目次へ戻る

トヨタスペイド 乗り心地、走行性能、装備などについて詳しく解説!

トヨタスペイド 乗り心地、走行性能、装備などについて詳しく解説!

足取りを軽やかに、誰でもどんなシチュエーションでも使いこなせるようにデザインが考えられているトヨタスペイド。今回はこの車種のどこがこの特徴を成していて注目するべきなのか、また走行性能や安全性についてまとめました。


トヨタスペイドとはどのような車?

主な特徴

ポルテの兄弟車種として開発されたスペイドは助手席側にスライドドアを取り入れたコンパクトハッチバック車です。丸みを帯びた可愛らしい印象のポルテに比べて少しクールな印象がありますが、シンプルで親しみやすくなっています。

そしてワンタッチでスライドドアが開くので、乗り降りや荷物の出し入れも非常にしやすく、小さいお子さんからお年寄りまで安心して乗り降りが出来ます。また、この車の最大の特徴と言えるのが燃費の良さで、同型モデルの中では群を抜いており毎日使っても家計にも環境にも優しい車です。

自分の好きなデザインを探せるほどのカラーバリエーション!

見ててもかっこいいシャープなデザインのスペイドには9色のボディーカラーがあり、選ぶ色によってその表情は変わりそれぞれ楽しめますが、どれを選んでも洗練されたボディーにとても似合う配色となっています。

また、車自体はシャープな出で立ちですが、乗る人の事をきっちり考え少しでも癒される空間を作れるよう低床フロアを搭載し、見た目だけでなく車内も洗練された配慮がなされています。移動として利用する目的だけはでなく、遊びにスポーツにアクティブな方々にはピッタリの車となっています。

VVT-iEエンジン搭載!!

低燃費を徹底的に追求したVVT-iEエンジンを搭載し、ハイブリッドカーの開発で培ったものを
しっかりと他の車にも取り入れるトヨタの企業努力が素晴らしいです。その走行性能は燃費の良さに限らず、加速や静寂性など走り出したらずっと続く爽快感がまさに虜となります。

また、常に効率の良いエンジン回転数をキープしてくれるので、気持ち良く加速し気持ち良く減速してくれ燃費の向上をサポートしてくれます。さらにアイドリングストップ機能も搭載可能で、ただ運転しているだけでエコ運転が自然と身につきます。

優れたエンジンシステムによる燃費

ガソリンエンジンのスペイドの燃費は2WD車で22.2km/L、4WD車で16.0km/Lで、2WD車に至ってはハイブリッド車並みの燃費を実現できています。もちろん燃費の良い車は他にもあると思いますが、このタイプのモデルではなかなか得られない充実感があると思います。

しかもこれだけの燃費を誇り且つ環境への配慮もなされているので、もちろんエコカー減税の優遇も受けられます。お得に爽やかに環境も配慮しながら車を乗りこなす、コンパククトながらも大人のたしなみがここで味わえることでしょう。

トヨタスペイドの広いインテリア!

ラゲッジスペースはキャパシティーがすごい!

ラゲッジスペースについて、大きい物やたくさんの荷物も出し入れが楽に出来るよう開口幅が広く設けられています。荷室容量は5人乗って大荷物を積んでも手狭になることはありません。

また、リヤシートを操作するだけでラゲッジスペースを広げられるので、その日の荷物の量や大きさによって手軽にアレンジが出来ます。ご家族や友人などとのお出かけや、お土産などをたくさん買い過ぎてしまった場合などフレキシブルな対応が出来ます。

トヨタスペイド特有のシート

スペイドはシートアレンジもお手の物。例えば後部座席にお子様とお連れの方を乗せて移動する場合、助手席を前にスライドさせれば、助手席とセカンドシートの間に広いスペースができ、運転手の顔を見ながら会話もしやすくなります。

さらに車内でお食事をする際は助手席を前に畳んでテーブルにしてお食事も出来ちゃいます。また、運転席・助手席間が広いため、ウォークスルーも余裕で出来ますし前席と後部座席の間も広いためそこも人が通れるぐらいのスペースがあります。搭乗人数は最大5名ですが、それ以上にさまざまな活用方法が出来るのも魅力のひとつです。

快適性能はどうなのか?

