トップへ戻る

スポーツタイプからe-POWERまで「日産 ノート」

スポーツタイプからe-POWERまで「日産 ノート」

e-POWERという優れたエンジンシステムが搭載された日産ノートは、走りがスムーズで快適に運転することができます。また、日産のモータースポーツブランドであるNISMOのバリエーションもあります。そのほかにも、多くの良いとこがコンパクトに詰まった車となっています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ノート 概要・走行性能

ノートは日産自動車が開発し販売を行なっているコンパクトなハッチバック型の乗用車です。コンパクトなため街乗りや買い物に出かけるのに最適な車です。ノートの概要や走行性能についてご紹介しますので参考にしてみてください。

概要・特徴

最新のノートでは、充電の必要を気にすることなくロングドライブが楽しめる、電気自動車であるe-POWERがリリースされています。

e-POWERは、自ら発電する電気自動車で、モータドライブの楽しさと燃費性能の両立に成功しています。電気自動車でありながら、2リットルターボエンジン並みの出力を得ることができ、アクセルワークに対して鋭く反応するキビキビとした走りが楽しめ、アクセルをひと踏みすればスムーズに加速してくれる新感覚にひと踏み惚れする人が続出しています。

モーターにて駆動しますのでこれまで体験したことのない静寂走行が可能です。

デザイン・ボディカラー

ノートは、シンプルなデザインでありながら、いつまでたっても新しさを感じさせてくれるデザインです。特に車のサイドに描き出された躍動的ラインは美しさを感じさせてくれます。

カラーバリエーションとしては、11色もありどんなオーナーも満足させてくれるでしょう。

車内空間は、コンパクトカーとは思えない、2,065mmという広さを誇っていますので、フロントシートはもちろんのこと、リアシートでもゆったりとくつろぐことができます。

ドライビングポジションのインパネも未来感があり未体験の運転感覚をもたらしてくれます。

エンジンシステム

ノートに搭載された、e-POWERは、日産の高効率1.2リットルのHR12DDRエンジンを搭載していて、発電専用に使用しています。日産独自の発電システムを搭載することでエンジンの作動時間を極限まで短縮し、エンジン音のノイズの発生を防ぎ、燃費の向上にも貢献しています。

シリーズ・ハイブリッド?日産ノートのe-POWERってどんな仕組み?

http://matome.response.jp/articles/16

プリウスを超える大ヒットを記録した日産のハイブリッド車「ノート e-POWER」この車に搭載されている他社とは違うハイブリッドシステム「e-POWER」について、その驚きの仕組みや特徴について調べてみました。

ノートには3つのドライブモードがあり、ノーマルモードでは従来のエンジン車を運転している感覚で操作できます。Sモードではスポーティーな走りが楽しめ、ECOモードでは省エネ運転に特化できます。特にSモードとECOモードでは回生ブレーキがかかりますので、アクセルペダルのみでのワンペダルドライブが可能です。

燃費

ノートでは、リーフにて培われた先進のモータドライブシステムと発電システムを組み合わせた、新時代のパワートレインとなっています。小さな減速でも回生エネルギーを電気に効率よく変換しますので、あまりエンジンの発電に頼りません。市街地走行でも高速道路の走行でも優れた燃費性能を発揮し、その実力はJC08燃費にて37.2km/Lとなっています。

バッテリーについても大容量の電力をためておく必要性がないため小型化され、コンパクトカーカテゴリーではトップクラスとなるほど、室内空間が広くとれるようになりました。

ノート 車内空間・収納

2012年にフルモデルチェンジされたノートは、初代ノートの後継モデルであり、クラス最高レベルの室内空間を誇るティーダの後継モデルでもあります。そのため初代ノートに比べて広い室内空間を手に入れることができました。
今回は2代目である現行ノートの室内空間や収納についてまとめました。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースにはリアシートを倒すことなく、A、B、AB兼用型問わずベビーカーを1台収納できます。またリアシートを全て倒すことで、9インチゴルフバッグ3個を縦に収納できるほどの余裕あるラゲッジスペースが生まれます。リアシートは分割で倒れるようになっているので、ゴルフバッグ1個なら運転席側のシートを倒すだけで収納することができます。

ノートのラゲッジスペースは、実はライバルに比べると若干狭くなっていますが、これは後席の居住性を優先したためであり、その恩恵を受けてセダンに匹敵する室内空間を体感できます。

荷物の積み下ろし

2代目ノートの後席ドアは90度も開き、子供をチャイルドシートに乗せる際や荷物の積み下ろしもスムーズに行うことができます。
また二段階でいったん停止するので狭いスペースでも安心してドアを開けることができます。更にバックドアの開口部がほぼ真四角で低い位置にあるので、ベビーカーなど重い荷物など楽々に収納することができます。

