トップへ戻る

低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

車を運転するとどうしてもかかってしまう経費の一つがガソリン代。しかし、少しでも燃費のいい車に乗り換えれば、毎月しっかり節約でき、年間では驚くほど出費が減っているかもしれませんよ。この記事では、価格やサイズ的に扱いやすさも備えた普通車のコンパクトカーで、低燃費な5台をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新車価格でお得なのにしっかりエコカー!低燃費コンパクト

ルノー EOLAB(パリモーターショー2014 出展車両)

ルノー EOLAB(パリモーターショー2014 出展車両)

内燃機関を持つ車を運転する限り、必ずかかるのが燃料代。走らなければかからないとはいえ、通勤やお買い物でどうしても車が必要な方の場合、日々嵩む燃料代は頭の痛いところですよね。

そこで、業界トップクラスの低燃費性能を持ちつつ、おサイフにも優しいコンパクトカーに思い切って乗り換えてみるというのはどうでしょう。

近年のコンパクトカーは性能の向上が著しく、燃費性能ももちろんのこと、運動性能も上がってドライブも楽しめますし、スペース効率も上がっていざという時の荷室容量もしっかり確保されているモデルがたくさん。

燃料代を節約するだけではない、付加価値のあるコンパクトカーたちをご紹介します。

燃費性能の良い現行コンパクトカー 5選! トヨタ強し

トヨタ ヤリス ハイブリッド(WLTCモード燃費:36.0km/L)

トヨタ ヤリス ハイブリッド

トヨタ ヤリス ハイブリッド

より実燃費に近い計測結果になるといわれるWLTCモード燃費において、いかにコンパクトカー、いかにハイブリッド車とはいえ、36.0km/Lという驚異的な数値を叩き出しているのが、トヨタの最新コンパクト、「ヤリス」です。

もちろんカタログ燃費だけが優れているのではなく、これまではハイブリッド車でもなかなか実現できていなかった実燃費でリッター30キロ代を軽々と出してみせるという、高効率性が際立つヤリスハイブリッド。

これは、熟成の進んだトヨタハイブリッドシステムと、熱効率を極限まで上げたガソリンエンジン、走行抵抗を限りなく低くしたドライブトレインなど、あらゆる新技術の協調によって成し遂げられたものです。

トヨタ ヤリス ハイブリッド

トヨタ ヤリス ハイブリッド

そんな燃費スペシャル的一面を持ちつつも、コンパクトなボディながら高剛性なGA-Bプラットフォームの採用によって、走行性能も先代となるヴィッツからは数段レベルアップ。

サスペンションが路面の不整をしっかり受け止めつつ、グイグイ曲がれるその走りは、どこかWRCに参戦しているヤリスWRCを思わせるようなスポーティさです。

より前席重視に割り切られたパッケージングとなっており、後席や荷室の要領としては若干の物足りなさも感じさせるヤリスですが、このツルンとしつつも存在感のあるエクステリアや、走行性能、何より優れた燃費性能の虜になってしまいそうな、トータル性能の高さがありますね。

【トヨタ ヤリス ハイブリッド】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,940mm×1,695mm×1,500/1,515mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
WLTCモード燃費帯30.2〜36.0km/L
新車価格帯(消費税込)1,998,000〜2,493,000円
(2020年11月現在 トヨタ公式サイトより)



トヨタ ヤリス ハイブリッドの実燃費:30.21km/L(FF仕様、e燃費調べ)
トヨタ ヤリスの中古車相場:
中古車平均価格 158.0万円、価格帯 109.0〜255.0万円

(数値・金額は2020年11月現在)

ヤリスについて詳しく知りたい方はこちら

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド(WLTCモード燃費:30.8km/L)

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

続いてこちらもトヨタ車、かつヤリスのシリーズ車となるヤリスクロスも、WLTCモード燃費で30.8km/Lと、より背が高く車重もあり、抵抗も大きくなるSUVボディとしては驚異的な低燃費を記録しています。

ヤリスで定評のある、実燃費の伸びの良さはヤリスクロスでも健在。こちらも、リッター25キロ代をコンスタントに出せる実力の持ち主となっており、流行のSUVボディながら燃料代がかなり節約できそうですね。

ヤリスとの共通性も感じさせつつ、独自の垢抜けたスタイリングも魅力の一つで、自動車のデザインに厳しい欧州市場でも、ヤリスともども好評を博しているとのこと。挑戦的なブラスゴールドメタリックなどの鮮やかなボディカラーも映える、都会派の仕上がりになっています。

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

ヤリスで弱点の一つだった後席や荷室のユーティリティ性を、ひとまわり大きなSUVボディによって克服した感もあるヤリスクロス。クラス初の装備となるパワーバックドアや、まだまだ珍しい電動パーキングブレーキなど、ライバルメーカーだけでなくトヨタ内の兄貴分SUVたちも戦々恐々としていそうな充実装備も魅力の一つです。

