目次へ戻る

S2000後継車は、S660に似ている!? S660を改めて振り返る

S2000後継車は、S660に似ている!? S660を改めて振り返る

東京モーターショーにて初公開が予想されている、ホンダS2000後継車ですが、後継車のデザインがS2000というよりはS660に近い?!と噂されています。今回はそんなウワサのS660について改めて振り返ってみました。


ホンダS2000後継車が…

ホンダ S2000(当時の写真)

ホンダの創立50周年記念モデルとして誕生した後輪駆動(FR)、オープンボディのリアルスポーツ「S2000」(えすにせん)。

2009年の4月で発売後丸10年を超えるロングライフモデルでしたが、2009年に惜しまれつつも生産完了しています。

ホンダ S2000の後継モデルついに登場!?S2000について振り返る

http://matome.response.jp/articles/681

ホンダ S2000の後継モデルが東京モーターショーにて披露されるかと噂されています。今回はそんなS2000の情報と過去のモデルについてまとめてみました。

S2000の後継車、なんだかS660に似ている!?

ホンダ S2000 後継モデルのレンダリングイラスト

一方で2015年ごろから噂が流れている、ホンダの新型ミッドシップスポーツは、「ベイビーNSX」や「S2000の後継モデル」と言われていますが、この二つは別の車か、という最新情報をレンダリング・イラストと共に入手しました。

S660 特別仕様車はこんな外観

これを見ると、フロントマスクやサイドのデザインは『NSX』よりもむしろ『S660』に近いことがわかります。

そんな注目のS660。改めて情報をまとめてみました。

ホンダ S660とは

S660 α

女性だってクルマ大好き!クルマ好き女子3選

http://matome.response.jp/articles/525

昨年ネットで話題となった動画「史上最強、試乗女子」。ホンダ S660 で超絶テクを披露する女子高生、小山美姫(みき)さん。大人気ユーチューバー、おつぽんさん、レーシングドライバーの塚本奈々美さん。 みなさん三者三様に車が好きなことがわかります。

ビート以来の19年ぶりとなる、ホンダ軽オープンスポーツとして2015年に登場したのが『S660』(エスロクロクマル)。

スポーツカーとはいえ、カワイイスタイリングが魅力的です。

ホンダ S660 スペック

■ホンダ S660 α
パワートレイン:水冷直列3気筒DOHC 660ccターボ(横置)
トランスミッション:6速マニュアル
駆動方式:MR
エンジン最高出力:64ps(47kW)
エンジン最大トルク:104Nm(10.6kgf・m)
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1180mm
ホイールベース:2285mm
車両重量:830kg(MT)
JC08モード燃費:21.2km/リットル(MT)



ホンダ S660 グレード別価格

■S660 α 2,180,000円

■S660 α 特別仕様車 ブルーノレザーエディション(期間限定 2017年11月30日まで注文受付)
      2,280,000円

■S660 β 1,980,000円

S660 βが一番ベーシックなモデルになっています。
また、11月30日までの注文受付中のα特別仕様車には、ベルベットマルーン・メタリックという少しビターで大人テイストなボディカラーが、ラインナップに含まれています。

新車だと、約200万円ほどですが、中古車価格だと150万円ほどからありますよ。
200万以下で買いたいな…という方には、ぜひ中古車情報も確認してみるとよいかもしれません。

α 特別仕様車 ブルーノレザーエディション

ホンダは、2シーター軽オープンスポーツ『S660』に特別仕様車「ブルーノ レザー エディション」を設定し、6月2日から11月30日までの期間限定で販売する。

ブルーノ レザー エディションはαグレードをベースとし、ボディカラーに特別色ベルベットマルーンメタリックを含む3色を設定。ブラックドアミラーやオールブラックアルミホイールを装備する。

また、スポーツレザーシートや本革巻ステアリングホイール、インパネソフトパッドなど、ジャズブラウンインテリアを採用。そのほか、専用アルミ製コンソールプレートやインターナビポケット連携のセンターディスプレイを装備する。

ホンダ S660 口コミ 評価は?

気になる、ホンダS660の口コミ、評価について調べてみました。
気になっているけど、今一つ決め手にかける、という方はぜひとも参考にしてくださいね。

「若い世代もトライしやすい軽自動車でありながら、運転する楽しさ、デザイン、所有する満足感までしっかりと突き詰めて作られた、新世代のライトウェイト・スポーツカーであると思います」

納車から2か月を過ぎて走行2000kmという状況ですが、友人を乗せて1日400kmとビッグドライブ。助手席の彼に、座ってみての第一印象を聞くと「左足を乗せるのに手を使いますね」。そう、乗りなれている私でさえ、もう片足を車に入れるのに腹筋使ってますから・・。最初は狭そうにしていた友人でしたが、走るほどになじんできたようで、「車と一つになった感じがします」と、だんだん楽しんできたよう。街中の渋滞をぬ抜けて、高速、そして広めの山道の上り下り。やはり、カーブを曲がるたびに、「ま、曲がるんですね」と驚きの声。そして、行きつけ(?)の峠道をちょっとハード気味にアタック!「・・・」との感想。自分が楽しいからと同乗者がいることを忘れてはいけないと改めて感じました。帰り道、満タンにすると燃費は20km越え!あんなに楽しんだのに、これって、いい感じ!

