目次へ戻る

【勢いが止まらない】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【勢いが止まらない】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。【1月19日更新】


マツダのCX-8 9月14日より予約受注開始!発売は12月14日

2017年9月14日、マツダは3列シート、7人乗りの新型SUVである『CX-8』の発表会を都内で開き、予約受注を開始しました。

12月14日に発売予定となります。

6人または7人乗り(一部グレードは6人乗りのみ)で、改良を加えてパワーと燃費性能を高めた2.2リットルのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)を搭載しました。

CX-5

マツダのCX-8 注目はやっぱり3列シート&最大7人乗り

CX-8 内装 ※6人乗り

注目はやはり3列シートで最大7人乗りという点。

3列シートの車らしく余裕のあるサイドシルエットとなっていることが確認できます。CX-8は、マツダの国内市場向けSUVラインアップの最上位モデルとしての登場になります。

2.2リットルディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載し、マツダらしい走り、デザインや質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現しました。

マツダ 新型SUV CX-8 3列目シート

FF、4WD、共に最上級モデルである「XD L Package」を除けば6人乗り、7人乗りの選択が可能となっていて、6人乗りはセカンドシートがキャプテンシート、7人乗りの場合は、6:4分割ベンチシートとなります。

マツダはミニバン生産を終了する考え

マツダの小飼雅道社長は、「国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV、CX-8を2017年中に発売する。このCX-8の導入によりミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦していく」と述べており、また「弊社のミニバンに置き換わるもの」とするCX-8の位置付けを示した上で、「ミニバンの生産を終了したい」との方針も明らかにしています。

また、開発責任者である商品本部の松岡英樹主査は「3列目の方を含め全ての乗員がゆったり座れる快適性と、全員で普通に会話できる静粛性を実現した」と話します。SUVやミニバンでは、3列目は補助席的な扱いのモデルもあるが、CX-8は身長180cmクラスの人でもゆとりがある設計としています。

今回、外観デザインの公開と同時にデザインコンセプト「TIMELESS EDGY(タイムレス・エッジー)」も明らかにされた。

マツダは、「時を経てもお客さまの感性を刺激し続ける先進性を目指し、マツダのデザインテーマ『魂動』をより高い次元へと深化」させたとしている。

また国内での最上位SUVとして風格、質感にこだわり、内装においても色、素材のひとつひとつにまで吟味を重ねたそうだ。

マツダ CX-8 基本スペック・ボディサイズ

 
マツダ CX-8 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4900×1840×1730
室内寸法(長さ×幅×高さ)2690×1540×1250
車両重量1,780~1,900kg
最大乗車定員6~7名
燃費(JC08モード燃費)17.0km/L~17.6km/L
最小回転半径5.8m
総排気量2,188cc
最高出力140kW<190PS>/4,500rpm
最大トルク450N・m<45.9kgf・m>/2,000rpm
燃料タンク容量72~74L

エンジンには2.2リットルのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)を搭載しました。

また、このディーゼルエンジンはピストン形状の変更やターボチャージャーなどの大幅な改良を加え、CX-5などに搭載している従来の2.2リットルと比べて最高出力は175psから190psへ、最大トルクは420Nmから450Nmへとパワーアップしています。

多人数SUVでも、ディーゼルならではの立ち上がりの良い加速感や高トルクの走りができるようにしたということです。

マツダ CX-8 価格は319万円~!

9月14日に発表されたマツダの新型SUV「CX-8」気になるのは価格ですが、エントリーモデルから最上級モデルまで全3グレードが展開されていて、価格は319万円~419万円となっています。

グレード別の価格は下記を参照下さい。※XD、XD PROACTIVが7人乗りの選択可能

■XD
2WD(FF):¥3,196,800
4WD  :¥3,429,000
■XD PROACTIVE
2WD(FF):¥3,537,000
4WD  :¥3,769,200
■XD L Package
2WD(FF):¥3,958,200
4WD  :¥4,190,400

※価格は全て税込で表示

【マツダ CX-8】初の3列シートSUV、開発責任者「夢を膨らませるクルマに」…2.2L改良ディーゼル搭載 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/14/299767.html

マツダは9月14日、3列シートの新型SUVである『CX-8』の発表会を都内で開き、予約受注を始めた。12月14日に発売する。6人または7人乗りで、改良を加えてパワーと燃費性能を高めた2.2リットルのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)を搭載した。

気になる!CX-8の燃費は?

気になる燃費については、最も良いタイプだとJC08モードで17.6km/リットル、新基準であるWLTCモードでは15.8km/リットルと、高いレベルを確保しています。

 
マツダ CX-8 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:15.8 4WD:15.4
市街地モードFF:12.7 4WD:12.5
郊外モードFF:15.7 4WD:15.3
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.5

燃料タンクは72リットル(2WD:FF)と国産乗用車では大きい部類とし、満タンからのWLTCモードによる航続は約1100kmにもなり、東京から福岡を結べるほどの距離になります。

最後に

ついに正式に発表され、12月より発売となるマツダの新型CX-8。

CX-8が投入されることで、CXシリーズは、CX-3、CX-5、そしてCX-8と選択の幅が広がりますね。

10月の東京モーターショーではその実物を見ることができるかもしれません。

【9月11日更新】東京モータショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【9/11情報更新】CX-8に会えるかも!?東京モーターショーの記事はこちら。

マツダのSUV CXシリーズの記事はこちらから

【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

http://matome.response.jp/articles/789

マツダのCX-3(CX3)、一部改良とガソリン車を追加して2017年7月に販売開始されました。気になる実際の評価や、燃費、価格、中古価格についてまとめました。CX-3が気になっている方、必見です。

【マツダ新型CX-5】売上絶好調のCX-5!"深化"したポイントを徹底紹介

http://matome.response.jp/articles/80

2016年12月に予約を開始し、2017年2月に発売となったマツダのSUV「CX-5」。こちらの記事ではCX-5の深化したポイント、性能、デザインなどの情報をメインにまとめています。

マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

http://matome.response.jp/articles/853

マツダのCXシリーズの最も大きなボディサイズを誇るSUV、それがCX-9です。CX-9は北米向けに生産・販売されており、2017年8月現在、日本販売はされていません。今後、日本での発売はあるのか?気になる情報をまとめました。

CX-8の勢いが止まらない!発売後約1ヵ月時点での累計受注台数が12,000台超

マツダによれば、昨年の12月14日に発売した3列シートクロスオーバーSUV『マツダCX-8』の発表・予約受付開始後の累計受注台数が1月15日時点で12,042台となったことを発表しました。

これは、月間販売計画1,200台に対し10倍を超える受注実績とのこと。凄まじい勢いを感じますね。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-8 SUV

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。