ドアの開閉は、電動スライドドアで5通りの開閉スイッチがあるので、すぐそばにあるスイッチで楽にワンタッチで出来てしまいます。挟みこみ防止機能も付いているので大きな荷物やお子様を抱きかかえている場合など半ドアの心配もなく安心です。

また、ソファのようなベンチシートにはクッショントレイも付いているので、飲み物を置いたり必要ない時には上げておいて広々と使うというのも良いと思います。その他にもあったらいいなと思うものがスペイドには備え付けられています。

内装とオプション

スペイドのディスプレイ・メーターには燃費や航続可能距離を運転しながらひと目で確認出来るようになっており、さらに内装色とのマッチングも考えられたデザインとなっているので、非常に見やすく美しい作りになっています。カーナビは映像や音楽も楽しめるものやシンプルなものまで必要に応じて選ぶことが出来ます。

また、オプションも豊富で、車内の空気など気になる場合はナノイーや花粉除去モード付のオートエアコンに設置し、いつでも綺麗な空気を保てるようにすることが可能です。その他にもバックモニターやUVカット機能のついたウインドシールドグリーンガラスにすることにより、紫外線をカットし、車内の温度上昇も抑えられるため、エアコンの効率向上をサポートしてくれることなどが可能となります。

トヨタ スペイドの安全性はどうなのか?

Toyota Safety Sense C搭載モデル!

スペイドはJNCAP予防安全性能評価でも上位に位置しています。運転席にはToyota Safety Sense Cスイッチがあり、ボタンひとつで衝突回避支援のON・OFFが可能です。なかでもプリクラッシュセーフティシステムは進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し衝突が予測される場合には警報を発して回避操作を促したりブレーキのアシストをしてくれます。もし急なブレーキが踏めなかった時などには自動ブレーキが起動し衝突被害の軽減をしてくれます。

また、先行車発進告知機能は信号待ちや渋滞時など先行車が発進した際に気付かず止まっていた場合、ブザーとディスプレイ表示で知らせてくれる機能で事故を防ぐだけでなく周りの車への配慮もなされています。

衝突した時のことも考慮されているデザイン

事故の多くは夜間や悪天候など視界が悪い時に起こりやすいと言われています。視界が悪いと運転手にとってかなり負担となりますが、スペイドはライトを太陽光に近い色と光量で見通しを良くして歩行者の発見をしやすくし、夜間でも荒天でも運転手と歩行者に安全に過ごしてもらえるような配慮で予防安全に努めています。

また、もしも衝突をしてしまった場合に備えた衝突安全については、エアバッグが後部座席に座っている人まで届くようにし、その衝撃を最小限に抑えられるよう工夫がなされています。さらにもし万が一、歩行者と衝突してしまった場合、歩行者の衝撃を緩和するボディ構造を採用しており乗員だけでなく、街を歩く周囲の方々への安全も心がけています。

バリエーション

各グレードの標準価格は170万円台~190万円台となっており、特別仕様車ですと200万円前後となります。兄弟車種のポルテと同じく、エコカー減税や燃費の良さがあるので、他の同タイプの車に比べるとお得に感じられると思います。カラーもオプションも選べるので、色々組み合わせて自分流のスペイドを見つけるのも楽しいでしょう。

実際に試乗した方々の感想

実際に試乗してみた方の評価です。

「そつなく上手にまとめられたというイメージ(松下氏)」
上記のようにコンパクトカーでありながら運転や荷物の搬入などどの場面でも活躍出来る事が伺えます。

では、実際どのグレードが良いのでしょうか。
「グレードのGがお勧め。遮音材や快適装備など、Gにしか備えられていない仕様がいろいろある(松下氏)」

どうせ乗るなら楽しみたい。その為には車内の環境というのは非常に大事です。どのグレードも装備等は充分に満足いただけると思いますが、グレードGはその中でもより快適なカーライフを楽しめるといったところでしょうか。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 スペイド

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。


アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンが手掛ける2021年に発売予定の新型ミッドシップハイブリッドハイパーカー。このスーパーカーの車名を、『ヴァルハラ』(Aston Martin VALHALLA)に決定した、と発表しました。ヴァルハラとはいったいどんなモンスターカーなのか?気になる最新情報をまとめました。


マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

日本の自動車史の中でも存在感を放っている車の1つがマツダのファミリアです。ファミリアはファミリーカーの代名詞として人気を博してきました。そんなファミリアについて、初代から9代目までの概要を説明します。そもそもファミリアとはどういう車であったのか、そして現在の中古車市場についても見ていきましょう。