トップへ戻る

【2021年最新】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ車種10選

【2021年最新】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ車種10選

今、コンパクトSUVが熱い!人気のSUVの中でも、扱いやすいサイズとお財布に優しい廉価な価格設定が嬉しいコンパクトSUVは、各社がラインナップする激戦のカテゴリーです。サイズは小さくても装備や性能はピカイチ。豊作のコンパクトSUVの中でも、特におすすめしたい10台を国産車と輸入車から選んでご紹介していきます。きっとあなたにぴったりのコンパクトSUVが見つかるはずです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


百花繚乱の国産SUVと輸入SUV、最新おすすめはどれだ?!

日本だけでなく、今や世界的な広がりをみせているコンパクトSUV市場では、機能性だけではなく個性も重要となっています。個性造りの苦手な国産メーカーも、ことSUVに関しては外車(輸入車)に負けない個性ある新機種を次々に導入しています。

しかし、シトロエンやジープを見るとやはり国産車は没個性と言わざるをえません。その変わり、燃費などのスペックや価格面では勝っており、日本車も捨てがたい魅力があります。

【2021年最新版】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ10選

SUV、その中でもとりわけコンパクトSUVが今熱い!本記事ではそんな熱いコンパクトSUVに焦点を当て、国産・外車(輸入車)でおすすめ車種10車種をまとめています!

5人乗りおすすめSUV10選はこちら

国産車ならコレ!コンパクトSUVおすすめ5選

国産車では、海外でコンパクトSUVと呼ばれる車種でも、コンパクトと言えない場合が多く、トヨタのRAV4やホンダのCR-Vなどがその一例で、国内ではミドルクラスと言える大きさです。

ダイハツのロッキークラスはまだ少ないので、今回選んだのは各メーカーのSUVラインナップでもっとも小さい車種が中心となります。

ダイハツ ロッキー

ダイハツ・ロッキー

2019年11月に発表されたロッキーは、5ドアのクロスオーバーSUVですが、全長は3,995㎜とコンパクトクラスでも小さい部類で車幅は5ナンバーサイズをキープ。

それでいて室内は十分な広さであり、エンジンは1.0Lターボのみ。SUVがどんどん大きくなって使いずらくなり、性能は向上しても価格も高くなっている今、このサイズ感と価格帯を多くの人が待っていたという事がヒットした理由と言えます。

そして、小さくてもSUVらしい力強いデザインと悪路走行もこなす足回りもしっかり装備していることもヒットした要因だと考えられます。

ロッキーのスペックと価格

ロッキー

ッキーのスペック


駆動方式
2WD/4WD
全長×全幅×全高
3,395×1,695×1,620
室長×室内幅×室内高
1,955×1,420×1,250
最大乗車定員
5名
WLTCモード燃費

17.4~18.6km/L

エンジン・排気量
直列3気筒・996㏄・ターボ
最高出力kW(PS)/rpm
72(98)/6,000
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
140(14.3)/2,400~4,000

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ッキーの車両本体価格


2WD
4WD
消費税込み価格消費税抜き価格
消費税込み価格
消費税抜き価格
L1,705,000
1,550,0001,944,800
1,768,000
X1,848,0001,680,0002,086,700
1,897,000
G2,002,000
1,820,0002,224,2002,022,000
Premium
2,145,000
1,950,0002,367,200
2,152,000

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ロッキーはこういう人におすすめ

ダイハツ・ロッキー

ロッキーを購入した人は、RAV4クラスは高すぎるし大きすぎるし、C-HRは家族で乗れないと、小さくて安いSUVを待っていた人たちで、多くは旧「ビーゴ」ユーザーかもしれません。

日常の使い勝手も良いし、ドライブに出かけるのも楽しい。そんな普通の乗用車感覚でカッコイイSUVに乗りたかった人たちのぴったりの車です。

日差 キックス

日産・キックス

6月30日に発売されたキックスは、「e-POWER」のみの設定となる新型SUVです。

発電のみに使うエンジンは、3気筒DOHCの1.2Lガソリンエンジンで、駆動用モーターはノートのe-POWERと同じですが、最高出力を約20%向上させ、SUVらしいパワフルな走行性能となっています。

エクステリアは精悍な「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で、力強さとスタイリッシュさを表現して存在感を放つデザインとなっています。

インテリアでは、モダンプレミアムな室内空間とし、「X ツートーンインテリアエディション」のシートは、ツートーンカラーシートによるファッショナブルな仕上げとなっています。

