目次へ戻る

トヨタのSUV C-HR 実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

トヨタのSUV C-HR 実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

トヨタのコンパクトクロスオーバーSUV、C-HR(シーエイチアール)。2016年12月より発売され、その斬新なデザインと存在感で高い人気を誇るSUVです。そんなC-HRを購入検討しているという方も多いのでは?本記事では改めてC-HRの口コミや評価、価格、中古価格など、買おうかどうか迷っている今こそ知りたい!と思うC-HRの情報をまとめています。


トヨタのSUV C-HR 実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

トヨタのC-HR

トヨタのC-HR

トヨタのコンパクトクロスオーバーSUV、C-HR(シーエイチアール)。2016年12月より発売され、その斬新なデザインと存在感で高い人気を誇るSUVです。そんなC-HRを購入検討しているという方も多いのでは?本記事では改めてC-HRの口コミや評価、価格、中古価格など、買おうかどうか迷っている今こそ知りたい!と思うC-HRの情報をまとめています。

トヨタのコンパクトクロスオーバーSUV C-HR(シーエイチアール)って?

好き嫌いがはっきり分かれる?C-HRの独創的デザイン

好き嫌いがはっきり分かれる?C-HRの独創的デザイン

トヨタのC-HRとは、トヨタの次世代世界戦略車として、世界100か国で展開されるコンパクトクロスオーバーSUVです。トヨタの全てのトヨタ系ディーラー(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)で販売されている初のSUVでもあります。

ニュルブルクリンクを始めとする世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、同価格帯のSUVとしては珍しく、運動性能にこだわって開発されました。

独特の外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発されました。

特に「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比などを見ると、その存在感に圧倒されますね。

トヨタのSUV C-HR 実際に乗ってみたら…?口コミ・評価まとめ

モータージャーナリストの評価

前衛的なデザイン C-HR

前衛的なデザイン C-HR

デザイン重視…だけじゃない

デザイン重視で作られた『C-HR』。しかも、ハイブリッドシステムの重量で重心が低く、安定感のある乗り心地で(それに比べて1.2リットルターボは4WDだけど軽快な走り)、ハンドルへの反応がものすごく素直でスムーズで、17インチタイヤでもコツコツ感がなくてしなやかで、しかも運転席まわりのスイッチも使いやすいこのグレードを、そのまま褒めちぎって終わるのも悔しい。

バックが難しい

運転席からの前方視界にはきちんとこだわり、窓枠(Aピラー)を細くしたはいいけれど、左ナナメ後ろが見えにくい。駐車するべく首をぐるりとひねると、太いピラーと後ろのドアで外の景色が断絶されるのだ。後ろドアは、ドアハンドル部分の面積が大きいのである。バックビューモニターの画角が広く、バックするときに必要な情報は、そこからある程度、得ることはできるけれど、心理的に「見えない」感はぬぐえない。

レインボーブリッジの前でたたずむC-HR

トヨタのC-HR

デザインの好き嫌いは分かれる?

そしてこのデザイン。正直そうとうに気合の入ったデザインで、もしかすると好き嫌いがはっきりするかもしれないが、それでもこれだけ大胆なデザインが採用されたのは、大いに評価したい。レクサスならこれで全然違和感はないが、トヨタブランドでこれは拍手もんである。とりわけリアクォーターと後部ドアハンドルの処理はお見事だ。もっとも子供が開けられないほど高い位置にあるのは、いかがかとは思うが…。

今回試乗したのはハイブリッドモデルの最高峰「G」グレードで、18インチタイヤを装着していた。シートはダイヤモンドステッチの入ったファブリック仕上げだが、そのフィット感はかなり良い。短時間の試乗ではあったがフィーリングはすこぶる良く、長距離でも疲れが出にくそうな面圧分布を持っていた。

ユーザーの評価・口コミ

トヨタ C-HR G-T

トヨタ C-HR G-T

先週末(1/28)、待望のC-HRが納車されました。
燃費は街乗り+高速道路、走行距離200Kmで燃費計は20Km/Lとなかなか優秀な結果でした!

