目次へ戻る

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2020年最新版】コンパクトSUVおすすめ10選

SUV、その中でもとりわけコンパクトSUVが今熱い!本記事ではそんな熱いコンパクトSUVに焦点を当て、国産・外車(輸入車)でおすすめ車種10車種をまとめています!

5人乗りおすすめSUV10選はこちら

国産のコンパクトSUVおすすめ5選

国産車では、海外でコンパクトSUVと呼ばれる車種でも、コンパクトと言えない場合が多く、トヨタのRAV4やホンダのCR-Vなどがその一例で、国内ではミドルクラスと言える大きさです。

ダイハツのロッキークラスはまだ少ないので、今回選んだのは各メーカーのSUVラインナップでもっとも小さい車種が中心となります。

ダイハツ・ロッキー

ダイハツ・ロッキー

2019年11月に発表されたロッキーは、5ドアのクロスオーバーSUVですが、全長は3,995㎜とコンパクトクラスでも小さい部類で車幅は5ナンバーサイズをキープ。

それでいて室内は十分な広さであり、エンジンは1.0Lターボのみ。SUVがどんどん大きくなって使いずらくなり、性能は向上しても価格も高くなっている今、このサイズ感と価格帯を多くの人が待っていたという事がヒットした理由と言えます。

そして、小さくてもSUVらしい力強いデザインと悪路走行もこなす足回りもしっかり装備していることもヒットした要因だと考えられます。

ロッキーのスペックと価格

ロッキー

ッキーのスペック


駆動方式
2WD/4WD
全長×全幅×全高
3,395×1,695×1,620
室長×室内幅×室内高
1,955×1,420×1,250
最大乗車定員
5名
WLTCモード燃費

17.4~18.6km/L

エンジン・排気量
直列3気筒・996㏄・ターボ
最高出力kW(PS)/rpm
72(98)/6,000
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
140(16.3)/2,400~3,000

※上記スペックは020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ッキーの車両本体価格


2WD
4WD
消費税込み価格消費税抜き価格
消費税込み価格
消費税抜き価格
L1,705,000
1,550,0001,944,800
1,768,000
X1,848,0001,680,0002,086,700
1,897,000
G2,002,000
1,820,0002,224,2002,022,000
Premium
2,145,000
1,950,0002,367,200
2,152,000

※上記価格は2020年7月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ダイハツ・ロッキーはこういう人におすすめ

ダイハツ・ロッキー

ロッキーを購入した人は、RAV4クラスは高すぎるし大きすぎるし、C-HRは家族で乗れないと、小さくて安いSUVを待っていた人たちで、多くは旧「ビーゴ」ユーザーかもしれません。

日常の使い勝手も良いし、ドライブに出かけるのも楽しい。そんな普通の乗用車感覚でカッコイイSUVに乗りたかった人たちのぴったりの車です。

日差・キックス

日産・キックス

6月30日に発売されたキックスは、「e-POWER」のみの設定となる新型SUVです。

発電のみに使うエンジンは、3気筒DOHCの1.2Lガソリンエンジンで、駆動用モーターはノートのe-POWERと同じですが、最高出力を約20%向上させ、SUVらしいパワフルな層構成のとなっています。

エクステリアは精悍な「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で、力強さとスタイリッシュさを表現して存在感を放つデザインとなっています。

インテリアでは、モダンプレミアムな室内空間とし、「X ツートーンインテリアエディション」のシートは、ツートーンカラーシートによるファッショナブルな仕上げとなっている。

また、開放感ある視界の室内は大人でも充分くつろげる広さとなっていて、ラゲッジルームもトップクラスの423リットルとMサイズのスーツケースを4個積載できる広さを実現しています。

グレードは2WDのXとX ツートーンインテリアエディションのみですが、「プロパイロット」と「SOSコール」を全車標準装備し、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」なども標準装備しています。

キックスのスペックと価格

キックスのプロパイロットイメージ

キックスのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,290×1,760×1,610
室内長×室内幅×室内高(mm)1,920×1,420×1,250
荷室容量(L)
203
発電用エンジン直列3気筒・1,198cc
最高出力kW(PS)/rpm
60(82)/6000
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]103(10.5)/3600-5200
走行用モーターEM57
最高出力kW(PS)/rpm
95(129)/4,000~8,992
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
260(26.5)/ⅾ~3008
WLTC燃費(km/L)
21.6

