トップへ戻る

【最新版】トヨタの本気!ヤリス クロスはライバルとここが違う!

【最新版】トヨタの本気!ヤリス クロスはライバルとここが違う!

トヨタが発売した、新型コンパクトSUVのヤリス クロスは、同時にグレード体系やスペック、価格も明らかにされたことでその実力が判明し、購入を検討するユーザーにとっても他車との比較ができるようになりました。そこで、ヤリス クロスとライバルとの比較をしてみました。この記事を読めば、ヤリス クロスとコンパクトSUVのの全てがわかりますよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ヤリス クロスとライバル比較

トヨタ ヤリスクロス(プロトタイプ)

ヤリス クロスは、2020年2月に発売されたヤリスシリーズならではの軽快な走りや、先進の安全・安心技術、そして低燃費性能を受け継ぎつつ、利便性だけではないコンパクトSUVの魅力を追求することを目指して開発をされました。

そのライバルとなるコンパクトSUVは、日産 キックス、ホンダ ヴェゼル、マツダ CX-3、そして9月4日にマイナーチェンジされたスバル XVという多種多様な人気モデルばかりです。ヤリス クロスを検討する人にとって比較するのも大変です。

そこで価格や走行性能そして燃費などを、ヤリス クロスとライバルとなるコンパクトSUVで各項目ごとに比較してみました。

ヤリス クロスとライバルの価格比較

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(2WD)

大きなSUVではなく、コンパクトSUVの購入を検討する人にとって、最も気になるのが価格です。まずは、それらライバルとヤリス クロスの価格を比較してみましょう。

ヤリス クロスとライバルの価格比較表

日産 キックス

車種名

エンジン車両本体価格(消費税込み)
トヨタ ヤリスクロス
1.5Lガソリン車
1,798,000~2,441,000円

ハイブリッド車
2,284,000~2,815,000円
日産 キックス
e-POWER
2,759,900~2,869,900円
ホンダ ヴェゼル
1.5Lガソリン車
2,113,426~3,528,800円

ハイブリッド車
2,505,555~3,617,900円
マツダ CX-3
1.5Lガソリン車
1,892,000~2,883,200円

2.0Lガソリン車
2,486,000~3,140,800円

1.8Lディーゼル車2,492,600~3,415,800円
スバル XV
1.6ガソリン車
2,200,000~2,332,000円

2.0ガソリン車
2,651,000~2,926,000円

※上記価格は2020年9月現在の各メーカー公式サイトによるものです。

トヨタ ヤリスクロス公式サイト

日産 キックス公式サイト

ホンダヴェゼル公式サイト

マツダ CX3公式サイト

スバルXV公式サイト

ヤリス クロスの価格

トヨタ ヤリスクロス (プロトタイプ)

トヨタ ヤリスクロス (プロトタイプ)

ヤリス クロスの魅力のひとつにSUVとしては安い価格設定があります。直接のライバルとなるホンダのヴェゼルに対して1.5L車もハイブリッド車も割安感のある価格となっています。

ライバルの価格

スバル XV

日産のキックスは割高なイメージがありますが、プロパイロットなどフル装備のグレード体系のためで、ヤリス クロスの上級グレードと同等と言って良いでしょう。

ただし、2WDのみの設定であることを考えると、ヤリス クロスと比べるとやはり少し高めであるのは確かです。

逆にスバルのXVは、エントリー価格は高めですが、全車4WDであることで2.0L車を含めてお買い得感があります。

マツダのCX-3は割高なイメージがありますが、実は新設定の1.5L車は格安設定であり、1.8Lディーゼル車もヤリス クロスのハイブリッド車とそん色ない価格のグレードもあります。

ヤリス クロスとライバルの燃費比較

トヨタ ヤリスクロス(プロトタイプ)

それぞれパワーユニットが異なることから比較は難しいのですが、安さということを考えると、ヤリス クロスに軍配が上がりそうです。

ヤリス クロスとライバルの燃費比較表

ホンダ ヴェゼル モデューロX

車種名

エンジンWLTCモード燃費JC08モード燃費
トヨタ ヤリスクロス
1.5Lガソリン車
17.4~20.2km/L

ハイブリッド車
26.0〜30.8km/L29.0〜31.3km/L
日産 キックス
e-POWER
21.6km/L30.0km/L
ホンダ ヴェゼル
1.5Lガソリン車
16.4~18.6km/L


ハイブリッド車
18.4~21.0km/L
21.6~27.0km/L
マツダ CX-3
1.5Lガソリン車
15.7~17.0km/L

2.0Lガソリン車
15.2~16.0km/L

1.8Lディーゼル車19.0~23.2km/L
スバル XV
1.6Lガソリン車

13.3km/L

15.4~15.8km/L

2.0Le-BOXER 
15.0km/L19.2km/L

※上記燃費は2020年9月現在の各メーカー公式サイトによるものです。

トヨタ ヤリスクロス公式サイト

日産 キックス公式サイト

ホンダ ヴェゼル公式サイト

マツダ CX3公式サイト

スバルXV公式サイト

ヤリス クロスの燃費

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドG(プロトタイプ)

