目次へ戻る

【ついに決定】ワールドカーオブザイヤー2017 2年連続日本車のVは!?

【ついに決定】ワールドカーオブザイヤー2017 2年連続日本車のVは!?

2016年9月に開催されたパリモーターショーでワールドカーオブザイヤー2017のノミネート車両が発表されました。2016年のWCOTYはマツダのロードスターが見事受賞となりました。2年連続日本車が受賞となれば非常に素晴らしいことですね。この記事では1次選考から順にWCOTYの情報を掲載し順次更新していきます。


ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)とは?

2016年のワールドカーオブザイヤーはマツダのロードスターが受賞!

WCOTY、ワールドカーオブザイヤーは2005年に開始しされ、今回は2015年の秋から2016年秋にかけてデビュー、若しくはマイナーチェンジを受けた新型車の中から、最高の1台を選出するという概要になります。

世界2大陸以上で販売していることも条件となっているため、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは、対象から外され選考されます。

投票に関しては世界20か国以上、70名程のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなどの6項目を基準にして実施され、2017年4月開催のニューヨークモーターショー2017で、イヤーカーが決定します。

また、ワールドカーオブザイヤーの選出以外にも部門賞があります。各部門賞と概要は下記になります。

最高の動力性能を持つ1台を選出する「ワールド パフォーマンス カー」
最も環境性能に優れた1台を決定する「ワールド グリーン カー」
最もデザイン性に優れた1台を決める「ワールド カー デザイン オブ ザ イヤー」
最高の高級車を選出する「ワールド ラグジュアリー カー」※2014年に新設

2016年のワールドカーオブザイヤーでは、日本の国産車が多く受賞しており、ワールドカーオブザイヤー受賞のロードスターは、「ワールド カー デザイン オブ ザ イヤー」も受賞し、2冠を達成。

トヨタ MIRAI(米国仕様)

「ワールド グリーン カー」にはトヨタのミライが選出されました。

そして、2016ワールドグリーンカーは、トヨタの新型燃料電池車、MIRAIが獲得。同じく、トヨタの新型『プリウス』と、GMのプラグインハイブリッド車(PHV)、新型シボレー『ボルト』を抑えての受賞となった。

受賞に際して、米国トヨタ販売のビル・ファイ副社長は、「およそ20年前、プリウスが世界を変えたように、燃料電池車のMIRAIが、歴史を作ろうとしている」とコメントした。

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)2017 ノミネート車両一覧

2017ワールドカーオブザイヤーのノミネート車両はパリモーターショー2016にて発表されました。第1次ノミネート車は23台で以下のとおりになります。

アウディA5/S5クーペ
アウディQ2
アウディQ5
ビュイック・ラクロス
ビュイック・エンビジョン
シボレー・クルーズ
クライスラー・パシフィカ
フィアット/アバルト124スパイダー
ホンダ・シビック
ヒュンダイ・エラントラ
ヒュンダイ・ジェネシスG80
インフィニティQ60(次期日産スカイラインクーペ)
ジャガー F-PACE
キア・カデンツァ
キア・リオ
キア・スポーテージ
マツダCX-9
セアト・アテカ
シュコダ・コディアック
サンヨン・チボリエア/XLV
スバル・インプレッサ
トヨタC-HR
フォルクスワーゲン・ティグアン

日本車からは、トヨタ「C-HR」、ホンダ「シビック」、マツダは新型「CX-9」、スバルは新型「インプレッサ」、日産高級車ブランドのインフィニティから「Q60」(次期日産「スカイラインクーペ」)の5車種がノミネートしております。

トヨタ C-HR

ホンダ シビック

マツダ 新型CX-9

スバル インプレッサ(プロトタイプ)

新型インフィニティQ60

関連ニュース

WCOTY ワールドカーオブザイヤー、ノミネート23台…日本車は5車種 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/10/03/282866.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「2017ワールドカーオブザイヤー」の第1次ノミネート車23台を発表した。

ワールドカーオブザイヤー2017 第二次選考10台が決定!

