目次へ戻る

セダン復権なるか?!トヨタ カムリ新型販売開始!燃費 価格 スペック 評価は?

セダン復権なるか?!トヨタ カムリ新型販売開始!燃費 価格 スペック 評価は?

トヨタのミッドサイズセダン、カムリ。フルモデルチェンジされ、2017年7月10日より販売開始しました!気になる新型カムリのスペックや価格、そして旧型のカムリの評価についてもまとめています。カムリについてあまり詳しくない貴方も、カムリ大好きオーナーの貴方にも!必見情報満載です。


トヨタから新型カムリが発売開始

トヨタ自動車は、ミッドサイズセダン『カムリ』をフルモデルチェンジし、7月10日より販売を開始しています。

新型カムリは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発しています。

エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味を実現しています。

チーフエンジニアが語る。「食パン」からの脱却

チーフエンジニア 勝又正人氏

トヨタ自動車は7月10日、『カムリ』を全面改良し、発売した。チーフエンジニアを務める勝又正人氏は同日都内で開いた発表会で「これはカムリじゃないよね、あるいは理屈抜きに格好良いね、そういうふうに言って頂けるようなクルマを目指して開発をしてきた」と振り返った。

というのも「これまでのカムリは北米を中心にホワイトブレッド、つまり食パンといわれてきた。無くてはならないもの、安心なクルマという意味では大変ありがたいニックネーム。その結果もあって全米乗用車15年連続ナンバーワンにつながったのだと思っている。だが一方で良いクルマなんだけどワクワクドキドキしないという意味でもある」からだ。

勝又チーフエンジニアは「これではまずい、このままでは絶対にまずい。我々自身が、そしてカムリ自身が大きく変らなければ大変なことになる、その強い危機感が前例のない変革という合言葉を生んだ。カムリを変えるためには何でもする。こんな不退転の決意がカムリには込められている」と明かす。

その上で「私たちチームカムリが目指したのは、デザイナーが思い描く、理屈抜きで格好良いクルマを、そのまま造るということ」と述べた。

目指したのは、ワクドキ・革新感

右が吉田守孝専務役員

また、社内分社組織「ミッドサイズ ビークル カンパニー」のプレジデントを務める吉田守孝専務役員は、カムリの顧客ターゲットについても言及しています。

顧客ターゲットについては「若い新たなお客様はもちろん、クルマが注目されていた1980年代にカーライフを楽しんだ多くのお客様」とし、「カッコ良く、ハンドルを握るとワクワクドキドキする喜びを味わっていただけるクルマを、もう一度世に出したいと取り組んできた」と述べた。

勝又氏、吉田氏の話を踏まえると、カムリ新型は、とてつもなくカッコいい車を目指して製作されたことが明らかです。

ワクワク、ドキドキ、革新といった、今までのカムリとは一味違うイメージを抱きます。

このイメージは公式サイトのトップ画面に使われているカムリの画像からも見て取れますね。

トヨタ カムリ新型に最新技術TNGA採用!

カムリに搭載される「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」。
このTNGAとは、トヨタが開発した次世代車両技術のことです。

また新型カムリは、トヨタの次世代車両技術、「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ(TNGA)」で設計、製造される北米で最初の車両。TNGAは燃費を向上させ、ハンドリング性能や走行安定性を高めるなど、車両のすべての性能を向上させる。

トヨタ、TNGAによりパワートレイン一新…2021年までに搭載車種拡大 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/12/06/286544.html

トヨタ自動車は、次世代車両技術「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」により、エンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを一新し、2017年以降、新型パワートレインの搭載車種を一気に拡大していくと発表した。

トヨタ カムリ新型 スペック

トヨタ カムリ G レザーパッケージエモーショナルレッド

■サイズ:全長4,885(mm)×全幅1,840(mm)×全高1,445(mm)

■乗車定員:5人

■エンジン
 種類:直列4気筒
 排気量:2.5L
 最高出力:131(178)/5,700
 最大トルク:221(22.5)/3,600 ~ 5,200

■モーター:最高出力88(120)
 最大トルク:202(20.6)

■トランスミッション:電気式無段変速機
■駆動方式:FF
■使用燃料:ガソリン
■燃費:28.4km/L~33.4km/L

トヨタ カムリ 新型 次世代ディスプレイが搭載!!

新型カムリには、次世代ディスプレイを採用しています。

また、4気筒エンジンおよびハイブリッドモデルには、「Connected Navigation Scout GPS Link with Moving Maps」を標準装備しています。

ナビゲーションシステムは、マップの精度を向上。無線地図更新により、地図を常に最新状態にすることが可能!