燃費ではヤリスクロスが圧倒的にリード。ヤリスで定評のあるハイブリッド車だけでなく、1.5Lガソリンエンジン車もライバルを上回っています。

したがってハイブリッド車の燃費は抜きんでていて、SUVであっても燃費を第一に考えている人にはお勧めできます。

ライバルの燃費

マツダ CX-3 15Sツーリング

キックスのe-POWERやヴェゼルのハイブリッド車は、JC08モードではヤリスクロスのハイブリッド車と並びますが、より実燃費に近いWLTCモードになると差が広がってしまいました。

パワーユニットの多いCX-3は、クリーンディーゼル車がヴェゼルハイブリッドやキックスe-POWERを上回り、燃料代の安さを含めればヤリスクロスに十分対抗できる経済性能があると思われます。

スバル XVは、2.0L車にマイルドハイブリッドのe-BOXERのを採用。燃費のためというより、走行性能に振ったシステムですが、1.6Lガソリン車より燃費が向上しています。

ヤリス クロスとライバルの室内スペースの比較

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z

コンパクトSUVは、取り回しが楽で日本国内の道路や駐車場事情にマッチしたボディサイズが人気となっています。

しかし、限られたスペースながらも快適な居住スペースも求められらています。そこで各車ともパッケージングやシートの形状やアレンジ方法を工夫して室内の快適性を高めています。

さらに、アウトドアグッズなどの荷物を沢山積めるために荷室の容量を増やす工夫もされています。

コンパクトSUVの快適性能はどうなっているのか?ヤリス クロスはどうかを比較してみましょう。

ヤリス クロスとライバルの室内スペースの比較表

スバル XV

車種名

室内長×室内幅×室内高
全長×全幅×全高
トヨタ ヤリスクロス
1,845mm×1,430mm×1,205mm
4,180×1,765×1,590
日産 キックス
1,920mm×1,420mm×1,250mm
4,290×1,760×1,610
ホンダ ヴェゼル
1,930mm×1,485mm×1,265mm
4,330×1,770×1,605
マツダ CX-3
1,810mm×1,435mm×1,210mm
4,275×1,765×1,550
スバル XV
2,085mm×1,520mm×1,200mm
4,485×1,800×1,550

※ヴェゼルはRSおよびTOURINGを除く数値です。

※上記燃費は2020年9月現在の各メーカー公式サイトによるものです。

トヨタ ヤリスクロス公式サイト

日産 キックス公式サイト

ホンダ ヴェゼル公式サイト

マツダ CX3公式サイト

スバルXV公式サイト

ヤリス クロスの室内スペース

トヨタ ヤリスクロス HYBRID X

ヤリス クロスは、インストルメントパネル上部にソフトパッドを採用、さらに、温かみのある新素材フェルトをドアトリムに広範囲に採用するなど、上質で心地よい室内空間を実現させています。

ライバルの中で最も小さなボディのヤリス クロスですが、ヤリスよりアイポイントの高い座面によって、十分な広さの室内スペースを確保しています。

コンパクトSUVトップクラスの荷室容量390Lを実現した荷室は、4:2:4分割リヤシート、6:4分割アジャスタブルデッキボードを採用し、デッキボードの下段時には、高さと広さを生かして多彩なデッキアレンジを可能としています。

ライバルの室内スペース

マツダ CX-3 15Sツーリング

もっともサイズの大きいスバルXVは、当然のように室内スペースもトップであり、荷室スペースも十分なサイズを誇っています。また、ヴェゼルはセンタータンクレイアウトによって後席にも余裕がります。

キックスは2WDのみの設定ですが、機能的なパッケージングで使いやすさに優れており、外寸の差分だけヤリス クロスより広め。

ヤリスクロスにつぐコンパクトボディのCX-3は、全高も低く荷室容量には不満がありますが、見た目よりも快適な室内スペースがあります。

ヤリス クロスとライバルの走行性能の比較

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドG E-Four

ガソリンエンジン、クリーンディーゼルエンジン、ハイブリッドと、それぞれ独自のパワーユニットを搭載するコンパクトSUVクラス。

そして、4WDのみ、あるいは2WDのみの設定もあり、SUVといっても画一的ではない状況となっています。

そんな中でも走行性能はコンパクトSUVであっても重要なポイント。通常のコンパクトカーにはない性能がもとめられているのも確かです。

ヤリス クロスとライバルのパワーユニットの比較表

SKYACTIV-D 1.8

車種名

エンジン
トヨタ ヤリスクロス
1.5Lガソリン 1.5L+ハイブリッド
日産 キックス
e-POWER(1.2Lガソリン)
ホンダ ヴェゼル
1.5Lガソリン 1.5Lハイブリッド
マツダ CX-3
1.5Lガソリン 2.0Lガソリン 1.8Lディーゼル
スバル XV
1.6Lガソリン 2.0Lガソリン+マイルドハイブリッド