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体から2月1日に、第二次選考の10台が発表されました。車両一覧は下記になります。

アウディA5/S5クーペ
アウディQ2
アウディQ5
フィアット/アバルト124スパイダー
ホンダ・シビック
ジャガー F-PACE
マツダCX-9
シュコダ・コディアック
トヨタC-HR
フォルクスワーゲン・ティグアン

日本メーカーの車は、トヨタのC-HR、ホンダの新型シビック、マツダの新型CX-9の3車種が、第二次選考に駒を進めることができました。

残念ながらスバルの新型インプレッサ、日産インフィニティのQ60は、第二次選考に進めませんでした。

アウディ Q5

また、ドイツプレミアム勢では、アウディのA5クーペ/S5クーペ、Q2、新型Q5の3車種が、一次選考から、そのまま第二次選考に。フォルクスワーゲンの新型ティグアンも、第二次選考に進んでいます。

関連ニュース

世界カーオブザイヤーの第二次選考…C-HR、シビック、CX-9 が10台に残る | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/02/02/289901.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月1日、「2017ワールドカーオブザイヤー」の第二次選考10台を発表した。

ワールドカーオブザイヤー2017 最終3台が決定!

ワールドカーオブザイヤー主催団体は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、「2017ワールドカーオブザイヤー」の最終選考3台を発表しました。

2017ワールドカーオブザイヤーの最終選考3台は以下の通りとなります。

アウディQ5
ジャガー F-PACE
フォルクスワーゲン・ティグアン

今回のワールドカーオブザイヤーは、最終的にSUVの争いとなります。また日本車では、第二次選考10台に残っていたトヨタのC-HR、ホンダの新型シビック、マツダの新型CX-9の3車種が、いずれも脱落してしまう結果に。

アウディQ5

フォルクスワーゲン 新型ティグアン

ジャガーF-PACE

【4/13更新】ワールドカーオブザイヤー ジャガー F-PACE に栄冠!

4月12日、アメリカで開催しているニューヨークモーターショー2017にて、ついにワールドカーオブザイヤー2017が決定しました。

ジャガー F-PACE

ワールドカーオブザイヤー2017は、ジャガーの新型SUV、F-PACEに決定しました。アウディ「Q5」と、VW「ティグアン」のSUV対決を制し、見事受賞となりました。

受賞を受けて、ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは、「F-PACEは、優れたダイナミクスや日常的な使い勝手、たくましいデザインを備えたパフォーマンスSUVとして開発された」と述べている。

ちなみに、ジャガーF-PACEは、女性のみが選考に参加できる唯一の自動車賞「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」も受賞しています。

関連ニュース

審査員は女性のみのカーオブザイヤー…ジャガーのSUV、F-PACEが受賞 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/11/30/286176.html

英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは11月下旬、新型SUVの『F-PACE』が「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞した、と発表した。

ワールドカーオブザイヤー、ジャガー F-PACE に栄冠 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/04/12/293438.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月12日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2017において、「2017ワールドカーオブザイヤー」をジャガー『F-PACE』に授与すると発表した。

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017

ここからは部門賞の情報とノミネート車両をそれぞれ掲載していきます。

ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカーは、ワールドカーオブザイヤーの部門賞のひとつで、今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も高級で動力性能に優れるモデルを選出する部門賞です。

条件は、2017年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していることとなっています。

第1次選考14車種は、以下の通りです。

ホンダ(アキュラ)新型NSX

アウディR8スパイダー
BMW 5シリーズ
ベントレー・ベンテイガ
キャデラックCT6
キャデラックXT5
ホンダ(アキュラ)NSX
ヒュンダイ・ジェネシスG90
レクサスLC500
リンカーン・コンチネンタル
メルセデスベンツEクラス
メルセデスAMGロードスター
ポルシェ・ボクスター/ケイマン
レンジローバー・イヴォークコンバーチブル
ボルボS90/V90

