目次へ戻る

【伝説の Z1 再来】カワサキ Z900RSが世界初公開!12月1日に発売!

【伝説の Z1 再来】カワサキ Z900RSが世界初公開!12月1日に発売!

東京モーターショー2017にてカワサキの伝説的なバイク「Z1」の再来と言われる「Z900RS」が10月25日のプレスデーにて、世界初公開となりました。こちらの記事では、Z900RSの画像と発売日、価格、スペックについての情報とZ1についての情報、東京モーターショー2017のカワサキブースの情報を掲載しています。


東京モーターショー2017にてカワサキ「Z900RS」が世界初公開!

10月25日(水)。東京モーターショー2017のプレスデーが開催され、2輪車、4輪車共に注目の車両が続々と公開されました。

カワサキからは、絶大な人気を誇る旧車「Z1」をインスパイアしたモデル「Z900RS」がワールドプレミアとなり非常に大きな注目を集めてます。

ワールドプレミアとなった「Z900RS」

公開されたZ900RSはカスタムモデルを含め合計4台が出展。25日のプレスカンファレンス後に公開され、多くのメディア関係者から注目とフラッシュを浴びました。

Z900RS カスタムモデル

「Z1」といえば40代~のバイク乗りだった人にとっては知らない人は居ないと言い切ってしまっても過言ではない伝説的なバイク。

この「Z900RS」のワールドプレミア。開催前にカワサキから事前に公開されていたものは2本の動画のみとなっていて、東京モーターショー2017で公開、という情報のみでした。

【カワサキ Z900RS】12月1日より発売!価格・スペックは!?

そして何より驚かされるのは、2017年10月25日に世界初公開となり、同年12月1日より日本国内にて発売されるというのだから嬉しい限りです。

12月より発売となるZ900RSは、2モデル(カラー)が選択可能となっていて、火の玉カラーを彷彿とさせる「キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ」が1,328,400円。

もう1つのカラーモデルが「メタリックスパークブラック」で1,296,000円からの価格で発売となります。
※税込価格

Z1の中古車価格の相場が200万前後なことを考えればお買い得?とも考えれる新型Z900RS。

気になって仕方が無い!という方はカワサキ公式サイトにて是非チェックしてみてください。

スペックも気になる・・・。

価格はもちろんの事、バイク乗り、ライダーの方々にとってはパワートレインなどスペックも気になるところと思います。

気になるスペックに関しては下記になります。

 
カワサキ Z900 RS スペック表
エンジン種類・方式水冷4ストローク並列4気筒・DOHC4バルブ
総排気量948cm³
最高出力82kW(111PS)/8,500rpm
最大トルク98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm
全長×全幅×全高2,100mm × 865mm × 1,150mm
車両重量215kg
乗車定員2名
燃費(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)20.0㎞/L
燃料タンク容量17L
最小回転半径2.9m

当時のZ1は空冷、4スト、直4でしたが、もちろんエンジンは水冷に。

しかし、空冷エンジンをイメージしたデザインと、カワサキでは初となる排気系のサウンドチューニングが施され、重低音が響く迫力のエキゾーストを実現しています。

*Z900RSで行われたエキゾーストサウンドチューニングは、2014年発表のZ1000に施された吸気サウンドチューニングのノウハウを活用しています。
*エギゾーストパイプの長さ、集合の仕方、曲がり具合、内部構造はもちろんサイレンサー内のグラスウール繊維の密度にまでこだわったことで、パフォーマンスと低く厚みのあるエギゾーストサウンドを実現しています。
*低速回転域ではストレートに抜け、高速回転域では迂回して排気が抜ける独自のプリチャンバー構造を採用し、パフォーマンスとエキゾーストサウンドを両立させています。

Z1が気になる!という方はこちらもご覧下さい

Z900RSが発表されたことで「Z1」がどういうバイクだったのか、と気になることも多いのではないかと思います。

30代中盤~40代以降の年代の方々であれば「知っている」という人も多いと思いますが、簡単にZ1の紹介を。

カワサキ Z1

カワサキ「Z1」は1972年から1976年(76年モデルはZ900)にかけ販売されていた大型バイク。

総排気量は903cc、最大出力82ps/8500rpm、最大トルク7.5kg-m/7,000rpmというスペックでした。

後のZ2、KZ、Z1000などのはしりとなったモデルで、特にZ1、Z2は現在でも中古車価格で200万円前後という価格で販売される人気ぶり。

ちなみにバイク好きな有名人・芸能人にも多く愛される他、ちょっと(かなり)やんちゃなバイク乗り達を描く漫画の主人公やキャラクターなどが愛車としています。

当時の空冷エンジンのサウンドが気になる!という方はこちらの動画もご覧下さい。

旧車・絶版車好き必聴!?バイクの音を楽しむ「名車図鑑」に新作!

