目次へ戻る

【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

フリードスパイクの後継車、フリード+(プラス)。とはいえ、フリードと何が違うの?と思った方もいるかもしれませんね。もちろんまったく違います。本記事では、フリードとフリード+の違いに始まり、フリード+の魅力をご紹介します。アウトドアにオススメで、フルフラットにもなるフリード+の価格・試乗記ほか。


【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

フリードスパイクの後継車、フリード+(プラス)。とはいえ、フリードと何が違うの?と思った方もいるかもしれませんね。

もちろんまったく違います。本記事では、フリードとフリード+の違いに始まり、フリード+の魅力をご紹介します。

アウトドアにオススメで、フルフラットにもなるフリード+の価格・試乗記ほか。

フリード+とフリードの違いって?

フリード

フリード+

そもそも、フリードとフリード+の違いとは?と思った方も多いかもしれませんね。
そこでフリードとフリード+の違いと特徴を簡単に記述してみました。

■フリード
・コンパクトミニバン
・3列シート
・ゆとりある車内空間と取り回しの良さが売り

■フリード+
・トールワゴン
・2列シート
・多彩なシートアレンジが売り

本記事では、このフリード+について見ていきたいと思います。

ホンダのフリード+ 基本情報

ホンダ フリード+とは

『フリード』のサードシートレスモデル。

元々は、「フリードスパイク」とよばれていたモデルが、2016年にネームチェンジし、フリード+になりました。

ハイブリッド車とガソリンエンジン車が設定されており、グレードによりますがホンダセンシングも採用しています。

そして、最大の特徴が多彩なシートアレンジ。3列目のシートを廃止したことで、広々としたラゲッジルームを自分好みのスタイルで使うことができます。

アウトドアにはもちろん、車中泊にもオススメの一台と言えます。

ホンダ フリード+ 多彩なシートアレンジが売り

フリード+で特にオススメしたい点が、リアハッチと広いラゲッジスペース。フリード+はラゲッジの開口部地上高を、先代のフリードスパイクから185mm低くした335mm(FF車)という超低床のラゲッジルームを実現したことで、積み下ろしも楽々ですし、背の高い荷物も積載可能になっています。


また、リアシートは6:4で分割して倒せるダブルフォールダウン機構を採用しており、大人二人が並んで寝られるおやすみモードの他、多数のシートアレンジが可能になっています。

また、ユーティリティボードで区切られた下のスペースは、収納として使うことができちゃいます。

ホンダ フリード+ 試乗記・試乗評価

後ろの荷物用のドアを開けたとたん目をみはる。床の位置がとんでもなく低いところにある。地上から335mmといったら、小学生時代に慣れ親しんだ30センチ物差し+ちょいちょいではないか。

見るからに「自転車つみやすそう」「重い荷物、のせやすそう」「やっばいくらい低いじゃん?」なのである。こうなると人間の欲はさらに深くなり、だったら、『ステップワゴン』で採用されている、半分だけ家のドアのように開くわくわくゲートにしたらいいのにと思う。そうすれば、さらに使いやすくなるだろう。

フリード+、最大の魅力はサードシートを廃止し、広々としたラゲッジルームを手に入れたことにある。フリード+のラゲッジルームにはユーティリティボードと呼ばれるフラットな板が用意されていて、このボードを使うことで大人2名の車中泊も可能。最初は車中泊モードを作るのにちょっと手間取ったが、なれてしまえばどうってことはなく簡単に作れる。

車中泊を前提にドライブに行くことも素敵だが、渋滞に巻き込まれてしまったときなどに快適に車中泊してから帰宅するというのもフリード+ならば可能なこと。クルマの使い方に新たな可能性を見いだせるところがフリード+のいいところだ。

ホンダ フリード+ グレード別価格 オススメは?

フリード+のグレード別新車価格は

■フリード+ HYBRID EX 〈FF〉2,676,000円
■フリード+ HYBRID G・Honda SENSING 〈FF〉2,516,000円 〈4WD〉2,748,200円
■フリード+ HYBRID B 〈FF〉2,276,000円

というラインアップになっています。

やはりオススメは、安全装備のホンダセンシングがついたフリード+ HYBRID G・Honda SENSING です。

最後に

本記事では、ホンダのフリード+について改めてご紹介いたしました。

家族でアウトドアに行くのが好きな方、一人でも友人とでも車中泊を楽しみたい方。そんな方にはオススメの一台です。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報

関連する投稿


ホンダ 新型インサイトの燃費、試乗評価一覧|中古車情報も

ホンダ 新型インサイトの燃費、試乗評価一覧|中古車情報も

ホンダの「インサイト」の新型の情報や歴代モデルの実燃費や中古価格などをまとめていきます。 これから購入を検討されている方は是非参考にしてください。


ホンダ エリシオンの中古価格、燃費、口コミ・評価一覧|オデッセイとの比較も

ホンダ エリシオンの中古価格、燃費、口コミ・評価一覧|オデッセイとの比較も

ホンダのミニバン「エリシオン」の歴史や特徴や燃費、それに中古価格等をまとめていきます。「エリシオン」へ乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダは3月21日、マイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトステーションワゴン『シャトル』に関する情報を、ウェブサイトで先行公開しました。マイナーモデルチェンジの正式発表は5月10日予定です。ホンダのシャトルとはいったいどんな車なのか、改めて確認していきましょう。


ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。


ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 グレード別価格 中古価格 燃費 試乗評価は

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 グレード別価格 中古価格 燃費 試乗評価は

インサイトは、ホンダが生産・販売するハイブリッド専用車です。2018年の6月に3代目インサイトが発売されました。初代モデルはクーペ。2代目はハッチバックとして登場してきたインサイトですが、3代目はミドルセダンになっています。後部座席も広く、天井の空間も保たれているインサイト。本記事ではそんなインサイトの 価格 中古価格 燃費 試乗評価 グレード 車名の意味についてもまとめています。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

青島文化教材社は、カプセルトイシリーズの新製品として、「1/64 新型ジムニー JB64」を4月に、「1/64 ハスラー」を5月より発売します。精巧につくられたこのトイはまさにジムニー!まさしくハスラー!一度は買いたくなってしまう?そんなジムニー&ハスラーの画像をまとめました。


レンジローバーイヴォーク|燃費から新型情報、中古価格などを徹底解説

レンジローバーイヴォーク|燃費から新型情報、中古価格などを徹底解説

四輪駆動車ブランド・ランドローバーのエントリーモデルにはイヴォークがお勧めです。2012年より初代モデルが販売され、まもなくフルモデルチェンジが行われるこのタイミングで、新旧の魅力について迫りたいと思います。


トヨタ イスト|燃費や中古価格、評価・口コミを一覧で掲載

トヨタ イスト|燃費や中古価格、評価・口コミを一覧で掲載

トヨタの「イスト」について歴代モデルの性能や燃費、中古価格などをまとめてみました。これから「イスト」に乗り換えようかとお考えの方には、参考になると思うので是非ご覧ください。


フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲンのクーペ型車「シロッコ」の中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。「シロッコ」をお探しの方は是非参考にしてみてください。