目次へ戻る

【車中泊にオススメ】快眠OK!フルフラットになるオススメの車 厳選3選

【車中泊にオススメ】快眠OK!フルフラットになるオススメの車 厳選3選

車中泊デビューしてみたい!でもどんな車がいいのかな? そんな車選びに迷っている貴方にオススメしたいのは、ズバリ「フルフラットになる車」です。フルフラットにできるかできないかで、車中泊の快適度がまったく変わってきちゃいます!本記事では、厳選したオススメの車をご紹介します。


【車中泊にオススメ】快眠OK!フルフラットになるオススメの車 厳選3選

車中泊デビューしてみたい!でもどんな車がいいのかな?

そんな車選びに迷っている貴方にオススメしたいのは、ズバリ「フルフラットになる車」です。

フルフラットにできるかできないかで、車中泊の快適度がまったく変わってきちゃいます!また、フルフラットとはいっても、そのフラット感はかなり車によって開きがあるんです。

そんなわけで本記事ではフルフラットにできる車種を集めてみました。

実際に試してみるのが一番ですが、ディーラーに訪れる前に当たりをつけておきたい、という方、いったいどんなものがあるの?という方はぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。

【イチオシ】ホンダ N-VAN

今、友人に「とにかく明日からでも車中泊したくて車を買いたいんだけど、どのクルマがいい?」と聞かれたら胸を張って一番にオススメしたいのが、ホンダから発売されているNシリーズ最新作の軽バン、N-VAN(Nバン)です。

N-VANは2018年の7月より発売されました。N-BOXがベースになっているため、乗り心地も忘れていない軽バンに仕上がっています。

そしてもちろんフルフラット。また、ホンダアクセスからN-VAN専用にマットやクッションといったアクセサリーが多数販売されていますので、自分好みにカスタム可能です。

価格も126万7,290円~とお手頃価格なので、初心者でも軽い気持ちで車中泊を体験できそうです。

ただ一点、あくまでも軽バンですので、大勢で楽しむ場合はあまりオススメではありません。

VANを働くクルマとしてではなく、軽バンで唯一、250ccのバイクがそのまま積めたりする超積載性(フロアの低さが効いている)、使い勝手の良さからホビーユースに活用したい…と思っているなら、基本“お一人様”仕様である点を頭に入れておいてほしい。助手席は格納前提の補助席そのものだし、後席もリクライニング&スライドなしの、軽バンならではの簡易シートだからだ(短距離ならOK)。それを理解した上で手に入れるなら、N-VANはめっぽう使い勝手のいい軽バン、ホビーカーとしても大活躍してくれるはずである。車内はタフで汚れにくい素材を使っているから、大型犬などペットを乗せるのにも向いていそうだ。

運転席以外の3脚のシートは、スマートな折畳みを実現させるシンプルな構造だが、着座感は決して悪くない。そして写真に撮影してあるように、左側1~2列目(とラゲッジスペース)を通してフラットにできるシートアレンジとその操作性のよさなど、N-VANの魅力はこのモデルでも味わえる。

【不動の人気】トヨタ ハイエースバン

大勢でワイワイ車中泊を楽しみたい、やっぱり軽バンは少し小さい。家族で出かけたい。そんな方にオススメしたいのが不動の人気を誇る、トヨタのハイエースバンです。

1967年から発売されており、現行モデルの5代目は2004年より発売されています。

圧倒的ともいえる広い室内空間はもちろん、シートもフルフラットにすることができるので、車中泊にぴったりの一台です。他にもサーフィンやスノーボードなど、長物も楽々入れられるため、アウトドアにもってこいですね。

もちろんカスタムパーツも豊富。

価格は228万5280円~です。

【多彩なシートアレンジ】ホンダ フリード+

N-VANも、ハイエースも悪くはないけど、いまいちピンとこない。という方や、普段使いをもっと重視したいなあ。

なんて悩める貴方にオススメしたいのが、ホンダの5トールワゴン、フリード+(プラス)です。この車はフリードスパイクの後継車。フリード+はシートを前に倒した際に、付属のボードを敷くことでかなりフルフラットにすることが可能です。

そして、特にオススメしたい点が、リアハッチと広いラゲッジスペース。フリード+はラゲッジの開口部地上高を、先代のフリードスパイクから185mm低くした335mm(FF車)という超低床のラゲッジルームを実現しており、そのため背の高い荷物も積載可能に。

また、リアシートは6:4で分割して倒せるダブルフォールダウン機構を採用しており、大人二人が並んで寝られるおやすみモードの他、多数のシートアレンジが可能になっています。

ちなみに、ホンダアクセスからは、オプションで「ラゲッジクッションマット」(どう見ても敷布団)なども売っていますので、快眠を貪欲に求める方はぜひ。

【これで快眠】車中泊を楽しもう

スヤア

本記事では、フルフラットになるオススメ厳選車種をご紹介しました。

車選びの参考にしてみてくださいね。

そして、一番大切なのは実際にディーラーで試してみること!貴方に一番似合う相棒をぜひとも探してみてください。

関連するキーワード


車中泊 N-VAN ハイエース

関連する投稿


トヨタのハイエース 歴史・中古車価格・他特徴まとめ

トヨタのハイエース 歴史・中古車価格・他特徴まとめ

1967年に初代が発売されてから50年以上のロングセラーを誇り世界でも人気のキャブオーバーワンボックスカー、トヨタのハイエース。最初からハイエース狙いの方や、そうでない初心者の方のためにも、大まかな歴史や種類・特徴の説明、中古でお得に買うための情報についてお答えします!(※情報は2019年8月現在のものです)


車中泊するときに注意したい!8つのポイント

車中泊するときに注意したい!8つのポイント

様々な理由でこれから車中泊を始めてみたいなと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、車中泊をするにあたっては気をつけるべきこともあるのです。そこで今回は気をつけるべきポイントを8つまとめました。これから始めようと思っている方、必見です。


【オススメ】車中泊におすすめの軽自動車5選

【オススメ】車中泊におすすめの軽自動車5選

維持費が安いことで知られる軽自動車、軽自動車の購入を検討していて、なおかつ車中泊もしたい、そのように考えているユーザーのために今回は車中泊にオススメの軽自動車を5車種紹介します。軽トールワゴンから軽トラックまで、目的に合わせたクルマ選びが大切です。


【オススメ】車中泊にもってこい!おすすめ車種5選

【オススメ】車中泊にもってこい!おすすめ車種5選

本記事では、車中泊にオススメしたい車種を5つ紹介します。車中泊をしたいと検討している方、必見です。


ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

今、ハイエースベースのキャンピングカーが人気です。暑い夏も終わり、いよいよアウトドアに最適なシーズンがやってきました。そして今ブームとなっているのがキャンピングカーです。今こそ、おすすめしたい!そんなハイエースベースのキャンピングカーをご紹介します。


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)