【お知らせ】プッシュ通知機能の解除方法につきまして

ノートに関する記事


日産の関連会社 オーテックジャパン/AUTECHJAPANとは?

日産の関連会社 オーテックジャパン/AUTECHJAPANとは?

オーテックジャパン(以降、オーテック)は、日産自動車グループの一社で、厳選された日産車のカスタマイズと販売を行う日産の関連会社の一つです。今回の記事では、設立から30年以上に渡って数々の名車を生み出してきたオーテックジャパンにスポットライトを当ててご紹介しています。


日産のノートe-POWER!実際の乗り心地はどう?買い?試乗評価まとめ

日産のノートe-POWER!実際の乗り心地はどう?買い?試乗評価まとめ

日産のノートe-POWERの試乗評価・感想をまとめています。 ノートe-POWERが気になる人はぜひ、本記事を読んでみてください。


【ノート対決】e-POWER VS ガソリン車 どっちがお得!?実燃費から考える

【ノート対決】e-POWER VS ガソリン車 どっちがお得!?実燃費から考える

2017年11月に発売されるや否や、すぐに大人気となった日産「日産 ノート e-POWER」。本記事では日産「ノート e-POWER」と「ノート(ガソリン車)」の1ヶ月のガソリン代の差や、本体価格の差を踏まえて何km走ったら元が取れるのかをご紹介します。


ノートe-POWER NISMOにハイスペ仕様のNISMO Sが登場!

ノートe-POWER NISMOにハイスペ仕様のNISMO Sが登場!

日産自動車は、『ノート e-POWER NISMO』に、ハイスペック仕様の『ノート e-POWER NISMO S』を追加設定し、9月25日より発売しています。一体どんな点が向上したのでしょうか。調べてみました。


日産ノート、セレナe-POWERモデル5万5千台が「P」で動き出すおそれ!改善対策へ。リコールとの違いは?

日産ノート、セレナe-POWERモデル5万5千台が「P」で動き出すおそれ!改善対策へ。リコールとの違いは?

日産自動車は7月26日付で、「ノート e-POWER」と「セレナ e-POWER」の減速機に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。対象となる車は2017年8月9日~2018年4月27日に製造された5万5206台となります。詳細と、リコールとの違いについても説明します。


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


日産 ノート e-POWER 全輪モーター駆動の4WD車を新たに追加!

日産 ノート e-POWER 全輪モーター駆動の4WD車を新たに追加!

日産自動車は、『ノート e-POWER』に4WD車(モーターアシスト方式)を追加するとともに、『ノート』の仕様を向上し、7月5日より販売を開始しました。一体どんな点が向上したのでしょうか。調べてみました。


3月度販売ランキング深読みチェック!

3月度販売ランキング深読みチェック!

自販連と軽自協の発表によると、2018年3月度の販売台数トップはホンダの軽自動車「N-BOX」で、2位は日産の「ノート」。ここまではこのところの定位置ですが、下位では大きく変動しているのです。そこで、ベスト10だけではわからない、ランキングを深読みしてみることにしましょう。気になるあの車がこんな順位に!


自販連のランキング表示が50位までとなったことで見えたものとは?

自販連のランキング表示が50位までとなったことで見えたものとは?

自販連と全軽自協は2018年2月の乗用車車名別販売台数と、軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。特に今回から自販連のランキング表示が、これまでの30位までから、過去に遡って50位まで表示されるようになったのが特徴となります。そこから見えてくるのはどんなことなのでしょうか?


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


販売台数からみる2017年の自動車業界【登録乗用車編】

販売台数からみる2017年の自動車業界【登録乗用車編】

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が11日に発表した、2017年12月および2017年の車名別販売台数は、トップがホンダの「N-BOX」で、2位のトヨタ「プリウス」に大差をつけたものでした。そこで、その詳細と、ベスト10以外の気になる車種にもスポットを当ててみたいと思います。まずは【登録乗用車編】からです


【9月度新車販売ランキング】N-BOX圧勝の裏で何が起きているのか

【9月度新車販売ランキング】N-BOX圧勝の裏で何が起きているのか

N-BOXの大ヒットが伝えられる2017年9月度の自販連と軽自協が発表した販売速報から、N-BOX以外の車種の浮き沈みを、前年比にスポットをあててみました。N-BOX圧勝の裏で何が起きているのか、年末商戦を迎える新車販売を読み解きます。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


スポーツタイプからe-POWERまで「日産 ノート」

スポーツタイプからe-POWERまで「日産 ノート」

e-POWERという優れたエンジンシステムが搭載された日産ノートは、走りがスムーズで快適に運転することができます。また、日産のモータースポーツブランドであるNISMOのバリエーションもあります。そのほかにも、多くの良いとこがコンパクトに詰まった車となっています。


国土交通省発表「乗用車燃費ベスト10」(普通・小型自動)

国土交通省発表「乗用車燃費ベスト10」(普通・小型自動)

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。 こちらのページでは軽自動車を除く普通・小型自動車のランキングをまとめました。


技術の日産!自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」

技術の日産!自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」

日産は、2015年までに同社の製造する車両に関わる国内の死亡・重傷者数を1995年から半減させ、最終的には実質ゼロを目指す「Vision ZERO」という目標を掲げています。 その実現に向けて普及に努めているのが自動ブレーキシステム「エマージェンシーブレーキ」です。


燃費のいい車特集!~ハッチバック、セダン、ハイブリッド~

燃費のいい車特集!~ハッチバック、セダン、ハイブリッド~

各自動車メーカーから様々なタイプのクルマが発売されています。そんな中でやはり低燃費と機能性のバランスが取れたクルマが気になりますよね。そんな車たちを今回は集めてみました。


車は欲しいがお金がない!そんな若者にこそオススメしたい車まとめ

車は欲しいがお金がない!そんな若者にこそオススメしたい車まとめ

最近の大学生は、車もっている人の数は昔より少なくなっていますが、車を維持できるのであれば持っていた方が遙かに便利です。高校生までとは違い、行動範囲が一気に広くなるからです。ではどのような車がよいでしょうか。


【期間延長!】エコカー減税を有効活用してお得に車を買おう!

【期間延長!】エコカー減税を有効活用してお得に車を買おう!

2017年3月までとされていたエコカー減税が期間延長の報道がありました。この記事ではいまさら聞きにくいエコカー減税とは何か、いつまでか、実際にどの程度の金額が減税になるのかをわかりやすくまとめています。


シリーズ・ハイブリッド?日産ノートのe-POWERってどんな仕組み?

シリーズ・ハイブリッド?日産ノートのe-POWERってどんな仕組み?

プリウスを超える大ヒットを記録した日産のハイブリッド車「ノート e-POWER」この車に搭載されている他社とは違うハイブリッドシステム「e-POWER」について、その驚きの仕組みや特徴について調べてみました。