乗ってから3週間経っての感想です。
行きつけ(?)の峠道やら初めての道やら、結構試しました。
やはり、「え?曲がっちゃう!」という感じです。結構、オーバーだなというスピードでカーブに入ってもシュルンって感じで曲がっちゃいます。
スローインファストアウトが基本でしょうが、全体的にスピードがアップできる、そんな感じです。
クイっとハンドルを切り頭を入れて、アクセル踏み込みテールを振る、カウンタを当ててカーブ脱出!ピタッと決まるとうれしくなります。

ちなみに…ホンダS660 ライバル車はこの車だ

ダイハツ コペン 
後姿がカワイイ

ホンダS660のライバル車と聞かれたら、第一に候補に挙がってくるのがダイハツのコペンではないでしょうか。

ダイハツのコペンはダイハツにとって、とても重要な車でした。
2002年のデビュー以来、コペンは10年間という、軽自動車では異例のロングランヒットを続け、まさにダイハツのフラッグシップモデルとして君臨しました。

モデルチェンジを果たし、2代目へとバトンタッチすることとなったものの、今でも堅調なセールスを記録している人気車です。

ダイハツ コペン スペックとグレード別価格

■コペン
パワートレイン:水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置
エンジン最高出力:64ps(47kW)
エンジン最大トルク:92Nm(9.4kgf・m)
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1280mm
ホイールベース:1,040mm
車両重量:850~870kg
JC08モード燃費:22.2~25.2km/リットル
価格:1,852,200円~2,073,600円

S660とコペンを比較してわかることが、全高がコペンの方が100mm大きいことです。
広さという面では、コペンに軍配があがりますね。

S660も気になるけど、他の車も見たい、と悩んでいる方は、コペンと比較してみるとよいかもしれません。

価格設定も、S660と同じくらいですし、おすすめの一台です。

コペンについてもっと知りたい方はこちら

走りも、見た目も個性的に!個性派軽自動車10選!

http://matome.response.jp/articles/747

今、男女問わず幅広い世代に人気の軽自動車。コンパクトで小回りが利くだけじゃなく、スポーツカータイプやSUVなど様々なタイプの個性的な軽自動車も多く販売されています。ここでは軽自動車にどのような個性的なクルマがあるのかをご紹介していきます。

関連する投稿


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。


オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

ホンダは、上級ミニバン、オデッセイの改良新型モデルを発表・11月17日より販売開始します。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を全タイプで標準装備した他、使い勝手なども向上させています。今回は改良された新型オデッセイについてまとめています。


10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。N-BOXのドレスアップモデルであるN-BOXカスタム。試乗感想やスペック、燃費性能、また人気カラーTOP3の記載。本記事では改めて新型N-BOXカスタムについてまとめています。


最新の投稿


【オススメ】エキュート×クリスマスケーキ5選!貴方イチオシのケーキは?

【オススメ】エキュート×クリスマスケーキ5選!貴方イチオシのケーキは?

もうすぐクリスマス!彼女へのクリスマスケーキの準備は順調ですか?何、クリスマスケーキをどれにすればいいかわからない?そんな方でも大丈夫!今回はアクセスしやすく便利なエキナカオススメのクリスマスケーキたちを一挙ご紹介しちゃいます!!


コードネーム:カリナン!ロールスロイス初のSUV最新情報

コードネーム:カリナン!ロールスロイス初のSUV最新情報

あのイギリスのプレミアムブランド・ロールスロイスが手掛ける初のSUV。コードネーム「カリナン」の愛称で知られるSUVの姿を激写しました。今回はまだ謎に包まれているSUV・カリナンについてわかっている最新情報をまとめてお届けいたします!


冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

そろそろ冬がやってきます。氷点下になるような地域で自動車に乗っている場合、やっかいなのは、フロントガラスの凍結です。こちらの記事では凍結してしまったフロントガラスの霜取りを一瞬で解決する方法を紹介しています。


みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

都会ながらも未だに車両三両のみで運行し続けている「東急池上線」。その池上線にある池上駅が新しく生まれ変わります!リニューアルを記念して近年の池上線ニュースをまとめてみました。【11月21日更新しました】


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。