目次へ戻る

【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/22情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


目次

東京モーターショーは海外勢が不参加・・・

【世界最大級】フランクフルトモーターショー2017 出展メーカー&トピック

https://matome.response.jp/articles/843

海外勢が気になる…というあなたには、フランクフルトモーターショーの記事をどうぞ。

2017年の東京モーターショーに、アメリカ・イタリア勢が出展しないことが既に明らかになりました。
ニュースでも話題になっていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

もともと、アメリカのビッグ3と名高いGMやフォードモーターは、数年来、東京モーターショーに出展していません。

そして10月に行われる東京モーターショー2017。

前回まで出展していたFCAフィアット・クライスラーのジープが出展を取り止めたことによって、米ビッグ3は、全ブランドが東京から撤退となる見込みです。

また、FCAのイタリア系ブランドとして知られているフィアット、アルファロメオ、アバルトは前回までは出展していたものの、今回は欠席という発表を行いました。

これでイタリア車の出展予定もなくなります。またジープと合わせて、FCAは全ブランドが出展しないということになります。

また、イギリス勢でも同様の傾向が起きています。
ジャガー、ランドローバー、MINIが前回の出展から欠席しており、イギリス車の出展予定もなくなっています。

東京モーターショー!イタリア車とイギリス車が不参加!?

https://matome.response.jp/articles/600

日本自動車工業会(自工会)は22日、第45回東京モーターショー2017の出展社リストを発表しました。それによると今回からイタリア車とイギリス車の出展予定がなくなったとのこと。そんな撤退してしまったイタリア車、イギリス車をまとめました。

【東京モーターショー2017 開催期間情報・概要・日程】

というわけで、気になる、「東京モーターショー2017」の開催期間の情報、出展者リストをまとめてみました。

東京モーターショー2017 開催日時・会場・料金(入場料)

第45回東京モーターショー2017

開催期間:2017年10月25日(水) ~ 11月5日(日)
プレスデー:10月25日(水) 08:00~18:00
      10月26日(木) 08:00~13:00

特別招待日/障害者手帳をお持ちの方の特別見学日:10月26日(木) 13:30~18:00
※前登録制(障がい者手帳提示)。登録は8月頃より、公式サイトにて開始する予定

オフィシャルデー:10月27日(金) 9:00~18:00
(開会式等招待者) ※開会式等の式典を実施する日

プレビューデー:10月27日(金) 12:30~18:00
※入場者数限定の入場券で入場可能な日

一般公開日:10月28日(土)~11月5日(日)
祝日を含む月曜から土曜は10:00~20:00 日曜は10:00~18:00

会場:東京ビッグサイト 住所:東京都江東区有明 3-11-1

一般入場料:1800円 (前売り1600円、日曜以外の16:00~は900円※当日会場売り)
※高校生は600円 (前売り500円、日曜以外の16:00~は300円※当日会場売り)
※中学生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方は手帳提示で本人、付添者1名(車椅子の場合は2名)無料

プレビューデー:3500円
※枚数限定 / 小学生以下は無料(保護者同伴が必要)

東京モーターショー2017 出展者(乗用車)一覧

※この情報は2017年5月22日時点のものです

今回はその中でも、国産車について、一体どんな車が出展されるのか、予測してみました。

東京モーターショー2017【公式サイト】 詳しい出展者情報はこちら

【大予想】メーカー別/出展されると予想される車種

■ダイハツ 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 ミライ―ス

2017年5月9日に、全面改良されて発売されたミライ―ス

ダイハツ ミライ―ス

2017年の東京モーターショーでは、新型ミライ―スが出展されるのでは。と予測されています。

■ホンダ 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 ZSX

ホンダ ZSX

 新型 CR-V

ホンダ CR-V

 復活!? S2000 後継モデル

ホンダ FRオープンスポーツ S2000 後継モデル

ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることが分かった。

ホンダ S2000の後継モデルついに登場!?S2000について振り返る

https://matome.response.jp/articles/681

ホンダ S2000の後継モデルが東京モーターショーにて披露されるかと噂されています。今回はそんなS2000の情報と過去のモデルについてまとめてみました。

S2000後継モデルの詳細についてはこちらの記事にてまとめています。

ホンダ S2000 後継モデルスクープ情報はこちら

ホンダの出展車両の予想として、小型NSXか?との呼び声が高いZSX。上海モーターショーでハイブリッドモデルが紹介されていたCR-Vあたりが出展されるのでは、と予想されます。

