トップへ戻る

トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタの人気SUV、C-HR(シーエイチアール)が気になっている方向けに、改めてC-HRの情報(ユーザーの口コミ・試乗記・内装・外装・中古車価格・燃費・グレード別価格・魅力・発売日ほか)をまとめてみました。購入の後押しをできれば幸いです!(※2020年7月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

トヨタのSUV C-HRについて知りたい!

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

エキセントリックで圧倒的な存在感を持つSUV、それが2016年12月に発売されたトヨタ C-HRです。

2017年における国内販売台数は117,299台でSUV新車販売台数第1位を記録。発売前から発売後に至るまで注目を集めたクロスオーバーSUVとなっています。

発売から約3年ほど経過しました。2020年現在では販売台数が当初よりも少なくはなっていますが、上半期の累計販売台数はトップ20台に入るくらいの売れ行きです。内外装のデザインや運動性能、そして安全装備など、改めてC-HRの魅力に迫ります。

トヨタの-HRは発売前から大人気の車だった!?

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

実は発売以前から話題沸騰だったC-HR。開発担当主査を務めるミッドサイズビークルカンパニーの古場博之MS製品企画ZE主査によると「事前受注は2万9000台で、現時点での納期は3月初旬から中旬になる」と以前語っていました。

また、受注状況から読み解くに、「いままでのクルマに比べると新しいお客さんが結構来て頂いている」とも。

C-HRの販売台数は発売後一ヶ月で月販目標の8倍!?

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

発売から1ヶ月を経過した時点で受注台数は約4万8000台(ハイブリッド車が約3万7000台。ターボ車は約1万1000台)でした。これはトヨタが月販目標として設定していた台数の8倍にあたる数字だったのです。この数字を見ただけでも、発売当初のC-HRの勢いを想像することができます。

これに関して、スピード感あふれるキャビン形状、「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、個性際立つスタイリングが顧客に好評だからでは、というコメントをトヨタは残しています。

また、TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージに加えて、レスポンス、リニアリティ、コンシステンシーを突き詰めた走行性能も支持されているようです。

加えて、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/リットルという低燃費。エコカー減税の免税対象となっていて、「リーズナブルに乗れるSUV」という立ち位置も購買意欲を刺激したのでしょう。

ストリートファイターⅡ×C-HR ってほんと?

ストファイ×C-HR

ストファイ×C-HR

ストファイ×C-HR

ストファイ×C-HR

ストファイ×C-HR

ストファイ×C-HR

C-HRがあの有名な、ストリートファイターⅡの世界へ!?

負けちゃうんじゃないの?と思いきやライトからビームを出したり、軽やかな身のこなしでばったばったと相手を倒していきます。

なんと!!! C-HR×ストリートファイター II、アウディとFFがコラボ!?

https://matome.response.jp/articles/132

これとあれがコラボ、スゴイ!というコラボから、なぜ、コラボした…。と言いたくなるようなコラボまで、世界はコラボにあふれています。そんな中、クルマだっていろんなコラボを見せてくれていますよ、というわけで気になるクルマ業界のコラボについて調べてみました。

動画第三弾は『北斗の拳』の原哲夫×C-HR

朽ち果てた世界の中、すさまじい疾走感と存在感で他の者たちを圧倒するC-HR。
「なんだああの車は」「その車をよこせ」という動画内でも大人気のC-HRが見られます。

トヨタのC-HR(シーエイチアール) 最新情報まとめ

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

C-HR 前衛的なエクステリアデザイン コンセプト

C-HRコンセプト 予告イメージ

開発を担当する製品企画本部の古場博之主査は「姿と走り」に注目をと、アピールしました。

コンパクトクロスオーバーの顧客は「スタイルを何より重視される」ことから、デザインは「ダイヤモンドをモチーフとするなど、カッコにこだわった」と話しました。実際にC-HRを見てみると、ダイヤモンドのような多面体のような造形が、個性的でした。

また、TNGAの成果による高剛性ボディーなどにより、古場氏は「ハッチバック車のような走りを実現した」と強調しています。


それらを裏付けるかのように、2017年3月にスイスで行われたジュネーブモーターショー2017において、ジャガー F-PACEそしてメルセデスベンツ Sクラスカブリオレと共に「ワールドカーデザインオブザイヤー2017」の最終選考3台に選ばれています。

最終的に選ばれたのはF-PACEでしたが、C-HRが存在感を示したことは明らかです。

※ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶものです。世界20か国以上、70名を超えるジャーナリストに数名のデザインの権威が加わり、審査を行います。

【ついに決定】ワールドカーオブザイヤー2017 2年連続日本車のVは!?

https://matome.response.jp/articles/92

2016年9月に開催されたパリモーターショーでワールドカーオブザイヤー2017のノミネート車両が発表されました。2016年のWCOTYはマツダのロードスターが見事受賞となりました!!

ワールドカーオブザイヤーに関してはこちらの記事からご確認ください。

エクステリアデザインのコンセプトは、「センシュアル スピード-クロス」。「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと、大きく張り出したホイールフレアの対比による立体構成で、スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現したほか、質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求している。

C-HR 外装・エクステリア画像

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR S-T GRスポーツ(メタルストリームメタリック)

トヨタ C-HR S-T GRスポーツ(メタルストリームメタリック)

C-HR 内装・インテリア画像

C-HRの上質なインテリア

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

トヨタ C-HR G(ハイブリッド)(2017)

「センシュアル-テック」をコンセプトに設計されたC-HRのインテリアデザイン。インストルメントパネルからドアトリムまで繋がるソフトパッドや金属調オーナメントなどにより、広がりのある空間を表現しました。

