トップへ戻る

あえて今問いたい!SUVは本当に売れているのか?

あえて今問いたい!SUVは本当に売れているのか?

SUVブームと言われて久しいのですが、本当にそうなのでしょうか?魅力的な新型が続々と登場している割には、街中で見る限りそれほど増えていると筆者は感じませんでした。そこで5月度の新車販売ランキングからSUVだけを抜き出してみました。結果は果たして…。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2019年5月度SUVクラス新車販売台数ランキング

トヨタ RAV4

2019年前半で最も話題を集めた一台が4月に発売された新型 RAV4でした。そして早くも5月のランキングでは6,817台を記録して登録乗用車の7位にランクイン。一躍国産SUVのトップに躍り出る結果となりました。そしてホンダのヴェゼルと軽自動車のスズキハスラー、トヨタのC-HRが続きます。さらに、少し離されてトヨタハリアーと日産エクストレイルという老舗ブランドが続き、評価の高いスバルのフォレスターも僅差で迫っています。

軽自動車で唯一の存在であるジムニーはこのフォレスターとマツダの CX-5の間にランクされます。そしてスズキのクロスビー、トヨタのランドクルーザープラドまでが先代を超える登録台数となり、それ以後の車種は3桁の台数になります。

2019年5月度SUV順位と度登録台数

1位 トヨタ RAV4 6,817台
2位 ホンダ ヴェゼル 4,818台
3位 スズキ ハスラー 4,367台
4位 トヨタ C-HR 4,208台
5位 トヨタ ハリアー 2,929台
6位 日産 エクストレイル 2,713台
7位 スバル フォレスター 2,527台
8位 スズキ ジムニー 2,373台
9位 マツダ CX-5 2,199台
10位 スズキ クロスビー 1,978台

ブームというほど売れてはいない?

トヨタC-HR

新型 RAV4が早くも登録乗用車全体のベスト10入りをはたしましたが、これはC-HRのデビュー当時と同じ現象。C-HRはその後アクアやプリウスに匹敵するほどの人気を集め、単月では首位になるなどSUVブームと言われる要因にもなります。しかし、SUVというよりもスポーツクーペという方が合っているC-HRにそれほど多くの需要があるわけでなく、スタイリングに不満の多かった現行プリウスの不人気の裏返しという人気の結果であり、本家のプリウスとともに販売が急激に下降。登録乗用車全体で見れば16位という現状となっています。

新型 RAV4はC-HRの二の舞に?

マツダCX-5

新型 RAV4はどうかというと、クロスオーバーSUVの元祖らしく、しっかりとした走行性能と広い室内スペースを合わせた王道のモデル。しかし、C-HRのように一過性のヒットとなる可能性もあります。それはハリアーをも凌ぐ幅広ボディと高価格帯。価格訴求グレードの「X」こそ260万円台ですが、そのほかは全て300万円台でハイブリッド車では380万円にも達します。専門家からの評価の高いマツダのCX-5であっても大ヒットし損ねているのがこの辺りが要因であり、その代わり数々の新機構と高品質で現在の地位を保っているのです。

変わらぬヴェゼルの人気

ホンダヴェゼル

唯一変わらぬ健闘を見せるのがホンダのヴェゼル。一時期のSUV№1の称号をC-HRに奪われた後も変わらぬ支持を取り続け、常にベスト10に顔を出し、気が付けばC-HRを上回っているのです。このヴェゼルの人気はクロスオーバーSUVとしてのコンセプトである乗用車の機能性と利便性を失わない「そこそこのSUV」であることと、コンパクトSUVの大前提である価格の安さを保っていることです。大方のユーザーにとって過度のSUV性能は必要なく、ちょっと地上高の高いSUVの雰囲気だけで良く、ヴェゼルプラス100~150万円も支払う必要はないのです。

ジムニーの特殊性とハスラー

スズキジムニー

軽自動車唯一の本格SUVであるジムニーは、SUVというよりクロカン(クロスカントリー)というべき車種であり、高価なクロカンに匹敵する悪路走行性能を安価な軽自動車で表現した稀に見る異質なモデルであり、現在は生産が追い付かないほどの人気がありますが、これも一過性のものと思われます。このようなクロカン車が街中を席捲する風景は想像つかず、先代モデルを見れば需要が一巡したあとは月販数百台程度に落ち着くはず。メーカーもそのことは承知しているので、いたずらに生産ラインを増強しないために生産が追い付かないだけなのです。

スズキハスラー タフワイルド

そして、軽自動車ではハスラーを無視できません。RAV4とヴェゼルに次ぐ堂々の3位にランクしたハリアーはデビュー当時2万台近い販売台数を誇ったクロスオーバーSUVです。このハスラーをスVとしてっ見ないことも多いのは、同クラスにハスラーに匹敵するライバルが存在せず、SUVというより「ハスラー」というできジャンルとなってしまったため。内容としては完璧なクロスオーバーSUVであり、ジムニー目当てで訪れたユーザーも、現実的選択としてハスラーを選ぶことが多いはずです。この小さなSUVの未来は、どのSUVより大きいと思われます。

SUVベスト10圏外

レクサス UX250

11位 トヨタ ランドクルーザープラド 1,921台
12位 マツダ CX-8 1,341台
13位 ホンダ CR-V 1,035台
14位 レクサス UX250H 871台
15位 マツダ CX-3 785
16位 スズキ ジムニーシエラ639台

SUVランキングの11位以降はいわゆる「月販数百台クラブ」。総合の順位で言えば40位~50位かそれ以下となります。 UX250Hはレクサスでは上位のランキングで、これは台ヒットといっても良いでしょう。そして ホンダのCR-Vはやはり輸出モデルそのままでは、国内に需要がないとして撤退した先代モデルとなんら変わらない状況で、かつてRAV4とともに凌ぎを削った面影はありません。

まとめ やっぱりSUVは強かった!?

確かに登録乗用車のベスト50内に16車種もSUVが入っている事実は、もはやミニバンとハッチバックに匹敵する勢力であることは間違いありません。

50位以降にも三菱のエクリプスクロスやアウトランダー、スズキのエスクードやSX4 S-CROSS、そして数多くの輸入SUVも含めればその車種は膨大なものになります。

つまり、もはやSUVは昭和において何度かあった一過性のブームとは異なり、令和の時代には一つのジャンルとしてしっかりと定着したと思って間違いないでしょう。

関連するキーワード


SUV C-HR RAV4

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


人気うなぎのぼりのトヨタ RAV4、売れる理由は?おすすめグレードも紹介

人気うなぎのぼりのトヨタ RAV4、売れる理由は?おすすめグレードも紹介

コンパクトだった初代から比べるとかなり大きく成長してしまったRAV4。しかし、そのアメリカンなサイズをものともせず国内SUV市場では大ヒット車種となっており、さらにその人気が衰える様子もありません。一体RAV4のどこがそんなにたくさんのオーナーの心をくすぐったのか? 詳しく魅力を解剖していくとともに、たくさんあるRAV4の中からおすすめのグレードも紹介していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。