また、ホンダS2000の後継モデルと噂されている車が披露されるかについても、注目です。

■レクサス 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 LC-F

レクサス LC-F(予想図)

 新型 LS

レクサス LS

世界初が満載!!レクサスLS 新型情報まとめ

https://matome.response.jp/articles/682

レクサスLS新型の情報が続々と上がってきています。今回はレクサスLSについて改めてまとめてみました。

レクサスは、レクサスのフラッグシップ・クーペ、「LC」、その頂点を極める高性能モデルLC-F。そして新型のLSが出展されるのではと予想されます。

■マツダ 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 RX-9

マツダ RX-9

2015年の東京モーターショーで公開された「RX-VISION」からインスピレーションを得た、マツダ独特のライン形状と押出の強いフロントエンドを特徴としており、随所にメッキパーツを採用したエクステリアは高級感が溢れる。

パワートレインは、新開発のロータリーエンジン「SKYACTIVE-R」を採用、最高出力は450ps程度が予想され、駆動方式はFR、ボディサイズは全長4440mm、全幅1910mm、全高1180mm、車重は1300kg~1350kgと予想する。

注目は、ロードスターRFのノウハウを活かした、電動アクティブトップモデルが投入される可能性だ。

東京モーターショー2017、マツダの大本命はやはり、RX-9だと予想されます。
新型ロータリーを搭載する最高級2ドアクーペ、RX-9は、RX-7、RX-8の後続車種とされています。

マツダ 最高級2ドアクーペ、RX-9が2019年発売!初公開は東京モーターショー!?

https://matome.response.jp/articles/665

マツダのRX7(RX8)の後継モデル!RX-9が2019年発売と噂されています。 そして、初公開は東京モーターショー2017だとか!? また、気になる価格・スペックについても迫ってみました。

RX-9の詳細についてはこちらの記事からご確認下さい。

 新型 CX-8

マツダ 次はCX-8か

CX-8、外観が公開されました【7月25日】

また、忘れてはいけないのが、マツダの「CX」シリーズに連なるCX-8の存在です。

マツダは4月28日、決算発表に先立って、2017年内に新型車『CX-8』を投入するという計画を公表しています。そのため、東京モーターショーでお披露目される可能性は高いと言えるでしょう。

マツダ CX-8詳細はこちら

マツダ 新型 CX-8 9月14日に公式から発表!価格・スペック・発売日は?

https://matome.response.jp/articles/858

マツダの新型SUV、CX-8が発売されます。詳細は2017年9月14日(木)11時からマツダ公式でライブ配信されるそうです。今回は気になるCX-8について改めてわかっている情報をまとめています。

CX-8【12月14日】発売決定です

そして、CX-8の続報が発表されました。

気になる発売日は、12月14日です。

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

https://matome.response.jp/articles/858

そして、とうとう2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり発売日は12月14日となっています。本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。

■三菱 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 エクリプス クロス

三菱 エクリプス クロス

3月のジュネーブモーターショーにて世界発披露された、三菱自動車にとって久々の新型車となる『エクリプス クロス』。ちなみに日本初披露の場に選ばれたのは、4月15日、16日に行われた「モータースポーツジャパン2017 フェスティバル イン お台場」でした。

このエクリプス クロスが出展される可能性は高いでしょう。

【ジュネーブモーターショー2017】三菱の強みはSUV!エクリプス復活

https://matome.response.jp/articles/149

三菱自動車は、2017年3月7日にスイスで開幕した「ジュネーブモーターショー2017」で新型SUV「エクリプス クロス」の実車を世界初公開しました。三菱の新たな方向性を斬新なクーペタイプのデザインで表現した新世代SUVの第1弾となる「エクリプス クロス」の情報と画像をまとめました。

 新型 グランドランサー

新型 グランドランサー

また、3月に台湾にて発表されたグランドランサー。この車は、国内向け生産を終了した、ギャラン Gフォルティスの大幅改良モデルとなります。このグランドランサーについても展示があるのではと予想されます。

クロスオーバーSUV e-エボリューション コンセプト

三菱自動車は、10月25日~11月5日に東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」で『ミツビシ e-エボリューション コンセプト』を世界初披露すると発表しました。

e-エボリューション コンセプトは、三菱自動車の新たな成長と発展、これからのクルマづくりの方向性を示唆するクロスオーバーSUVタイプの高性能EV。

そのネーミングには、三菱自動車独自のEVの進化形(EVOLUTION)という意味が込められています。

■日産 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

GT-Rと並ぶ日産のツートップ、「フェアレディZ」ですが、9年振りのフルモデルチェンジが迫っています。

三菱GTO復活?後継モデルの「フェアレディZ」次期型をピックアップ!!

