目次へ戻る

ダイハツ、6年ぶりフルモデルチェンジのミライ―ス!!低燃費達成のワケ

ダイハツ、6年ぶりフルモデルチェンジのミライ―ス!!低燃費達成のワケ

ダイハツは、軽乗用車『ミラ イース』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、5月9日より発売しました。ミライースの魅力の一つ、低燃費の理由について迫ります。


5月9日よりダイハツ、ミライース発売

ダイハツは、軽乗用車『ミラ イース』を6年ぶりにフルモデルチェンジし、5月9日より発売しています。

ミラ イースは当時ガソリン車としては最高となる30.0km/リットル(JC08モード)、80万円を切る入り口価格を実現し、「低燃費」「低価格」「省資源」な「第3のエコカー」として2011年9月に発売。

2012年軽自動車販売車名別ランキングで、ミラを同社9年ぶりのトップに押し上げました。

新型ミラーイース、特徴は?

新型ミライースは、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来型車より最大80kgの軽量化を実現しました。

35.2km/リットル(L SA III/L/B SA III/B・2WD車)の低燃費を達成。

また衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を採用し、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現しています。

エクステリアでは、新開発のLEDヘッドランプを採用しました。

ランプは目力のあるシャープな印象としたほか、立体的かつ存在感のあるバンパー造形で「安全・安心感」を表現しました。

またインテリアでは、左右に広がる水平基調のインストルメントパネルを備え、シンプルで無駄のない空間を創出していますよ。

白色LEDの自発光式デジタルメーターやTFTマルチインフォメーションディスプレイ(G/Xグレード)など、快適装備も充実させました。

価格は84万2400円から133万9200円。

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

三井社長もオススメするミライースの魅力

低燃費の秘訣

ダイハツ工業は5月9日、軽自動車『ミライース』を初代の登場から5年8か月ぶりに全面改良して同日発売しました。

燃費性能は、一番良いタイプで35.2km/リットル(JC08モード)と、従来モデルと同一を確保しました。

しかしながら軽で最高のスズキ『アルト』の37.0km/リットルには届いておらず、先進の安全性能など総合力を訴求していく予定です。

価格は84万円台から133万円台までで、月間9000台の販売を計画しています。

燃費性能の維持は、軽量高剛性のボディー「Dモノコック」の採用により、従来モデル比で最大80kgとなった軽量化などで実現しました。

同ボディーではフロントフェンダーなどに樹脂を採用する一方、高張力鋼板の採用拡大も図っています。

新しいミライ―ス、安全面はどうなの

安全装備では、小型ステレオカメラによる「スマートアシストIII」を新たに採用し、一部グレードを除いて標準搭載しました。

車両だけでなく歩行者にも対応した衝突回避支援ブレーキをはじめ、車線逸脱警報、誤発進抑制制御、夜間の視界を自動操作で高めるオートハイビームなど多くの機能をもたせています。

11年9月に発売した初代のミライースは、軽自動車としては初めて燃費を30km/リットルに乗せ、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)ではない「第3のエコカー」として訴求してきました。

環境性能や経済性能など、性能を徹底追求した、同社の技術群の呼称「e:S(イース)テクノロジー」を車名に採用したことからも期待が見えますね。

都内の発表会で三井正則社長は新型車について「ダイハツのアイデンティティを凝縮したのがミライース。第3のエコカーを進化させた"新みんなのエコカー"として開発した」とアピールしました。

また、新型車は同社が進める次世代の開発手法である「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の原点を確立するモデル」と位置付けていると指摘。

今後、軽自動車や小型車に展開するDNGAによって「いつでも、誰でも気軽に乗れる軽自動車を起点としたスモールカー造りの事業構造を構築していきたい」と語りました。

関連する投稿


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


ホンダの新型シビック ハッチバック 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック ハッチバック 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビックが2017年9月より日本で発売されました。日本市場での発売は約7年ぶりとなります。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではハッチバックについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキの軽自動車、ジムニーが20年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、早ければ年内に発表されるという情報が舞い込みました。残念ながら東京モーターショー2017での発表はありませんでしたが、新型ジムニーについての情報を随時更新しお届けします。


購入可能な新型N-BOXのキャンピングカーが魅力的すぎる!納期・価格は?

購入可能な新型N-BOXのキャンピングカーが魅力的すぎる!納期・価格は?

今年のジャパンキャンピングカーショーも閉幕しましたが、個人的には新型N-BOXのキャンピングカー「N-BOX Camper Neo」が気になったので魅力たっぷりな機能を見ていきましょう!


2018年1月軽自動車販売ランキング分析!打倒N-BOXの新型スペーシアの順位は?

2018年1月軽自動車販売ランキング分析!打倒N-BOXの新型スペーシアの順位は?

2018年1月の軽自動車新車販売ランキングの速報値が発表されました!打倒N-BOXを掲げていた12月下旬に発売されたスズキの新型スペーシアの実質販売初月の販売台数が明らかになりましたので見ていきましょう。マイナーチェンジされた新型N-ONEの販売台数にも注目しておりましたがどうなったでしょうか?


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。