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

キックスの車両本体価格


2WD

消費税込み価格(円)
X2,759,900
X ツートーンインテリアエディション
2,869,900

※上記2価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

キックスはこういう人におすすめ

キックス

ノートの「e-POWER」は魅力的だけど、SUVが欲しい。コンパクトでもパワフルなハイブリッドが欲しいと思っていたならばキックスはおすすめです。

コンパクトSUV+ e-POWER+プロパイロットという現状考えられる最強の組み合わせがキックスなのです。

普段使いにも便利なコンパクトサイズで、ロングドライブでもストレスの少ないパワーと運転支援システムによって、これ一台で全てをかなえてくれるはずです。

トヨタ・ヤリスクロス

ヤリスクロス

8月31日に発売されたヤリスクロスは、ヤリスと共通部分は多いものの、ボディパネルは別物で、大胆なフェンダーとダイヤモンド形のボディシェイプを組み合わされており、ボディサイズもヤリスより一回り大きいことから、SUVらしいアグレシッブなデザインとなっています。

また、最低地上高は185mm、キックスとは異なり電気式の4WDも設定されており、SUVらしい悪路走破性能が期待できます。

パワーユニットはヤリスと同じく、3気筒1.5Lのガソリンエンジンと同ハイブリッドがあり、動力性能はもとより、低燃費性能はコンパクトSUVトップとなっています。

また、価格も、直接のライバルとなるホンダのヴェゼルよりも、1.5L車ハイブリッド車ともに安く、発売以来大変な人気モデルとなっています。

ヤリスクロスのスペックと価格

ヤリスクロス Z(プロトタイプ)

ヤリスクロスのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,180×1,765×1,590
室内長×室内幅×室内高(mm)1,845×1,430×1,205
エンジン・排気量

直列4気筒・1,490cc

直列4気筒・1,490ccハイブリッド

最高出力kW(PS)/rpm

1.5L 88(120)/6,600

1.5Lハイブリッド 67(91)/5,500

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

1.5L 145(14.8)/4,600

1.5Lハイブリッド 156(15.9)/4,800~5,200

モーター
最高出力kW(PS)
フロント59(80) リア3.9(5.3)
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
フロント141(14.4) リア52(5.3)
JC08モード燃費(km/L)
ハイブリッド 29.0~31.3
WLTCモード燃費(km/L)

1.5L 17.4~20.2

ハイブリッド 26.0~30.8

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

ヤリスクロスの車両本体価格


車両本体価格(消費税込み)
車両本体価格(消費税込み)
グレード名2WD4WD
ハイブリッド Z
2,584,000円2,815,000円
ハイブリッド G
2,394,000円2,625,000円
ハイブリッド X
2,284,000円2,515,000円
Z 1.5L 2,210,000円2,441,000円
G 1.5L 
2,020,000円2,251,000円
X 1.5L 
1,896,000円2,127,000円
X ”Bパッケージ”1.5L 
1,798,000円2,029,000円

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。



ヤリスクロスはこういう人におすすめ

トヨタ ヤリスクロス HYBRID Z(2WD)

C-HR以降、トヨタはRAV4やハリアーなどの新型や、ライズといったコンパクトサイズまで、魅力的なSUVを次々に導入していますが、今ひとつジャストフィットする大きさの車種が多いと思っていた人。

ヤリスのヒットでやはりこのくらいのサイズ感を待っていた人が多いのではないでしょうか?

ヤリスクロスは日産のキックス同様に、まさにみんなが待っていたジャストサイズなのです。日本の道路事情にも合って、ヤリスベースなら燃費もよさそうで価格も手頃なはず。

したがって、ヤリスクロスをおすすめしたい人は日本の全国民と言っても良いでしょう!