こんなトータルパッケージでありながら、お値段は200万円台前半からとリーズナブルな点もポイント。燃料代とともに、車両価格でも節約できてしまいそうですね。

【トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,180mm×1,765mm×1,590mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
WLTCモード燃費帯26.0〜30.8km/L
新車価格帯(消費税込)2,284,000〜2,815,000円
(2020年11月現在 トヨタ公式サイトより)



トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドの実燃費:24.82km/L(FF仕様、e燃費調べ)
トヨタ ヤリスクロスの中古車相場:
中古車平均価格 231.7万円、価格帯 159.8〜345.0万円

(数値・金額は2020年11月現在)

ヤリスクロスについて詳しく知りたい方はこちら

トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド(WLTCモード燃費:30.0km/L)

トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド

トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド

3台続けてトヨタ車となりますが、こちらも世界中で「あのカローラがこんな刺激的なスタイリング?こんな走りの良さ?」と話題沸騰したのも記憶に新しい、「カローラスポーツ」も、WLTCモード燃費で30.0km/Lと、コンパクトカークラスをリードする低燃費が特徴。

ヤリスよりもひとまわり大きなGA-Cプラットフォームを採用していることもあり、よりワイドなボディは迫力満点のデザイン。

切れ長のヘッドライトや、LEDのライン発光も眩しいテールライトなど、一昔前のカローラとしては考えられないほどのスポーティなデザインは「スポーツ」の名に恥じない仕上がりですね。

トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド

トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド

広く取られたトレッドや、リヤにダブルウィッシュボーンサスペンションを採用するなど、走行性能面でも大きく進化したカローラスポーツ。ヤリスの1.5リッターハイブリッドと異なり、1.8リッターハイブリッドのカローラスポーツは、パワフルさで差をつけています。

常にハッチバックボディでベンチマークとされてきたVW ゴルフに肉薄するとされる、乗り心地と操縦性を高度にバランスさせたワールドクラスの乗り味が持ち味です。

ヤリスハイブリッドほどの驚愕の低燃費性能とはいきませんが、こちらもリッター20キロ台をコンスタントに出す実力の持ち主。迫力のデザインが気に入ったなら、積極的に選びたくなる魅力に溢れていることでしょう。

【トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,375mm×1,790mm×1,460mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.8L
WLTCモード燃費帯25.6〜30.0km/L
新車価格帯(消費税込)2,488,000〜2,841,000円
(2020年11月現在 トヨタ公式サイトより)



トヨタ カローラスポーツの実燃費:27.48km/L(G“Z”、e燃費調べ)
トヨタ カローラスポーツの中古車相場:
中古車平均価格 220.5万円、価格帯 125.9〜309.0万円

(数値・金額は2020年11月現在)

カローラスポーツについて詳しく知りたい方はこちら

日産 ノート e-POWER(WLTCモード燃費:29.5km/L)

日産 ノート 新型

日産 ノート 新型

ここにきて、ついにトヨタ以外のコンパクトカーが登場します。WLTCモード燃費で29.5km/Lの低燃費を実現した日産のe-POWER専用コンパクトカー、新型の「ノート」です。

先代モデルのモデルライフ中盤で投入されたe-POWERは、常時モーター駆動による未来的な走りとガソリン車譲りのユーティリティ性、何より優れたコストパフォーマンスで一躍大人気グレードとなっていましたので、新型モデルがe-POWER専用モデルとなるのももはや必然のことでしょう。

初代、2代目と、ショートミニバン風のフォルムが特徴的だったノートですが、新型モデルではあえて全長を切り詰め、よりコンパクトカーの王道といったフォルムに大変身しています。

それでいて、クラストップとなる後席空間の余裕は維持されているとのことで、実車で早く確認してみたいところですね。

日産 ノート 新型

日産 ノート 新型

すでに発表済の大型SUV EV「アリア」との関連性を感じさせるシャープなフロントフェイスやボディサイドの流れるような造形など、日産の新時代を牽引していく気負いすら感じる新型ノートのデザインは、コンパクトカーらしからぬ存在感を放っていますよね。

それでいてe-POWERパワートレインはさらに効率化が進められているとのことで、あまり実燃費の伸びの良くないシーンも指摘されてきた先代モデルに比べてどれほど改善が進んだのか、続報が待たれますね。

新型日産ノートは、すでに車両と概要が発表されてはいますが、12月に正式発表及び発売の予定となっています。続報に期待がかかります。

【日産 ノート 新型】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,045mm×1,695mm×1,505/1,520mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1.2L
WLTCモード燃費帯28.4〜29.5km/L
新車価格帯(消費税込)2,029,500〜2,186,800円
(2020年11月現在 日産公式サイトより)



トヨタ ノート e-POWER(先代モデル)の実燃費:20.97km/L(FF仕様、e燃費調べ)
トヨタ ノート(先代モデル)の中古車相場:
中古車平均価格 99.5万円、価格帯 14.8〜278.3万円

(数値・金額は2020年11月現在)

