トップへ戻る

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車7選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車7選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


便利な「スライドドア」、一度使うと離れられないかも!

ダイハツ タント ミラクルオープンドア

ミニバンはもちろん、今や軽自動車などでも見かけるスライドドア。

乗り降りのしやすさはもちろんですが、子どもがドアを開いたときに隣の車にドアをぶつけないというメリットや、開口部が広いためチャイルドシートの付け外しが便利であったり、何かと重宝するんですよね。

そのため、最近ではファミリー向けの車でなくても、スライドドア仕様にする車種が増えています。特に軽自動車では、スライドドアを備えるスーパーハイトワゴンへの人気集中が著しく、スライドドアの利便性を使いこなしている方も多いことがうかがえますよね。

本記事では、2021年8月現在に新車で買えるスライドドア搭載のコンパクトカーについてまとめています。また、中古車でもぜひ狙いたくなるほど魅力的なスライドドア搭載のコンパクトカーについても後ほどご紹介していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

スライドドアのコンパクトカー、最新おすすめ車はこれだ

ダイハツ トール:扱いやすい2列シート×スライドの実用性

トヨタ ルーミー カスタムG-T

【トヨタ ルーミー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700∼3705mm×1,670mm×1,735mm
最大乗車定員5名
車両重量1,080~1,100kg
WLTCモード燃費16.8~18.4km/L
※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

日本カーオブザイヤー、トヨタのルーミー他もノミネートされていました。

ダイハツが製造・販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルとして2016年の11月より販売開始したのが、トヨタ・ルーミー、トヨタ・タンク、そしてスバル・ジャスティです。その後2020年9月15日のマイナーチェンジにおいて、タンクはルーミーに統合されました。

現在販売されているトール、ルーミー、ジャスティは、車両のメーカーエンブレムと細かな装備差以外は同じ車両です。最小回転半径4.6mという取り回しの良いコンパクトいうサイズでありながらも、広々とした室内空間と、快適で多彩なシートアレンジが可能なスクエアで機能的なデザインが特徴です。

まるで軽のスーパーハイトワゴンを思わせる、車名通りに「トール」な印象のフォルムですが、搭載しているのは1.0リッターの自然吸気またはターボエンジンで、自動車税は普通車最安クラスながら、ターボ仕様なら荷物満載でも登り坂をグイグイ登るパンチが備わっています。

トールで電動スライドドアが備わるグレードはこれだ

ダイハツ トール

トールでは、ワンタッチオープン機能やタッチ&ゴーロック機能、ウェルカムオープン機能を備えた両側パワースライドドアは、最廉価仕様のXグレード以外で全車標準装備。Xでも助手席側パワースライドドアとワンタッチオープン機能・タッチ&ゴーロック機能が備わっていますので、普段使いにはこれで十分とお感じになる方も多いかもしれませんね。

ルーミーは最廉価のXグレードのみ助手席側のみ標準、その他のグレードで両側標準とトール同様ですが、モノグレード販売となっているジャスティでは両側標準のみの設定となっています。

ダイハツ トールの価格帯は?

2021年8月現在、ダイハツトールのメーカー希望小売価格(消費税抜)は、最も廉価なX 2WD仕様で141.5万円から、最も高価なカスタムGターボの186.0万円までとなっています。

普通車ながら、軽自動車のスーパーハイトワゴン系とガッチリ競合するような低価格設定となっており、それでいてトールのカスタム系では全車速追従機能付ACCが標準装備されるなど、先進安全装備や運転支援装備も最新車として見劣りしません。

スズキ ソリオ:室内だけじゃなく荷室も余裕たっぷり!

スズキ ソリオ

【スズキ ソリオ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,790×1,645×1,745mm
最大乗車定員5名
車両重量960~1,040kg
WLTCモード燃費17.8~19.6km/L
※情報は2021年8月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ソリオは、全幅1645mmという5ナンバーサイズの中でもナローな車幅を持つ、2列シートのコンパクトミニバンです。

ソリオとソリオバンディットの2種類があり、フロントフェイスとリアコンビネーションランプにデザイン上の違いがあります。2020年のフルモデルチェンジで標準仕様も眼差しがシャープでスポーティな印象の顔だちとなりました。

ライバル車だけでなく、使い勝手が近くなりがちな軽自動車のスーパーハイトワゴンとも差別化を進めるべく、ソリオはリヤオーバーハングを大幅に延長するなど全体にサイズアップを敢行。後席の余裕と荷室の余裕を同時に実現できるゆとりを手に入れました。

ソリオに搭載されるのは1.2リッターの直列4気筒と、パワー感や振動特性でライバルよりも有利。さらに上位グレードではマイルドハイブリッドシステムとも組み合わされており、燃費性能も上々です。

ソリオで電動スライドドアが備わるグレードはこれだ

《画像提供:Response 》スズキ ソリオバンディット 後席

ソリオでは、最廉価グレードのGでは両側手動スライドドアが標準で、パワースライドドアのメーカーオプション設定も助手席側のみと割り切った設定。一つ上位のハイブリッドMXでも助手席側のみ標準で、最上位のハイブリッドMZで初めて両側パワースライドドアが標準となります。運転席側パワースライドドアは、ハイブリッドMZ以外ではオプションでも選択できません。

ソリオバンディットはモノグレード販売となっていますが、標準装備は助手席側パワースライドドアのみで、運転席側パワースライドドアはメーカーオプション設定となっています。

スズキ ソリオの価格帯は?

