目次へ戻る

【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

フリードスパイクの後継車、フリード+(プラス)。とはいえ、フリードと何が違うの?と思った方もいるかもしれませんね。もちろんまったく違います。本記事では、フリードとフリード+の違いに始まり、フリード+の魅力をご紹介します。アウトドアにオススメで、フルフラットにもなるフリード+の価格・試乗記ほか。


【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

フリードスパイクの後継車、フリード+(プラス)。とはいえ、フリードと何が違うの?と思った方もいるかもしれませんね。

もちろんまったく違います。本記事では、フリードとフリード+の違いに始まり、フリード+の魅力をご紹介します。

アウトドアにオススメで、フルフラットにもなるフリード+の価格・試乗記ほか。

フリード+とフリードの違いって?

フリード

フリード+

そもそも、フリードとフリード+の違いとは?と思った方も多いかもしれませんね。
そこでフリードとフリード+の違いと特徴を簡単に記述してみました。

■フリード
・コンパクトミニバン
・3列シート
・ゆとりある車内空間と取り回しの良さが売り

■フリード+
・トールワゴン
・2列シート
・多彩なシートアレンジが売り

本記事では、このフリード+について見ていきたいと思います。

ホンダのフリード+ 基本情報

ホンダ フリード+とは

『フリード』のサードシートレスモデル。

元々は、「フリードスパイク」とよばれていたモデルが、2016年にネームチェンジし、フリード+になりました。

ハイブリッド車とガソリンエンジン車が設定されており、グレードによりますがホンダセンシングも採用しています。

そして、最大の特徴が多彩なシートアレンジ。3列目のシートを廃止したことで、広々としたラゲッジルームを自分好みのスタイルで使うことができます。

アウトドアにはもちろん、車中泊にもオススメの一台と言えます。

ホンダ フリード+ 多彩なシートアレンジが売り

フリード+で特にオススメしたい点が、リアハッチと広いラゲッジスペース。フリード+はラゲッジの開口部地上高を、先代のフリードスパイクから185mm低くした335mm(FF車)という超低床のラゲッジルームを実現したことで、積み下ろしも楽々ですし、背の高い荷物も積載可能になっています。


また、リアシートは6:4で分割して倒せるダブルフォールダウン機構を採用しており、大人二人が並んで寝られるおやすみモードの他、多数のシートアレンジが可能になっています。

また、ユーティリティボードで区切られた下のスペースは、収納として使うことができちゃいます。

ホンダ フリード+ 試乗記・試乗評価

後ろの荷物用のドアを開けたとたん目をみはる。床の位置がとんでもなく低いところにある。地上から335mmといったら、小学生時代に慣れ親しんだ30センチ物差し+ちょいちょいではないか。

見るからに「自転車つみやすそう」「重い荷物、のせやすそう」「やっばいくらい低いじゃん?」なのである。こうなると人間の欲はさらに深くなり、だったら、『ステップワゴン』で採用されている、半分だけ家のドアのように開くわくわくゲートにしたらいいのにと思う。そうすれば、さらに使いやすくなるだろう。

フリード+、最大の魅力はサードシートを廃止し、広々としたラゲッジルームを手に入れたことにある。フリード+のラゲッジルームにはユーティリティボードと呼ばれるフラットな板が用意されていて、このボードを使うことで大人2名の車中泊も可能。最初は車中泊モードを作るのにちょっと手間取ったが、なれてしまえばどうってことはなく簡単に作れる。

車中泊を前提にドライブに行くことも素敵だが、渋滞に巻き込まれてしまったときなどに快適に車中泊してから帰宅するというのもフリード+ならば可能なこと。クルマの使い方に新たな可能性を見いだせるところがフリード+のいいところだ。

ホンダ フリード+ グレード別価格 オススメは?

フリード+のグレード別新車価格は

■フリード+ HYBRID EX 〈FF〉2,676,000円
■フリード+ HYBRID G・Honda SENSING 〈FF〉2,516,000円 〈4WD〉2,748,200円
■フリード+ HYBRID B 〈FF〉2,276,000円

というラインアップになっています。

やはりオススメは、安全装備のホンダセンシングがついたフリード+ HYBRID G・Honda SENSING です。

最後に

本記事では、ホンダのフリード+について改めてご紹介いたしました。

家族でアウトドアに行くのが好きな方、一人でも友人とでも車中泊を楽しみたい方。そんな方にはオススメの一台です。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報

関連する投稿


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが嬉しい!「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「ホンダ CR-Z」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

他のメーカーにもさまざまなハイブリッドシステムがある中で、ホンダのハイブリッド「i-MMD」のシステムは本命ハイブリッドといわれています。2019年10月にも発売される新型フィットへの展開も確実視されているホンダのハイブリッドは何が優れているのでしょうか? ホンダフィット ハイブリッドの魅力を見ていきましょう。


スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

今ではもう生産されなくなった「アコードツアラー」。しかし、海外でも高い人気を誇っています。この「アコードツアラー」を中古で購入しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

『ステップワゴン スパーダ』(以降、スパーダ)は、従来のステップワゴンとは異なる専用フロントグリルを与えられるなど主に意匠面での差別化が図られたモデルです。今回はこの、少しヤンチャなスパーダのこれまでと現在についてお話ししていきます。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。