また、開放感ある視界の室内は大人でも充分くつろげる広さとなっていて、ラゲッジルームもトップクラスの423リットルとMサイズのスーツケースを4個積載できる広さを実現しています。

グレードは2WDのXとX ツートーンインテリアエディションのみですが、「プロパイロット」と「SOSコール」を全車標準装備し、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」なども標準装備しています。

キックスのスペックと価格

キックスのプロパイロットイメージ

キックスのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,290×1,760×1,610
室内長×室内幅×室内高(mm)1,920×1,420×1,250
発電用エンジン直列3気筒・1,198cc
最高出力kW(PS)/rpm
60(82)/6000
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]103(10.5)/3600-5200
走行用モーター交流同期電動機
最高出力kW(PS)/rpm
95(129)/4,000~8,992
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
260(26.5)/500~3008
WLTC燃費(km/L)
21.6

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

キックスの車両本体価格


2WD

消費税込み価格(円)
X2,759,900
X ツートーンインテリアエディション
2,869,900

※上記2価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

キックスはこういう人におすすめ

キックス

ノートの「e-POWER」は魅力的だけど、SUVが欲しい。コンパクトでもパワフルなハイブリッドが欲しいと思っていたならばキックスはおすすめです。

コンパクトSUV+ e-POWER+プロパイロットという現状考えられる最強の組み合わせがキックスなのです。

普段使いにも便利なコンパクトサイズで、ロングドライブでもストレスの少ないパワーと運転支援システムによって、これ一台で全てをかなえてくれるはずです。

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロス

8月31日に発売されたヤリスクロスは、ヤリスと共通部分は多いものの、ボディパネルは別物で、大胆なフェンダーとダイヤモンド形のボディシェイプを組み合わされており、ボディサイズもヤリスより一回り大きいことから、SUVらしいアグレシッブなデザインとなっています。

また、最低地上高は185mm、キックスとは異なり、ガソリン車とハイブリッド車の両方で4WDも設定されており、SUVらしい悪路走破性能が期待できます。

パワーユニットはヤリスと同じく、3気筒1.5Lのガソリンエンジンと同ハイブリッドがあり、動力性能はもとより、低燃費性能はコンパクトSUVトップとなっています。

また、価格も、直接のライバルとなるホンダのヴェゼルよりも、1.5L車ハイブリッド車ともに安く、発売以来大変な人気モデルとなっています。

ヤリスクロスのスペックと価格

ヤリスクロス Z(プロトタイプ)

ヤリスクロスのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,180×1,765×1,590
室内長×室内幅×室内高(mm)1,845×1,430×1,205
エンジン・排気量

直列4気筒・1,490cc

直列4気筒・1,490ccハイブリッド

最高出力kW(PS)/rpm

1.5L 88(120)/6,600

1.5Lハイブリッド 67(91)/5,500

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

1.5L 145(14.8)/4,600

1.5Lハイブリッド 156(15.9)/4,800~5,200

モーター
最高出力kW(PS)
フロント59(80) リア3.9(5.3)
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
フロント141(14.4) リア52(5.3)
JC08モード燃費(km/L)
ハイブリッド 29.0~31.3
WLTCモード燃費(km/L)

1.5L 17.4~20.2

ハイブリッド 26.0~30.8

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

ヤリスクロスの車両本体価格


車両本体価格(消費税込み)
車両本体価格(消費税込み)
グレード名2WD4WD
ハイブリッド Z
2,584,000円2,815,000円
ハイブリッド G
2,394,000円2,625,000円
ハイブリッド X
2,284,000円2,515,000円
Z 1.5L 2,210,000円2,441,000円
G 1.5L 
2,020,000円2,251,000円
X 1.5L 
1,896,000円2,127,000円
X ”Bパッケージ”1.5L 
1,798,000円2,029,000円

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。



ヤリスクロスはこういう人におすすめ

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(2WD)

C-HR以降、トヨタはRAV4やハリアーなどの新型や、ライズといったコンパクトサイズまで、魅力的なSUVを次々に導入していますが、今ひとつジャストフィットする大きさの車種がないと思っていた人。

ヤリスのヒットでやはりこのくらいのサイズ感を待っていた人が多いのではないでしょうか?

ヤリスクロスは日産のキックス同様に、まさにみんなが待っていたジャストサイズなのです。日本の道路事情にも合って、ヤリスベースなら燃費もよさそうで価格も手頃なはず。

したがって、ヤリスクロスをおすすめしたい人は日本の全国民と言っても良いでしょう!

