目次へ戻る

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【2017年11月2日更新】


目次

大注目のトヨタ C-HR 12月14日から発売開始!!売れ行きは好調

トヨタから満を持して発売された、トヨタのC-HR。
エキセントリックで圧倒的な存在感を持つSUVです。トヨタの公式サイトによれば、発売から4カ月連続でSUV販売台数NO.1とのこと。

C-HRが気になっていたものの購入をためらっている方向けに、改めてC-HRの魅力をまとめてみたいと思います。

発売前からC-HRは大人気の車だった!?

C-HR伝説は発売される前から始まっていたって知っていましたか?

C-HRの開発担当主査を務めるミッドサイズビークルカンパニーの古場博之MS製品企画ZE主査によると「事前受注は2万9000台で、現時点での納期は3月初旬から中旬になる」とのこと。

受注状況から読み解くに、「いままでのクルマに比べると新しいお客さんが結構来て頂いている」と古場主査は明かしました。



発売後一ヶ月、C-HRの販売台数は月販目標の8倍!?

トヨタ自動車は1月19日、新型クロスオーバー車の『C-HR』の受注状況を明らかにしました。

2016年12月14日の発売からおよそ1か月にあたる2017年1月19日時点で、約4万8000台の受注を獲得しています。

4万8000台の気になる内訳ですが、ハイブリッド車が約3万7000台。ターボ車は約1万1000台。ハイブリッド車の人気が高いことがわかります。

なお、4万8000台の受注は、月販目標の8倍とのこと。ここからもC-HR人気がうかがえますね。

この人気の理由は、トヨタによれば、スピード感あふれるキャビン形状、「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、個性際立つスタイリングが顧客に好評だからでは、というコメント。

また、TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージに加えて、レスポンス、リニアリティ、コンシステンシーを突き詰めた走行性能も支持されているようです。

加えて、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/リットルという低燃費。エコカー減税の免税対象となっている点も、評価されているそうです。


PRもよかった!?C-HRの面白広告

動画第一弾はトミカ×C-HR

重々しい雰囲気の中始まる動画。
これは、ミニカーなのか!?と思わせる走りです。
C-HRが飛ぶ!回る!水しぶきをあげる!!

1分程度で見られますのでぜひともご覧ください。

動画第二弾はストリートファイターⅡ×C-HR

なんと!!! C-HR×ストリートファイター II、アウディとFFがコラボ!?

https://matome.response.jp/articles/132

これとあれがコラボ、スゴイ!というコラボから、なぜ、コラボした…。と言いたくなるようなコラボまで、世界はコラボにあふれています。そんな中、クルマだっていろんなコラボを見せてくれていますよ、というわけで気になるクルマ業界のコラボについて調べてみました。

C-HRがあの有名な、ストリートファイターⅡの世界へ!?
負けちゃうんじゃないの?と思いきやライトからビームを出したり、軽やかな身のこなしでばったばったと相手を倒していきます。
なぜコラボしたの!?と誰もが最初に抱いた疑問が、動画を見終わる頃にはきれいさっぱりなくなっているでしょう。

現在は見られないので残念ですね。

動画第三弾は『北斗の拳』の原哲夫×C-HR

朽ち果てた世界の中、すさまじい疾走感と存在感で他の者たちを圧倒するC-HR。
「なんだああの車は」「その車をよこせ」という動画内でも大人気のC-HRが見られます。

トヨタ 新型クロスオーバーSUV C-HR 基本情報まとめ

C-HR 前衛的なエクステリアデザイン コンセプト

C-HRコンセプト 予告イメージ

開発を担当する製品企画本部の古場博之主査は「姿と走り」に注目をと、アピールしました。

コンパクトクロスオーバーの顧客は「スタイルを何より重視される」ことから、デザインは「ダイヤモンドをモチーフとするなど、カッコにこだわった」と話しました。実際にC-HRを見てみると、ダイヤモンドのような多面体のような造形が、個性的でした。
また、TNGAの成果による高剛性ボディーなどにより、古場氏は「ハッチバック車のような走りを実現した」と強調しています。


