トップへ戻る

【2021年最新】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ車種10選

【2021年最新】国産・輸入コンパクトSUVおすすめ車種10選

今、コンパクトSUVが熱い!人気のSUVの中でも、扱いやすいサイズとお財布に優しい廉価な価格設定が嬉しいコンパクトSUVは、各社がラインナップする激戦のカテゴリーです。サイズは小さくても装備や性能はピカイチ。豊作のコンパクトSUVの中でも、特におすすめしたい10台を国産車と輸入車から選んでご紹介していきます。きっとあなたにぴったりのコンパクトSUVが見つかるはずです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


CX-3の車両本体価格


ミッション2WD4WD


消費税込み価格消費税込み価格
15S6EC-AT
1,892,000
2,122,200
15Sツーリング6EC-AT
1,991,0002,221,200 
15S 100周年特別記念車6EC-AT
2,653,000
2,883,200

20S PROACTIVE S Package

6EC-AT
2,486,000
2,716,200

20S Exclusive Mods

6EC-AT
2,657,600
2,887,800
20S 100周年特別記念車6EC-AT
2,910,600
3,140,800
XD6EC-AT/6MT2,492,600
2,722,800
XD PROACTIVE S Package
6EC-AT/6MT
2,789,600
3,019,800
XD Exclusive Mods
6EC-AT
2,932,600
3,162,800
XD 100周年特別記念車6EC-AT
3,185,600
3,415,800

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

CX-3はこういう人におすすめ

マツダCX-3

CX-3はけっして後席が広い車種ではないので、後席を良く使うファミリーではなく1人もしくは2人プラス荷物という使い方をする人におすすめです。

そうすれば、優れたシートとドライビングポジションをとれ、そして荷室も広く使えて快適なドライブが楽しめますよ。

輸入車ならコレ!コンパクトSUVおすすめ5選

外車(輸入車)の場合、海外市場でコンパクトSUVとして販売しているボルボXC40であっても、日本ではとてもコンパクトとは言えませんが、ロッキー並みのサイズのSUVは珍しく、特に車幅は1800㎜クラスは当たり前で1900㎜に達する車種も少なくありません。

ここでは、海外でコンパクトSUVとして認識され、そのメーカーでもっとも小型の車種を選んでみました。

メルセデスベンツ GLA

メルセデスベンツ GLA

2020年の6月に日本への導入が発表された新型GLAは、クーペのようなスタイリッシュなデザインで、力強いデザインのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現しています。

また、インテリアはAクラスの基本的デザインを踏襲し、モダンでアバンギャルドにまとめられています。

エンジンは2.0L直列4気筒クリーンディーゼルターボのみの設定で、コンパクトなボディを力強く加速させる性能で、低振動で高い静粛性を両立させています。そして、フルタイム4WDシステムの「4MATIC」を装備し、高い悪路走破性を備えています。

GLAのスペックと価格

メルセデスベンツ GLA

GLAのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,415~4,440×1,835~1,850×1,585~1,620
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,331ガソリンターボ

直列4気筒・1,949ディーゼルターボ

直列4気筒・1,991ガソリンターボ

最高出力kW(PS)/rpm

100(136)/5,500(GLA180)

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

200(20.4)/1,460~4,000(GLA180)

WLTCモード燃費(km/L)
14.1(GLA180)

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。



GLAの車両本体価格


消費税込み価格(円)
消費税抜き価格(円)
GLA180
4,950,0004,500,000
GLA200d 4MATIC5,180,0004,709,091
メルセデスAMG GLA35 4MATIC7,020,0006,381,819
メルセデスAMG GLA45S 4MATIC+8,950,0008,136,364

