トップへ戻る

【勢いが止まらない】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【勢いが止まらない】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。【1月19日更新】

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダのCX-8 9月14日より予約受注開始!発売は12月14日

2017年9月14日、マツダは3列シート、7人乗りの新型SUVである『CX-8』の発表会を都内で開き、予約受注を開始しました。

12月14日に発売予定となります。

6人または7人乗り(一部グレードは6人乗りのみ)で、改良を加えてパワーと燃費性能を高めた2.2リットルのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)を搭載しました。

CX-5

マツダのCX-8 注目はやっぱり3列シート&最大7人乗り

CX-8 内装 ※6人乗り

注目はやはり3列シートで最大7人乗りという点。

3列シートの車らしく余裕のあるサイドシルエットとなっていることが確認できます。CX-8は、マツダの国内市場向けSUVラインアップの最上位モデルとしての登場になります。

2.2リットルディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載し、マツダらしい走り、デザインや質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現しました。

マツダ 新型SUV CX-8 3列目シート

FF、4WD、共に最上級モデルである「XD L Package」を除けば6人乗り、7人乗りの選択が可能となっていて、6人乗りはセカンドシートがキャプテンシート、7人乗りの場合は、6:4分割ベンチシートとなります。

マツダはミニバン生産を終了する考え

マツダの小飼雅道社長は、「国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV、CX-8を2017年中に発売する。このCX-8の導入によりミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦していく」と述べており、また「弊社のミニバンに置き換わるもの」とするCX-8の位置付けを示した上で、「ミニバンの生産を終了したい」との方針も明らかにしています。

また、開発責任者である商品本部の松岡英樹主査は「3列目の方を含め全ての乗員がゆったり座れる快適性と、全員で普通に会話できる静粛性を実現した」と話します。SUVやミニバンでは、3列目は補助席的な扱いのモデルもあるが、CX-8は身長180cmクラスの人でもゆとりがある設計としています。

今回、外観デザインの公開と同時にデザインコンセプト「TIMELESS EDGY(タイムレス・エッジー)」も明らかにされた。

マツダは、「時を経てもお客さまの感性を刺激し続ける先進性を目指し、マツダのデザインテーマ『魂動』をより高い次元へと深化」させたとしている。

また国内での最上位SUVとして風格、質感にこだわり、内装においても色、素材のひとつひとつにまで吟味を重ねたそうだ。

マツダ CX-8 基本スペック・ボディサイズ

 
マツダ CX-8 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4900×1840×1730
室内寸法(長さ×幅×高さ)2690×1540×1250
車両重量1,780~1,900kg
最大乗車定員6~7名
燃費(JC08モード燃費)17.0km/L~17.6km/L
最小回転半径5.8m
総排気量2,188cc
最高出力140kW<190PS>/4,500rpm
最大トルク450N・m<45.9kgf・m>/2,000rpm
燃料タンク容量72~74L

エンジンには2.2リットルのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)を搭載しました。

また、このディーゼルエンジンはピストン形状の変更やターボチャージャーなどの大幅な改良を加え、CX-5などに搭載している従来の2.2リットルと比べて最高出力は175psから190psへ、最大トルクは420Nmから450Nmへとパワーアップしています。

多人数SUVでも、ディーゼルならではの立ち上がりの良い加速感や高トルクの走りができるようにしたということです。

マツダ CX-8 価格は319万円~!

9月14日に発表されたマツダの新型SUV「CX-8」気になるのは価格ですが、エントリーモデルから最上級モデルまで全3グレードが展開されていて、価格は319万円~419万円となっています。

グレード別の価格は下記を参照下さい。※XD、XD PROACTIVが7人乗りの選択可能

■XD
2WD(FF):¥3,196,800
4WD  :¥3,429,000
■XD PROACTIVE
2WD(FF):¥3,537,000
4WD  :¥3,769,200
■XD L Package
2WD(FF):¥3,958,200
4WD  :¥4,190,400

※価格は全て税込で表示

【マツダ CX-8】初の3列シートSUV、開発責任者「夢を膨らませるクルマに」…2.2L改良ディーゼル搭載 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/14/299767.html

マツダは9月14日、3列シートの新型SUVである『CX-8』の発表会を都内で開き、予約受注を始めた。12月14日に発売する。6人または7人乗りで、改良を加えてパワーと燃費性能を高めた2.2リットルのディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)を搭載した。

気になる!CX-8の燃費は?

気になる燃費については、最も良いタイプだとJC08モードで17.6km/リットル、新基準であるWLTCモードでは15.8km/リットルと、高いレベルを確保しています。

 
マツダ CX-8 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:15.8 4WD:15.4
市街地モードFF:12.7 4WD:12.5
郊外モードFF:15.7 4WD:15.3
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.5

燃料タンクは72リットル(2WD:FF)と国産乗用車では大きい部類とし、満タンからのWLTCモードによる航続は約1100kmにもなり、東京から福岡を結べるほどの距離になります。

最後に

ついに正式に発表され、12月より発売となるマツダの新型CX-8。

CX-8が投入されることで、CXシリーズは、CX-3、CX-5、そしてCX-8と選択の幅が広がりますね。

10月の東京モーターショーではその実物を見ることができるかもしれません。

【9月11日更新】東京モータショー2017 予想されてる出展車両一覧!

http://matome.response.jp/articles/661

【9/11情報更新】CX-8に会えるかも!?東京モーターショーの記事はこちら。

マツダのSUV CXシリーズの記事はこちらから

【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

http://matome.response.jp/articles/789

マツダのCX-3(CX3)、一部改良とガソリン車を追加して2017年7月に販売開始されました。気になる実際の評価や、燃費、価格、中古価格についてまとめました。CX-3が気になっている方、必見です。

【マツダ新型CX-5】売上絶好調のCX-5!"深化"したポイントを徹底紹介

http://matome.response.jp/articles/80

2016年12月に予約を開始し、2017年2月に発売となったマツダのSUV「CX-5」。こちらの記事ではCX-5の深化したポイント、性能、デザインなどの情報をメインにまとめています。

マツダ CX-9に2018年モデル登場!日本逆輸入・日本発売はあるのか?

http://matome.response.jp/articles/853

マツダのCXシリーズの最も大きなボディサイズを誇るSUV、それがCX-9です。CX-9は北米向けに生産・販売されており、2017年8月現在、日本販売はされていません。今後、日本での発売はあるのか?気になる情報をまとめました。

CX-8の勢いが止まらない!発売後約1ヵ月時点での累計受注台数が12,000台超

マツダによれば、昨年の12月14日に発売した3列シートクロスオーバーSUV『マツダCX-8』の発表・予約受付開始後の累計受注台数が1月15日時点で12,042台となったことを発表しました。

これは、月間販売計画1,200台に対し10倍を超える受注実績とのこと。凄まじい勢いを感じますね。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。