実際に、C-HRのデザイン性から、3月にスイスで行われたジュネーブモーターショー2017において、「ワールドカーデザインオブザイヤー2017」の最終選考3台に選ばれました。

ジャガー F-PACE
メルセデスベンツSクラスカブリオレ
トヨタC-HR

「ワールドカーデザインオブザイヤー2017」に選ばれたのは、ジャガー F-PACEでしたが、最終選考に残るほどに、C-HRのデザイン性が高いことがわかります。


※ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶものです。世界20か国以上、70名を超えるジャーナリストに数名のデザインの権威が加わり、審査を行います。

【ついに決定】ワールドカーオブザイヤー2017 2年連続日本車のVは!?

https://matome.response.jp/articles/92

2016年9月に開催されたパリモーターショーでワールドカーオブザイヤー2017のノミネート車両が発表されました。2016年のWCOTYはマツダのロードスターが見事受賞となりました。2年連続日本車が受賞となれば非常に素晴らしいことですね。この記事では1次選考から順にWCOTYの情報を掲載し順次更新していきます。

ワールドカーオブザイヤーに関してはこちらの記事からご確認ください。

エクステリアデザインのコンセプトは、「センシュアル スピード-クロス」。「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと、大きく張り出したホイールフレアの対比による立体構成で、スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現したほか、質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求している。

C-HR、内装 インテリア

C-HRの上質なインテリア

インテリアデザインのコンセプトは「センシュアル-テック」。

インストルメントパネルからドアトリムまで繋がるソフトパッドや金属調オーナメントなどにより、広がりのある空間を表現しました。

また、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置。

手を伸ばせば自然に届く位置にレイアウトされたスイッチは、あらゆる運転操作をスムーズに行えるよう、直感的に配置、運転に集中できる空間を実現しています。

C-HRは、TNGAを採用。

TNGAのシート骨格がもたらす高いシート剛性に加え、欧州のあらゆる道でテストを繰り返し、最適なクッションパッド形状を追求。しっかりとしたホールド感と包まれるような座り心地を実現しています。

きついコーナリング時でも、シートが身体をしっかり保持してくれるため、身体を支える余分な力を使わずロングドライブでも疲れにくく、なおかつ姿勢が崩れないので正確なステアリング操作が可能になります。

C-HRにも採用されている、TNGAとは

TNGAとは、次世代車両技術「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字をとった呼び名です。

この技術を活かして、エンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを一新し、2017年以降、新型パワートレインの搭載車種を一気に拡大していくとトヨタは発表しています。

TNGAにより、開発リソースを削減しながらも、動力性能・燃費性能・ボディ剛性といった様々な面での大幅な向上を実現することが可能になりました。

「TNGA」って何??トヨタの次世代車両技術をわかりやすく解説!

https://matome.response.jp/articles/77

「もっといいクルマづくり」を目的にしたトヨタの次世代車両技術「TNGA」。ここではTNGAとはそもそも何か?また、TNGAに関連する新技術などをわかりやすく、詳しくまとめていきます。

「TNGA」についての詳細をまとめています。

C-HR、安全性能は

重要なポイントの一つ、安全性能についてはどうでしょう。

C-HRには、Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)が標準で装備されています。
この、トヨタ セーフティセンスPとは安全装備をまとめた、いわば安全パッケージのようなもののことです。
この、トヨタセーフティセンスPには、

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

上記の装備が含まれています。

トヨタの安全パッケージ「トヨタセーフティーセンスP(Toyota Safety Sense P)」の機能や搭載車種

https://matome.response.jp/articles/18

トヨタが提供するミドルクラス向け衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)P」の仕組みや搭載車種について

安全性能もお墨付き、C-HR

欧州で唯一、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは3月1日、トヨタ『C-HR』の衝突安全テストの結果を公表した。最高評価の5つ星と認定されている。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突32km/h、歩行者衝突40km/hで行う。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で実施される衝突テスト。

最高の5つ星を得るためには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子ども乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で65%以上、「安全補助装置」で70%以上のポイントを獲得するのが条件。4項目のひとつでも、基準のポイントを下回り、4つ星以下となった場合、総合評価で5つ星と認定されない。

