目次へ戻る

日産セレナ・ホンダステップワゴン 徹底比較!

日産セレナ・ホンダステップワゴン 徹底比較!

日産セレナとホンダのステップワゴンは、同じミニバンであり、家族向けというコンセプトを持っています。車内空間・収納・安全性・走行性能などを徹底比較しました。


特徴・概要

コンセプト・ターゲット

日産セレナとホンダのステップワゴンは、Mクラスミニバン、家族向けという同じコンセプトで販売されており、家族を持っている消費者から比較されやすい車です。

それぞれ異なる特徴はありますが、共通する部分で言えばバックドアに特徴があります。

日産セレナは「デュアルバックドア」、ホンダステップワゴンは「わくわくゲート」と呼ばれ、バックドアだけでも、お互いに特徴を出し合い差別化を図りつつ、消費者の期待に応える作りになっています。

利用シーン

利用シーンごとに比べてみてもお互いに遜色ない作りになっています。

買い物などの日常利用では荷室容量も充分で、大きな荷物や多くの荷物を積むことができるので安心です。

また、家族旅行の際には様々なシートアレンジが利き後部座席でゆっくりしながら移動が出来たり3列目からも見通しが良いので、みんなでワイワイ楽しくドライブが出来ます。

車中泊が必要になった際にはいずれの車種もフルフラットに出来るので、大人も子供もしっかりお休みする事が出来ます。

日産セレナとホンダステップワゴン、それぞれファミリーカーとして人気が高い車とあって、この辺りの利便性に関しては、どっちの方が良いなど甲乙はつけがたくなっています。

日産 セレナ

■日産セレナ

【搭乗人数・概要】
日産セレナは1991年に初代が販売され、ミニバンの定番モデルとなっており最大8人搭乗可能です。
ファミリーカーとしての機能を重視していて、小さなお子様がいる家庭も安心して乗車できます。

価格は2,316,600円〜3,187,080円で使い勝手が良いファミリカーとしてはコストパフォーマンスも高いのでお得感があります。

また、2017年次RJCカーオブザイヤー・2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞など様々な賞を受賞するなど名実ともに優秀な車種となっています。

ホンダ ステップワゴン

■ホンダ ステップワゴン

【搭乗人数・概要】
ホンダステップワゴンは乗用車をベースとした1.5ボックス系ミニバンの先駆けとして登場しました。

最大搭乗人数8人の車内は見た目以上に広く感じますが女性でも運転がしやすく、2015年発売後1ヶ月で15,000台と販売計画の約3倍の台数が販売されました。

価格は2,288,000円〜3,184,400円と日産セレナとほぼ同等の金額で、小さなお子様がいる家庭にはお子様が大きくなっても充分利用できる車として支持を得ています。

車内空間・収納

シート

室内空間や収納についてはどうでしょうか。

・セレナ シートアレンジ

セレナのシートは自在にアレンジが可能です。乗車人数や体格などさまざまな角度から考慮されたシートは2列目シートをロングスライドさせソファのようにスーパーリラックスモードにしたりフラットにしてベッドのような形にしたりできますが、最大の特徴は、「スマートマルチセンターシート」を採用し前部座席のひじ置きを2列目へとずらすことができ、これにより2列目では3人が座れるようになります。
乗車人数が多い時には2列目に2人座り、ゆとりを持ちたい時には前部座席に置きゆったりとした空間を保つことができます。

・ステップワゴン シートアレンジ

ステップワゴンも同様にシートアレンジは可能です。
2列目や3列目を倒したりスライドさせて後部座席にゆとりを持たせゆっくりと過ごしたり、フラットにしてお休みが出来たりしますが、セレナの方がもっとアレンジが利くので、この辺りはセレナに軍配が上がりそうです。
ただ、3列目の乗り心地という点では、3列目からの見通しも良く運転中も静かで快適に過ごすことができるので、その点はステップワゴンの方が良さそうです。

ドア・乗降性

ドアや乗降性についてですが、まずセレナのハンズフリーオートスライドドアは、スライドドアの下に足先を入れて引くだけでドアが自動でオープンするという画期的なスライドドアを搭載。

