目次へ戻る

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

貴方はTNGAという言葉を聞いたことがありますか。TNGAとは、トヨタの新しい車つくりの思想で、この思想の元に開発されているのが、TNGAという新しいプラットフォームです。いわば、車の屋台骨というわけですね。このTNGAが採用されているトヨタの車種をまとめてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」とは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの頭文字をとった略称で、プラットフォームの名称そのものを指す訳ではなく、プラットフォームを根幹とした車両作りの開発方針・開発手法です。

このTNGAが採用されているトヨタのモデルをまとめてみました。

TNGAをもっと知りたいという方はこちら

TNGAが搭載されているトヨタの車6モデル

トヨタ プリウス(セダン)

TNGA採用第一弾のモデルが、みなさんご存知プリウス(現行モデル)です。

プリウスは、トヨタが1997年から製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車で、ハイブリッド専用車を中心としたハイブリッド専用車のブランド、それがプリウスです。

現行プリウス(4代目)は、2015年に発売されました。

先代と比較して、少し鋭利な雰囲気のヘッドランプになったほか、内装もグレードアップ、またトヨタの新プラットフォーム「TNGA」を導入したことでも注目されました。

TNGAを導入したことで、車との一体感の向上、静粛性の向上などを果たしています。

トヨタ C-HR(SUV)

今現在で、TNGAが搭載されている唯一のクロスオーバーSUV、それがC-HRです。

トヨタから満を持して2016年の12月より発売された、トヨタのC-HR。
エキセントリックで圧倒的な存在感を持つSUVです。

TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージに加え、レスポンス、リニアリティ、コンシステンシーを突き詰めた走行性能も支持されているようです。

トヨタ プリウスPHV(セダン)

プリウス、そしてC-HRに続き、プリウスPHVもTNGAが採用されました。

また、モデルチェンジして発売されたプリウスPHV新型、PHVとしての進化はEV走行可能距離の拡大にあります。プラグインレンジは先代の26.4kmから68.2kmと倍以上に伸び、EV走行可能速度も100km/hから135km/hに上がっています。

実は、TNGAの採用により、大容量バッテリーを積めるようになったことで、結果的にEV航続距離が伸びているんですよ。

エンジンがかかっている時のHVモードでも先代の31.2km/リットルから37.2km/リットル(17インチタイヤ装着車は30・8km/リットル)と、標準型プリウスと同じ性能を維持している(以上、すべて15インチタイヤ装着車)のも特徴。

トヨタ カムリ(セダン)

2017年7月にフルモデルチェンジした、トヨタのカムリ。このカムリにもTNGAが採用されています。

「セダンの復権」を掲げられたカムリ新型は、この時のモデルチェンジで、TNGAに基づき、「フラットフォームからエンジン、トランスミッションに至るまで、すべてゼロからつくり上げた」(吉田専務役員)と言われています。

こんなことは滅多になかったそうで、カムリのデザインについても、豊田章男社長の提案で一番カムリらしくないものにデザインされています。

トヨタ クラウン(セダン)

トヨタのクラウンが大変身を遂げ、生まれ変わって2018年の6月より発売されました。

新型クラウンでは、ドライバーズセダンとして運動性能を高めるためにプラットフォームをゼロから見直しています。そして、この新型クラウンにTNGAが採用されました。

TNGAに基づく低重心パッケージを採用し、重心高と重量配分を最適化したことで、コーナリング時や減速・加速時において、自然で滑らかな車両挙動を実現した他、ドライバーとクルマが一体となったような、意のままの走りを体感できます。

トヨタ カローラスポーツ(ハッチバック)

2018年、6月に発売されたカローラシリーズ、カローラスポーツ。なんとカローラシリーズとして12年ぶりのハッチバックスタイル復活となります。

TNGAプラットフォームの採用により、低重心でワイドなスポーティシルエットを実現していて、乗っていて楽しく、ワクワクドキドキする車を目指しました。

最後に

本記事では、トヨタの新しい開発方針・開発手法を元に開発された新プラットフォーム、TNGAが搭載されている車種をまとめてご紹介しました。

もしトヨタ車の購入で迷ったときには、TNGAが採用されている車の中から選んでみる、という選択もありかもしれませんね。

トヨタの2019年の新型車情報はこれだ!

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。