トヨタC-HRのテスト結果は、成人乗員保護性能が36.2点(95%)で、5つ星の条件をクリア。子ども乗員保護性能は38点(77%)で、5つ星の条件を満たす。歩行者保護性能は32.2点(76%)と、5つ星条件に適合。安全補助装置は9.4点(78%)と、5つ星に必要な70%を超えた。

この結果、C-HRは、ユーロNCAPから総合評価で最高の5つ星認定を獲得。欧州トヨタのKarl Schlicht上級副社長は、「ユーロNCAPのテスト結果は、C-HRがデザイン以上に、多くの特徴を備えていることを示すもの」とコメントしている。

C-HR、ボディサイズは?他車種との比較してみた

C-HRの気になるボディサイズですが、以下のようになっています。
・全長:4,350mm
・全幅:1,795mm
・全高:1,555~1565mm


ちなみに、同じトヨタのセダン、プリウスは、
・全長:4,540
・全幅:1,760
・全高:1,470

トヨタのSUV、ハリアーは、
・全長:4,720
・全幅:1,835
・全高:1,690

というサイズ感です。
乗車定員は5人です。

C-HR、カラーバリエーションは?

C-HRのカラーバリエーションは全8色!!
「ブルーメタリック」「ラディアントグリーンメタリック」
「イエロー」「ダークブラウンマイカメタリック」「センシュアルレッドマイカ」
「ブラックマイカ」「メタルストームメタリック」「ホワイトパールクリスタルシャイン」
です。

ツートンカラーが新登場!

2017年8月2日より、C-HRにツートンのボディカラーが新登場となりました。

C-HRは前述の通り、8色のボディカラー設定でしてが、ツートーンカラーが追加され、モノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リヤスポイラーなどを組み合わせることが可能となり、充実したカラーバリエーションとなりました。

なお、ツートーンカラーのオプション価格は3万2400円となっています。

C-HR、気になるグレード・価格は

一番気になるのがやはり、価格!
C-HRはどれくらいの値段なのでしょうか、調べてみました。

・G(ハイブリッド/2WD)2,905,200円〜
・G-T(ガソリン車/4WD)2,775,600円〜
・S(ハイブリッド/2WD)2,646,000円〜
・S-T(ガソリン車/4WD)2,516,400円〜

以上の4グレードでの展開で、価格はGが一番高くなっています。

C-HR、中古車価格は?

2016年発売の車なので、中古だからと言ってそこまで値段が安くなっているわけではありません。
中古車の相場はグレードなどにも左右されますが、220万~350万円程度だと想定されます。

エアロパーツなどが取り付けられた、カスタマイズされた車両も数は多く無いですが、複数出ていますので、カスタム済みの車両を安く考えたいという方は下記リンクより中古車情報もご参照下さい。

トヨタ C-HR 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S241/

トヨタ C-HRの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

トヨタC-HRの中古車情報はこちらをご覧下さい。

トヨタ C-HR ガソリンターボ、ハイブリッド 試乗記をそれぞれご紹介

C-HR S-T(ガソリンターボ) 試乗

C-HRはスペシャリティカーとしては、なかなかいい線を行く仕上がりであった。エクステリアは個人的にはいささかワル目立ちが過ぎるような気がしたが、存在感が強いのは確か。似たようなデザインのクルマが増えたなかで一風変わったモデルを欲しがる顧客のニーズをがっちりつかむだけのフォースは十分に持ち合わせているように思えた。インテリアはエクステリアほどエキセントリックではないものの良く作り込まれていた。

C-HR S-T(ガソリンターボ) 走りの感想は

山岳路のようなハードなコースでも絶対性能の面では大きな不満はなかった。路面摩擦の低いウェットコンディションでも走りに大きな破綻はなく、欧州戦略モデルらしいところを見せた。

山岳路のようなハードなコースでも絶対性能の面では大きな不満はなかった。路面摩擦の低いウェットコンディションでも走りに大きな破綻はなく、欧州戦略モデルらしいところを見せた。

