛車用のものがあるか、一度検索してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで、車中泊マットの特徴やおすすめの商品などを紹介させていただきました。

車中泊は、マット無しだとどうしても寝づらかったり、体を痛めてしまったりするので、快適に過ごしたい、という方は車中泊マットをぜひ検討してみてください。

また、車中泊マットは、臨時の来客用のマットとしても使うことが出来たりするので、車中泊で使うだけではなく、他のシーンでも活用出来たりするので、自分自身が納得のできるマットを選ぶようにしてみてください。

関連する投稿


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


【2021年最新】おすすめハンドルカバー最新10選!オシャレもスポーティも選び放題

【2021年最新】おすすめハンドルカバー最新10選!オシャレもスポーティも選び放題

車の運転での安定性向上や内装をよりおしゃれにするアイテムであるハンドルカバー。今回はまだハンドルカバーを付けたことがない人向けにその必要性や選び方、購入時のポイント、おすすめハンドルカバーまでご紹介していきます。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


ウィンタースポーツに向いているクルマとは?おすすめをご紹介!

ウィンタースポーツに向いているクルマとは?おすすめをご紹介!

ウィンタースポーツを楽しむためには、どんな特徴を備えたクルマがいいでしょうか?本記事では、冬のアクティビティで遭遇するさまざまな状況を考慮して、ウィンタースポーツに向いているクルマの特徴を取り上げました。そして、おすすめのクルマを紹介しています。ぜひご覧ください。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。