トップへ戻る

子育てママに人気のファミリーカーはミニバンと軽?ママが選んだのは…

子育てママに人気のファミリーカーはミニバンと軽?ママが選んだのは…

2017年11月29日、日産自動車は日本マザーズ協会が行っている「第9回マザーズセレクション大賞2017」にて、日産の人気ミニバン「セレナ」が受賞したことを発表しました。過去の自動車の受賞暦などについての紹介と実際に子育てママが選んだ理由など、子育て世代のファミリーカーのオススメ情報を掲載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産セレナが「マザーズセレクション大賞」2度目の受賞!

日産の人気ミニバンである「セレナ」が、「第9回マザーズセレクション大賞2017」を受賞しました。

日産セレナの受賞は、2014年5月に発表された「第5回マザーズセレクション大賞」に続いて4年ぶり、2度目の受賞となっています。

そもそもマザーズセレクション大賞って何?

「マザーズセレクション大賞」とは、日本の子育て支援や、子育てママの支援の一環として、ファミリー層、子育てママ達の愛用する「モノ」や応援になる「コト」の中で、子育ての役にたつ、便利、癒し、活力になる商品やサービス、施設などを、一般のママたちから投票で選び、表彰するアワードです。

2009年から年に1度開催され、今年で9回目となっています。

運営は特定非営利活動法人である「マザーズ協会」が行っています。特別顧問として蓮舫参議院議員等が参加しています。

過去の自動車の受賞履歴は?

今回選ばれた日産のミニバン「セレナ」は、2回目の受賞となっていますが、過去の自動車の受賞歴はどうでしょうか。

第1回マザーズセレクション大賞 自動車の受賞なし
第2回マザーズセレクション大賞 ダイハツ タント/タントカスタム
第3回マザーズセレクション大賞 ホンダ ステップワゴン
第4回マザーズセレクション大賞 自動車の受賞なし
第5回マザーズセレクション大賞 日産 セレナ
第6回マザーズセレクション大賞 ホンダ N-BOX
第7回マザーズセレクション大賞 自動車の受賞なし
第8回マザーズセレクション大賞 ホンダ ステップワゴン

上記が過去の自動車の受賞履歴となっています。ホンダの人気ミニバンである「ステップワゴン」も、今回のセレナと同様、2度受賞しています。

簡単に言うと、これらの車は一般の子育てママたちが実際に選んだ実用性の高い、ママに喜んでもらえるファミリーカーだということです。

子育てママはミニバン、軽ハイトワゴンを支持

近年はファミリーカーの新しい選択肢として、マツダのCX-8のような7人乗りSUVを、ミニバンの変わりに選ぶ傾向や、企業側もファミリーカーとしてSUVを提示することが増えてきていますが、子育てママではなくパパの選択肢といった所の現れではないでしょうか。

やはり女性、子育てママが見るポイントの多くは「使いやすさ」「広さ」「経済的か否か」といったところに集約されている結果とも言えるでしょう。

【ミニバン】セレナ・ステップワゴンがママに支持される理由は?

まずは今回受賞したセレナの主な受賞理由を見てみましょう。

まず1点目は、「デュアルバックドア」。バックドアの上部のみが開閉し、狭い駐車場や車庫内でも荷物の出し入れが楽に行えます。

また「ハンズフリーオートスライドドア」という、両手がふさがっていても、足先を入れ、引くだけで開閉が可能なスライドドアになっています。買い物の際や、お子様を抱っこしていて両手が塞がってしまうときなどにも使えるファミリーのための装備と言えるでしょう。

続いては2011年と16年に受賞しているホンダのステップワゴンはどうでしょうか。

ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンの最大の特徴、利便性は「わくわくゲート」と呼ばれるバックドアにあると言えるでしょう。

ステップワゴン わくわくゲート

この横開きするサブドアは3段回のストッパーがついていて、車体後方に必要なスペースは400/640/760mmと選択が可能となっています。中間まで開けば日常的な荷物は出し入れでき、地上高も低いため、重い荷物の出し入れ楽々行えます。

ママ目線での機能という点ではセレナに軍配が上がりそうではありますが、セレナもステップワゴンもクラストップレベルの室内容量を誇るため「広さ」という観点で言えばどちらもオススメ。

日産セレナ・ホンダステップワゴン 徹底比較!

https://matome.response.jp/articles/541

セレナとステップワゴンの比較記事はこちらからご覧下さい。

【ハイトワゴン】N-BOX・タントは、やはりママ人気が高い。

続いては軽自動車であるホンダ「N-BOX」のママに支持される理由を見てみましょう。

ホンダのN-BOXは常に販売台数上位を得る人気軽自動車です。人気の理由は軽自動車ならではの低燃費や、維持費の安さなど様々ありますが何より軽自動車とは思えないほどの「広さ」にあるでしょう。

室内寸法は、長さ2,240mm、幅1,350mm、高さ1,400mmとなっていて、トヨタのコンパクトカー(普通車)ルーミーは全長2,180mm、全幅 1,480mm、全高1,355mmと、普通車と比較しても広さで言えば軽であるN-BOXが勝ってしまうという広さです。

また、「すべてのファミリーにベストマッチ! Next Surprising BOX」をコンセプトとした各種純正アクセサリーが充実しているという点も指示されるポイントと呼べるでしょう。

ダイハツのタントに関しても、ほとんど同様の理由が挙げられます。

加えて言うと、上記画像の「ミラクルオープンドア」が最大の特徴です。車両中央付近にあるピラーがないため非常に広々と、そして楽に乗り降りが行え、車内空間も抜群に広いです。

このように軽自動車のハイトワゴンは近年非常に人気の高い車種となっています。

下記の記事では、軽ハイトワゴン、軽トールワゴンに限定した売上、人気車種ランキングを紹介していますので広い軽自動車が気になるという方は是非チェックしてみて下さい。

まだまだミニバンの需要は高い

ここ最近は、スバルやマツダがミニバンから撤退し大型のSUVを率先して取り扱う流れができつつありますが、女性目線、特に子育てママ目線で考えてもミニバンの需要は、まだまだ高いといえるのではないでしょうか。

下記の記事にて、ミニバンの人気ランキングやオススメの軽自動車特集など、子育てママは要チェックな情報を掲載していますので是非ご覧になってみて下さい。

関連する投稿


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


「ちょうどよさ」は譲らない!トヨタ シエンタで高コスパミニバン生活

「ちょうどよさ」は譲らない!トヨタ シエンタで高コスパミニバン生活

ご家族が一度に移動でき、荷物もしっかり載せられるミニバンは欲しいけど、大型のモデルは持て余しそうだし高い… そこでぜひおすすめなのが、トヨタのプチミニバン、シエンタです。コンパクトながら3列シートで、さらにちょっと自慢のハイセンスなデザインまで揃うシエンタは、ミニバン界でも屈指の高コスパな一台。この記事でその魅力を知れば、あなたもシエンタが気になってくること間違いなしです。


ホンダ フリードで叶うスマートミニバン生活!ライバルとの徹底比較も

ホンダ フリードで叶うスマートミニバン生活!ライバルとの徹底比較も

ミニバンなら、ご家族揃って色々な場所にお出かけできてうれしいですよね。しかしミニバンは、油断するとサイズもお値段もどんどん膨らみがちで、ドライブも心から楽しめなくなってしまうかも。そこでおすすめなのが、サイズはコンパクト、価格はリーズナブルなスマートミニバン、ホンダ フリードです。この記事では、フリードの魅力や価格帯を紹介しつつ、ライバルとの比較もしていきます。


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。