https://matome.response.jp/articles/571

三菱自動車が、「スタリオン」後継モデルとして、1990年に発売した、ファストバック・クーペ「GTO」が復活するというレポートが欧州から届きました。 「GTO」後継モデルには、実質の親会社となった日産「フェアレディZ」にも採用されている、「FR-L」プラットフォームを採用しています。今回はそのフェアレディZを調べました。

 新型 リーフ

2017年9月6日公開された新型リーフ

また、日本のEVを牽引している「リーフ」。新型リーフは東京モーターショー2017で初公開されるのでは?と予想されていましたが、9月6日にアメリカで開催されるTIMデトロイト(Technology in Motion)にてワールドプレミアと正式に発表されました。翌月の開催となる東京モーターショー2017にても出展されることは間違いないのではないでしょうか。

航続距離400km!日産 新型リーフ 最新情報まとめ!価格・スペックは?

https://matome.response.jp/articles/835

【9/6更新】2017年9月6日に初公開された日産の電気自動車(EV)新型リーフ。その中身はどのようなスペック、内外装なのでしょうか?そして気になる価格は?フルモデルチェンジとなる今回の新型リーフの最新情報をまとめて掲載しています。

■スバル 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 フォレスター

スバル フォレスター

 新型 WRX STI

スバル WRX STI

 新型 レヴォーグ/WRXS4

スバル レヴォーグ / WRX S4

スバルも注目のラインナップです。
どのクルマも今後の展開が気になる新型ですね。

スバル レヴォーグ / WRX S4についてはこちら

■スズキ 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 スイフト スポーツ

9月13日発表された新型スイフトスポーツ

スズキのスイフトスポーツ。次期型に搭載されるのは、最高馬力150psを発揮する1.4リットル直列4気筒「ブースタージェット」エンジンだということが明らかになっています。

また、新開発「HEARTECT」プラットフォームを採用し、大幅な軽量化を実現、燃費とパフォーマンスの向上が図られていることも魅力の一つ。
東京モーターショー2017で展示されるのではないかと予想されます。

スズキ スイフトスポーツ新型 9月20日より発売!価格は183万円から

https://matome.response.jp/articles/863

9月13日、スズキのスイフトスポーツ新型が発表されました。3代目となる新型「スイフトスポーツ」は、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型「スイフト」をベースにし、日常での使いやすさを確保しつつも、より高性能なホットハッチバックへと進化させた魅力あふれる一台。なのに183万円からとかなりお買い得の一台です。

新型スイフトスポーツの詳細はこちらから

 新型 ジムニー

スズキの軽SUVであるジムニーも約20年振りとなるフルモデルチェンジのうえ、東京モーターショー2017にて初公開されるのではないかと予想されています。

【9/11追記】新型ジムニーの開発には時間が掛かっているようで、東京モーターショー2017には間に合わない可能性があるとの情報が出ています。詳細情報が確認取れ次第、更新して情報をお届けいたします。

スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

https://matome.response.jp/articles/803

【9/11更新】スズキのジムニーが20年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、早ければ今年開催される東京モーターショー2017にて発表されるという情報が舞い込みました。新型ジムニーについての情報を随時更新しお届けします。

【速報】スズキ 出展車 発表【9月22日】

スズキが、東京モーターショー2017の出品概要を公開しました!

東京モーターショー2017、スズキブースでは、モーターを搭載した四輪独立駆動のコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」をはじめ、“わくわく”や“楽しさ”を感じる 軽ハイトワゴン「スペーシア コンセプト」、新ジャンルのクロスオーバーワゴン「XBEE(クロスビー)」、ネオレトロカテゴリーの二輪車「SV650X」など、四輪車や二輪車、船外機をテーマ別に配置予定です。

スズキ e-SURVIVOR

ジムニーやエスクードが持つスズキのコンパクトSUVの魅力を継承した、スズキが次の時代に向けて提案する未来のコンパクトSUVがe-SURVIVOR(イー・サバイバー)です。