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルはそのコンパクトSUVトップクラスのユーティリティ性能で、初代にして同カテゴリの定番車種に上り詰めたモデル。

2021年には2代目となる新型モデルが発売されており、さらに洗練の強まったクーペSUVスタイルと、数々の新基軸が特徴的なインテリアで話題を呼んでいます。

特にエクステリアはかなり印象が変わっており、より直線的になったルーフラインや、ボディを一周する存在感のあるキャラクターラインによって、一目で新型と分かる新鮮さが魅力的ですね。

ヴェゼルは、室内の使い勝手もよいクロスオーバーSUVながら、最低地上高は最大で195mm、ガソリン車だけでなくハイブリッド車でもリヤタイヤがプロペラシャフト直結のAWDを選択できるなど、SUVらしい走行性能も隠れた魅力のヴェゼル。

先代モデルで用意されていたターボエンジンモデルが選べなくなったものの、どちらも1.5リッターのガソリン車とハイブリッド車はパフォーマンスも上々。

特に新型モデルではハイブリッドシステムを最新の「e:HEV」に更新しており、まるで電気自動車を思わせるモーター主体の運転感覚を楽しむことができます。

ヴェゼルのスペックと価格

《画像提供:Response 》ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,330×1,790×1,580/1,590
室内長×室内幅×室内高(mm)2,010×1,445×1,225
エンジン・排気量

直列4気筒・1,496cc

直列4気筒・1,496ccハイブリッド

最高出力kW(PS)/rpm

1.5L 87(118)/6,600

1.5Lハイブリッド 78(106)/6,000-6,400

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

1.5L 142(14.5)/4,300

1.5Lハイブリッド 127(13.0)/4,500-5,000

モーター
最高出力kW(PS)/rpm
96(131)/4,000~8,000
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
253(25.8)/0~3,500
WLTCモード燃費(km/L)
15.6~25.0

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

ヴェゼルの車両本体価格


2WD
4WD

消費税込み価格消費税抜き価格
消費税込み価格
消費税抜き価格
G
2,279,200
2,072,000
2,499,200
2,272,000
e:HEV X2,658,7002,417,0002,878,7002,617,000
e:HEV Z2,898,500
2,635,000
3,118,500
2,835,000
e:HEV PLaY3,298,900
2,999,000--

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ヴェゼルはこういう人におすすめ

《画像提供:Response 》ホンダ ヴェゼル インテリア

先代モデルは、登場当初こそスタイル優先で選ばれていた印象もあるものの、モデル末期ではスタイリッシュ系SUVのライバルも多くなっており、ユーティリティ性能への注目が多かった印象もあるヴェゼル。しかし新型モデルでは、心機一転のデザインが心地よく、カッコよさで選んでしまいたくなる印象です。

もちろんデザインだけでなく、最新のHonda CONNECTディスプレーによるコネクテッド技術や、大面積のパノラマルーフなど、新型ヴェゼルならではの装備も目白押し。

最新のSUVが欲しい方なら、要チェックの車といえそうです。

マツダ CX-3

マツダ CX-3

CX-3は、クリーンディーゼルエンジンと、「魂動(こどう)」というデザインテーマによるスタイリッシュなクーペスタイルが特徴のコンパクトクロスオーバーSUVです。

先に登場した兄貴分のCX-5がSUVらしさあふれる車種なのに対し、CX-3はまるでスポーツクーペの様なデザインと走行性能を持つ個性の強い車種です。

室内もクラスを超えた高品質感や、艶やかなレッド系のボディカラーが似合うオシャレなSUVとなっています。

現在はディーゼルエンジンは1.8Lに拡大し、ガソリンエンジンは1.5Lと2.0Lという幅広いバリエーションとなっています。

CX-3のスペックと価格

CX-3のスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,275×1,765×1,550
室内長×室内幅×室内高(mm)1,810×1,435×1,210
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,496ガソリン

直列4気筒・1,977ガソリン

直列4気筒・1,756ディーゼル

最高出力kW(PS)/rpm

1.5Lガソリン 82(111)/6,000

2.0Lガソリン 110(150)/6,000

1.8L8ディーゼル 85(116)/4,000

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

1.5Lガソリン 144(14.7)/4,000

2.0L0ガソリン 190(19.9)/2,800

1.8ディーゼル 270(27.5)/1,600~2,600

WLTCモード燃費(km/L)
15.2~23.2

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。