ホンダ・ヴェゼル

ホンダヴェゼルツーリング

ヴェゼルのスペックと価格

ヴェゼル G

ヴェゼルのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,330×1,770×1,605
室内長×室内幅×室内高(mm)1,930×1,485×1,265
エンジン・排気量

直列4気筒・1,496cc

直列4気筒・1,496ccハイブリッド

直列4気筒・1,496ccターボ

最高出力kW(PS)/rpm

1.5L 96(131)/6,600

1.5Lターボ 127(172)/5,500

1.5Lハイブリッド 97(132)/6,600

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

1.5L 155(15.8)/4,600

1.5Lターボ 220(22.4)/1,700∼5500

1.5Lハイブリッド 156(15.9)/4,600

モーター
最高出力kW(PS)/rpm
22(29.5)/1,313~2,000
最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]
160(116.3)/0~1,313
JC08モード燃費(km/L)
17.6~27.0

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

ヴェゼルの車両本体価格


2WD
4WD

消費税込み価格消費税抜き価格
消費税込み価格
消費税抜き価格
G・ホンダセンシング
2,113,426
1,921,297
2,333,426
2,121,297
X・ホンダセンシング2,205,0932,004,6302,425,0932,204,630
RS・ホンダセンシング2,520,833
2,291,667


ツーリング・ホンダセンシング

2,956,800
2,688,000


ツーリング・モデューロX・ホンダセンシング

3,528,800
3,208,000

ハイブリッド・ホンダセンシング2,505,555
2,277,7782,725,555
2,477,778
ハイブリッドX・ホンダセンシング2,586,018
2,350,926
2,350,926
 2,550,926
ハイブリッドZ・ホンダセンシング
2,760,186
2,509,2602,980,186
2,709,260
ハイブリッドRS・ホンダセンシング
2,862,037
2,601,852

ハイブリッド・モデューロX・ホンダセンシング3,467,200
3,152,0003,617,900
3,289,000

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ホンダヴェゼルはこういう人におすすめ

ホンダヴェゼル

ヴェゼルは、あくまでコンパクトカーの延長上にあり、SUVのコアなファンからはあまり注目されないかもしれませんが、高めのアイポイントや、クーペのようなスタイリングが気に入ったから、というごくごく普通の価値基準で選ばれる、おすすめ車種なのです。

マツダ・CX-3(シーエックス・スリー)

マツダ CX-3

CX-3は、クリーンディーゼルエンジンと、「魂動(こどう)」というデザインテーマによるスタイリッシュなクーペスタイルが特徴のコンパクトクロスオーバーSUVです。

先に登場した兄貴分のCX-5がSUVらしさあふれる車種なのに対し、CX-3はまるでスポーツクーペの様なデザインと走行性能を持つ個性の強い車種です。

室内もクラスを超えた高品質感や、艶やかなレッド系のボディカラーが似合うオシャレなSUVとなっています。

現在はディーゼルエンジンは1.8Lに拡大し、ガソリンエンジンは1.5Lと2.0Lという幅広いバリエーションとなっています。

CX-3のスペックと価格

CX-3のスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,275×1,765×1,550
室内長×室内幅×室内高(mm)1,810×1,435×1,210
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,496ガソリン

直列4気筒・1,977ガソリン

直列4気筒・1,756ディーゼル

最高出力kW(PS)/rpm

1.5Lガソリン 82(111)/6,6000

2.0Lガソリン 110(150)/6,000

1.8L8ディーゼル 85(116)/4,000

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

1.5Lガソリン 144(14.7)/4,000

2.0L0ガソリン 190(19.9)/2,800

1.8ディーゼル 270(27.5)/1,600~2,600

WLTCモード燃費(km/L)
15.2~23.2

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

CX-3の車両本体価格


ミッション2WD4WD


消費税込み価格消費税込み価格
15S6EC-AT
1,892,000
2,122,200
15Sツーリング6EC-AT
1,991,0002,221,200 
15S 100周年特別記念車6EC-AT
2,653,000
2,883,200

20S PROACTIVE S Package

6EC-AT
2,486,000
2,716,200

20S Exclusive Mods

6EC-AT
2,657,600
2,887,800
20S 100周年特別記念車6EC-AT
2,910,600
3,140,800
XD6EC-AT/6MT2,492,600
2,722,800
XD PROACTIVE S Package
6EC-AT/6MT
2,760,186
3,019,800
XD Exclusive Mods
6EC-AT
2,932,600
3,162,800
XD 100周年特別記念車6EC-AT
3,185,600
3,415,800

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

マツダCX-3はこういう人におすすめ

関連する投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

「ラダーフレーム」とは、その名の通りはしご型のフレームのことです。国内外のSUV車に、広く採用されています。軽度の衝撃にはびくともせず安心して運転できます。ラダーフレームが変形してしまった場合の修理料金や修理方法など詳しく紹介していきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。