トップへ戻る

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダCX-3はこういう人におすすめ

マツダCX-3

CX-3はけっして後席が広い車種ではないので、後席を良く使うファミリーではなく1人もしくは2人プラス荷物という使い方をする人におすすめです。

そうすれば、優れたシートとドライビングポジションをとれ、そして荷室も広く使えて快適なドライブが楽しめますよ。

外車(輸入車)のコンパクトSUVおすすめ5選

外車(輸入車)の場合、海外市場でコンパクトSUVとして販売しているボルボXC40であっても、日本ではとてもコンパクトとは言えませんが、ロッキー並みのサイズのSUVは珍しく、特に車幅は1800㎜クラスは当たり前で1900㎜に達する車種も少なくありません。

ここでは、海外でコンパクトSUVとして認識され、そのメーカーでもっとも小型の車種を選んでみました。

メルセデスベンツ GLA(ジー・エル・エー)

メルセデスベンツ GLA

2020年の6月に日本への導入が発表された新型GLAは、クーペのようなスタイリッシュなデザインで、力強いデザインのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現しています。

また、インテリアはAクラスの基本的デザインを踏襲し、モダンでアバンギャルドにまとめられています。

エンジンは2.0L直列4気筒クリーンディーゼルターボのみの設定で、コンパクトなボディを力強く加速させる性能で、低振動で高い静粛性を両立させています。そして、フルタイム4WDシステムの「4MATIC」を装備し、高い悪路走破性を備えています。





GLAのスペックと価格

メルセデスベンツ GLA

GLAのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,415~4,440×1,835~1,850×1,605~1,620
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,949ディーゼルターボ

最高出力kW(PS)/rpm

110(150)/3,400~4,400

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

320(32.6)/1,400~3,200

WLTCモード燃費(km/L)
16.5

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

GLAの車両本体価格


消費税込み価格(円)
消費税抜き価格(円)
GLA
5,020,0004,563,637

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

GLAはこういう人におすすめ

メルセデスベンツ GLA

ベンツが好きでSUVも好き。でもベンツのSUVは大きくてちょっと使いにくいし、実用的ではないなと、あきらめていた人にはピッタリのモデルが GLAです。

なりは小さくても立派なSUVに見えるのはメルセデスベンツならではですし、パワフルなディーゼルエンジンはランニングコストも低く押さえられるので、ファミリーカーとして乗るにはベストな選択になります。

フォルクスワーゲン・Tクロス

フォルクスワーゲン・Tクロス

Tクロスは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップでもっとも小さく、全長4,115㎜、全幅1,760㎜は国産車のコンパクトSUVに匹敵する大きさで、1.0Lの3気筒直噴ターボエンジンというのもロッキーなどと同様なので想像が付きやすいのも特徴です。

外車(輸入車)でこのサイズは珍しく、キャッチコピーの「T さい SUV」の通り、使い易さを実現しています。それでいて最大5人の乗員がリラックスできる広々とした室内で、荷室はクラストップレベルの455Lを確保するなど実用性は十分。

また、エクステリアデザインは、存在感のあるボンネットやワイドなラジエーターグリルなどで、パワフルな外観を強調しています。

Tクロスのスペックと価格

Tクロス

Tクロスのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,115×1,760×1,580
エンジン・排気量(cc)

直列3気筒・999ターボ

最高出力kW(PS)/rpm

85(116)/5,000~5,500

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

200(20.4)/2,000~3,500

WLTCモード燃費(km/L)
16.9

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

T-クロスの車両本体価格


ミッション
消費税込み価格(円)
T-Cross TSI 1st7 速 DSG
3,039,000
T-Cross TSI 1stプラス デザインパッケージ7 速 DSG
3,399,000

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

フォルクスワーゲン・Tクロスはこういう人におすすめ

フォルクスワーゲン・Tクロス

現在、先行発売されている導入記念特別仕様車の「TSI 1st Plus Design Package」はボディカラーのブルー、グリーン系が個性的で、安全装備なども充実しており、今しか手に入らない仕様になっているのでおすすめです。

ジープ・レネゲード

ジープ・レネゲード

一口にジープといっても様々なモデルがありますが、このジープの末っ子レネゲードは異質。ジープのラインナップで唯一2WDを設定しているのです。

四駆じゃなきゃジープじゃない!という人が多い反面、別に2WDでも良いと思う人が多いのが今のSUVの流れです。それでもジープらしさがなければ意味がないという事もあり、駆動方式の違い以外はこのレネゲードもジープそのものと言えます。

フロントフェイスはラングラーを彷彿とさせ、1.3Lの直列4気筒マルチエア2と呼ばれるターボエンジンも元気そのもの。いうなれば、日本で乗れるジープはこの大きさだと言えるモデルです。

レネゲードのスペックと価格

トレイルホーク

レネゲートのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,255×1,805×1,695~1,725
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,331ターボ

