トップへ戻る

ステップワゴン改良新型!SPADAにハイブリッドモデル登場!

ステップワゴン改良新型!SPADAにハイブリッドモデル登場!

「わくわくゲート」などでおなじみ「STEP WGN(ステップ ワゴン)」がマイナーモデルチェンジ、9月29日に発売開始です。今回のモデルチェンジでは、SPADA(スパーダ)の外観を変更・SPADAにハイブリッドモデルが登場。など、SPADAの変更が多いです。今回はSPADAに重点を置きつつ変更点についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの大人気ミニバン・ステップワゴンがマイナーチェンジ

ホンダの新型ステップワゴンスパーダ スパーダにハイブリッド追加!

http://matome.response.jp/articles/845

ホンダのミニバン、ステップワゴン。わくわくゲートや広々としたフロアが魅力です。そのステップワゴンですが、2017年の9月末にマイナーチェンジするとホンダから発表がありました。今回のマイナーチェンジで、スパーダにハイブリッドが追加される模様です。9月末~10月に発売予定の新型ステップワゴン、最新情報をまとめています。

ホンダの大人気なミニバン、ステップワゴンがマイナーチェンジを行いました。9月26日に発売します。

本記事では、ステップワゴンの最新情報をお届けします。

ホンダのステップワゴン新型 主な変更点まとめ

今回のマイチェンは特にSPADA(スパーダ)がスゴイ

スパーダは、ファミリーカーである一方で、専用エクステリアやブラックを基調としたインテリア等、通常のモデルよりもスタイリッシュさを追求し、また、乗り心地も向上したモデルです。

今まで、ステップワゴンを選んでいた方も、今回のマイナーチェンジで、SPADA(スパーダ)に心を動かされる方も多いのではないでしょうか。

というわけで、ステップワゴン新型の、主な変更点をまとめてご紹介します。

①SPADAのエクステリアデザインを刷新

・新採用のLEDヘッドライトによりシャープさを、専用デザインのフロントグリルにより存在感を表現。SPADAの個性をさらに際立たせる、スタイリッシュかつダイナミックなフロントマスクに仕上げました。

・さらに、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更することで、よりスポーティーなエクステリアデザインに進化しました。


②SPADAにハイブリッド仕様を設定


・2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」搭載仕様を設定。

上質で力強い走行性能と、クラストップレベルとなる25.0km/L(JC08モード)という低燃費を両立させました。

また、Hondaの四輪車として初めて認可取得した「WLTCモード」では20.0km/Lとなります。

・ハイブリッド仕様には専用チューニングサスペンションと、さらに上級グレードにはパフォーマンスダンパーを採用。

乗り心地と操縦安定性を高い次元でバランスをとっています。

【気になる】なぜ、スパーダだけにハイブリッド追加なの?

ここで、気になるのが、なぜスパーダにしかハイブリッドモデルが追加されないのか、ということではないでしょうか。

ここで、ホンダのステップワゴン一部改良モデルの開発責任者である斎藤さんのお話をご紹介します。

ステップワゴンの一部改良モデルの開発責任者を務める本田技術研究所の齋藤葉治主任研究員は「我々のハイブリッドが持っている性能を一番わかりやすく表現するために、スポーティモデルのスパーダに限定して入れた」と解説する。

では何故ノーマルモデルに入れなかったのかと突っ込んで聞いてみたところ「決して造れないわけではないが、ノーマルモデルは価格を重視したお客様が非常に多く、5ナンバーサイズも意識した」との答えが返ってきた

③安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能をさらに充実

・歩行者事故低減ステアリング機能を新たに採用し、Honda SENSINGの基本8機能を全タイプに標準装備。

ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援します。

・ハイブリッド仕様には渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を搭載。

作動範囲を0km/hからとすることにより、高速道路における渋滞時などの運転負荷軽減を図ります。

・SPADAおよびModulo Xは、政府が推奨する安全運転サポート車「サポカーS ワイド」に、その他のタイプは「サポカーS ベーシック+」に該当しています。


今回のマイナーチェンジでは、ホンダセンシングの機能が充実しました。

そして、タイプにホンダセンシングが標準装備されていることも嬉しいですね。また。ACCの作動範囲も以前は20km/h~だったものが0km/hから作動するとあって、これでつらい高速渋滞に重宝すること間違いなしです。

ボディカラーは選べる全11色

フォレストグリーン・パール(有料色)
プレミアムスパイスパープル・パール(有料色)
オブシダンブルー・パール
プレミアムスパークルブラック・パール(有料色)
プラチナホワイト・パール(有料色)
スーパープラチナ・メタリック(有料色)
モダンスティール・メタリック
プレミアムディープロッソ・パール(有料色)
ブルーホライゾン・メタリック
ミルクグラス・パール
クリスタルブラック・パール

ホンダのステップワゴン新型 価格は245万円から

気になる価格ですが、ステップワゴンの価格は、245万5920円~307万8000円です。
一方SPADAは、285万2280円~355万9680円です。

Modulo Xは、366万5000円となっています。
(この、Modulo X(モデューロ)ですが、ホンダ車の魅力をより引き立てる各種カスタマイズパーツをラインアップしているホンダアクセスのブランドのことです)

まとめ

ホンダセンシングの機能の更なる進化、また、SPADA(スパーダ)にはハイブリッドモデルが追加され、ますます勢いを増すホンダのステップワゴン。

現行モデルも、高い人気を誇り、評判も良かったので、今回のステップワゴン新型にはさらなる期待をしてしまいますね。

ステップワゴンにするか、それともステップワゴンSPADA(スパーダ)にするか。それが悩みどころですね。

【2017年上半期】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP 9!

http://matome.response.jp/articles/790

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事では2017年の上半期ではどんな車が人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。

関連する投稿


日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナは、使い勝手の良さと高性能で、日産を代表するミニバンの一台です。初代登場から30年、多くのファミリーの思い出作りに貢献してきたセレナですが、現行型となる5代目モデルにはe-POWERやプロパイロットなど先進的な要素も満載。全車でハイブリッド仕様となるセレナの気になる燃費情報を、カタログ燃費や実燃費などをチェックしつつ、ライバルのミニバンとも比較することで、詳しくご紹介していきます。


トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタのフラッグシップミニバンでありながら、2021年上半期ではなんとミニバンクラストップの売り上げ台数を記録しているなど、売れに売れまくっているのがアルファードです。ファミリーカーとして毎日運転している方もよく見かけるアルファードですが、そんな利用シーンで気になるのは燃費性能。カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較などで、アルファードの燃費性能をとことんご紹介していきます。


トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

5ナンバークラスミニバンの定番であるノアは、すでに25年の歴史を誇る車名です。現行モデルではハイブリッド仕様が新設定され、新たに燃費性能も大幅に向上。利用頻度が高いミニバンだけに、ガソリン代が節約できるハイブリッド仕様の燃費性能は気になるところですよね。この記事では、カタログ燃費から実燃費、ライバルとの性能比較まで、ノア ハイブリッドの燃費情報をあますところなくご紹介していきます。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。