さらに、Entune 3.0は、遠隔始動およびドアロック解除機能、車両状態通知、ゲストドライバーモニター、および車両ファインダを提供する利用可能なリモートコネクトを含むいくつかの新技術を導入しました。

「Available Service Connect」は燃料レベル、メンテナンスアラートなど最新の車両情報を提供。 Entune3.0は車載Wi-Fi接続も可能にしており、4G LTEを使用して最大5台のモバイルデバイスを接続できます。

【やっぱり気になる】今までのカムリの評判・口コミ調べてみた

トヨタ カムリ G レザーパッケージプラチナホワイトパールマイカ

というわけで、カムリの口コミ、評価をe燃費から集めてみましたので、ご紹介いたします。

もちろん、不満点もあるものの、カムリオーナーの方の意見の多くは「カムリ良い車」「もっと売れて!!」というものでした。

カムリACV40ですが、外観、内装、走行性能、燃費ほとんど全てにおいて満足のいくクルマです。乗り心地が若干大味かな?でも、一人で乗っても家族で乗ってもどこへでも行きたくなるクルマです。

エンジン音が、ディーゼルの様に、でかい!小さくなる方法は無いのでしょうか⁉️

カムリグラシアからの乗り換えです。完全にカムリ信者ですね。車のスペックの割に人気も知名度も低すぎませんか?

スタイル、燃費、静粛性どれを取っても最高です。なぜあまり売れてないのかな?

先代のカムリハイブリットからの乗り換えです。先代も気に入ってましたが、残されたカーライフの時間も考え思いきって乗り換えました。装備が格段に充実し安全装備が標準で着くなどコスパの良さを感じています。

トヨタ カムリ新型 気になる価格は?グレード別に紹介!

気になるカムリ新型の価格を、グレード別にまとめてました。

■G“レザーパッケージ” 4,195,800円〜
■G 3,499,200円〜
■X 3,294,000円〜

トヨタのセダンで比較すると、
マークX、クラウンの間にくる価格帯ですね。

中古車だと、年式やお店によっても値段は前後しますが、230万円前後~購入できます。

≪参考≫
■マークX 2,656,800円~
■クラウン ロイヤル  3,812,400円~
■クラウン アスリート 3,963,600円~
■クラウン マジェスタ 6,426,000円~
 

マークX

クラウン アスリート

購入しやすい上に装備が贅沢過ぎる!トヨタ自慢のクラウンアスリート

http://matome.response.jp/articles/220

クラウンはトヨタが生産する日本に特化した高級車だ。快適な上ライバル車種に比べて安価なため、どのモデルも非常に人気がある。今回は、モデルチェンジを繰り返してきたクラウンアスリートのデザイン、運転性能、安全性について詳しくまとめた。

「セダンは古い」そんな考えを打ち砕く。トヨタ マークXの性能とは

http://matome.response.jp/articles/78

11月22日に2度目のマイナーチェンジを敢行したトヨタマークX。『大人のオシャレなスポーティセダン』をコンセプトに進化し続けるマークXの魅力、性能について見ていきましょう!!

カムリ 新型はオーナーにどう受け止められるのか?

カムリ新型がどう受け止められるのか…

いかがでしたでしょうか。

チームカムリの、新型カムリへの熱い思いや、性能の向上、デザインのブラッシュアップ、他、カムリがより進化したセダンになったことがおわかりいただけたかと思います。

一方で、前衛的なクルマを目指したことで、フロントマスクの変化や、エクステリアの変化などからわかる通り、従来のカムリらしさが減ってしまったとも言えます…。

今後、今までのカムリオーナーにどう受け止められていくか、新たな顧客層の支持を集められるのか、期待を込めて引き続き注目していきたいと思います。

カムリとアテンザ、あなたはどっち派?

おすすめ・人気のセダンをチェックしたい方はこちら

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンが手掛ける2021年に発売予定の新型ミッドシップハイブリッドハイパーカー。このスーパーカーの車名を、『ヴァルハラ』(Aston Martin VALHALLA)に決定した、と発表しました。ヴァルハラとはいったいどんなモンスターカーなのか?気になる最新情報をまとめました。


マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

日本の自動車史の中でも存在感を放っている車の1つがマツダのファミリアです。ファミリアは今回はファミリーカーの代名詞として人気を博してきました。そんなファミリアについて、初代から9代目までの概要を説明します。そもそもファミリアとはどういう車であったのか、そして現在の中古車市場についても見ていきましょう。


【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

栃木県には、餃子・いちご・日光東照宮など様々な名物がありますが、そうした栃木ならではの魅力とならんで道の駅も見所の一つです。それぞれの特色豊かな道の駅を訪れれば栃木県をもっと楽しめます。そこで、今回はそんな栃木県の人気がある道の駅TOP10を紹介します。思わず栃木に出かけたくなるランキング内容となりました。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は兵庫編です。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は京都編です。