レクサス LC500

日本メーカー車は、ホンダ(アキュラ)新型NSX、レクサスからLC500、の2台がノミネート。ハイブリッドスーパーカーのNSXと、ブランドの新たなフラッグシップクーペのLC500が選ばれています。

海外メーカーでは、メルセデスベンツから新型Eクラスと、メルセデスAMGロードスター。キャデラックがCT6とXT5の各2車種をノミネートしているのが目を引きます。

関連ニュース

WCOTYラグジュアリー&パフォーマンス、第1次14台…NSX と レクサスLC 選出 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/10/17/283690.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月末、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「ワールドラグジュアリー&パフォーマンスカー2017」の第1次選考14車種を発表した。

ワールドパフォーマンスカー2017 第二次選考 5車種発表

2017ワールドパフォーマンスカーの第二次選考の5車種は、以下の通りになりました。

アストンマーティンDB11

アウディR8スパイダー

ホンダ(アキュラ)NSX

マクラーレン570S

ポルシェ・ボクスター/ケイマン

日本メーカー勢は、ホンダ(アキュラ)新型NSXが唯一、第二次選考に駒を進めることになりました。ハイブリッドスーパーカーとして復活を遂げたNSXが、欧州の4車種とワールドパフォーマンスカーの座を争うこととなります。

関連ニュース

世界パフォーマンスカー賞の第二次選考…NSX が5台に残る | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/02/02/289980.html

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月1日、「2017ワールドパフォーマンスカー」の第二次選考5車種を発表した。

ワールドパフォーマンスカー 最終3台。NSX は残らず…

ワールドカーオブザイヤー主催団体は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、「2017ワールドパフォーマンスカー」の最終選考3台を発表しました。

2017ワールドパフォーマンスカーの最終選考3台は、以下の通りとなります。

アウディR8スパイダー
マクラーレン570S
ポルシェ・ボクスター/ケイマン

3台はドイツと英国のスポーツカー。第二次選考に唯一、日本メーカー車として残っていた新型ホンダ(アキュラ)NSXは、残念ながら最終選考に進めませんでした。

ワールドラグジュアリーカー 最終3台。日本車は無し…

ワールドラグジュアリーカー2017の最終選考3台も発表されました。最もラグジュアリーな1台を選出するこの部門賞。

残念ながら日本車のノミネートは無し。第二次選考に残っていたヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの最上級サルーン「G90」も、最終選考に進めませんでした。

メルセデスベンツEクラスセダン

ワールドラグジュアリーカー2017の最終選考3車種は、以下の通りです。

BMW 5シリーズ
メルセデスベンツEクラス
ボルボS90/V90

BMW 5シリーズ

関連する投稿


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


マツダ6(日本名:アテンザ)改良新型 欧州で7月下旬より発売!

マツダ6(日本名:アテンザ)改良新型 欧州で7月下旬より発売!

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパによれば、改良新型『6』(Mazda 6、日本名:『アテンザ』に相当)を、7月下旬に欧州で発売するとのことです。同車には、最新の先進運転支援システム(ADAS)が搭載されます。いったいどんな車になったのか、最新情報をお届けいたします。


元マツダ営業マンによる独自編集|マツダコンパクトハッチの歴史

元マツダ営業マンによる独自編集|マツダコンパクトハッチの歴史

マツダは、8月3日から幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2018」において、「マツダ・コンパクトハッチバック・ストーリー」という、マツダのコンパクトカーの歴史を紹介します。そこで、ここでの出展車とは別に、元マツダ営業マンによるマツダコンパクトハッチの歴史を紹介します。


マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

最近何かと人気のマツダ『RX-7』。この名車・RX-7誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場します。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付けます。


最新の投稿


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!


大型免許の合宿・一発試験の費用や条件は?必要書類も紹介

大型免許の合宿・一発試験の費用や条件は?必要書類も紹介

インターネット通販の出荷量増加などにより、人材不足になっている中型・大型免許のドライバー。取得すれば、お給料アップや転職に役立つ大型免許の取得方法や費用、条件などをご紹介します。