2021年8月現在、バンディットも含めたソリオのメーカー希望小売価格(消費税抜)は、最も廉価なソリオ G 2WD仕様で143.8万円から、最も高価なソリオ ハイブリッドMZ 4WD仕様の195.3万円までとなっています。

バンディットのようなカスタム仕様が上級扱いになるのが一般的ながら、ソリオの場合は標準系のトップグレードの方が高額になるという変則的な価格設定となっています。とはいえ、軽自動車並みの低価格はライバルと同じ。コスパに非常に優れていると言えるでしょう。

ホンダ フリード:この大きさで3列、ちょうどいい!

ホンダ フリード クロスター

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

https://matome.response.jp/articles/390

フリード・フリード+は、本田技研工業が開発し、販売しているミニバン型の小型乗用車です。今回はこの2台に焦点を当てて見ていきます。

 
【ホンダ フリード+】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265~4,295mm×1,695mm×1,710~1,735mm
最大乗車定員5/6/7名
車両重量1,340~1,510kg
WLTCモード燃費15.6~20.8km/L
※情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

フリードは3列シート車のノーマルグレードと、2列シート車のフリード+ (フリードプラス)が設定されています。また、クロスオーバースタイルに仕上げたクロスターと、 専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着したコンプリートモデルの「Modulo X」も追加設定されています。

そして、それぞれに、1.5L直噴DOHCエンジン車と、「SPORT HYBRID i-DCD」を採用したハイブリッド車が用意され、安全運転支援システム「Honda SENSING」は全タイプ標準装備されています。

フリードで電動スライドドアが備わるグレードはこれだ

665mmの大開口スライドドアはステップまでの高さも390mmと低く、乗り降りのしやすさにも配慮されています。

フリードでは、最廉価グレードとなるB・Honda SENSINGグレード以外の全車で両側パワースライドドアを標準装備。他社で採用が進むウェルカムオープン機能などの設定はなく、シンプルな電動スライドドアとなっています。B・Honda SENSINGでは両側ともに手動タイプとなる点には注意が必要です。

ホンダ フリードの価格帯は?

2021年8月現在、フリードのメーカー希望小売価格(消費税抜)は、最も廉価なB・Honda SENSINGで181.6万円から、最も高価なハイブリッド モデューロX Honda SENSING 7人乗り仕様の298.0万円までとなっています。

2列シートのコンパクトカーと比べると一気にジャンプアップした感もある価格帯ですが、その分3列目シートを備えるなど使い勝手が上昇していますので、納得できる価格設定ではないでしょうか。トップモデルとなる本格スポーツ仕様のモデューロXにも注目ですが、アウトドア感覚のクロスターなら大きな価格差なく選べますので、おすすめです。

トヨタ シエンタ:クレバーなシートアレンジに注目

トヨタ シエンタ

 
【トヨタ シエンタ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260×1,695×1,675~1,795mm
最大乗車定員5/6/7名
車両重量1,320~1,380kg
WLTCモード燃費14.0~22.8km/L
情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

使い勝手が良いコンパクトなサイズながらも、3列シートを持つミニバンであるシエンタには、3列目シートを取り除いて、アウトドアグッズなどを大量に積み込めるように荷室容量を増やした2列シートタイプの「ファンベース」も設定されています。

シエンタの特徴は、ミニバンで定番の荷室左右に跳ね上げて3列目シートを格納するタイプではなく、2列目シートの座面下に3列目シートが格納できるというクレバーなシートアレンジ。3列目を使わない時には、フラットな荷室床面とワイドな荷室幅が実現できます。

トヨタ シエンタ 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

https://matome.response.jp/articles/428

かわいいのにかっこいいシエンタ!スペックも高いトヨタの最小ミニバンです。

シエンタで電動スライドドアが備わるグレードはこれだ

スマートキーを携帯していればワンタッチでオープン可能なスライドドアは、665mmの開口幅があり、ノアやヴォクシーに負けない乗り降りの良さを実現しています。

シエンタでは、XおよびファンベースXでは助手席側のパワースライドドアが標準装備、それ以外のグレードでは両側パワースライドドアが標準装備となっています。両側パワースライドドア車ではウェルカムパワースライドドア機能やフロントドアリクエストスイッチでの予約ロックに対応しますが、助手席側パワースライドドア車でもキーロック操作による予約ロックに対応しています。

トヨタ シエンタの価格帯は?

