目次へ戻る

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


日産の人気ミニバン新型セレナにNISMO(ニスモ)バージョンが登場!

セレナNISMO(ニスモ)

日産 の人気ミニバン・セレナにNISMOバージョンが登場です。

2016年にフルモデルチェンジを行ったセレナですが、更に2017年の東京モーターショーにて、セレナNISMO(ニスモ)を公開しました。

2017年の11月21日より発売開始しています。

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)の、『ニスモ』とは

NISMOとは、日産の連結子会社であるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社の通称です。

日産におけるモータースポーツ部門を担っており、モータースポーツに参戦する一方で、そのレースで培った経験を活かし、市販車用のパーツ類の製造・販売、オーダーでのカスタムに対応しています。

また、カスタムパーツを使って、日産車をトータルでチューンアップしたコンプリートカーを「NISMO仕様」として販売しているものがNISMOなんです。

ベース車は、セレナのハイウェイスターを採用しています。

走行性能はもちろんですが、専用設計となるフロントバンパーなどを使用しているので、より車にこだわりたいという方、スタイリッシュな個性を出したい方にもオススメです。

とてもざっくりと表現するなら、走りやスポーティさにこだわったセレナの上級グレードというところでしょうか。

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)注目ポイント!専用チューニング&専用デザイン他

①NISMO専用設計となる外装パーツが装着される。
②内装はブラックを基調とし、NISMO(ニスモ)のテーマカラーとなっているレッドのラインをアクセントに。
③専用デザインの17インチアルミホイール+専用サスペンションが生み出すローフォルム。
④専用チューニングとなる、パワートレイン・電動パワーステアリング、そしてスポーツチューンドマフラー。

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)以外にも!ニスモ仕様の日産車!

セレナのほかにも、NISMO(ニスモ)仕様の車は沢山あります。

GT-RNISMO(ニスモ)
フェアレディZ NISMO(ニスモ)
ジュークNISMO(ニスモ)
ノートNISMO(ニスモ)
・マーチNISMO(ニスモ)

などがラインアップされています。

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)基本スペック サイズ・パワートレイン・乗車定員

 
【日産新型セレナ NISMO(ニスモ)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,805×1,740×1,850mm(ホイールベース:2,860mm)
室内寸法(室内長×室内幅×室内高)3,170×1,545×1,400mm
最大乗車定員8名
車両重量2,160kg
エンジン種類DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒
エンジン最高出力(kW(PS)/rpm)110kW(150PS)/6000rpm
エンジン最大トルク(N・m/rpm)200N・m(20.4kgf・m)/4400rpm
タンク容量 55L
駆動方式前輪駆動
モーター最高出力1.9kW(2.6PS)
モーター最大トルク48N・m(4.9kgf・m)
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)エクステリア(外装)デザイン

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)専用フロントグリル

フロントグリルも勿論、NISMO(ニスモ)仕様です。

さりげない赤がスポーティです。

日産新型セレナNISMO(ニスモ)

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)デザインの赤いラインが特徴。

日産 セレナNISMO 専用スポーツチューンドマフラー

ボディーカラーは選べる7色 2トーンカラーも用意

ガーネットレッド・ダイヤモンドブラックの2トーン

NISMO(ニスモ)専用色・ダークメタルグレー

ボディーカラーは選べる7色です。

2トーンカラーのタイプ4つ。
単色は、ブリリアントホワイトパール、ダイヤモンドブラック、ダークメタルグレーの3色です。

ダークメタルグレーと、2トーンカラー3色の合計4タイプが、NISMO(ニスモ)専用カラーに設定されています。

セレナNISMO(ニスモ)には、ブルーやブラウン系の色味はラインアップされていないため、これらのカラーが欲しいという方は、セレナも見てくださいね。

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)インテリア(内装)デザイン

レッドアクセントがクールなコックピット

日産 セレナNISMO シートにも専用スエード使用

日産 セレナNISMO 専用コンビメーター

日産新型セレナNISMO(ニスモ)燃費は?低燃費なのか

日産の公式サイトには、セレナNISMOの燃費が表記されていません。

参考までに、セレナのJC08モード燃費を挙げています。

【参考】
セレナ:JC08モード燃費 15.0(ガソリン)km/L 15.0~17.2(ハイブリッドモデル)km/L

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格は?

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)ですが、3,419,280 円(2WD)という新車価格になっています。

参考として、セレナの価格と比較してみますと、セレナのエントリーモデルは、243万5400円で、一番高価な価格はセレナ ライダー Vセレクション ブラックレザー(4WD)が372万8160円に設定されています。

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)中古車価格は?

それでは、日産新型セレナ NISMO(ニスモ)中古車価格、相場はどれくらいなのでしょう。

セレナについては、最近発売されたことから詳細なデータがまだ出ていません。そのため同じく日産のNISMO仕様車で、2016年12月に販売開始されたノートNISMOを例に見ていきたいと思います。

【参考:新車価格 日産ノートNISMO】
・ノート NISMO S(2WD) 2,328,480 円
・ノート NISMO(2WD)2,100,600 円
・ノート e-POWER NISMO(2WD)2,464,560 円

【中古車価格相場】
・約200万円~240万円

調べたところ、ノートNISMOはだいたい上記が相場の価格でした。
この数字から計算するに、セレナNISMOも、ある程度時期がたてば、320万円~ほどの中古価格で購入できるのではないかと考えられます。

発売は2018年春!日産新型セレナ、待望のe-powerが登場!

セレナ e-POWER

『ノート』に初搭載した新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が2018年春に登場予定です。

ベースとなるセレナの広い室内空間や使い勝手、乗り心地の良さはそのまま。

モータードライブの楽しさと優れた燃費性能、クラスを超えた高い静粛性を実現します。

フロントグリルにe-POWERの象徴とも言えるブルーのアクセントが特徴的。専用LEDテールランプや、空力特性に優れたデザインの専用アルミホイールなどのエクステリアパーツを採用し、先進性あふれるデザインになっています。インテリアにもブルーのアクセントが。

2列目シートはキャプテンシートを採用することで、快適性と余裕ある移動空間を両立しています。

最後に

本記事では、日産セレナのスポーティなコンプリートカー、セレナNISMO(ニスモ)について見ていきましたがいかがでしたか。

2018年春には、セレナe-power(イーパワー)の発売も控えておりますので、燃費をとるのか、スタイリッシュさ・走りをとるのか、ご自分のスタイルに合わせて、セレナを選んでみても良いかもしてませんね。

また、他のミニバンが気になるという方は下記記事もご覧ください。

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

https://matome.response.jp/articles/1019

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?そんなことはありませんよ!!!

関連する投稿


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


【2020年度版】日産のNISMO一覧

【2020年度版】日産のNISMO一覧

数多くのモータースポーツに積極的に参加し、結果を残している日産NISMO。レースで技術を培いながら、一般ユーザー向けの市販車にもその技術が生かされています。今回は、そんな日産のNISMOについてご紹介します。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年4月1日更新しました)


【2020年度版】日産のスポーツ・クーペ一覧

【2020年度版】日産のスポーツ・クーペ一覧

国内大手のメーカーでありながら技術面で高スペックを誇る日産は、スポーツ・クーペ系の開発や販売等にも力を入れており、そのラインナップは充実しています。今回は日産のスポーツ・クーペについてお話します。


日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外で展開している高級車ブランドがインフィニティです。当記事では現行でアメリカで発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきます。インフィニティを購入検討されている方、必見です!(2020年3月30日更新しました)


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。