目次へ戻る

【2020年最新版】コンパクトSUVおすすめ10選

【2020年最新版】コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらにフォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2020年最新版】コンパクトSUVおすすめ10選

SUV、その中でもとりわけコンパクトSUVが今熱い!本記事ではそんな熱いコンパクトSUVに焦点を当て、国産・外車(輸入車)でおすすめ車種10車種をまとめています!

5人乗りおすすめSUV10選はこちら

国産のコンパクトSUVおすすめ5選

国産車では、海外でコンパクトSUVと呼ばれる車種でも、コンパクトと言えない場合が多く、トヨタのRAV4やホンダのCR-Vなどがその一例で、国内ではミドルクラスと言える大きさです。

ダイハツのロッキークラスはまだ少ないので、今回選んだのは各メーカーのSUVラインナップでもっとも小さい車種が中心となります。

ダイハツ・ロッキー

ダイハツ・ロッキー

2019年11月に発表されたロッキーは、5ドアのクロスオーバーSUVですが、全長は3,995㎜とコンパクトクラスでも小さい部類で車幅は5ナンバーサイズをキープ。

それでいて室内は十分な広さであり、エンジンは1.0Lターボのみ。SUVがどんどん大きくなって使いずらくなり、性能は向上しても価格も高くなっている今、このサイズ感と価格帯を多くの人が待っていたという事がヒットした理由と言えます。

そして、小さくてもSUVらしい力強いデザインと悪路走行もこなす足回りもしっかり装備していることもヒットした要因だと考えられます。

ロッキーのスペックと価格

ボディサイズ全長×全幅×全高:3,995×1,695×1,620(mm)
荷室容量:369L

WLTC燃費:17.4~18.6km/L
新車価格(消費税10%込):1,705,000 ~2,422,200円

※2019年12月現在公式サイト調べ

ダイハツ・ロッキーはこういう人におすすめ

ダイハツ・ロッキー

ロッキーを購入した人は、RAV4クラスは高すぎるし大きすぎるし、C-HRは家族で乗れないと、小さくて安いSUVを待っていた人たちで、多くは旧「ビーゴ」ユーザーかもしれません。

日常の使い勝手も良いし、ドライブに出かけるのも楽しい。そんな普通の乗用車感覚でカッコイイSUVに乗りたかった人たちのぴったりの車です。

スズキ・クロスビー

スズキ・クロスビー

軽クロスオーバーSUVのハスラーをイメージさせるデザインで、1.0Lターボエンジンを搭載するコンパクトSUVとしてロッキー/ライズに先んじて2017年12月にデビューしました。

ロッキー/ライズと同価格帯ですが、3,760㎜とさらに短いながらもマイルドハイブリッドと6ATなどを採用して燃費を向上させるなど、ロッキーとは異なるテイストを持っています。

さらに、ラゲッジフロアは防汚タイプであったり、ラゲッジアンダーボックスは2WDで81Lの容量を確保し、取り外して水洗いが可能であったりと、SUV機能にも優れています。

クロスビーのスペックと価格

ボディサイズ全長×全幅×全高:3,760×1,670×1,705(mm)
荷室容量:203L

WLTC燃費:20.6~22.0km/L
新車価格(消費税10%込):1,798,500 ~2,229,700円

※2019年12月現在公式サイト調べ

クロスビーはこういう人におすすめ

スズキ・クロスビー

ロッキーと比べると悩むかも知れませんが、同じコンセプトのコンパクトSUVでも、オーソドックスなスタイリングのロッキーに比較して、クロスビーの方が個性的。

それはハスラーの兄貴分的な可愛さの残るデザインに起因しているからだと思います。スタイリングは好みの問題になるかと思いますが、一回り小さくてマイルドハイブリッドのクロスビーの方がより活動的な人に向いているのではないでしょうか。

三菱・RVR(アール・ブイ・アール)

三菱RVR

2010年の発売で、もう10年目を迎えようとしているRVRですが、コンパクトSUV人気が沸騰してくると気になるモデルに急浮上してきます。

1.8Lエンジンと4,295mmの全長はコンパクトSUVの資格十分。しかも三菱伝統の4WDシステムは3つのドライブモードを設定。エクステリアデザインは最新の車種と比較してもそん色ないSUVらしいアグレシップなものです。

最新の改良により、AndroidスマートフォンやiPhone用のUSBポートを設け、前進時の誤発進抑制機能を追加するなど装備も向上させています。

RVRのスペックと価格

ボディサイズ全長×全幅×全高:4,362×1,770×1,630(mm)
荷室容量:203L

WLTC燃費:12.8~13.8km/L
新車価格(消費税10%込):2,143,900~2,689,500円

※2019年12月現在公式サイト調べ

三菱RVRはこういう人におすすめ

三菱RVR 特別仕様車「Black Edition」

こんなに魅力的なモデルが新車種の登場で忘れがちですが、RVRは間違いなく現在でも通用するコンパクトSUVです。

流行に流されずにしっかりとした自分の考えを持つ人にはピッタリの車種で、新設定された特別仕様車「Black Edition」はさらにRVRらしさが強調されたおすすめモデルです。