サーキット走行のように最初からコースが決まっているときはこれで不都合はまったくないだろうが、ツーリングで未知の山道を道なりに走るようなシーンでは不安感が先に立ってあまり楽しくなかった。この点はC-HRの直後に650kmほどツーリングを行った同じトヨタの『プリウスPHV』のほうがはるかに優れていた。ここが良くなればC-HRのツーリングカーとしての資質は大きく上がりそうなので、今後の熟成に期待したいところである。

C-HR G(ハイブリッド) 試乗

Gグレードはプリウス直系のHVシステムを採用。つまり98ps、14.5kgmの1.8リットルエンジン、72ps、16.6kgmのモーターが動力源。車重はプリウスSツーリングセレクション比で約70kg重いため、変速機がローキーヤード化されているのはもちろんだ。そしてモード燃費はプリウス主要グレードの37.2km/リットルから30.2km/リットルとなっている。しかしそれでも『ヴェゼルハイブリッド』、『CX-3』を大きく上回り、クラストップレベルの燃費性能ということになる。

C-HR G(ハイブリッド) 感想は

HVであり、FFのみの設定となるGグレードが履くタイヤは225/50R18サイズ。言ってみればTNGAとして始めての18インチだ(プリウスは17インチまで)。路面、段差の大小によって硬さ、突き上げを感じるシーンがないではないが、ボディ、足回り剛性の高さ、よく動くサスペンションによって、むしろフラットで快適な乗り味…と感じる人が多いはずである。

C-HR G(ハイブリッド)に見る燃費のよさ

横浜周辺の市街地30%、首都高速道路70%を走行したときの実燃費は22km/リットル程度となかなかのものだった。C-HR Gはインパクトあるデザイン、SUVテイストあるクロスオーバーなキャラクターを備えていても、あるいはプリウスより走りにこだわっていても、パワートレーンとしては燃費を重視。そこが、ライバル車にないAC100V電源の装備、カラフルで魅力的なボディーカラーの用意を含め、C-HRらしさ、主張ということになるのだろう。

トヨタ C-HR 気になるユーザーの評価、口コミは?

発売開始から爆発的人気を誇るトヨタのSUV、C-HR。早速ですが、納車を迎え所有者の声、評価も上がってきています。ガソリン価格・燃費・車種情報の共有コミュニティサイトである「e燃費」にも投稿が寄せられています。

タイトル:20型プリウスからの乗り換えです。

上記車種のGツーリングレザーパッケージから乗り換えました。1300km(一般道の郊外が主)ほど走った感想と燃費を投稿します。一番感じたことは、20型より遥かに強力なモーターのトルクと電池容量の増大です。発進時に20型ならもうエンジンがかかるような速度でも何もなかったようにモーターだけで加速して行きます。80km/h位まで平気(電池が極端に減っていない限り)です。それとEVモードで走れる距離が格段に増えた気がします。まあこれらはC-HRだからではなくプリウス系のHVユニットの進化の賜物でしょう。足回りもしっかりしていて18inchのタイヤで荒れた路面でもバタつかず「しっとり」感の走りを実現しています。当然ながら静粛性にも優れています。ただし、アクセルを踏み込んだ時(それなりの加速の為にエンジンがかかる程度)のエンジン音にがっかりします!トヨタの4気筒はうるさいですね本当に!スムーズさがありません。内装はGグレードでとっても高品質な空間を演出しています。個人的にプリウスの何とも言えない奇をてらったチープな内装とは全く違います!燃費は、20型をはるかに凌駕します!二回のお休みでそれぞれ100㎞~300㎞程度のドライブに出かけ25.2km/L(120.8km走行時)、27.4km/L(299.3km走行時)と驚異的な燃費です。もちろん普通に走っての数字です。けち臭い運転はしておりません。但しモニター表示の数字ですので満タン法で計測するともう少し落ちるでしょうが、立派な数字だと思います。同じコース(紀伊半島の山間部経由で新宮市や熊野市方面へ)を20型で走った時は22~3km/L位でしたので。本当に素敵な車です!ただし、パワーシートとサンルーフはオプションでも欲しいです!!!以上です!

静粛性が高く、燃費も低燃費と、評価も高く「とても素敵な車!」との声。

タイトル:C-HR HV燃費

先週末(1/28)、待望のC-HRが納車されました。
燃費は街乗り+高速道路、走行距離200Kmで燃費計は20Km/Lとなかなか優秀な結果でした!

