目次へ戻る

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


スライドドアって、とっても便利

ダイハツ タント ミラクルオープンドア

ミニバンはもちろん、今や軽自動車などでも見かけるスライドドア。

乗り降りのしやすさはもちろんですが、子どもがドアを開いたときに隣の車にドアをぶつけないというメリットや、開口部が広いためチャイルドシートの付け外しが便利であったり、何かと重宝するんですよね。

そのため、最近ではファミリー向けの車でなくても、スライドドア仕様にする車種が増えています。

本記事では、その中でもコンパクトカーに焦点を当て、スライドドア搭載のコンパクトカーについてまとめています。

トヨタ ルーミー・タンク/ダイハツ トール/スバル ジャスティ

トヨタ ルーミー

 
【トヨタ ルーミー】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,725×1,670×1,735mm(ホイールベース:2,490mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,100kg
燃費JC08モード:21.8km/L

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

日本カーオブザイヤー、トヨタのルーミー他もノミネートされていました。

ダイハツが製造・販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルが、トヨタ・ルーミー、トヨタ・タンク(トヨペット店、ネッツ店でデザイン違いの姉妹車として販売)、そしてスバル・ジャスティです。

2016年の11月より販売開始しています。

トヨタのルーミーはスイッチ一つで簡単にドアオープン

トヨタ・ルーミー/タンクは、両側パワースライドドア(ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機能付)を採用しています。

そのため、ワンタッチで開閉可能。両手がふさがっている時でも乗り降りが快適ですね。

気になる価格ですが、トヨタのルーミー・タンクの価格は146万3400円~196万5600円、スバルのジャスティは152万8200円~213万8400円、ダイハツのトールは、146万3400円~200万8800円です。

コンパクトなトールワゴン・スズキ ソリオ

 
【スズキ ソリオ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,710×1,625×1,745mm(ホイールベース:2,490mm)
最大乗車定員5名
車両重量990kg
燃費JC08モード:32.0km/L
※ハイブリッドSZ

スズキのソリオは、コンパクトトールワゴンです。

1997年に、ワゴンRワイドとして登場しました。現行ソリオは3代目になります。3代目ソリオには、初のハイブリッドモデルが設定されました。

携帯リモコンで、スイッチを押すだけ。ワンアクションパワースライドドア

コンパクトハイトワゴンNo.1の室内長(2,515mm)を誇るソリオ。

後席の両側はスライドドア、かつ携帯リモコンのスイッチを押すだけで開けられるワンアクションパワースライドドアを採用しています。

たくさんお買い物をしても問題なし!両手がふさがっていても大丈夫!とても便利な車ですね。

価格帯は、145万4,760円~212万2200円です。

コンパクトなミニバン・ホンダ フリード/フリード+/フリード+HV

ホンダ フリード+

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

https://matome.response.jp/articles/390

フリード・フリード+は、本田技研工業が開発し、販売しているミニバン型の小型乗用車です。今回はこの2台に焦点を当てて見ていきます。

 
【ホンダ フリード+】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265×1,695×1,735mm(ホイールベース:2,740mm)
最大乗車定員5名
車両重量990kg
燃費JC08モード:25.2km/L
※HYBRID G Honda SENSING参照

フリードは、ホンダが生産・販売を行っているミニバン型小型乗用車です。
2008年に販売開始されました。キャッチフレーズ、「This is サイコーにちょうどいい Honda!」を聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

2016年より2代目が登場し、新たにフリード+が加わりました。フリードとフリード+の大きな違いは、フリードが3列シートの標準モデルで、フリード+は2列シートになっているところです。

少し引けば開く。フリードのパワースライドドア

フリード+のドアは、少し引いただけで開くパワースライドドアになっています。開口幅は66.5cmと大きく開きますので、乗り降りがスムーズですね。

フリードのハイブリッド車は225万6000円~265万6000円。
フリード+のハイブリッド車は227万6000円~267万6000円。

フリードのガソリン車は、188万円~233万2200円。
フリード+のガソリン車は、190万円~235万2200円です。

トヨタのトールワゴン、ポルテ

使い勝手バツグン!トヨタ ポルテの情報を網羅!

https://matome.response.jp/articles/286

トヨタから販売されているトールワゴンの「ポルテ」。本記事ではポルテの使い勝手の良さや、燃費などについてまとめています。

 
【トヨタ ポルテ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,695×1,690mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,170kg
燃費JC08モード:22.2km/L
※G 2WD参照

トヨタのトールワゴン、ポルテは、2004年より販売開始されました。現行モデルは2代目にあたります。

トヨタのプチバンとして人気で、買い物フックや助手席アッパーボックス、運転席アッパートレイ他運転席から手の届く場所に収納スペースを確保したことでより、普段使いに最適な車へと進化しました。

ポルテは電動スライドドアで快適!

