目次へ戻る

日産セレナ・ホンダステップワゴン 徹底比較!

日産セレナ・ホンダステップワゴン 徹底比較!

日産セレナとホンダのステップワゴンは、同じミニバンであり、家族向けというコンセプトを持っています。車内空間・収納・安全性・走行性能などを徹底比較しました。


特徴・概要

コンセプト・ターゲット

日産セレナとホンダのステップワゴンは、Mクラスミニバン、家族向けという同じコンセプトで販売されており、家族を持っている消費者から比較されやすい車です。

それぞれ異なる特徴はありますが、共通する部分で言えばバックドアに特徴があります。

日産セレナは「デュアルバックドア」、ホンダステップワゴンは「わくわくゲート」と呼ばれ、バックドアだけでも、お互いに特徴を出し合い差別化を図りつつ、消費者の期待に応える作りになっています。

利用シーン

利用シーンごとに比べてみてもお互いに遜色ない作りになっています。

買い物などの日常利用では荷室容量も充分で、大きな荷物や多くの荷物を積むことができるので安心です。

また、家族旅行の際には様々なシートアレンジが利き後部座席でゆっくりしながら移動が出来たり3列目からも見通しが良いので、みんなでワイワイ楽しくドライブが出来ます。

車中泊が必要になった際にはいずれの車種もフルフラットに出来るので、大人も子供もしっかりお休みする事が出来ます。

日産セレナとホンダステップワゴン、それぞれファミリーカーとして人気が高い車とあって、この辺りの利便性に関しては、どっちの方が良いなど甲乙はつけがたくなっています。

日産 セレナ

■日産セレナ

【搭乗人数・概要】
日産セレナは1991年に初代が販売され、ミニバンの定番モデルとなっており最大8人搭乗可能です。
ファミリーカーとしての機能を重視していて、小さなお子様がいる家庭も安心して乗車できます。

価格は2,316,600円〜3,187,080円で使い勝手が良いファミリカーとしてはコストパフォーマンスも高いのでお得感があります。

また、2017年次RJCカーオブザイヤー・2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞など様々な賞を受賞するなど名実ともに優秀な車種となっています。

ホンダ ステップワゴン

■ホンダ ステップワゴン

【搭乗人数・概要】
ホンダステップワゴンは乗用車をベースとした1.5ボックス系ミニバンの先駆けとして登場しました。

最大搭乗人数8人の車内は見た目以上に広く感じますが女性でも運転がしやすく、2015年発売後1ヶ月で15,000台と販売計画の約3倍の台数が販売されました。

価格は2,288,000円〜3,184,400円と日産セレナとほぼ同等の金額で、小さなお子様がいる家庭にはお子様が大きくなっても充分利用できる車として支持を得ています。

車内空間・収納

シート

室内空間や収納についてはどうでしょうか。

・セレナ シートアレンジ

セレナのシートは自在にアレンジが可能です。乗車人数や体格などさまざまな角度から考慮されたシートは2列目シートをロングスライドさせソファのようにスーパーリラックスモードにしたりフラットにしてベッドのような形にしたりできますが、最大の特徴は、「スマートマルチセンターシート」を採用し前部座席のひじ置きを2列目へとずらすことができ、これにより2列目では3人が座れるようになります。
乗車人数が多い時には2列目に2人座り、ゆとりを持ちたい時には前部座席に置きゆったりとした空間を保つことができます。

・ステップワゴン シートアレンジ

ステップワゴンも同様にシートアレンジは可能です。
2列目や3列目を倒したりスライドさせて後部座席にゆとりを持たせゆっくりと過ごしたり、フラットにしてお休みが出来たりしますが、セレナの方がもっとアレンジが利くので、この辺りはセレナに軍配が上がりそうです。
ただ、3列目の乗り心地という点では、3列目からの見通しも良く運転中も静かで快適に過ごすことができるので、その点はステップワゴンの方が良さそうです。

ドア・乗降性

ドアや乗降性についてですが、まずセレナのハンズフリーオートスライドドアは、スライドドアの下に足先を入れて引くだけでドアが自動でオープンするという画期的なスライドドアを搭載。

