目次へ戻る

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


スライドドアって、とっても便利

ダイハツ タント ミラクルオープンドア

ミニバンはもちろん、今や軽自動車などでも見かけるスライドドア。

乗り降りのしやすさはもちろんですが、子どもがドアを開いたときに隣の車にドアをぶつけないというメリットや、開口部が広いためチャイルドシートの付け外しが便利であったり、何かと重宝するんですよね。

そのため、最近ではファミリー向けの車でなくても、スライドドア仕様にする車種が増えています。

本記事では、その中でもコンパクトカーに焦点を当て、スライドドア搭載のコンパクトカーについてまとめています。

※情報は2018年現在のものです

トヨタ ルーミー・タンク/ダイハツ トール/スバル ジャスティ

トヨタ ルーミー

 
【トヨタ ルーミー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,725×1,670×1,735mm(ホイールベース:2,490mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,100kg
燃費JC08モード:21.8km/L

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

日本カーオブザイヤー、トヨタのルーミー他もノミネートされていました。

ダイハツが製造・販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルが、トヨタ・ルーミー、トヨタ・タンク(トヨペット店、ネッツ店でデザイン違いの姉妹車として販売)、そしてスバル・ジャスティです。

2016年の11月より販売開始しています。

トヨタのルーミーはスイッチ一つで簡単にドアオープン

トヨタのルーミー、タンク 価格は

トヨタ・ルーミー/タンクは、両側パワースライドドア(ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機能付)を採用しています。

そのため、ワンタッチで開閉可能。両手がふさがっている時でも乗り降りが快適ですね。

気になる価格ですが、トヨタのルーミー・タンクの価格は146万3400円~196万5600円、スバルのジャスティは152万8200円~213万8400円、ダイハツのトールは、146万3400円~200万8800円です。

コンパクトなトールワゴン・スズキ ソリオ

 
【スズキ ソリオ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,710×1,625×1,745mm(ホイールベース:2,490mm)
最大乗車定員5名
車両重量990kg
燃費JC08モード:32.0km/L
※ハイブリッドSZ

スズキのソリオは、コンパクトトールワゴンです。

1997年に、ワゴンRワイドとして登場しました。現行ソリオは3代目になります。3代目ソリオには、初のハイブリッドモデルが設定されました。

携帯リモコンで、スイッチを押すだけ。ワンアクションパワースライドドア

スズキのソリオ価格は

コンパクトハイトワゴンNo.1の室内長(2,515mm)を誇るソリオ。

後席の両側はスライドドア、かつ携帯リモコンのスイッチを押すだけで開けられるワンアクションパワースライドドアを採用しています。

たくさんお買い物をしても問題なし!両手がふさがっていても大丈夫!とても便利な車ですね。

価格帯は、145万4,760円~212万2200円です。

コンパクトなミニバン・ホンダ フリード/フリード+/フリード+HV

ホンダ フリード+

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

https://matome.response.jp/articles/390

フリード・フリード+は、本田技研工業が開発し、販売しているミニバン型の小型乗用車です。今回はこの2台に焦点を当てて見ていきます。

 
【ホンダ フリード+】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265×1,695×1,735mm(ホイールベース:2,740mm)
最大乗車定員5名
車両重量990kg
燃費JC08モード:25.2km/L
※HYBRID G Honda SENSING参照

フリードは、ホンダが生産・販売を行っているミニバン型小型乗用車です。
2008年に販売開始されました。キャッチフレーズ、「This is サイコーにちょうどいい Honda!」を聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

2016年より2代目が登場し、新たにフリード+が加わりました。フリードとフリード+の大きな違いは、フリードが3列シートの標準モデルで、フリード+は2列シートになっているところです。