トヨタ C-HR G-T

トヨタ C-HR G-T

上記車種のGツーリングレザーパッケージから乗り換えました。1300km(一般道の郊外が主)ほど走った感想と燃費を投稿します。一番感じたことは、20型より遥かに強力なモーターのトルクと電池容量の増大です。発進時に20型ならもうエンジンがかかるような速度でも何もなかったようにモーターだけで加速して行きます。80km/h位まで平気(電池が極端に減っていない限り)です。それとEVモードで走れる距離が格段に増えた気がします。まあこれらはC-HRだからではなくプリウス系のHVユニットの進化の賜物でしょう。足回りもしっかりしていて18inchのタイヤで荒れた路面でもバタつかず「しっとり」感の走りを実現しています。当然ながら静粛性にも優れています。ただし、アクセルを踏み込んだ時(それなりの加速の為にエンジンがかかる程度)のエンジン音にがっかりします!トヨタの4気筒はうるさいですね本当に!スムーズさがありません。内装はGグレードでとっても高品質な空間を演出しています。個人的にプリウスの何とも言えない奇をてらったチープな内装とは全く違います!燃費は、20型をはるかに凌駕します!二回のお休みでそれぞれ100㎞~300㎞程度のドライブに出かけ25.2km/L(120.8km走行時)、27.4km/L(299.3km走行時)と驚異的な燃費です。もちろん普通に走っての数字です。けち臭い運転はしておりません。但しモニター表示の数字ですので満タン法で計測するともう少し落ちるでしょうが、立派な数字だと思います。同じコース(紀伊半島の山間部経由で新宮市や熊野市方面へ)を20型で走った時は22~3km/L位でしたので。本当に素敵な車です!ただし、パワーシートとサンルーフはオプションでも欲しいです!!!以上です!

トヨタのSUV C-HR 新車価格&中古車価格

トヨタのC-HR 新車価格は

トヨタ C-HR G-Tのメーター

トヨタ C-HR G-T

G“Mode-Nero” 2,979,200円
G-T“Mode-Nero” 2,655,200円~
G“Mode-Bruno” 2,979,200円
G-T“Mode-Bruno” 2,655,200円~
G 2,929,200円
G-T  2,605,200円~
S“LED Package” 2,670,000円
S-T“LED Package”  2,346,000円~
S 2,614,000円
S-T 2,290,000円~

C-HRの新車価格は上記の通りになっています。

これを見ると新車価格は約229万円~300万円程度だということがわかりますね。
エントリーモデルはS-Tです。

トヨタのC-HR 中古車価格は

中古車情報サイト、カーセンサーによれば、C-HRの中古車価格は以下のようです。

平均価格:240.7万円
価格帯:149万円~388 万円
※中古車情報サイトカーセンサー調べ(2019年6月現在)
これを見る限り、物によっては新車よりも安く購入することができそうです。
価格面で悩んでいるという方は、中古で購入するのもおすすめです。

最後に C-HRの購入を悩んでいる方へ

C-HRの購入検討していたらすでに何年もたってしまっていた…。というあなた!
最近SUVに興味がわいている、というあなたに!
ボーナスで車を購入しようか、と考えているあなたにも!

そんな方向けに本記事ではトヨタのコンパクトクロスオーバーSUV、C-HR(シーエイチアール)について改めて価格面、試乗記、中古車価格、口コミなどについてまとめました。

C-HRは独創的なデザインが話題になりますが、トヨタの次世代世界戦略車として申し分ないスペックや走行性能を備えた都会派SUVだといえます。

C-HRがちょっぴり気になっている、という方はぜひ一度、トヨタの販売店などに足を運んでみてくださいね。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 C-HR SUV

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

国内でもじわじわと人気を博していきているシトロエンC3をご紹介していきます。全世界で350万台以上も販売されているベストセラーの魅力を解説しますので、これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。