トップへ戻る

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スライドドアって、とっても便利

ダイハツ タント ミラクルオープンドア

ミニバンはもちろん、今や軽自動車などでも見かけるスライドドア。

乗り降りのしやすさはもちろんですが、子どもがドアを開いたときに隣の車にドアをぶつけないというメリットや、開口部が広いためチャイルドシートの付け外しが便利であったり、何かと重宝するんですよね。

そのため、最近ではファミリー向けの車でなくても、スライドドア仕様にする車種が増えています。

本記事では、その中でもコンパクトカーに焦点を当て、スライドドア搭載のコンパクトカーについてまとめています。

※情報は2020年10月現在のものです

トヨタ ルーミー/ダイハツ トール/スバル ジャスティ

トヨタ ルーミー カスタムG-T

【トヨタ ルーミー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700∼3705mm×1,670mm×1,735mm
最大乗車定員5名
車両重量1,080~1,100kg
WLTCモード燃費16.8~18.4km/L
※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

日本カーオブザイヤー、トヨタのルーミー他もノミネートされていました。

ダイハツが製造・販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルとして2016年の11月より販売開始したのが、トヨタ・ルーミー、トヨタ・タンク、そしてスバル・ジャスティです。その後2020年9月15日のマイナーチェンジにおいて、タンクはルーミーに統合されました。

最小回転半径4.6mという取り回しの良いコンパクトいうサイズでありながらも、広々とした室内空間と、快適で多彩なシートアレンジが可能なスクエアで機能的なデザインが特徴です。

スライドドア以外にも、フロントシートウォークスルーで前後席間のスムーズな移動が可能になっていたり、リヤシートが240mmのスライドを可能なるなど、様々なシーンに適応します。

トヨタのルーミーはスイッチ一つで簡単にドアオープン

ダイハツ トール

トヨタ・ルーミーは、597mmの開口幅と1,216mmの開口高により、乗り降りが楽で、お子様はもちろん、お年寄りにも優しい後席となっています。

また、ワンタッチで開閉可能両側パワースライドドア(ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機能付)を採用しています。※グレード別採用


トヨタ ルーミー ダイハツトール スバルジャスティの価格は


メーカー希望小売価格(消費税込み)は、トヨタのルーミーの価格は1,556,500~2,090,000円、ダイハツのトールは1,580,700~2,070,200円、スバルのジャスティは、1,964,600~2,164,800円となっています。

コンパクトなトールワゴン・スズキ ソリオ

スズキ ソリオ GX2

【スズキ ソリオ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,710×1,625×1,745mm
最大乗車定員5名
車両重量930~990kg
JC08モード燃費22.0~32.0km/L
※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ソリオは、全幅1625mmという5ナンバーサイズの中でもナローな車幅を持つ、2列シートのコンパクトミニバンです。

ソリオとソリオバンディッドの2種類があり、フロントフェイスとリアコンビネーションランプにデザイン上の違いがあります。また現在、特別仕様車のGX2/GX4が設定されています。

また、1.2Lのガソリンエンジン、マイルドハイブリッド、そしてハイブリッドという3種類のパワーユニットをラインナップしています。



携帯リモコンで、スイッチを押すだけ。ワンアクションパワースライドドア

後席の両側スライドドアは、携帯リモコンのスイッチを押すだけで開けられるワンアクションパワースライドドアを(一部グレード)設定しています。

手荷物が多いときなどでも、スイッチひとつでスライドドアが自動解錠&自動オープンできます。

スズキのソリオ価格は

メーカー希望小売価格(消費税込み)は、1,486,100~2,261,600円となっています。

※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです。

コンパクトなミニバン ホンダ フリード

ホンダ フリード クロスター

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

https://matome.response.jp/articles/390

フリード・フリード+は、本田技研工業が開発し、販売しているミニバン型の小型乗用車です。今回はこの2台に焦点を当てて見ていきます。

 
【ホンダ フリード+】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265~4,295mm×1,695mm×1,710~1,735mm
最大乗車定員5/6/7名
車両重量1,340~1,510kg
WLTCモード燃費15.6~20.8km/L
※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

フリードは3列シート車のノーマルグレードと、2列シート車のフリード+ (フリードプラス)が設定されています。

また、専用のフロントグリルや前後バンパーを採用し、クロスオーバースタイルに仕上げたクロスターと、 専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着したコンプリートモデルの「Modulo X」も追加設定されています。

そして、それぞれに、1.5L直噴DOHCエンジン車と、「SPORT HYBRID i-DCD」を採用したハイブリッド車が用意され、安全運転支援システム「Honda SENSING」は全タイプ標準装備されています。