少し引けば開く。フリードのパワースライドドア

フリード+のドアは、少し引いただけで開くパワースライドドアになっています。開口幅は66.5cmと大きく開きますので、乗り降りがスムーズですね。

フリード 価格は

フリードのハイブリッド車は225万6000円~265万6000円。
フリード+のハイブリッド車は227万6000円~267万6000円。

フリードのガソリン車は、188万円~233万2200円。
フリード+のガソリン車は、190万円~235万2200円です。

トヨタのトールワゴン、ポルテ

 
【トヨタ ポルテ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,695×1,690mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,170kg
燃費JC08モード:22.2km/L
※G 2WD参照

トヨタのトールワゴン、ポルテは、2004年より販売開始されました。現行モデルは2代目にあたります。

トヨタのプチバンとして人気で、買い物フックや助手席アッパーボックス、運転席アッパートレイ他運転席から手の届く場所に収納スペースを確保したことでより、普段使いに最適な車へと進化しました。

ポルテは電動スライドドアで快適!

ポルテ F ア・ラ・モード・トロワ(特別仕様車)

ポルテ 価格は

ポルテの魅力の一つ!それがこの大開口ワイヤレス電動スライドドア(助手席側)です。

開口幅が1020mmと驚くほどに大きく開く電動スライドドアで、両手がふさがっているときも楽チンです。お子さんを抱っこしている時にも役立ちますね。

価格は177万7680円~210万600円です。

クールなトールワゴン!トヨタ スペイド

スペイド F クイーンII

 
【トヨタ スペイド】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,695×1,720mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,230kg
燃費JC08モード:16.0km/L
※G 4WD参照

スペイドは、トヨタの4ドアトールワゴンです。2012年より、「チャレンジするためのプチバン」として販売開始されました。2016年には一部改良とともに特別仕様車「F"Queen II"」が発売されています。

トヨタスペイド 乗り心地、走行性能、装備などについて詳しく解説!

https://matome.response.jp/articles/597

誰でもどんなシチュエーションにも使いこなせるデザイン!それがトヨタスペイドです。

スペイドは大開口ドアをワンタッチオープン!!

スペイド 価格は

スペイドも、開口幅1,020mmの大開口ワイヤレス電動スライドドア(助手席側)です。

リモコン一つで操作可能なので、大きな荷物の時でも楽々です。

価格は177万7680円~207万7920円です。

7人乗りのコンパクトミニバン!トヨタ シエンタ

 
【トヨタ シエンタ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,235×1,695×1,675mm(ホイールベース:2,750mm)
最大乗車定員7(6)名
車両重量1,380kg
燃費JC08モード:27.2km/L
※ハイブリッド 2WD G参照

7人乗りでコンパクトカーというと、先に挙げたフリードなどが当てはまりますが、このシエンタも、コンパクトカーに収まっているにもかかわらず7人乗りOKのミニバンなんです。

シエンタは、トヨタが2003年より販売開始している5ナンバーサイズのミニバンです。2015年に2代目が登場しました。ミニバン=箱型というイメージを覆すデザインが特徴です。

トヨタ シエンタ 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

https://matome.response.jp/articles/428

かわいいのにかっこいいシエンタ!スペックも高いトヨタの最小ミニバンです。

スイッチ一つでドアオープン!低床性がすごいシエンタ

シエンタ 価格は

シエンタは、スイッチ一つでドアオープン可能です。

そしてシエンタの最大の特徴は低床性。乗りこみの高さが33cmと、地面からとても近いので乗り降りの負担が軽減されます。床もフラットなので、お年寄りや身体の不自由な方にもオススメです。

価格は、168万9709円~246万5855円です。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、コンパクトカーにもかかわらず、スライドドアな車種6種類をまとめました。

お子さんがドアを隣の車にぶつけないよう、ヒヤヒヤするよりも、いっそのことスライドドア仕様の車に買い替えるのも良いかもしれませんね。

コンパクトカーであれば、価格も大半が200万円以下なので、お財布にも優しいですよ。

また、ファミリーカーをもっと見たい、という方は下記記事も併せてご覧ください。

子供が生まれたらこの車!タイプ別おすすめファミリーカーまとめ

https://matome.response.jp/articles/69

子供が生まれるときは車の買い替え時期って人も多いのではないでしょうか。そんなファミリーカーにオススメの車をご紹介しています!