両手がふさがっていても楽に荷物やお子様を車に乗せることが出来ます。

ステップの高さに関しては、ステップワゴンの方が若干低いので、お子様やペットなどを車に乗せる事が多い方は安心かもしれません。

ドア開口部の広さもステップワゴンの方が広く作られており、乗降性でいうとステップワゴン、利便性でいうとセレナといったところでしょうか。

セレナ 収納・バックドア

セレナの収納については、なんといってもデュアルバックドアです。

バックドアすべてを空けるのではなく、ハーフバックドアを開ければそこから荷物を積んだり取り出したり出来るので買い物に便利です。

また、3列目シート収納が出来るのでさらに多くの荷物を載せることが出来ます。

ステップワゴン 収納・バックドア

ステップワゴンの収納に関しては「わくわくゲート」というバックドアが縦にも横にも開き、荷物の収納だけでなく3列目に直接乗り込めるようになっています。

また、3列目の収納もすればベビーカーなども畳まずそのまま積めて非常に便利です。

安全性・走行性

セレナ安全性

セレナの安全性は非常に高く予防安全性能評価 ASV+という評価がそれを表しています。

なかでもエマージェンシーブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し衝突の可能性が高まるとメーター内のディスプレイへの警告表示とブザーで回避操作を促してくれます。

もしドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減してくれるので衝突安全性が非常に高い車です。

ステップワゴン安全性

ステップワゴンも安全性は非常に高くこちらもセレナ同様、予防安全性能評価 ASV+と最高ランクを受けています。

対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダーと、対象の形や大きさの識別に強い単眼カメラを融合した検知機能の「ホンダセンシング」を搭載することにより衝突安全性も極めて高く、安心で快適な運転を支援してくれます。

走行性能

エンジンに関しては、セレナが2リットルエンジン、ステップワゴンが1.5リットルエンジンで
環境性能・JC08モード燃費を比較するとセレナが17.2km/Lというこのクラス最高の燃費性能に対し
ステップワゴンは17.0km/Lと健闘し大きな差はありません。

ただ、セレナはミニバン初のプロパイロットを搭載し、高速道路での運転などでその力を発揮してくれます。
旅行など遠出の多いご家族にはセレナの方が有効的に活用できるのではないでしょうか。

比較試乗記

■燃費・エンジン
新型セレナを発進させると、先代よりも穏やかな印象でキャリーオーバーされた2リットルエンジンは性能的に燃費と扱いやすさを重視し、巡行状態になればファミリーミニバンとして不足ない性能、加速力を発揮してくれるようです。

対するステップワゴンのパワーユニットは1.5リットルのダウンサイジングターボですが、エンジンは出足からレスポンスに優れ、軽快に伸びやかに回り、静かで高速走行でも余裕があり、エンジンで選ぶならステップワゴンという見解です。

■乗り心地
両車の各グレードで採点すると、
1.セレナ ハイウェイスター
2.ステップワゴン標準車
3.セレナ標準車
4.ステップワゴンスパーダ
という順位になるようで、新型セレナの16インチタイヤを履くハイウェイスターがベストのようです。

■走りの爽快感
新型セレナは軽めの操舵力を持つステアリングを切ったときのスムーズさ、安定感が飛躍的に高まり、
安心してカーブや山道を走ることができ、運転がうまくなったと錯覚できるほどの感覚のようです。
一方、ステップワゴンはハイペースになればなるほど走りが際立ってきて
スポーティー感覚ある走りを、安心感とともに痛快、爽快に味わせてくれ運転が楽しく感じさせてくれるようです。。

関連する投稿


日産 NV200バネット|タクシー仕様&車中泊・中古価格まとめ

日産 NV200バネット|タクシー仕様&車中泊・中古価格まとめ

多様な使い方が可能な日産の「NV200バネット」について、特徴からスペックやタクシー仕様、キャンピング仕様についてや中古車価格などをまとめました。


ホンダのフリードスパイクを徹底検証!スペック・価格・中古車価格

ホンダのフリードスパイクを徹底検証!スペック・価格・中古車価格

ホンダのミニバン、フリードの派生車種であるホンダの5ドアトールワゴン、フリードスパイクは、2016年9月に生産終了しました。本記事では、フリードスパイクの魅力、性能やスペックに中古価格と、後継車について分かりやすくご紹介いたします。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


日産のセダンシルフィ ブルーバードから、シルフィへ┃歴史やスペック

日産のセダンシルフィ ブルーバードから、シルフィへ┃歴史やスペック

シルフィは日産のセダンです。2000年~2009年にかけて販売されたシルフィ(日本名 ブルーバードシルフィ)は世界各国で生産販売され、その後国内でもシルフィの名で現在も販売されています。本記事では、日産のセダン、シルフィについて紹介します。


最新の投稿


岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県も残すは中国山脈側を残すのみとなりました。前回は瀬戸内海側(南部)を紹介してまいりましたが、今回は北部側の道の駅を紹介しましょう。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

都心にほど近い千葉県の道の駅である「道の駅 いちかわ」。 スタイリッシュな建物の中には、ショップ、レストラン、カフェだけでなく、ラウンジ、カルチャースペース、スタジオ等の様々な施設がそろっています。今回は、そんな道の駅 いちかわの見どころを紹介していきます。


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。


30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。