トップへ戻る

トヨタ カローラスポーツ|スペック、燃費まとめ

トヨタ カローラスポーツ|スペック、燃費まとめ

2018年6月に発表されたトヨタのカローラハッチバックモデルが、カローラスポーツとして発売されました。当記事では、カローラスポーツの紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタカローラスポーツとは

2018年発表のトヨタカローラスポーツ

※2018年発表のトヨタカローラスポーツです。

2018年6月に登場しTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用した新世代のカローラ、今回はカローラスポーツのご紹介です。

全車に標準装備されたDCM(Data Communication Module)という専用通信機を介して専門オペレーターによるサービスの提供などが受けられるトヨタの車となりました。パワートレーンは、直列4気筒1.2Lターボに、トランスミッションにはSuper CVT-iが採用されています。

2018年に発売されたばかりですが、2019年9月には、カローラスポーツハイブリッドの一部が改良されました、主な変更点はボディカラーの追加や、インテリアの本革シートに内装色ブラックを追加などと、足回りの見直しが行われた模様です。

現行モデルとしては2019年現在多数のモデルを販売しております。1.2GX・1.2G・1.2GX4WD・1.2GZ・1.2G4WD・1.2GZ4WD・1.8ハイブリッドG・1.8ハイブリッドGX・1.8ハイブリッドGZが発売されています。

トヨタカローラスポーツ性能・スペック・燃費

2018年発表のトヨタカローラスポーツ

※2018年発表のトヨタカローラスポーツです。

トヨタカローラスポーツ性能・スペック・燃費は以下の通りです。

基本性能

今回のカローラスポーツは、徹底的に「楽しい走り」にこだわったサスペンションが用意されました。トヨタの発表では、このサスペンションを開発する為に世界各国の道を100万km走行し、チューニングを重ねながら走って楽しく上質な気持ちの良さを追求しました。

また、AVS(Adaptive Variable Suspension system)も装備されているモデルもあります。良好な視界と最適なドライビングポジションを確保したコックピットが特徴です。

バックミラー取付位置の調整やフロントピラーのスリム化、リアガラスの大型化で後方視界の拡大と前方視界の視認性の向上が図られました。

今回のカローラスポーツは、走りにこだわりつつも乗り心地も重視する、ごく当たり前の事をとことん突き詰めるといった、トヨタの進化の形です。

スペック

トヨタカローラスポーツ(2019年10月~生産中1.2 G X)の基本スペックは以下の通りです。

【トヨタ カローラ スポーツ G “X” 6MT】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,375mm×1,790mm×1,460mm
ホーイールベース2,640mm
最大乗車定員 5名
車両重量 1,300kg
燃費WLTCモード 15.8km/L
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
最高出力 85kW(116PS)/5,200-5,600rpm
最大トルク 185N・m(18.9kgfm)/1,500-4,000rpm
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT

情報は2020年5月現在の公式サイトより

燃費

1.2 G X(2019年10月~生産中)

JC08モード
6.4km/L
WLTCモード
15.8km/L
市街地
12.5km/L
郊外
16.0km/L 
高速
17.7km/L


1.8ハイブリッド G(2019年10月~生産中)

JC08モード
34.2km/L
WLTCモード
30.0km/L
市街地
29.4km/L
郊外
32.9km/L
高速28.8km/L

トヨタカローラスポーツエクステリア(外装)画像

2018年発表のトヨタカローラスポーツ

※2018年発表のトヨタカローラスポーツです。

とにかく目立つのはフロントグリルの大きさで、大きくしっかりとしたフロントグリルはとても印象的です。スポーツの名に似合う出来栄えではないでしょうか。

サイドビューはとても印象的で、カローラスポーツという車の性格を表現させるのに十分となっています。

フロントのAピラーはスピード感を表現し、リアの傾斜はどっしりとした安定感を表現していて、走りの安定感を視覚的に表現しているかのようです。

トヨタカローラスポーツインテリア(内装)画像

2018年発表のトヨタカローラスポーツ

※2018年発表のトヨタカローラスポーツです。

カローラスポーツの内装は、基本的にブラック・サドルタン・センシャルレッドの3種類の内装が準備されています。

ブラック色は全てのグレードに標準装備される内装です。サドルタンは中間グレードのGにオプションとして設定されています。センシャルレッドは最上位グレードの”Z”へオプション設定すると選ぶことができます。

また、全てのグレードの基本色であるブラックは、センターコンソールのブラックとシルバー色の相性が良く、落ち着いた感じに仕上がっています。

上位機種にオプションとして設定されている「サドルタン」と「センシャルレッド」も、シックとモダンな色調で車の印象をぐっと引き締めてくれる配色となっています。

メーカーオプションでグレード設定をすると、カローラスポーツに設定可能なHUD(カラーヘッドアップディスプレイ)を装備することができます。

こちらは運転に必要となる様々な情報を、ウィンドシールドガラスにシンプルかつビジュアライズされて表示、HUDにはナビゲーション機能と連携させることでルート案内等のナビゲーション情報を表示させる事も出来ます。

まとめ

2018年発表のトヨタカローラスポーツ

※2018年発表のトヨタカローラスポーツです。

2018年6月に登場したカローラスポーツの評判は高く、販売台数も好調です。カローラシリーズの中でもスポーティ色の高いモデルですので、購買層も若年層からアダルトな年代まで幅広い支持を集めています。

モデルも2WDから4WD・ハイブリッドと選択肢も広く自分好みのモデルを選ぶことが可能です。発売から1年が経過し中古車市場にも見かける事も珍しくなくなってきています。

ご購入を検討している方は、是非この機会に試乗してみてください。

なお、本記事ではあくまでも車種の情報をまとめております。
必ずしも現行モデルではないことをご理解ください。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。