やはり燃費の評価も高いようです。

一方で、もちろん懸念点もあります。

運転席からの前方視界にはきちんとこだわり、窓枠(Aピラー)を細くしたはいいけれど、左ナナメ後ろが見えにくい。駐車するべく首をぐるりとひねると、太いピラーと後ろのドアで外の景色が断絶されるのだ。後ろドアは、ドアハンドル部分の面積が大きいのである。バックビューモニターの画角が広く、バックするときに必要な情報は、そこからある程度、得ることはできるけれど、心理的に「見えない」感はぬぐえない。

大人気のトヨタC-HR。ご検討中の方は是非、お近くの販売店まで足を運んでみてくださいね。

C-HR、9月12日に「Hy-Powerコンセプト」を初公開!

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは、ドイツで9月12日に開幕するフランクフルトモーターショー2017にて、『C-HR』の「Hy-Powerコンセプト」を初公開すると発表しました。

このC-HRをベースに、トヨタのハイブリッドパワートレインの将来の拡大の方向性を示唆したコンセプトカー、「Hy-Powerコンセプト」。

デザインは、フランス・ニースに拠点を置くトヨタの欧州デザインセンター、「ED2」が担当。トヨタによると、C-HRのエモーショナルかつ力強いルックスを、さらに強調しているとのことです。

なお、トヨタモーターヨーロッパは、Hy-Powerコンセプトの予告イメージを1点公開。

市販車のC-HRとの大きな違いは見出せないことから、やはりハイブリッドパワートレインに秘密が隠されていると考えられますね…!初公開が楽しみです。

気になる「C-HRハイパワーコンセプト」発表・2018年には高性能ハイブリッド車搭載!?

トヨタモーターヨーロッパは9月12日、『C-HRハイパワーコンセプト』を発表しました。

実車は9月12日夜、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開されます。

C-HRハイパワーコンセプトは、トヨタの小型クロスオーバー車、『C-HR』をベースに、トヨタのハイブリッドパワートレインの将来の拡大の方向性を示唆したコンセプトカーです。

また、トヨタは、C-HRの高性能なハイブリッド車に関するさらなる発表を、2018年の初頭に行う予定です。続報に期待ですね。

C-HRに特別仕様車登場!11月2日より発売開始

特別仕様車 S“LED Edition”(ブラック×センシュアルレッドマイカ)
<オプション装着車>

C-HRに特別仕様車“LED Edition”が登場です!!11月2日より全国のトヨタ店他で販売中です。

今回の特別仕様車“LED Edition”には、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプを特別装備しました。

右左折時に、車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプが先進的なイメージを与えてくれます。

さらに、リヤコンビネーションランプもLED化、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、エモーショナルなデザインに磨きをかけた特別仕様車に仕上がっています。

ボディカラーは、ツートーンタイプとモノトーンタイプがあり、それぞれ

【ツートーン】
ブラック×センシュアルレッドマイカ
ブラック×メタルストリームメタリック
ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン
ホワイト×ブラックマイカ

【モノトーン】
ホワイトパールクリスタルシャイン
メタルストリームメタリック
ブラックマイカ
センシュアルレッドマイカ

というラインアップです。

特別仕様車 S“LED Edition”(ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン)
<オプション装着車>

気になる価格ですが、約250万円~290万円の設定です。

■特別仕様車S-T“LED Edition”(4WD)2,540,400円
■特別仕様車G-T“LED Edition”(4WD)2,799,600円
■特別仕様車S“LED Edition”(2WD)2,670,000円
■特別仕様車G“LED Edition”(2WD)2,929,200円

C-HRとライバル車を比較する!