両手がふさがっていても楽に荷物やお子様を車に乗せることが出来ます。

ステップの高さに関しては、ステップワゴンの方が若干低いので、お子様やペットなどを車に乗せる事が多い方は安心かもしれません。

ドア開口部の広さもステップワゴンの方が広く作られており、乗降性でいうとステップワゴン、利便性でいうとセレナといったところでしょうか。

セレナ 収納・バックドア

セレナの収納については、なんといってもデュアルバックドアです。

バックドアすべてを空けるのではなく、ハーフバックドアを開ければそこから荷物を積んだり取り出したり出来るので買い物に便利です。

また、3列目シート収納が出来るのでさらに多くの荷物を載せることが出来ます。

ステップワゴン 収納・バックドア

ステップワゴンの収納に関しては「わくわくゲート」というバックドアが縦にも横にも開き、荷物の収納だけでなく3列目に直接乗り込めるようになっています。

また、3列目の収納もすればベビーカーなども畳まずそのまま積めて非常に便利です。

安全性・走行性

セレナ安全性

セレナの安全性は非常に高く予防安全性能評価 ASV+という評価がそれを表しています。

なかでもエマージェンシーブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し衝突の可能性が高まるとメーター内のディスプレイへの警告表示とブザーで回避操作を促してくれます。

もしドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減してくれるので衝突安全性が非常に高い車です。

ステップワゴン安全性

ステップワゴンも安全性は非常に高くこちらもセレナ同様、予防安全性能評価 ASV+と最高ランクを受けています。

対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダーと、対象の形や大きさの識別に強い単眼カメラを融合した検知機能の「ホンダセンシング」を搭載することにより衝突安全性も極めて高く、安心で快適な運転を支援してくれます。

走行性能

エンジンに関しては、セレナが2リットルエンジン、ステップワゴンが1.5リットルエンジンで
環境性能・JC08モード燃費を比較するとセレナが17.2km/Lというこのクラス最高の燃費性能に対し
ステップワゴンは17.0km/Lと健闘し大きな差はありません。

ただ、セレナはミニバン初のプロパイロットを搭載し、高速道路での運転などでその力を発揮してくれます。
旅行など遠出の多いご家族にはセレナの方が有効的に活用できるのではないでしょうか。

比較試乗記

■燃費・エンジン
新型セレナを発進させると、先代よりも穏やかな印象でキャリーオーバーされた2リットルエンジンは性能的に燃費と扱いやすさを重視し、巡行状態になればファミリーミニバンとして不足ない性能、加速力を発揮してくれるようです。

対するステップワゴンのパワーユニットは1.5リットルのダウンサイジングターボですが、エンジンは出足からレスポンスに優れ、軽快に伸びやかに回り、静かで高速走行でも余裕があり、エンジンで選ぶならステップワゴンという見解です。

■乗り心地
両車の各グレードで採点すると、
1.セレナ ハイウェイスター
2.ステップワゴン標準車
3.セレナ標準車
4.ステップワゴンスパーダ
という順位になるようで、新型セレナの16インチタイヤを履くハイウェイスターがベストのようです。

■走りの爽快感
新型セレナは軽めの操舵力を持つステアリングを切ったときのスムーズさ、安定感が飛躍的に高まり、
安心してカーブや山道を走ることができ、運転がうまくなったと錯覚できるほどの感覚のようです。
一方、ステップワゴンはハイペースになればなるほど走りが際立ってきて
スポーティー感覚ある走りを、安心感とともに痛快、爽快に味わせてくれ運転が楽しく感じさせてくれるようです。。

関連する投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


高級感あふれるセダン 日産 シルフィ(SYLPHY)┃維持費や購入法を徹底解説!

高級感あふれるセダン 日産 シルフィ(SYLPHY)┃維持費や購入法を徹底解説!

「高級なイメージのある日産シルフィを乗り回してみたい」「乗りたい気持ちはあるけど実際のところ維持費とかってどのくらいかかるの?」このようにシルフィを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、そのスタイリッシュさの割には案外お手頃に手が届く値段の車なんです!本記事では、シルフィがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただき、日産シルフィを購入する前の参考にしてください!


【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

痛ましい交通事故のニュースが続く昨今。そんな中、日産が新たに開発してくれました!ついにプロパイロット2.0が登場します。 プロパイロット2.0ではなんと高速道路の車線変更だってできてしまう?とか…?プロパイロット2.0はスカイライン改良新型に搭載される予定とのこと。最新情報をまとめています。


新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

日産の欧州部門は5月14日、日産『NV250』(Nissan NV250)を発表しましたた。NV250はビジネスユーザー向けの新しい汎用性の高いコンパクトバンで、日産の欧州戦略商用車になる模様です。最新情報をお届けいたします。


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。