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

GLAはこういう人におすすめ

メルセデスベンツ GLA

ベンツが好きでSUVも好き。でもベンツのSUVは大きくてちょっと使いにくいし、実用的ではないなと、あきらめていた人にはピッタリのモデルが GLAです。

なりは小さくても立派なSUVに見えるのはメルセデスベンツならではですし、パワフルなディーゼルエンジンはランニングコストも低く押さえられるので、ファミリーカーとして乗るにはベストな選択になります。

フォルクスワーゲン Tクロス

フォルクスワーゲン・Tクロス

Tクロスは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップでもっとも小さく、全長4,115㎜、全幅1,760㎜は国産車のコンパクトSUVに匹敵する大きさで、1.0Lの3気筒直噴ターボエンジンというのもロッキーなどと同様なので想像が付きやすいのも特徴です。

外車(輸入車)でこのサイズは珍しく、キャッチコピーの「T さい SUV」の通り、使い易さを実現しています。それでいて最大5人の乗員がリラックスできる広々とした室内で、荷室はクラストップレベルの455Lを確保するなど実用性は十分。

また、エクステリアデザインは、存在感のあるボンネットやワイドなラジエーターグリルなどで、パワフルな外観を強調しています。

Tクロスのスペックと価格

Tクロス

Tクロスのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,115×1,760×1,580
エンジン・排気量(cc)

直列3気筒・999ターボ

最高出力kW(PS)/rpm

85(116)/5,000~5,500

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

200(20.4)/2,000~3,500

WLTCモード燃費(km/L)
16.9

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

Tクロスの車両本体価格


消費税込み価格(円)
TSI アクティブ2,780,000
TSI スタイル3,030,000
TSI Rライン3,450,000

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

Tクロスはこういう人におすすめ

フォルクスワーゲン・Tクロス

フォルクスワーゲンはもともと小型車が充実しているブランドで、小さいながらもがっしりとした骨太な運転感覚や、安全性能、充実の機能に定評があります。

Tクロスも、サイズは小さいながらもフォルクスワーゲンらしい仕上がりはしっかり味わえる点がおすすめポイントです。

また、価格面のリーズナブルさも特徴的。国産車とも十分に競争力のある価格設定なので、外車に興味はあるけど節約したい、なんて方にもおすすめです。

ジープ レネゲード

ジープ・レネゲード

一口にジープといっても様々なモデルがありますが、このジープの末っ子レネゲードは異質。ジープのラインナップで唯一2WDを設定しているのです。

四駆じゃなきゃジープじゃない!という人が多い反面、別に2WDでも良いと思う人が多いのが今のSUVの流れです。それでもジープらしさがなければ意味がないという事もあり、駆動方式の違い以外はこのレネゲードもジープそのものと言えます。

フロントフェイスはラングラーを彷彿とさせ、1.3Lの直列4気筒マルチエア2と呼ばれるターボエンジンも元気そのもの。いうなれば、日本で乗れるジープはこの大きさだと言えるモデルです。

また、ジープとして先陣を切ってプラグインハイブリッド仕様が設定されているのもレネゲードの特徴。エコ性能だけでなく、レネゲードのラインナップ中でも随一のパワフルな走りも魅力的です。

レネゲードのスペックと価格

トレイルホーク

レネゲートのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,255×1,805×1,695~1,725
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,331ターボ

直列4気筒・1,331プラグインハイブリッド

最高出力kW(PS)/rpm

111(151) / 5,500(ロンジチュード/リミテッド)

132(179) / 5,750(トレイルホーク)

最大トルク[N・m(kgf・m)/rpm]

270 (27.5) / 1,850(ロンジチュード/リミテッド/トレイルホーク)

WLTCモード燃費(km/L)
12.1~17.3

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

レネゲードの車両本体価格


消費税込み価格(円)
消費税抜き価格(円)
ロンジチュード2,990,000
2,718,182
リミテッド3,620,000
3,290,909
トレイルホーク
3,870,0003,518,182
リミテッド4xe4,980,0004,527,273
トレイルホーク4xe5,030,0004,572.727