ノートについて詳しく知りたい方はこちら

ホンダ フィット e:HEV(WLTCモード燃費:29.4km/L)

ホンダ フィット e:HEV

ホンダ フィット e:HEV

こちらも2020年のコンパクトカー期待の星の一つ、ホンダの「フィット」は、WLTCモード燃費で29.4km/Lという低燃費を実現しています。

e:HEVと名付けられたフィットのハイブリッドシステムは、実は日産のe-POWERにも近いような構成が特徴。エンジンは低中速域では発電に徹し、電動モーターでの常時駆動によるレスポンスに優れたドライブを実現しつつ、高速域でエンジン駆動の方が効率が良くなってくると、エンジンによる駆動も可能という、いいところどりのシステムとなっています。

ホンダ フィット e:HEV

ホンダ フィット e:HEV

ハイブリッドシステムのクレバーさもホンダらしい部分ですが、より人間の感性に沿った、使いやすい・疲れにくい運転を実現したアイデアの数々も、ホンダというメーカーの底力を感じさせます。

特に注目は、Aピラーの細さや低く抑えられたダッシュボードによる開けた前方視界の広大さ。やや全高が高く取られたパッケージングも相まって、運転のしやすさは歴代トップクラスであることは間違いないでしょう。

それでいて、シートアレンジの豊富さや広々とした荷室といった、歴代フィットの美点はしっかり引き継がれています。「心地よさ」という新たなコンセプトがどのように実現されているのか、ぜひ試乗して確かめてみては。

【ホンダ フィット e:HEV】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,515/1,540/1,565mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.5L
WLTCモード燃費帯23.2〜29.4km/L
新車価格帯(消費税込)1,997,600〜2,536,600円
(2020年11月現在 ホンダ公式サイトより)



ホンダ フィット e:HEVの実燃費:24.03km/L(FF仕様、e燃費調べ)
ホンダ フィット(現行モデル)の中古車相場:
中古車平均価格 202.1万円、価格帯 115.8〜269.0万円

(数値・金額は2020年11月現在)

フィットについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

ルノー EOLAB(パリモーターショー2014 出展車両)

ルノー EOLAB(パリモーターショー2014 出展車両)

コンパクトカーの中でも燃費性能に優れた車をご紹介してきました。

考えてみれば、普段の運転で定員ギリギリまで乗車することはかなり稀なはず。通勤やお買い物でミニバンを運転していると、室内の空気ばかり運んでいる気持ちになってくることがありますよね。

これらコンパクトカーなら、より普段の使い勝手にフォーカスしたサイズで、一滴のガソリンも無駄にすることなくドライブが可能。節約した分以上に、遠出したくなってしまいそうな走行性能の高さも、それぞれの車の魅力です。

関連する投稿


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【価格帯別】安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万から

【価格帯別】安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万から

車はただの移動手段と考える人もいれば、その移動手段を楽しくしてくれる相棒と考える人もいるはず。この記事では、100万円から300万円の価格帯で運転を楽しめる車をご紹介していきます。当然高いお金を払って高級車を選べば性能も高いですが、狙っていきたいのはコスパの良さ。日本車豊作の年と後年に振り返られそうな2020年の最新ドライバーズカーを、一緒にチェックしていきましょう。


ハイブリッドカーとは?メリット・デメリット、おすすめモデルは?

ハイブリッドカーとは?メリット・デメリット、おすすめモデルは?

これまでも環境問題は自動車業界に大きな影響を与えてきました。排ガス規制などは時代とともに厳しくなり、それぞれのメーカーが環境に配慮した新たな車を開発し続けています。そんな中、革命的な進化となったのがハイブリッドカーの登場でしょう。 究極のエコカーとしてEV車もすでに登場していますが、充電スタンドの不足といった問題から大きく普及するに至ってはいません。ハイブリッドカーはそういった問題を解消してくれるエコカーとして急速に普及が進んでいます。今回はそんなハイブリッドカーについて詳しくご紹介します。


燃費の良いおすすめの軽自動車5選を紹介!

燃費の良いおすすめの軽自動車5選を紹介!

軽自動車は普通自動車に比べて燃費が良い傾向にあり税金も安く済むため、車を持つコストを抑えるために選ぶ方も多くいます。とはいえ最近ではさまざまな種類の軽自動車が販売されているため、どれを選べば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。燃費が良い軽自動車には特徴があるため、3つのポイントを抑えて選ぶと低燃費でコストパフォーマンスの良い一台を選ぶことができます。そこで今回は、軽自動車の燃費についての基礎知識や、おすすめの軽自動車を徹底解説します。


トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVは用途に合わせたさまざまな車種が展開されており、ボディサイズやターゲットなども車種によって異なります。トヨタのSUVにはどんな車種があるのか気になっているという方もいるのではないでしょうか。最近登場したばかりのヤリスクロスや今後国内導入が予測されているカローラクロスなど、新たなSUVも続々と登場しています。そこで今回はトヨタのSUVの特徴や、話題の車種について徹底解説します。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。