最高出力kW(PS)/rpm

111(151) / 5,500

132(179) / 5,750

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

270 (27.5) / 1,850

WLTCモード燃費(km/L)
12.1~14.3

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

レネゲードの車両本体価格


消費税込み価格(円)
消費税抜き価格(円)
 ロンジチュード2,990,000
2,718,182
リミテッド3,620,000
3,290,909
トレイルホーク
3,870,0003,518,182

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ジープ・レネゲードはこういう人におすすめ

ジープ・レネゲード

もちろん、ジープ=4WD派の人向けにはトレイルホークという4WDモデルが用意されますが、やはりレネゲードの良さは2WDで日常の生活を送る車として使えるという事です。ラングラーで買い物に行くのは少しつらいものがありますから。

価格も299万円からとなっており、VWのTクロスと同額。これは比較しなければなりません。

アウディ・Q2(キュー・ツー)

アウディ・Q2

アウディのコンパクトSUVである「Q2」は、全長が同社の「Q3」と比べても30cmほど短くアウディで最もコンパクトなSUVとなっています。

そして、クーペのような傾斜したルーフラインを持つにもかかわらず、後席の乗員にも十分なヘッドルームとレッグルームを確保しています。

後席の広さは、足元、頭上にタップリとした空間が残り、ラゲッジスペースも容量も深さも十分な空間が用意されています。

また、車体に対し1.0L及び1.4Lターボエンジンは、コンパクトSUVらしいきびきびとした走りをもたらしてくれます。

Q2のスペックと価格

アウディQ2のスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,200×1,795×1,500
エンジン・排気量(cc)

直列3気筒・999ターボ

直列4気筒・1,394ターボ

最高出力kW(PS)/rpm

1.0L 85(116)/5,000-5,500

1.4L 110(150)/5,000-6,000

2.0L 221(300)/5,300-6,500

最大トルクNm(kgm)/rpm

1.0L 200(20.4)/2,000-3,500 

1.4L 250(25.5)/1,500-3,500

221(300)/5,300-6,500

JC08モード燃費(km/L)
17.9~19.8

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

アウディQ2の車両本体価格


消費税込み価格(円
Q2 30 TFSI
3,120,000
Q2 30 TFSI sport
3,860,000
Q2 35 TFSI cylinder on demand sport S troni
4,190,000

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです

アウディQ2はこういう人におすすめ

アウディQ2

広々使える室内空間と最新の予防安全機能と必要十分なパワーを備え、なおかつ実用一点張りではない余裕とセンスのあるデザインのアウディQ2は、自分流のスタイルやファッションを楽しむ人におすすめのモデルといえるでしょう。

シトロエンC3・エアクロスSUV(シー・スリー・エアクロス・エス・ユー・ブイ)

シトロエン・C3エアクロスSUV

その奇抜なデザインを、フランス流のセンスにまとめたエアクロスSUV。インテリアも含めて国産メーカーには100年かかっても真似できない個性の塊です。1.2Lのピュアテック3気筒ターボ
もハイパワーではないけれど、2WDでこの大きさのボディなら実用性十分と言えます。

そして小ぶりなサイズながらも、スライド式の後席などの使い勝手や機能性も高い。それでいてドイツ車より低価格でコスパに優れているのもうれしい。もっと高級感をと思う人には「DS 3 クロスバック」という選択肢もあります。

C3エアクロスSUVのスペックと価格

シトロエン C3 エアクロス SUV

シトロエン C3 エアクロス SUVのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,160×1,765×1,630
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,195ガソリンターボ

最高出力kW(PS)/rpm

81(110)/5,500

WLTCモード燃費(km/L)14.7

※上記スペックは2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

シトロエン C3 エアクロス SUVの車両本体価格


消費税込み価格(円
FEEL
2,670,000
SHINE 
2,820,000

※上記価格は2020年9月現在のメーカー公式サイトによるものです

シトロエン・C3エアクロスSUVはこういう人におすすめ

シトロエン・C3エアクロスSUV

ポップなのに甘すぎず飽きがこない。こんなC3エアクロスSUVは、個性を大事にする、他の人と同じ車には乗りたくないという人に、そして国産車を買う予算しかないけど外車(輸入車)が欲しいという人たちにおすすめの一台といえます。

【どっち!?】国産車VS外車(輸入車)SUVなら…

日本だけでなく、今や世界的な広がりをみせているコンパクトSUV市場では、機能性だけではなく個性も重要となっています。個性造りの苦手な国産メーカーも、ことSUVに関しては外車(輸入車)に負けない個性ある新機種を次々に導入しています。

しかし、シトロエンやジープを見るとやはり国産車は没個性と言わざるをえません。その変わり、燃費などのスペックや価格面では勝っており、日本車も捨てがたい魅力があります。

まとめ

コンパクトSUVを10台選んでみましたが、SUVにはまだ多くの種類があり、大きさだけでは分別できない要素がたくさんあります。

しかし、予算面で考えると今回のコンパクトSUVは非常に現実的であり、手の届く範囲ではないでしょうか。貴方ならどの車種を選びますか?

関連する投稿


ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。