※上記燃費は2020年9月現在の各メーカー公式サイトによるものです。

トヨタ ヤリスクロス公式サイト

日産 キックス公式サイト

ホンダ ヴェゼル公式サイト

マツダ CX3公式サイト

スバルXV公式サイト

ヤリス クロスの走行性能

トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドのE-four

走行性能では、ガソリン車には路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるマルチテレインセレクトなど、SUVの走りを堪能できる機能を搭載し、ハイブリッド車には、E-Fourを設定しています。

また、直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムは、クラス世界トップレベルとなる低燃費とともに力強くシームレスな走りを実現しています。

ライバルの走行性能

日産 キックス

ライバルの中で注目されるのはやはり、エンジンは発電のみでモーターだけで走行するシステムのキックスのe-POWER。「ノートe-POWER」に対てし出力を約20%アップさせて加速性を向上させています。ただし、4WDの設定がないのがSUVとしては物足りなさを感じます。

もうひとつはCX-3のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」です。マイナーチェンジで排気量を従来の1.5Lから1.8Lにアップさせたことで、ディーゼル本来の高トルクが際立ち、マツダの掲げる「人馬一体」を肌で感じることが出来ます。

ヴェゼルは、基本的にヤリスクロスと同様の1.5Lとハイブリッドの設定。ただし、モデューロXといったスポーツモデルは標準車とは異次元の走行性能を発揮します。

XVは、スバル独自の水平対向エンジンと2.0L車にe-BOXERを採用。アクティブトルクスプリットAWDによる優れた悪路走破性能は、ヤリスクロスを含めたライバルを凌ぎます。

さらに9月4日にマイナーチェンジされ、全グレードでサスペンションを改良し、SUVらしいしなやかさとスポーティさを高い次元で両立。さらにe-BOXER搭載車では変速制御「e-アクティブ シフトコントロール」を新採用するなど、よりスポーティで愉しい走りを実現しています。


まとめ

トヨタ ヤリスクロス HYBRID X(2WD)

各ライバルと価格、燃費、居住性、走行などを比較してきました。スタイリングに関しては好みもあり比較しませんでしたが、結論としては、トヨタ ヤリスクロスはトータルで最もベストなコンパクトSUVといえるでしょう。

最新モデルですから当然と言えば当然で、もしヤリスクロスをすべての面で上回る車種が出るとすれば、ホンダの次期ヴェゼルということになるのかも知れません。

その時に改めてVSヤリスクロス比較をしてみましょう。

関連する投稿


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVは用途に合わせたさまざまな車種が展開されており、ボディサイズやターゲットなども車種によって異なります。トヨタのSUVにはどんな車種があるのか気になっているという方もいるのではないでしょうか。最近登場したばかりのヤリスクロスや今後国内導入が予測されているカローラクロスなど、新たなSUVも続々と登場しています。そこで今回はトヨタのSUVの特徴や、話題の車種について徹底解説します。


【最新5選】新車でおトクな3ナンバーSUVを200万円台で狙え!

【最新5選】新車でおトクな3ナンバーSUVを200万円台で狙え!

SUVの人気に伴って、さまざまなサイズのSUVからお好みのものを選びやすくなっている現代。以前までは3ナンバー車が敬遠される動きもありましたが、やはり余裕のボディサイズでこそ実現できる魅力が大きいこともあってか、国産SUVでも3ナンバー車がラインナップの主流となっています。そんな3ナンバーSUVの中でも、新車でお安い5台をまとめてみましたので、ご紹介します。


最新トヨタ クラウンの実力!セルシオやマジェスタに勝てるのか?!

最新トヨタ クラウンの実力!セルシオやマジェスタに勝てるのか?!

トヨタの高級車として、1955年の登場から日本国内のトヨタ車最上級モデルという誇りある座を長く担ってきたクラウン。セダンとしての歴史の終わりが近いといった報道も最近ありましたが、高級セダンとして60年以上の歴史を持つクラウンの最新作は、トヨタの過去のハイエンド高級車と比べるとどれほど進化しているのでしょうか? 詳しく比較して、現行型クラウンの進化の幅を探りました。


低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

車を運転するとどうしてもかかってしまう経費の一つがガソリン代。しかし、少しでも燃費のいい車に乗り換えれば、毎月しっかり節約でき、年間では驚くほど出費が減っているかもしれませんよ。この記事では、価格やサイズ的に扱いやすさも備えた普通車のコンパクトカーで、低燃費な5台をご紹介していきます。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。