バックドアを開けると右側にあるラゲッジルームランプ(グレード別設定)が点灯し、荷物に隠れづらい位置に装着されているので夜間の積み下ろしを安全に行うことができます。

搭乗人数・シート

日産グループの一部にオーテックという日産車をベースにカスタムカー、福祉車両を製作する会社があります。ノートもオーテックが関わっており、特別モデルだけでなくオーテック製作の助手席回転シートをオプションで選ぶことができます。

助手席回転シートは助手席左側面にあるストラップを引くことで助手席がe-POWERは65°、e-POWER以外は55°回転します。また乗り降りに便利なステップが付いているため、足腰に負担をかけず乗り降りすることができます。

助手席回転シートを装着しても広い後部座席に影響はないため、大人4人がゆったりできる空間を維持できます。

バリエーション・価格

グレードはエントリーグレードのS【1,393,200円】、X【1,495,800円】が基本になっています。派生グレードとしてMEDALIST X、MEDALIST、X DIG-S、X モード・プレミア、X DIG-S モード・プレミアがあります。

2016年には日産の新型パワートレインのe-POWERが発売されました。e-POWERにも上記の派生グレードが設定されています。

また走りを強化したNISMO、NISMO S、e-POWER NISMOを選ぶこともできます。基本的にS<X<モード・プレミア<MEDALISTの順に価格が上がります。

カラーは全13色あり、自分に合わせて個性的な1台を選ぶことができます。

ノート 装備・安全性

ノートは日産自動車が製造と販売を行なっている小型ハッチバックカーです。マーチなどでも採用されているBプラットフォームをベースに開発されたため、小回りが効き街乗りや車庫入れなどがしやすい車です。ノートの装備や安全性についてご紹介します。

運転支援

ノートには様々な運転支援システムが搭載されています。

スマート・ルームミラーでは、車体後部に搭載されたカメラ映像を表示しますので、後部座席に人がいたり荷物があったりしても常にクリアな後部視界を得ることができます。車庫入れ時には、インテリジェントアラウンドビューモニターの機能が働き、車を上から見た映像や車庫入れの目安となるガイドを表示してくれますのでスムーズで安全な車庫入れが可能です。

ハイブリッド車にはe-POWER Driveが採用されていて、2リットルターボエンジンに匹敵するほどの強力なパワーを得ることができます。

安全装備

ノートは安全装備も充実しています。

車のフロントに搭載されたカメラにより障害物を検知して自動的にブレーキを掛ける、インテリジェントエマージェンシーブレーキが採用されていますので衝突を回避することができます。
踏み間違い衝突防止アシスト機能も搭載されていますので、ブレーキとアクセルを踏み間違えたとしても衝突することはありません。

車線逸脱警報である、LDWが搭載されていて、意図せずに走行車線から逸脱した時にはメーター内の警告灯とブザーにてドライバーに注意を喚起してくれます。

NISMO

ノートには、日産のモータースポーツブランドであるニスモのバリエーションもあります。

ノートsには、モータースポーツにて培ったレーシングテクノロジーがふんだんに搭載されています。スポーティーな走りを楽しめるのはもちろんのこと、内装についてもバケットシートが採用され、メーター類もブラックトレッドを基調としたレーシング仕様となっています。

ハイブリッド車のノートe-power NISMOでは、NISMO専用にチューンされたe-power Driveが搭載され専用ボディや専用サスペンションを採用しスポーツカーらしい走りが楽しめる車になっています。

試乗記

ノートのハイブリッド車では、SモードとECOモードを使用すると、回生ブレーキの減速度がノーマル時の3倍となります。そのため、アクセルペダルを緩めるだけで減速するため、ワンペダルでの運転が可能です。ワンペダルで完全停止したとしてもブレーキを一回踏めばクリーピングが始まるため違和感なく運転ができます。

馬力は、109馬力あり車体重量を考慮すると動力性能は高く快適性も高いです。ソフトウェアチューニングが上手に施されているので、市街地はやさしく走ることができ、高速道路などでは鋭い加速を得ることができます。

特に低速でのスムーズネスや切れ目のない加速感はこの車でしか味わえないでしょう。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

日産 フィガロ|生産終了の理由は?中古車に乗ることは可能?

1991年から一年間限定で発売された「フィガロ」ですが、人気は高く反響も大きかった車で惜しまれつつ1年限りの販売となった車「フィガロ」について見てみましょう。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。