スズキ スペーシア コンセプト

低床で広い室内空間、使い勝手が良い、後席両側スライドドアの軽ハイトワゴン『スペーシア』のコンセプトモデル。

スズキ スペーシア カスタム コンセプト

ボリュームのある大型フロントメッキグリルで、圧倒的な迫力と存在感のあるデザインの、スペーシアカスタムコンセプト。

スズキ クロスビー

都会でお洒落に、レジャーでアクティブに、様々なライフスタイルに似合う小型クロスオーバーワゴン、XBEE(クロスビー)。

スズキ クロスビー アウトドア アドベンチャー

新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」のアウトドアシーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。

スズキ クロスビー ストリート アドベンチャー

新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」の都会での使用シーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。

スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト

キャビンを広く、使い勝手を向上させた新しい軽トラックで軽トラ市に出店することを想定したコンセプトモデル。

また、その他の市販車としては、

登録車:新型スイフトスポーツ、バレーノ、イグニス、エスクード
軽自動車:ハスラー、アルト ラパン、アルトワークス、ジムニー、ワゴンR 昇降シート車
四輪車出品予定台数 合計20台との情報が公開されています。

■トヨタ 東京モーターショー2017 出展予想車

 新型 スープラ

トヨタ スープラ

BMWと共同開発されている新型スープラ。
既に大注目の車種の一つですね。

東京モーターショー2017にて公開されるのではないかと期待されています。

スープラ最前線!ワールドプレミアは東京モーターショーか?価格は?

https://matome.response.jp/articles/859

BMWとの共同開発がおこなわれているトヨタ『スープラ』次期型。その最終プロトタイプの画像を入手しました。発売が待ち遠しいスープラ。改めて今わかっている情報をまとめてみました。

トヨタ スープラ次期型が、カモフラージュも軽く再びニュル高速テストに姿を見せた。

全体的フォルムがかなり見えてきたプロトタイプは、大口エアインテーク、「Z4」次期型より短いオーバーハング、テールライトのアウトラインやツインエキゾーストパイプが確認出来る。

今回はスープラのキャビン内が目撃されており、レポートによると、Z4のMTとは異なるATシフトレバーが確認されている。情報によれば、スープラはオートマチックのみの設定となる可能性があるようだ。

 新型 クラウン

トヨタの顔とも言える4ドアサルーン『クラウン』次期型と思われるプロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで、極秘高速テストを行った。

海外一部メディアでは、レクサス『GS』次期型との報道もあるようだが、レスポンスの兄弟サイトSpyder7が独自に入手した情報によると、クラウン次期型の可能性が高いとレポートされている。

東京モーターショー2017でワールドプレミアされる車とは?

スープラ

スープラ最前線!ワールドプレミアは東京モーターショーか?価格は?

https://matome.response.jp/articles/859

BMWとの共同開発がおこなわれているトヨタ『スープラ』次期型。その最終プロトタイプの画像を入手しました。発売が待ち遠しいスープラ。改めて今わかっている情報をまとめてみました。

フェアレディZ

フェアレディZ 新しい"Z"に、日産の「魂」。基本情報まとめ

https://matome.response.jp/articles/772

フェアレディZ。それは日産から販売されている人気スポーツカーです。そんな人気車ですが、貴方はフェアレディZの名前の由来をご存知ですか?9年ぶりにフルモデルチェンジかと噂される話題のフェアレディZ。今回は改めてフェアレディZの基本情報についてまとめてみました。

RX-9

マツダ RX-9が2019年発売!?東京モーターショー2017にてお目見えか?

https://matome.response.jp/articles/665

マツダのRX7(RX8)の後継モデル!RX-9が2019年発売と噂されています。そして、初公開は東京モーターショー2017だとか!?また、気になる価格・スペックについても迫ってみました。

まだ、予想の域ではありますが、トヨタのスープラ、日産のフェアレディZ、マツダのRX-9が東京モーターショー2017でワールドプレミアされるのではないかと予想されています。

過去から予測!どうなる!?東京モーターショー2017!