2021年8月現在、シエンタのメーカー希望小売価格(消費税抜)は、最も廉価なファンベースXで約165.3万円から、最も高価なハイブリッド Gクエロの約234.5万円までとなっています。

直接のライバルとなるフリードよりも全体的に安めの価格設定となっているシエンタですが、同等グレード同士で比較すると、フリードと大きく変わらない印象もあります。フリードのようにグレードのバリエーションがあまりないので、迷わずに選びやすい点はシエンタのポイントです。

中古でも狙いたい、スライドドアの個性派コンパクト2選

ここからは、残念ながら新車販売は終了してしまっていますが、魅力がいっぱいなので中古車でもぜひ探したいスライドドアのコンパクトカーを2台ご紹介します。

スライドドアの可能性を広げた「トヨタ ポルテ/スペイド」

トヨタ ポルテ

 
【トヨタ ポルテ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,695×1,690~1,720mm
最大乗車定員5名
WLTCモード燃費14.8~19.0km/L
情報は2020年10月現在のメーカー公式サイトによるものです

オンリーワン!助手席電動スライドドアで快適

トヨタ スペイド

ポルテと姉妹車のスペイドは、大開口ワイヤレス電動スライドドアを特長や広い室内空間といったミニバン的要素を持つプチバンとも呼ばれるコンパクトカーです。

最大の特徴は助手席側に、開口幅1,020mm×開口高1,250mmの大開口ワイヤレス電動スライドドアを標準装備していることです。世界を見渡してみても、このように助手席にスライドドアから乗降できる車は稀でした。

初代ポルテでは運転席側は運転席横のスイングドア1枚だけでしたが、2代目ポルテ/初代スペイドでは運転席と後席用にそれぞれスイングドアを装備するなど使いやすさにさらに磨きをかけていました。

トヨタ ポルテ/スペイドの中古車価格は?

2021年8月現在、中古車市場ではポルテが1,303台、スペイドが1,323台の中古車在庫が確認できます。税込中古車本体価格平均では、2代目ポルテが65.0万円、スペイドが62.7万円とこちらも拮抗。生産終了は2020年末とまだまだ新しい車も選べますし、色や仕様などもお好みの仕様が選びやすいでしょう。

よりお安く助手席スライドドアの便利さを体感したいなら、初代ポルテの中古車を狙ってみてもよいでしょう。平均価格では23.7万円とさらに低価格な初代ポルテは、生産終了が2012年6月とやや古めではありますが、スライドドアの使い勝手の良さは2代目同様ですので、お買い得感が高めです。

トヨタスペイド 乗り心地、走行性能、装備などについて詳しく解説!

https://matome.response.jp/articles/597

誰でもどんなシチュエーションにも使いこなせるデザイン!それがトヨタスペイドです。

ピラーレスの大開口!乗り降り楽々「トヨタ ラウム」

《画像提供:Response 》トヨタ ラウム(2代目)

 
【トヨタ ラウム】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,045×1,690×1,535-1,545mm
最大乗車定員5名
10・15モード燃費14.8〜16.0km/L
情報は2011年1月 トヨタ ラウム カタログ調べ

あらゆる人が使いやすいユニバーサルデザインを車にも

《画像提供:Response 》トヨタ ラウム(2代目)

3列シートのコンパクトミニバンを思わせるフォルムながら、室内広々の2列シート仕様となっている「トヨタ ラウム」は、現在のトールワゴンのはしりとも言えるかもしれませんね。立体駐車場対応の全高ながら驚きの室内高というユーティリティ性能の高さが魅力的です。

特に2代目ラウムでは、助手席側のセンターピラーレス構造が大きな話題を呼びました。助手席側のドアとスライドドアを開けた際には、1,500mmにもなる開口幅が確保でき、乗り降りだけでなくかさばる荷物の積み下ろしも楽々でした。

2代目ラウムでは、あらゆる人が使いやすいユニバーサルデザインが開発時に追求された点も特徴的。具体的には、ドライバーが操作しやすく視認しやすい運転環境があげられます。見やすい位置のセンターメーターと警告灯類の表示スペースを分け、さらに警告灯には日本語で文字が併記されているなど、あらゆる人が安心して運転できる環境が整えられていました。

トヨタ ラウムの中古車価格は?

2021年8月現在、ラウムは年式が古めということもあって、わずか99台しか中古車在庫が確認できません。そのうち94台を占める2代目モデルでは、税込中古車本体価格平均が27.4万円とかなりお手頃価格となっており、使い勝手の良いスライドドアのコンパクトカーをお探しならぜひ一度チェックしてほしいところです。

初代ラウムはかなりの稀少性ですが、探せばなんとか手に入れられそう。価格帯としては2代目の方が割安になる場合もありますので、スタイルがお好みならばじっくり探してみてもよいでしょう。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


トヨタ スペイド|左右非対称デザインが唯一無二の魅力を醸し出す

トヨタ スペイド|左右非対称デザインが唯一無二の魅力を醸し出す

トヨタ スペイドは、大開口ワイヤレス電動スライドドアと多彩なシートアレンジで、機能性にすぐれたクルマ。残念ながら、2020年12月で生産が終了していますが、この唯一無二といえる魅力をまとめました。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。