関連する投稿


【最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


スズキの新型ジムニー 納期はいつ?燃費・価格・内装ほか最新情報

スズキの新型ジムニー 納期はいつ?燃費・価格・内装ほか最新情報

スズキの軽SUV、ジムニーは2018年にフルモデルチェンジされて発売されました。発売されて約2年たちましたが、いまだに売れ続けている人気車種です。本記事ではそんな新型ジムニーについて、徹底的に燃費・価格・内装から最新情報まで調べてお伝えしていきます。


ホンダの新型フィット最新情報 価格・内装・燃費・安全性能ほか

ホンダの新型フィット最新情報 価格・内装・燃費・安全性能ほか

ホンダの新型フィットが2月14日より発売されます。本記事では新型フィットの最新情報を徹底解説!価格、内装、外装、燃費、スペック、試乗記、口コミなど。新型フィットの購入検討をされている方は、ぜひ本記事をご覧ください。


ホンダの新型フィットとトヨタの新型ヤリスの便利機能をチェック!

ホンダの新型フィットとトヨタの新型ヤリスの便利機能をチェック!

新型ヤリスが2月10日に、新型フィットは2月13日に相次いで発売されました。すでに発売前から多くの情報が出ていますが、情報が多すぎて気になるポイントがわからなくなっています。そこで、この記事では新型フィットと新型ヤリスのコンセプトの違いと、これは便利!という機能を紹介をしてみたいと思います。


スズキの改良新型イグニス登場!イグニスってどんな車?

スズキの改良新型イグニス登場!イグニスってどんな車?

スズキのインド子会社のマルチスズキは、デリーモーターショー2020(オートエクスポ2020)において、改良新型『イグニス』(Suzuki IGNIS)をワールドプレミアしました。本記事では、イグニス改良新型モデルの最新情報をお届けします。


最新の投稿


【最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【車の豆知識】ヒールアンドトゥとは?練習できる場所も知りたい

【車の豆知識】ヒールアンドトゥとは?練習できる場所も知りたい

かつてMTのスポーツカー全盛期、車を速く走らせるためのテクニックがいくつも生まれました。その中でも“必須”と言われたテクニックが「ヒールアンドトゥ」です。今回は、そんなヒールアンドトゥについてご紹介します。


新型フィットと新型ヤリスもいいけど、マツダ3もおすすめな理由

新型フィットと新型ヤリスもいいけど、マツダ3もおすすめな理由

トヨタの新型ヤリス、そしてホンダ新型フィットが相次いで発売され、話題となっています。実は同日の13日にマツダのマツダ3の2.0LガソリンモデルにAWD(4WD)車が追加設定されていたのをご存知でしょうか。ディーゼルモデルには設定されていたものの、 2.0Lガソリンモデルにはなかったんですね。そんなわけで本記事では、選択肢の広がった「マツダ3」について改めてご紹介します。新型フィットと新型ヤリスもいいけど、「マツダ3」もおすすめです。


スズキの新型ジムニー 納期はいつ?燃費・価格・内装ほか最新情報

スズキの新型ジムニー 納期はいつ?燃費・価格・内装ほか最新情報

スズキの軽SUV、ジムニーは2018年にフルモデルチェンジされて発売されました。発売されて約2年たちましたが、いまだに売れ続けている人気車種です。本記事ではそんな新型ジムニーについて、徹底的に燃費・価格・内装から最新情報まで調べてお伝えしていきます。


【おすすめ10選】カーナビは搭載必須!選び方もご紹介

【おすすめ10選】カーナビは搭載必須!選び方もご紹介

車には必需品ともいえるカーナビ。種類もタイプも豊富に揃っており、どれを選べば良いのかわからないという方も多いことでしょう。今回は、初心者からこだわりを持っている方までにご満足頂けるモデルをご紹介します。