トヨタC-HRとボディサイズや価格等が近いライバル車とも言える「日産 ジューク」「マツダ CX-3」「ホンダ ヴェゼル」とそれぞれを比較しています。気になる比較車種があれば是非ご覧下さい。

【人気のコンパクトSUV徹底比較】トヨタC-HRとホンダ ヴェゼル!

https://matome.response.jp/articles/797

コンパクトSUVは今や人気の高いボディタイプとなっています。トヨタのC-HRとホンダのヴェゼルもコンパクトサイズのSUVに分類され、ライバルと呼べる関係性です。今人気の両車の燃費、広さ、走行性能やエクステリア、インテリア、新車価格と中古車価格を徹底的に比較していきます。

【コンパクトSUVを比較】トヨタC-HRと日産ジューク どっちを選ぶ?

https://matome.response.jp/articles/848

今や国内で大人気のコンパクトSUVですが、中でもトヨタのC-HRと日産のジュークはそれぞれ燃費性能も高く人気のライバル関係にあります。今回はこの2車種を燃費や価格、デザイン、エクステリアまで徹底的に比較してみました!!コンパクトSUV選びの参考にしてみて下さい。

【人気のコンパクトSUV徹底比較】トヨタ C-HRとマツダ CX-3!

https://matome.response.jp/articles/838

国内で大人気のコンパクトSUV。トヨタのC-HRとマツダのCX-3もコンパクトSUVでライバル関係にある2車種です。今回はこの2車種を燃費や価格、デザイン、エクステリアまで徹底的に比較していきます。

トヨタC-HRに関連する記事

基本スペックをおさえておきたい貴方に。話題のトヨタSUV C-HRまとめ 2017

https://matome.response.jp/articles/52

トヨタ自動車は2016年に新型SUV車のC-HRを発売しました。このC-HRはプリウスのSUV車の後継者で、SUV車が世界的な人気となっていることを背景として投入されたものです。トヨタ自動車にとってはC-HRは、プリウスPHVと共に2016年の中で最も重要となる車種の一種として位置づけられています。

トヨタ C-HR、衝突安全性能最高評価の5つ星獲得!そしてデザインも…!

https://matome.response.jp/articles/378

欧州で唯一、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは3月1日、トヨタ『C-HR』の衝突安全テストの結果を公表した。最高評価の5つ星と認定されている。

C-HR以外のSUVも比較、検討したい方はこちらから

C-HRは気になっているものの、他の人気モデル、人気車種はなにか?コンパクトSUVの外車(輸入車)も気になるというかたは下記の記事にて売上ランキングや人気、おすすめのSUVを特集していますので是非参考にご覧下さい。

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

https://matome.response.jp/articles/722

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのか!?全軽自協のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元に国産SUVのみをランキング形式でお届けしています。他、7人乗りSUVやコンパクトSUVのおすすめ車種の紹介もしています。

【2017年最新】国産&外車でおすすめのコンパクトSUV10選を一挙比較!

https://matome.response.jp/articles/708

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車選びの際の選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。今や大人気のコンパクトSUV、どんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)とそれぞれ5台ずつの価格、燃費、スペック、評価などを比較できるようご紹介していきます。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 C-HR SUV

関連する投稿


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

低燃費なコンパクトカーとして人気が高い、トヨタのアクア。6月にマイナーチェンジを行いました。そして11月、特別仕様車も登場しています。今回は改めて、アクアの性能・スペック・燃費・価格・中古価格についても見ていきます。


トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーが6月にマイナーチェンジを経て新たに発売されました。マイチェンで、2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型を搭載したターボ車を新設定。また、Toyota Safety Sense Pを標準装備するなど進化を遂げています。今回はこの新型ハリアーについてまとめています。


トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年に噂されているフルモデルチェンジを機に、日本での販売が復活する可能性が出てきました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。


カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているトヨタの新型カムリ。1980年にセリカのセダン版として販売されたカムリですが、この度2017年7月よりフルモデルチェンジを経て10代目が販売開始しました。カムリの魅力とはいったい何か。改めてカムリの評価・評判・性能・燃費・試乗感想などについてまとめています。


最新の投稿


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

新型レクサスLSが10月19日より発売されました。まさにレクサスの中のレクサスともいえるレクサスLSがフルモデルチェンジして登場です。最高級フラッグシップセダンであるレクサスLS新型の、基本情報・スペック・価格・ハイブリッド・燃費ほかレクサスLS新型の気になる情報について見ていきます。【11月20日更新】


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。