それでは、気になる2017年、今年の東京モーターショーですが、いったいどのくらいの人数が見込まれるでしょうか。

過去の開催日数と来場者数から推測してみました。

■2009年 61万4,400人 開催期間13日間
■2011年 84万2,600人 開催期間10日間
■2013年 90万2,800人 開催期間10日間
■2015年 81万2,500人 開催期間11日間

今年は、主な海外メーカーの不参加が決定していることもあり、一昨年の81万人よりも来場者数が減少するのではないかと考えられています。

過去のモーターショーを参考に見てみると、最後の幕張開催であった2009年は、リーマンショックの影響により海外勢の参加が3社にとどまったこともあって、他の年に比べ来場者数が大幅に減少しています。

今年開催の東京モーターショー2017の開催期間は10日間で、出品社数も海外勢の大手が不参加とはいえ、現時点で170社ほどが参加予定となっています。開催期間や過去データから考えると東京モーターショー2017も、例年通り80万~90万人程度になるのではないかと予測できます。(ネガティブなイメージのニュースが多いためもう少し減少する可能性もあると考えてます。)

しかしながら、スープラ、フェアレディZ、RX-9などのビッグネームがワールドプレミアということになれば、状況はかなり変わり、100万にを超える可能性も無きにしも非ず。ではないでしょうか?

ちなみに過去の東京モーターショーの最高来場者数は、1991年(平成3年)開催時で15日間の開催で2,018,500人の来場という記録になっています。

今後の東京モーターショー2017の情報に目が離せない!

2020年には、晴れて東京オリンピックも開催されますね。

東京でのオリンピック開催に伴い、ビッグサイト、アリーナなど、会場場所の確保が大変だという問題もありますが、今後の東京モーターショーへの影響はないのでしょうか。

2019年開催の東京モーターショーですが、従来通り東京ビッグサイトで開催すると発表がされています。

一方で、今までは東京ビッグサイト全フロアを使用して開催していましたが、東京オリンピック開催準備の影響で、19年の東京モーターショーでは展示面積が従来の4分の3程度になるとのこと。

面積が狭くなることへの、懸念も多いようですが、開催されるだけでありがたいですし、また今までとは違う東京モーターショーが見られるのではないか、と今から楽しみでもありますね。

引き続きResponseチャンネルは東京モーターショーの動向を追い続けます!!

開催が待ち遠しい!!

関連する投稿


【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

新しいSUV・マツダのCX-8。12月14日発売ではあるものの、発売前から話題になっています。今回はそんなマツダのCX-8の、続報についてご紹介します。


【9月19日発売】トヨタの新ブランドGRシリーズ 最新情報を完全網羅!

【9月19日発売】トヨタの新ブランドGRシリーズ 最新情報を完全網羅!

9月19日、トヨタはモータースポーツ直系ブランド「GRシリーズ」を立ち上げると発表し、注目を集めています。 今回はこの「GR」について今現在わかっている情報を集めてみました。


【9月15日発売】一部改良のホンダ シャトル新型  驚きの低燃費を実現

【9月15日発売】一部改良のホンダ シャトル新型 驚きの低燃費を実現

ホンダ シャトルが一部改良を行い、9月15日より発売します。今回の改良で、どこが変更になったのか?変更点をまとめてお伝えします。


ホンダ アーバンEVコンセプト ホンダの今後のEV戦略が見える!?

ホンダ アーバンEVコンセプト ホンダの今後のEV戦略が見える!?

ホンダが発表した、アーバンEVコンセプト。このアーバンEVコンセプト、ホンダにとっては重要な意味合いを持つ車なんです。


【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり発売日は12月14日となっています。本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


最新の投稿


【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月22日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/22情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【最上級SUV】レクサス LX スペック、燃費、新車・中古車価格は?

【最上級SUV】レクサス LX スペック、燃費、新車・中古車価格は?

レクサス LXは、トヨタ自動車が販売する、高級な大型SUVです。マイナーチェンジを行ったレクサス LXはボディ、室内空間、性能がさらに充実し、国内最高クラスのSUVになっています。本記事ではレクサスLXについてご紹介します。


【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

自分が運転しなくても、車が代わりに運転をしてくれたり、昔見たSF映画のように、車が空を飛んだりする…。子どものころ思い描いた夢が、今、現実になろうとしています。そんな中、NewsCafeでは、「貴方の乗ってみたい未来の乗り物」についてアンケートを実施しました。今回は気になる結果についてまとめています。


【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

新しいSUV・マツダのCX-8。12月14日発売ではあるものの、発売前から話題になっています。今回はそんなマツダのCX-8の、続報についてご紹介します。


【ハロウィン2017】東京駅・エキナカオススメハロウィングルメ6選

【ハロウィン2017】東京駅・エキナカオススメハロウィングルメ6選

2017年ハロウィン到来目前!昨今ハロウィンが熱いですが、その影響はグルメにも。今回はそんな東京駅のエキナカで食べられる、ハロウィングルメをご紹介します。お土産にもオススメですよ。