目次へ戻る

【ついに決定】ワールドカーオブザイヤー2017 2年連続日本車のVは!?

【ついに決定】ワールドカーオブザイヤー2017 2年連続日本車のVは!?

2016年9月に開催されたパリモーターショーでワールドカーオブザイヤー2017のノミネート車両が発表されました。2016年のWCOTYはマツダのロードスターが見事受賞となりました。2年連続日本車が受賞となれば非常に素晴らしいことですね。この記事では1次選考から順にWCOTYの情報を掲載し順次更新していきます。


ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)とは?

2016年のワールドカーオブザイヤーはマツダのロードスターが受賞!

WCOTY、ワールドカーオブザイヤーは2005年に開始しされ、今回は2015年の秋から2016年秋にかけてデビュー、若しくはマイナーチェンジを受けた新型車の中から、最高の1台を選出するという概要になります。

世界2大陸以上で販売していることも条件となっているため、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは、対象から外され選考されます。

投票に関しては世界20か国以上、70名程のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなどの6項目を基準にして実施され、2017年4月開催のニューヨークモーターショー2017で、イヤーカーが決定します。

また、ワールドカーオブザイヤーの選出以外にも部門賞があります。各部門賞と概要は下記になります。

最高の動力性能を持つ1台を選出する「ワールド パフォーマンス カー」
最も環境性能に優れた1台を決定する「ワールド グリーン カー」
最もデザイン性に優れた1台を決める「ワールド カー デザイン オブ ザ イヤー」
最高の高級車を選出する「ワールド ラグジュアリー カー」※2014年に新設

2016年のワールドカーオブザイヤーでは、日本の国産車が多く受賞しており、ワールドカーオブザイヤー受賞のロードスターは、「ワールド カー デザイン オブ ザ イヤー」も受賞し、2冠を達成。

トヨタ MIRAI(米国仕様)

「ワールド グリーン カー」にはトヨタのミライが選出されました。

そして、2016ワールドグリーンカーは、トヨタの新型燃料電池車、MIRAIが獲得。同じく、トヨタの新型『プリウス』と、GMのプラグインハイブリッド車(PHV)、新型シボレー『ボルト』を抑えての受賞となった。

受賞に際して、米国トヨタ販売のビル・ファイ副社長は、「およそ20年前、プリウスが世界を変えたように、燃料電池車のMIRAIが、歴史を作ろうとしている」とコメントした。

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)2017 ノミネート車両一覧

2017ワールドカーオブザイヤーのノミネート車両はパリモーターショー2016にて発表されました。第1次ノミネート車は23台で以下のとおりになります。

アウディA5/S5クーペ
アウディQ2
アウディQ5
ビュイック・ラクロス
ビュイック・エンビジョン
シボレー・クルーズ
クライスラー・パシフィカ
フィアット/アバルト124スパイダー
ホンダ・シビック
ヒュンダイ・エラントラ
ヒュンダイ・ジェネシスG80
インフィニティQ60(次期日産スカイラインクーペ)
ジャガー F-PACE
キア・カデンツァ
キア・リオ
キア・スポーテージ
マツダCX-9
セアト・アテカ
シュコダ・コディアック
サンヨン・チボリエア/XLV
スバル・インプレッサ
トヨタC-HR
フォルクスワーゲン・ティグアン

日本車からは、トヨタ「C-HR」、ホンダ「シビック」、マツダは新型「CX-9」、スバルは新型「インプレッサ」、日産高級車ブランドのインフィニティから「Q60」(次期日産「スカイラインクーペ」)の5車種がノミネートしております。

トヨタ C-HR

ホンダ シビック

マツダ 新型CX-9

スバル インプレッサ(プロトタイプ)

新型インフィニティQ60

関連ニュース

WCOTY ワールドカーオブザイヤー、ノミネート23台…日本車は5車種 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/10/03/282866.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「2017ワールドカーオブザイヤー」の第1次ノミネート車23台を発表した。

ワールドカーオブザイヤー2017 第二次選考10台が決定!

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体から2月1日に、第二次選考の10台が発表されました。車両一覧は下記になります。

アウディA5/S5クーペ
アウディQ2
アウディQ5
フィアット/アバルト124スパイダー
ホンダ・シビック
ジャガー F-PACE
マツダCX-9
シュコダ・コディアック
トヨタC-HR
フォルクスワーゲン・ティグアン

日本メーカーの車は、トヨタのC-HR、ホンダの新型シビック、マツダの新型CX-9の3車種が、第二次選考に駒を進めることができました。

残念ながらスバルの新型インプレッサ、日産インフィニティのQ60は、第二次選考に進めませんでした。

アウディ Q5

また、ドイツプレミアム勢では、アウディのA5クーペ/S5クーペ、Q2、新型Q5の3車種が、一次選考から、そのまま第二次選考に。フォルクスワーゲンの新型ティグアンも、第二次選考に進んでいます。

関連ニュース

世界カーオブザイヤーの第二次選考…C-HR、シビック、CX-9 が10台に残る | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/02/02/289901.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月1日、「2017ワールドカーオブザイヤー」の第二次選考10台を発表した。

ワールドカーオブザイヤー2017 最終3台が決定!