http://matome.response.jp/articles/726

JAFではホームページ内にて「バイクの音を楽しむ『名車図鑑』」というコンテンツを公開しています。2017年7月14日に、第2弾として2台のバイクが追加されました。追加されたモデルと共に、懐かしの旧車・名車の紹介をしています。

排ガス規制の影響などで今となっては聞く機会もかなり減ってしまった空冷エンジンの重低音サウンドが楽しめます。

既にカタログ請求も可能!気になる方は要チェック!

カワサキの公式サイトでは、既にZ900RSのカタログ請求も開始されています。カタログの発送は2017年11月末を予定しているようです。

いつかはZ1に乗りたいと思っていた方も、Z1を知らなくてもカッコイイ!と思った方も、昔のカワサキはゼファーしか知らないという方も。東京モーターショー2017で現在展示されているので是非チェックしに行ってみては如何でしょうか。

Z900RS以外にも、Ninja250/400が2018年モデルとして世界初公開とされるなど、合計で9機種13台を展示しています。

今年の東京モーターショーはバイク・2輪車も激アツの展示となっていますので、10月27日~11月5日は是非東京ビッグサイトへ!

他、東京モーターショー2017に関連する記事はこちらから

【東京モーターショー2017】入場時の混雑 避けるための事前準備は?

http://matome.response.jp/articles/769

東京モーターショーが待ちきれない車好きの貴方!開催期間は目前です。こちらの記事では入場時の混雑緩和、待ち時間緩和のために準備しておくべき、東京モーターショー2017のお得情報についてまとめています。

ホンダ モンキー125ccで復活!ついに世界初公開!発売日・スペックは?

http://matome.response.jp/articles/914

【10/25更新】2017年8月をもって生産終了となったホンダの50ccバイク、モンキー。惜しまれつつも生産終了となったモンキーですが、東京モーターショー2017にて125ccの「モンキー125」として世界初公開となりました。モンキー復活についての詳細情報と、市販化の可能性や発売時期の予測などについてまとめています。

【東京モーターショー2017】トヨタ 主要出展車両まとめ

http://matome.response.jp/articles/955

東京モーターショー2017プレスデーが始まりました。この記事ではトヨタが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月27日更新】

【東京モーターショー2017】マツダ 主要出展車両まとめ

http://matome.response.jp/articles/956

東京モーターショー2017プレスデーが始まりました。この記事ではマツダが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月27日更新】

【東京モーターショー2017】スバル 主要出展車両まとめ

http://matome.response.jp/articles/957

東京モーターショー2017プレスデーが始まりました。この記事ではスバルが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月27日更新】

【東京モーターショー2017】日産 主要出展車両まとめ

http://matome.response.jp/articles/960

東京モーターショー2017プレスデーが始まりました。この記事では日産が東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月25日更新】

【東京モーターショー2017】レクサス 主要出展車両まとめ

http://matome.response.jp/articles/958

東京モーターショー2017プレスデーが始まりました。この記事ではレクサスが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月25日更新】

関連する投稿


【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

高速各社は、ETC搭載のバイクを対象に最大2日間対象エリアの高速道路乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では13コースある「ツーリングプラン」の内容や申込み方法をご紹介します。


【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

警察庁は原付二種免許(AT小型二輪)に関する道路交通法施行規則を改正予定です。普通免許保持者が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する際、1日に受けられる時限数の上限が引き上げられることで、原付二種免許(AT小型二輪)の取得が最短2日になる今回の改正。本記事では、施行規則改正で何が変化するのかをご紹介します。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2017】入場時の混雑 避けるための事前準備は?

【東京モーターショー2017】入場時の混雑 避けるための事前準備は?

東京モーターショーが待ちきれない車好きの貴方!こちらの記事では入場時の混雑緩和、待ち時間緩和のために準備しておくべき、東京モーターショー2017のお得情報についてまとめています。


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!