少し引けば開く。フリードのパワースライドドア

665mmの大開口スライドドアはステップまでの高さも390mmと低く、乗り降りのしやすさにも配慮されています。

また、タイプ別に設定されるパワースライドドアは少し引いただけで自動開閉します。

フリード 価格は

メーカー希望小売価格(消費税込み)は1,997,600~3,278,000円となっています。

※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

トヨタのトールワゴン、ポルテ/スペイド

トヨタ ポルテ

 
【トヨタ ポルテ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,695×1,690~1,720mm
最大乗車定員5名
車両重量1,1606~1,230kg
WLTCモード燃費14.8~19.0km/L
情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

ポルテと姉妹車のスペイドは、大開口ワイヤレス電動スライドドアを特長や広い室内空間といったミニバン的要素を持つプチバンとも呼ばれるコンパクトカーです。

ポルテとスペイドの違いは、フロントを中心にしたデザインです。

ファニーフェイスのポルテに対して、スペイドではは、水平基調のデザインで張り出したヘッドランプとバンパーコーナーにって、クールな印象のフロントビューとなっています。

また、ゆとりある室内空間には、700mm(2WD車)もスライドする助手席シートや、クッションチップアップ機構が付いた6:4分割可倒式リヤシートなどをタイプ別に設定していたり、運転席から手の届きやすい場所にアイディアいっぱいの収納スペースを充実させるなどの工夫がされています。


ポルテ/スペイドは、オンリーワンの助手席電動スライドドアで快適!

トヨタ スペイド

最大の特徴は助手席側に、開口幅1,020mm×開口高1,250mmの大開口ワイヤレス電動スライドドアを標準装備していることです。国内で販売される全車種の中で、このように助手席にスライドドアから乗降できるのは、このポルテ/スペイドだけです。

助手席への乗降性に優れていることから、小さなお子さんだけでなく、お年寄りや足腰が弱い方の送迎にも威力を発揮します。

ポルテ /スペイドの価格は

メーカー希望小売価格(消費税込み)は1,862,300~2,244,100円です。
ポルテとスペイドは同価格となります。

※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

トヨタスペイド 乗り心地、走行性能、装備などについて詳しく解説!

https://matome.response.jp/articles/597

誰でもどんなシチュエーションにも使いこなせるデザイン!それがトヨタスペイドです。

7人乗りのコンパクトミニバン!トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

 
【トヨタ シエンタ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260×1,695×1,675~1,795mm
最大乗車定員5/6/7名
車両重量1,320~1,380kg
WLTCモード燃費14.0~22.8km/L
情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

使い勝手が良いコンパクトなサイズながらも、3列シートを持つミニバンであるシエンタには、3列目シートを取り除いて、アウトドアグッズなどを大量に積み込めるように荷室容量を増やした2列シートタイプの「ファンベース」も設定されています。

デザインでは、「トレッキングシューズ」をイメージし、機能性と動感を表現したサイドビューに、ヘッドランプからグリルへ一筆書きのようにつながるバンパーガーニッシュがシエンタの特徴です。

リーズナブルな1.5Lガソリン車とな、優れた低燃費性能を持つハイブリッド車が設定されています。

トヨタ シエンタ 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

https://matome.response.jp/articles/428

かわいいのにかっこいいシエンタ!スペックも高いトヨタの最小ミニバンです。

スイッチ一つでドアオープン!低床性がすごいシエンタ

スマートキーを携帯していればワンタッチでオープン可能なスライドドアは、665mmの開口幅があり、ノアやヴォクシーに負けない乗り降りの良さを実現しています。

シエンタの最大の特徴は低床性。乗りこみの高さが33cmと、地面からとても近いので乗り降りの負担が軽減されます。床もフラットなので、お年寄りや身体の不自由な方にもオススメです。

シエンタ 価格は

メーカー希望小売価格(消費税込み)は、1,809,500~2,562,000円です。

※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

まとめ

いかがでしたか。
今回は、コンパクトカーにもかかわらず、スライドドアを採用する車種をまとめてみました。

お子さんがドアを隣の車にぶつけないよう、ヒヤヒヤするよりも、スライドドア仕様の車に買い替えるのも良いかもしれませんね。

コンパクトカーであれば、価格も200万円以下から選べるのでお財布にも優しいですよ。

また、ファミリーカーをもっと見たい、という方は下記記事も併せてご覧ください。

子供が生まれたらこの車!タイプ別おすすめファミリーカーまとめ

https://matome.response.jp/articles/69

子供が生まれるときは車の買い替え時期って人も多いのではないでしょうか。そんなファミリーカーにオススメの車をご紹介しています!

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。