ワールドカーオブザイヤー主催団体は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、「2017ワールドカーオブザイヤー」の最終選考3台を発表しました。

2017ワールドカーオブザイヤーの最終選考3台は以下の通りとなります。

アウディQ5
ジャガー F-PACE
フォルクスワーゲン・ティグアン

今回のワールドカーオブザイヤーは、最終的にSUVの争いとなります。また日本車では、第二次選考10台に残っていたトヨタのC-HR、ホンダの新型シビック、マツダの新型CX-9の3車種が、いずれも脱落してしまう結果に。

アウディQ5

フォルクスワーゲン 新型ティグアン

ジャガーF-PACE

【4/13更新】ワールドカーオブザイヤー ジャガー F-PACE に栄冠!

4月12日、アメリカで開催しているニューヨークモーターショー2017にて、ついにワールドカーオブザイヤー2017が決定しました。

ジャガー F-PACE

ワールドカーオブザイヤー2017は、ジャガーの新型SUV、F-PACEに決定しました。アウディ「Q5」と、VW「ティグアン」のSUV対決を制し、見事受賞となりました。

受賞を受けて、ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは、「F-PACEは、優れたダイナミクスや日常的な使い勝手、たくましいデザインを備えたパフォーマンスSUVとして開発された」と述べている。

ちなみに、ジャガーF-PACEは、女性のみが選考に参加できる唯一の自動車賞「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」も受賞しています。

関連ニュース

審査員は女性のみのカーオブザイヤー…ジャガーのSUV、F-PACEが受賞 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/11/30/286176.html

英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは11月下旬、新型SUVの『F-PACE』が「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞した、と発表した。

ワールドカーオブザイヤー、ジャガー F-PACE に栄冠 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/04/12/293438.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月12日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2017において、「2017ワールドカーオブザイヤー」をジャガー『F-PACE』に授与すると発表した。

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017

ここからは部門賞の情報とノミネート車両をそれぞれ掲載していきます。

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカーは、ワールドカーオブザイヤーの部門賞のひとつで、今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も高級で動力性能に優れるモデルを選出する部門賞です。

条件は、2017年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していることとなっています。

第1次選考14車種は、以下の通りです。

ホンダ(アキュラ)新型NSX

アウディR8スパイダー
BMW 5シリーズ
ベントレー・ベンテイガ
キャデラックCT6
キャデラックXT5
ホンダ(アキュラ)NSX
ヒュンダイ・ジェネシスG90
レクサスLC500
リンカーン・コンチネンタル
メルセデスベンツEクラス
メルセデスAMGロードスター
ポルシェ・ボクスター/ケイマン
レンジローバー・イヴォークコンバーチブル
ボルボS90/V90

レクサス LC500

日本メーカー車は、ホンダ(アキュラ)新型NSX、レクサスからLC500、の2台がノミネート。ハイブリッドスーパーカーのNSXと、ブランドの新たなフラッグシップクーペのLC500が選ばれています。

海外メーカーでは、メルセデスベンツから新型Eクラスと、メルセデスAMGロードスター。キャデラックがCT6とXT5の各2車種をノミネートしているのが目を引きます。

関連ニュース

WCOTYラグジュアリー&パフォーマンス、第1次14台…NSX と レクサスLC 選出 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/10/17/283690.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月末、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017」の第1次選考14車種を発表した。

ワールドパフォーマンスカー2017 第二次選考 5車種発表

2017ワールドパフォーマンスカーの第二次選考の5車種は、以下の通りになりました。

アストンマーティンDB11

アウディR8スパイダー

ホンダ(アキュラ)NSX

マクラーレン570S

ポルシェ・ボクスター/ケイマン

日本メーカー勢は、ホンダ(アキュラ)新型NSXが唯一、第二次選考に駒を進めることになりました。ハイブリッドスーパーカーとして復活を遂げたNSXが、欧州の4車種とワールドパフォーマンスカーの座を争うこととなります。

関連ニュース

世界パフォーマンスカー賞の第二次選考…NSX が5台に残る | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/02/02/289980.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月1日、「2017ワールドパフォーマンスカー」の第二次選考5車種を発表した。

ワールドパフォーマンスカー 最終3台。NSX は残らず…

ワールドカーオブザイヤー主催団体は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、「2017ワールドパフォーマンスカー」の最終選考3台を発表しました。

2017ワールドパフォーマンスカーの最終選考3台は、以下の通りとなります。

アウディR8スパイダー
マクラーレン570S
ポルシェ・ボクスター/ケイマン

3台はドイツと英国のスポーツカー。第二次選考に唯一、日本メーカー車として残っていた新型ホンダ(アキュラ)NSXは、残念ながら最終選考に進めませんでした。

ワールドラグジュアリーカー 最終3台。日本車は無し…

ワールドラグジュアリーカー2017の最終選考3台も発表されました。最もラグジュアリーな1台を選出するこの部門賞。

残念ながら日本車のノミネートは無し。第二次選考に残っていたヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの最上級サルーン「G90」も、最終選考に進めませんでした。

メルセデスベンツEクラスセダン

ワールドラグジュアリーカー2017の最終選考3車種は、以下の通りです。

BMW 5シリーズ
メルセデスベンツEクラス
ボルボS90/V90

BMW 5シリーズ

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


ファン必見!【ノスタルジック2デイズ2018】出展された主な旧車 まとめ

ファン必見!【ノスタルジック2デイズ2018】出展された主な旧車 まとめ

クラシックカーが一同に集まる、ノスタルジック2デイズとは、日本最大級とも呼べるクラシックカーモーターショーです。2月17日~18日の2日間パシフィコ横浜にて開催されました。行かれた方も、残念ながら行けなかった方も、本記事で懐かしの名車を振り返ってみませんか。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。