目次へ戻る

ホンダ S2000の後継モデルついに登場!?S2000について振り返る

ホンダ S2000の後継モデルついに登場!?S2000について振り返る

ホンダ S2000の後継モデルが東京モーターショーにて披露されるかと噂されています。今回はそんなS2000の情報と過去のモデルについてまとめてみました。


ホンダS2000が東京モーターショーでお目見えか!?

ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることがわかりました。

レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、欧州のエージェントから入手した情報を元にリアデザインのCGを制作しました。


左右にコの字型テールライトを配置し、流行のLEDストリップライトで繋ぐことで、「ベイビーNSX」をコンセプトとしたデザインに仕上げている。

フロントフェンダーやサイド、リアにもエアスクープを配置し、センター出しクワッドエキゾーストパイプ、ダウンフォースを生むデュフューザーなどを装備。新型『シビック タイプR』を彷彿とさせる攻めたデザインとした。

情報によると駆動方式は、これまで噂されていたミッドシップレイアウトではなく、S2000の原点である「FR」の可能性が高いことも判明。ボディサイズは全長4450mm程度とレポートされている。

注目のパワートレインは、シビック タイプRに搭載される2リットル直列4気筒i-VTECターボエンジンをアップデートし、最高出力は330psが想定される。

ちなみに、コンセプトモデルの車名は、商標登録されたと見られる「ZSX」とも噂されているものの、市販型の車名は現段階で不明です。

気になるお披露目時期ですが、今年10月の東京モーターショーが有力と考えられています。

過去のホンダS2000についてまとめてみた

ホンダの創立50周年記念モデルとして誕生した後輪駆動(FR)、オープンボディのリアルスポーツ「S2000」(えすにせん)。

2009年の4月で発売後丸10年を超えるロングライフモデルでしたが、2009年に生産完了しています。

S2000、開発者の思いとは

S2000は、他に類を見ないリアルオープンスポーツとして登場し
現在まで、エクステリアのマイナーチェンジを含めて
サスペンションセッティングの熟成、エンジンを2.2L化するなど
より洗練した走り、そして所有するよろこびを求めて進化を行ってきました。

そしてこのたび、VSAを標準装備させ
より安心して、高い次元でS2000の走りを楽しめるよう進化させました。
さらに、空力を利用して走りを特化させたTYPE Sを追加して
S2000の位置づけをしっかりしたものにしようと取り組みました。

S2000 スペック/価格/燃費に迫る

タイプ:S2000、S2000 Type S
価格:S2000/3,864,000円 S2000 Type S/3,990,000円
乗車定員(名):2名
全長×全幅×全高(m):4.135×1.750×1.285
最高出力(kW[PS]/rpm):178[242]/7,800
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm):221[22.5]/6,500~7,500
燃料消費率(km/L)
10・15モード走行(国土交通省審査値):11.0 ~10.6

S2000、後継車は2015年ごろから騒がれていた

実は、S2000の後継モデルについては、2015年ごろから噂が流れていました。

そして、2016年にホンダの新型ミッドシップスポーツとして公開されたレンダリング・イラストがこちら。

今回入手したのは『S2000』後継モデルだ。サイズ感は不明ではあるものの、フロントマスクやサイドのデザインは『NSX』よりもむしろ『S660』に近いことがわかります。

ホンダNSX

S660

S2000後継車は、S660に似ている!? S660を改めて振り返る

https://matome.response.jp/articles/714

東京モーターショーにて初公開されると予想されている、ホンダS2000後継車ですが、後継者のデザインがS2000というよりはS660に近い?!と噂されています。今回はそんなウワサのS660について改めて振り返ってみました。

ライバルはマツダ『ロードスター』としていて、パワートレインは1.5リットル4気筒ターボ VTECエンジンを搭載。

ボディにはアルミなどの軽量素材を使用、最大1300kgの軽量化が図られると言われ、ワールドプレミアは2018年前半が有力視されていました。

S2000の後継モデルが、東京モーターショー2017で本当にお披露目されるのか。
今から期待大ですね。

【9月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

【9/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連する投稿


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

ホンダの人気SUV・ヴェゼルがマイナーチェンジをおこない、2月16日に発売するとの情報を入手しました。ホンダのSUV、新型ヴェゼルの最新情報をお届けいたします。


ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビック。7年ぶりに2017年9月より日本で販売開始されました。日本市場での発売は約7年ぶりで待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではタイプRについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。