目次へ戻る

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

貴方はTNGAという言葉を聞いたことがありますか。TNGAとは、トヨタの新しい車つくりの思想で、この思想の元に開発されているのが、TNGAという新しいプラットフォームです。いわば、車の屋台骨というわけですね。このTNGAが採用されているトヨタの車種をまとめてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」とは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの頭文字をとった略称で、プラットフォームの名称そのものを指す訳ではなく、プラットフォームを根幹とした車両作りの開発方針・開発手法です。

このTNGAが採用されているトヨタのモデルをまとめてみました。

TNGAをもっと知りたいという方はこちら

TNGAが搭載されているトヨタの車6モデル

トヨタ プリウス(セダン)

TNGA採用第一弾のモデルが、みなさんご存知プリウス(現行モデル)です。

プリウスは、トヨタが1997年から製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車で、ハイブリッド専用車を中心としたハイブリッド専用車のブランド、それがプリウスです。

現行プリウス(4代目)は、2015年に発売されました。

先代と比較して、少し鋭利な雰囲気のヘッドランプになったほか、内装もグレードアップ、またトヨタの新プラットフォーム「TNGA」を導入したことでも注目されました。

TNGAを導入したことで、車との一体感の向上、静粛性の向上などを果たしています。

トヨタ C-HR(SUV)

今現在で、TNGAが搭載されている唯一のクロスオーバーSUV、それがC-HRです。

トヨタから満を持して2016年の12月より発売された、トヨタのC-HR。
エキセントリックで圧倒的な存在感を持つSUVです。

TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージに加え、レスポンス、リニアリティ、コンシステンシーを突き詰めた走行性能も支持されているようです。

トヨタ プリウスPHV(セダン)

プリウス、そしてC-HRに続き、プリウスPHVもTNGAが採用されました。

また、モデルチェンジして発売されたプリウスPHV新型、PHVとしての進化はEV走行可能距離の拡大にあります。プラグインレンジは先代の26.4kmから68.2kmと倍以上に伸び、EV走行可能速度も100km/hから135km/hに上がっています。

実は、TNGAの採用により、大容量バッテリーを積めるようになったことで、結果的にEV航続距離が伸びているんですよ。

エンジンがかかっている時のHVモードでも先代の31.2km/リットルから37.2km/リットル(17インチタイヤ装着車は30・8km/リットル)と、標準型プリウスと同じ性能を維持している(以上、すべて15インチタイヤ装着車)のも特徴。

トヨタ カムリ(セダン)

2017年7月にフルモデルチェンジした、トヨタのカムリ。このカムリにもTNGAが採用されています。

「セダンの復権」を掲げられたカムリ新型は、この時のモデルチェンジで、TNGAに基づき、「フラットフォームからエンジン、トランスミッションに至るまで、すべてゼロからつくり上げた」(吉田専務役員)と言われています。

こんなことは滅多になかったそうで、カムリのデザインについても、豊田章男社長の提案で一番カムリらしくないものにデザインされています。

トヨタ クラウン(セダン)

トヨタのクラウンが大変身を遂げ、生まれ変わって2018年の6月より発売されました。

新型クラウンでは、ドライバーズセダンとして運動性能を高めるためにプラットフォームをゼロから見直しています。そして、この新型クラウンにTNGAが採用されました。

TNGAに基づく低重心パッケージを採用し、重心高と重量配分を最適化したことで、コーナリング時や減速・加速時において、自然で滑らかな車両挙動を実現した他、ドライバーとクルマが一体となったような、意のままの走りを体感できます。

トヨタ カローラスポーツ(ハッチバック)

2018年、6月に発売されたカローラシリーズ、カローラスポーツ。なんとカローラシリーズとして12年ぶりのハッチバックスタイル復活となります。

TNGAプラットフォームの採用により、低重心でワイドなスポーティシルエットを実現していて、乗っていて楽しく、ワクワクドキドキする車を目指しました。

最後に

本記事では、トヨタの新しい開発方針・開発手法を元に開発された新プラットフォーム、TNGAが搭載されている車種をまとめてご紹介しました。

もしトヨタ車の購入で迷ったときには、TNGAが採用されている車の中から選んでみる、という選択もありかもしれませんね。

トヨタの2019年の新型車情報はこれだ!

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

車ファンの中でも人気が高いのがカリーナEDです。3代目まで発売されており今でもマニアの間では人気が落ちない人気車種です。カリーナEDのナンバーは車種で数字が違ったりと疑問が出ている車です。カスタムするほど愛着がわく車なので色々と触りたいですね。


トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

ディーラーという言葉を聞いたことがありますか? ディーラーとは、自動車を販売している業者のことです。日本が誇るトヨタは、ディーラーが4種類もあります。今回は、トヨタのディーラーについて見ていきましょう。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。