ポルテ F ア・ラ・モード・トロワ(特別仕様車)

ポルテの魅力の一つ!それがこの大開口ワイヤレス電動スライドドア(助手席側)です。

開口幅が1020mmと驚くほどに大きく開く電動スライドドアで、両手がふさがっているときも楽チンです。お子さんを抱っこしている時にも役立ちますね。

価格は177万7680円~210万600円です。

クールなトールワゴン!トヨタ スペイド

スペイド F クイーンII

 
【トヨタ スペイド】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995×1,695×1,720mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,230kg
燃費JC08モード:16.0km/L
※G 4WD参照

スペイドは、トヨタの4ドアトールワゴンです。2012年より、「チャレンジするためのプチバン」として販売開始されました。2016年には一部改良とともに特別仕様車「F"Queen II"」が発売されています。

トヨタスペイド 乗り心地、走行性能、装備などについて詳しく解説!

https://matome.response.jp/articles/597

誰でもどんなシチュエーションにも使いこなせるデザイン!それがトヨタスペイドです。

スペイドは大開口ドアをワンタッチオープン!!

スペイドも、開口幅1,020mmの大開口ワイヤレス電動スライドドア(助手席側)です。

リモコン一つで操作可能なので、大きな荷物の時でも楽々です。

価格は177万7680円~207万7920円です。

7人乗りのコンパクトミニバン!トヨタ シエンタ

 
【トヨタ シエンタ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,235×1,695×1,675mm(ホイールベース:2,750mm)
最大乗車定員7(6)名
車両重量1,380kg
燃費JC08モード:27.2km/L
※ハイブリッド 2WD G参照

7人乗りでコンパクトカーというと、先に挙げたフリードなどが当てはまりますが、このシエンタも、コンパクトカーに収まっているにもかかわらず7人乗りOKのミニバンなんです。

シエンタは、トヨタが2003年より販売開始している5ナンバーサイズのミニバンです。2015年に2代目が登場しました。ミニバン=箱型というイメージを覆すデザインが特徴です。

トヨタ シエンタ 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

https://matome.response.jp/articles/428

かわいいのにかっこいいシエンタ!スペックも高いトヨタの最小ミニバンです。

スイッチ一つでドアオープン!低床性がすごいシエンタ

シエンタは、スイッチ一つでドアオープン可能です。

そしてシエンタの最大の特徴は低床性。乗りこみの高さが33cmと、地面からとても近いので乗り降りの負担が軽減されます。床もフラットなので、お年寄りや身体の不自由な方にもオススメです。

価格は、168万9709円~246万5855円です。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、コンパクトカーにもかかわらず、スライドドアな車種6種類をまとめました。

お子さんがドアを隣の車にぶつけないよう、ヒヤヒヤするよりも、いっそのことスライドドア仕様の車に買い替えるのも良いかもしれませんね。

コンパクトカーであれば、価格も大半が200万円以下なので、お財布にも優しいですよ。

また、ファミリーカーをもっと見たい、という方は下記記事も併せてご覧ください。

子供が生まれたらこの車!タイプ別おすすめファミリーカーまとめ

https://matome.response.jp/articles/69

子供が生まれるときは車の買い替え時期って人も多いのではないでしょうか。そんなファミリーカーにオススメの車をご紹介しています!

関連する投稿


本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダのシビックが満を持して2017年9月に国内復活を遂げました。名車と名高いシビック。今回はフルモデルチェンジを行った新型シビックセダンについて、新車価格・燃費・スペック・試乗評価・エンジン性能・タイプ別売れ筋・人気は?などといった最新情報をお届けいたします。そしてシビックの人気ぶりがわかるエピソードも…。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。