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

レネゲードはこういう人におすすめ

ジープ・レネゲード

もちろん、ジープ=4WD派の人向けにはトレイルホークという4WDモデルが用意されますが、やはりレネゲードの良さは2WDで日常の生活を送る車として使えるという事です。ラングラーで買い物に行くのは少しつらいものがありますから。

価格も299万円からとなっており、VWのTクロスと同額。これは比較しなければなりません。

アウディ Q2

アウディ・Q2

アウディのコンパクトSUVである「Q2」は、全長が同社の「Q3」と比べても30cmほど短くアウディで最もコンパクトなSUVとなっています。

そして、クーペのような傾斜したルーフラインを持つにもかかわらず、後席の乗員にも十分なヘッドルームとレッグルームを確保しています。

後席の広さは、足元、頭上にタップリとした空間が残り、ラゲッジスペースも容量も深さも十分な空間が用意されています。

また、車体に対し1.0L及び1.4Lターボエンジンは、コンパクトSUVらしいきびきびとした走りをもたらしてくれます。

Q2のスペックと価格

アウディQ2のスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,200×1,795×1,520/1,530
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,497ターボ

最高出力kW(PS)/rpm

110(150)/5,000-6,000

最大トルクNm(kgm)/rpm

250(25.5)/1,500-3,500

WLTCモード燃費(km/L)
15.8

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

アウディQ2の車両本体価格


消費税込み価格(円)消費税抜き価格(円)
Q2 35 TFSI アドバンスド
3,940,0003,581,819
Q2 35 TFSI Sライン
4,300,0003.909,091

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです

Q2はこういう人におすすめ

アウディQ2

広々使える室内空間と最新の予防安全機能と必要十分なパワーを備え、なおかつ実用一点張りではない余裕とセンスのあるデザインのアウディQ2は、自分流のスタイルやファッションを楽しむ人におすすめのモデルといえるでしょう。

シトロエン C3エアクロスSUV

シトロエン・C3エアクロスSUV

その奇抜なデザインを、フランス流のセンスにまとめたエアクロスSUV。インテリアも含めて国産メーカーとは一味違う独自のセンスが見所です。1.2Lのピュアテック3気筒ターボもハイパワーではないけれど、2WDでこの大きさのボディなら実用性十分と言えます。

そして小ぶりなサイズながらも、スライド式の後席などの使い勝手や機能性も高い。それでいてドイツ車より低価格でコスパに優れているのもうれしい。もっと高級感をと思う人には「DS 3 クロスバック」という選択肢もあります。

C3エアクロスSUVのスペックと価格

シトロエン C3 エアクロス SUV

シトロエン C3 エアクロス SUVのスペック

全長×全幅×全高(mm)
4,160×1,765×1,630
エンジン・排気量(cc)

直列4気筒・1,195ガソリンターボ

最高出力kW(PS)/rpm

81(110)/5,500

WLTCモード燃費(km/L)14.7

※上記スペックは2021年6月現在のメーカー公式サイトによります。

シトロエン C3 エアクロス SUVの車両本体価格


消費税込み価格(円
FEEL
2,670,000
SHINE 
2,820,000

※上記価格は2021年6月現在のメーカー公式サイトによるものです

C3エアクロスSUVはこういう人におすすめ

シトロエン・C3エアクロスSUV

ポップなのに甘すぎず飽きがこない。こんなC3エアクロスSUVは、個性を大事にする、他の人と同じ車には乗りたくないという人に、そして国産車を買う予算しかないけど外車(輸入車)が欲しいという人たちにおすすめの一台といえます。

まとめ

コンパクトSUVを10台選んでみましたが、SUVにはまだ多くの種類があり、大きさだけでは分別できない要素がたくさんあります。

しかし、予算面で考えると今回のコンパクトSUVは非常に現実的であり、手の届く範囲ではないでしょうか。貴方ならどの車種を選びますか?

よくある質問

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。