目次へ戻る

あえて今問いたい!SUVは本当に売れているのか?

あえて今問いたい!SUVは本当に売れているのか?

SUVブームと言われて久しいのですが、本当にそうなのでしょうか?魅力的な新型が続々と登場している割には、街中で見る限りそれほど増えていると筆者は感じませんでした。そこで5月度の新車販売ランキングからSUVだけを抜き出してみました。結果は果たして…。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2019年5月度SUVクラス新車販売台数ランキング

トヨタ RAV4

2019年前半で最も話題を集めた一台が4月に発売された新型 RAV4でした。そして早くも5月のランキングでは6,817台を記録して登録乗用車の7位にランクイン。一躍国産SUVのトップに躍り出る結果となりました。そしてホンダのヴェゼルと軽自動車のスズキハスラー、トヨタのC-HRが続きます。さらに、少し離されてトヨタハリアーと日産エクストレイルという老舗ブランドが続き、評価の高いスバルのフォレスターも僅差で迫っています。

軽自動車で唯一の存在であるジムニーはこのフォレスターとマツダの CX-5の間にランクされます。そしてスズキのクロスビー、トヨタのランドクルーザープラドまでが先代を超える登録台数となり、それ以後の車種は3桁の台数になります。

2019年5月度SUV順位と度登録台数

1位 トヨタ RAV4 6,817台
2位 ホンダ ヴェゼル 4,818台
3位 スズキ ハスラー 4,367台
4位 トヨタ C-HR 4,208台
5位 トヨタ ハリアー 2,929台
6位 日産 エクストレイル 2,713台
7位 スバル フォレスター 2,527台
8位 スズキ ジムニー 2,373台
9位 マツダ CX-5 2,199台
10位 スズキ クロスビー 1,978台

ブームというほど売れてはいない?

トヨタC-HR

新型 RAV4が早くも登録乗用車全体のベスト10入りをはたしましたが、これはC-HRのデビュー当時と同じ現象。C-HRはその後アクアやプリウスに匹敵するほどの人気を集め、単月では首位になるなどSUVブームと言われる要因にもなります。しかし、SUVというよりもスポーツクーペという方が合っているC-HRにそれほど多くの需要があるわけでなく、スタイリングに不満の多かった現行プリウスの不人気の裏返しという人気の結果であり、本家のプリウスとともに販売が急激に下降。登録乗用車全体で見れば16位という現状となっています。

新型 RAV4はC-HRの二の舞に?

マツダCX-5

新型 RAV4はどうかというと、クロスオーバーSUVの元祖らしく、しっかりとした走行性能と広い室内スペースを合わせた王道のモデル。しかし、C-HRのように一過性のヒットとなる可能性もあります。それはハリアーをも凌ぐ幅広ボディと高価格帯。価格訴求グレードの「X」こそ260万円台ですが、そのほかは全て300万円台でハイブリッド車では380万円にも達します。専門家からの評価の高いマツダのCX-5であっても大ヒットし損ねているのがこの辺りが要因であり、その代わり数々の新機構と高品質で現在の地位を保っているのです。

変わらぬヴェゼルの人気

ホンダヴェゼル

唯一変わらぬ健闘を見せるのがホンダのヴェゼル。一時期のSUV№1の称号をC-HRに奪われた後も変わらぬ支持を取り続け、常にベスト10に顔を出し、気が付けばC-HRを上回っているのです。このヴェゼルの人気はクロスオーバーSUVとしてのコンセプトである乗用車の機能性と利便性を失わない「そこそこのSUV」であることと、コンパクトSUVの大前提である価格の安さを保っていることです。大方のユーザーにとって過度のSUV性能は必要なく、ちょっと地上高の高いSUVの雰囲気だけで良く、ヴェゼルプラス100~150万円も支払う必要はないのです。

ジムニーの特殊性とハスラー

スズキジムニー

軽自動車唯一の本格SUVであるジムニーは、SUVというよりクロカン(クロスカントリー)というべき車種であり、高価なクロカンに匹敵する悪路走行性能を安価な軽自動車で表現した稀に見る異質なモデルであり、現在は生産が追い付かないほどの人気がありますが、これも一過性のものと思われます。このようなクロカン車が街中を席捲する風景は想像つかず、先代モデルを見れば需要が一巡したあとは月販数百台程度に落ち着くはず。メーカーもそのことは承知しているので、いたずらに生産ラインを増強しないために生産が追い付かないだけなのです。

スズキハスラー タフワイルド

そして、軽自動車ではハスラーを無視できません。RAV4とヴェゼルに次ぐ堂々の3位にランクしたハリアーはデビュー当時2万台近い販売台数を誇ったクロスオーバーSUVです。このハスラーをスVとしてっ見ないことも多いのは、同クラスにハスラーに匹敵するライバルが存在せず、SUVというより「ハスラー」というできジャンルとなってしまったため。内容としては完璧なクロスオーバーSUVであり、ジムニー目当てで訪れたユーザーも、現実的選択としてハスラーを選ぶことが多いはずです。この小さなSUVの未来は、どのSUVより大きいと思われます。

SUVベスト10圏外

レクサス UX250

11位 トヨタ ランドクルーザープラド 1,921台
12位 マツダ CX-8 1,341台
13位 ホンダ CR-V 1,035台
14位 レクサス UX250H 871台
15位 マツダ CX-3 785
16位 スズキ ジムニーシエラ639台

SUVランキングの11位以降はいわゆる「月販数百台クラブ」。総合の順位で言えば40位~50位かそれ以下となります。 UX250Hはレクサスでは上位のランキングで、これは台ヒットといっても良いでしょう。そして ホンダのCR-Vはやはり輸出モデルそのままでは、国内に需要がないとして撤退した先代モデルとなんら変わらない状況で、かつてRAV4とともに凌ぎを削った面影はありません。

まとめ やっぱりSUVは強かった!?

確かに登録乗用車のベスト50内に16車種もSUVが入っている事実は、もはやミニバンとハッチバックに匹敵する勢力であることは間違いありません。

50位以降にも三菱のエクリプスクロスやアウトランダー、スズキのエスクードやSX4 S-CROSS、そして数多くの輸入SUVも含めればその車種は膨大なものになります。

つまり、もはやSUVは昭和において何度かあった一過性のブームとは異なり、令和の時代には一つのジャンルとしてしっかりと定着したと思って間違いないでしょう。

関連するキーワード


SUV C-HR RAV4

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

日産の「新型キックス」が6月30日に発売されます。本記事では「新型キックス」の最新情報をまとめています。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。