メーターを中心とした操作パネルはドライバーが操作しやすいような位置に設置されています。手を伸ばせば自然に届く位置にレイアウトしたことで直感的に各種操作を行うことができ、自然と安全運転に貢献している点がポイントです。


また、C-HRにはTNGAが取り入れられたクルマとなっています。TNGAのシート骨格がもたらす高いシート剛性に加え、欧州のあらゆる道でテストを繰り返し、最適なクッションパッド形状を追求。しっかりとしたホールド感と包まれるような座り心地は、まさに1つ上のステージにある快適性です。

きついコーナリング時でも、シートが身体をしっかり保持してくれるため、身体を支える余分な力を使わずロングドライブでも疲れにくく、なおかつ姿勢が崩れないので正確なステアリング操作が可能になります。

トヨタのC-HR 内装

トヨタのC-HR 内装

C-HRにも採用されている、TNGAとは

TNGAとは、次世代車両技術「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字をとった呼び名です。

トヨタが掲げる「もっといいクルマづくり」を達成するために必要不可欠なものとなっています。

具体的には、エンジン、トランスミッション、HVユニットなどのパワートレイン、そして車体そのものを刷新することで基本性能(走る・曲がる・止まる)を向上させること。

開発リソースを削減しながらも、動力性能・燃費性能・ボディ剛性などあらゆる要素を向上させることに成功しています。

TNGAの思想の下で最初に作られたのは4代目プリウスで、C-HRは2番目に作られた車種です。

「TNGA」についての詳細をまとめています。

トヨタのC-HR、安全性能は

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

重要なポイントの一つ、安全性能についてはどうでしょう。

C-HRには、Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)が標準で装備されています。
この、トヨタ セーフティセンスPとは安全装備をまとめた、いわば安全パッケージのようなもののことです。
この、トヨタセーフティセンスPには、

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

上記の装備が含まれています。

トヨタの安全パッケージ「トヨタセーフティーセンスP(Toyota Safety Sense P)」の機能や搭載車種

https://matome.response.jp/articles/18

トヨタが提供するミドルクラス向け衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)P」について解説します。

安全性能もお墨付き、C-HR

欧州で唯一、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは3月1日、トヨタ『C-HR』の衝突安全テストの結果を公表した。最高評価の5つ星と認定されている。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突32km/h、歩行者衝突40km/hで行う。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で実施される衝突テスト。

最高の5つ星を得るためには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子ども乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で65%以上、「安全補助装置」で70%以上のポイントを獲得するのが条件。4項目のひとつでも、基準のポイントを下回り、4つ星以下となった場合、総合評価で5つ星と認定されない。

トヨタC-HRのテスト結果は、成人乗員保護性能が36.2点(95%)で、5つ星の条件をクリア。子ども乗員保護性能は38点(77%)で、5つ星の条件を満たす。歩行者保護性能は32.2点(76%)と、5つ星条件に適合。安全補助装置は9.4点(78%)と、5つ星に必要な70%を超えた。

この結果、C-HRは、ユーロNCAPから総合評価で最高の5つ星認定を獲得。欧州トヨタのKarl Schlicht上級副社長は、「ユーロNCAPのテスト結果は、C-HRがデザイン以上に、多くの特徴を備えていることを示すもの」とコメントしている。

C-HR、ボディサイズは?トヨタの他車種と比較してみた

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

C-HRの気になるボディサイズですが、以下のようになっています。

・全長:4,350mm
・全幅:1,795mm
・全高:1,555~1565mm

トヨタのSUVであるハリアーが4,720x1,835x1,690、昨年発売されたRAV4が4,600x1,855x1,685となっていますので、トヨタのSUVの中ではコンパクトな部類に含まれているとわかります。

ちなみに、同じトヨタのセダン、プリウスは4,540x1,760x1,470。全幅と全高はプリウスよりも広いですが、全長はC-HRのほうが短いですね。

これら2代の車種と比べるとC-HRは全長の短さが目に止まります。駐車スペースの長さが気になっている人にとっては、ひとつのポイントとなるでしょう。

C-HR、カラーバリエーションは?

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

C-HRのカラーバリエーションは、
ホワイトパールクリスタルシャイン
メタルストリームメタリック
ブラックマイカ
エモーショナルレッドⅡ
オレンジメタリック
イエロー
オキサイドブロンズメタリック
ネビュラブルーメタリック

そして、ツートンカラーが8色展開となっています。

ツートンカラーが新登場!

2017年8月2日より、C-HRにツートンのボディカラーが新登場となりました。

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

C-HRは前述の通り、ツートーンカラーが追加されました。モノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リヤスポイラーなどを組み合わせることが可能となり、充実したカラーバリエーションとなりました。

なお、ツートーンカラーはメーカーオプションで、価格は3万3,000円~7万7,000円となっています。

トヨタのクロスオーバーSUV C-HR グレード別価格・中古車価格

C-HR、気になるグレード別価格は

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

一番気になるのがやはり、価格!
C-HRはどれくらいの値段なのでしょうか、グレード別に見ていきましょう!

 

C-HR 価格表
新車価格 【ガソリン車】
S-T:2,151,818〜2,181,818円
G-T:2,392,727〜2,422,727円
S-T "GR SPORT":2,483,636円

【ハイブリッド車】 S:2,481,818円
G:2,722,727円
S"GR SPORT":2,813,636円
中古車価格 129.8万円〜394.9万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

※価格は消費税抜き

トヨタ C-HR GRスポーツ

トヨタ C-HR GRスポーツ

S-Tがエントリーモデルで、一番高価なグレードがS“GR SPORT”です。

GRとは、GAZOO RACINGの略で、世界中のモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racing が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注ぐスポーツカーブランドです。

走りを重視する方は、C-HRのGRスポーツがおすすめです。

C-HR、気になる中古車価格は?

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 C-HR SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。