ホンダ・ヴェゼル

ホンダヴェゼルツーリング

ヴェゼルのスペックと価格

ボディサイズ全長×全幅×全高:4,330×1,770×1,605(mm)
荷室容量:393L

JC08モード燃費
1.5Lガソリン車:20.2~21.2km/L
1.5Lターボ車:17.6km/L
1.5Lハイブリッド車:21.6~27.0km/L

新車価格(消費税10%込)
1.5Lガソリン車:2,113,426~2,956,800円
1.5Lターボ車:2,956,800~3,528,800円
1.5Lハイブリッド車:2,505,555~3,617,900円

※2019年12月現在公式サイト調べ

ホンダヴェゼルはこういう人におすすめ

ホンダヴェゼル

ヴェゼルは、あくまでコンパクトカーの延長上にあり、SUVのコアなファンからはあまり注目されないかもしれませんが、高めのアイポイントや、クーペのようなスタイリングが気に入ったから、というごくごく普通の価値基準で選ばれる、おすすめ車種なのです。

マツダ・CX-3(シーエックス・スリー)

マツダ CX-3

CX-3は、クリーンディーゼルエンジンと、「魂動(こどう)」というデザインテーマによるスタイリッシュなクーペスタイルが特徴のコンパクトクロスオーバーSUVです。

先に登場した兄貴分のCX-5がSUVらしさあふれる車種なのに対し、CX-3はまるでスポーツクーペの様なデザインと走行性能を持つ個性の強い車種です。

室内もクラスを超えた高品質感や、艶やかなレッド系のボディカラーが似合うオシャレなSUVとなっています。

CX-3のスペックと価格

ボディサイズ全長×全幅×全高:4,275×1,765×1,550(mm)
荷室容量:350L

WLTCモード燃費
2.0Lガソリン車:15.2~16.0km/L
1.8Lディーゼル車:19.0~23.2km/L

新車価格(消費税10%込)
2.0Lガソリン車:2,167,000~2,876,786円
1.8Lディーゼル車:2,481,600~3,151,786円

※2019年12月現在公式サイト調べ

マツダCX-3はこういう人におすすめ

マツダCX-3

CX-3はけっして後席が広い車種ではないので、後席を良く使うファミリーではなく1人もしくは2人プラス荷物という使い方をする人におすすめです。

そうすれば、優れたシートとドライビングポジションをとれ、そして荷室も広く使えて快適なドライブが楽しめますよ。

外車(輸入車)のコンパクトSUVおすすめ5選

外車(輸入車)の場合、海外市場でコンパクトSUVとして販売しているボルボXC40であっても、日本ではとてもコンパクトとは言えませんが、ロッキー並みのサイズのSUVは珍しく、特に車幅は1800㎜クラスは当たり前で1900㎜に達する車種も少なくありません。

ここでは、海外でコンパクトSUVとして認識され、そのメーカーでもっとも小型の車種を選んでみました。

BMW・X1

BMW・X1

BMWでもっとも小さなSUVであるX1は、小さいながらも大型のキドニーグリルなどBMWらしさあふれるデザインを採用しており、パワーユニットにはツインパワー・ターボの1.5Lの3気筒と2.0Lの4気筒のガソリンエンジン、そして2.0Lの4気筒ディーゼルエンジンが用意されています。

地上高の高さなど、言われてみればSUVらしいスタイリングで、卓越した悪路走破性能を持っているのですが、泥臭さを感じないスタイリッシュでスポーティーな走りが特徴の都会派クロスオーバーです。

X1のスペックと価格

ボディサイズ全長×全幅×全高:4,455×1,820×1,610(mm)
荷室容量:505L

WLTCモード燃費
1.5Lガソリン車:9.3㎞/L
2.0Lディーゼル車:--㎞/L
2.0Lガソリン車:11.4㎞/L

新車価格(消費税10%込)
1.5Lガソリン車:4,380,000~4,820,000円
2.0Lディーゼル車:4,890,000円
2.0Lガソリン車:4,970,000~6,500,000円

※2019年12月現在公式サイト調べ

BMW・X1はこういう人におすすめ

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


NDロードスターの基本情報!スペック・価格帯や中古車相場

NDロードスターの基本情報!スペック・価格帯や中古車相場

マツダを代表するスポーツカーであり、現在でも販売されているのがロードスターです。貴重なオープンタイプの国産車でもあり、自動車メーカーとしてのマツダの付加価値を高める車種の1つでもあります。今回は、そんなロードスターの現行仕様であるND型の基本情報、スペックや価格帯などを見ていきましょう。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。