目次へ戻る

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ハリアーを選ぶ理由その1  新型RAV4は思ったより大きい

◆ハリアーのボディサイズ
全長×全幅×全高:4725mm×1835mm×1690mm
ホイールベース:2660mm

◆RAV4のボディサイズ
ホイールベース:2690mm
全長×全幅×全高:4610mm×1865mm×1690mm

国内での先代モデルにあたるRAV4の全長はわずか4,335mm。ロングボディモデルにあたる「ヴァンガード」であっても4,600mmでした。

新型ではハリアーの10cmほどの長さまで伸び、幅にいたっては50mm広がり、ついにハリアーをも凌ぐまでになっています。

RAV4がコンパクトなSUVであることはもはや過去のことです。まずはこのことを知っておきましょう。

さらに、ホイールベースでもハリアーを上回った結果、最小回転半径もハリアーと同等かグレードによってはハリアーより大きくなっています。

先代モデルでも北米市場向けにサイズアップして3ナンバーサイズになっていましたが、新型ではさらにその傾向が強くなり日本国内では重要な狭い道や駐車場などでの使い勝手は考慮されず、より広く開放的な室内と走行安定性を強めることになっています。

したがって、ファミリーカーとして利用する99%のユーザーにとって、思ったより大きいサイズのRAV4よりむしろハリアーの方が使い勝手が良いという事になります。

ハリアーを選ぶ理由その2  新型RAV4よりハリアーの方が日本人好み?

インテリアなどは、通常は新しく出る車種の方が魅力的に映るのですが、ハリアーとRAV4の場合は同じメーカーの同クラスのSUVであっても、そのジャンルが大きく違うためにそう簡単に新しいほうが良いとは言い切れないのです。

新型RAV4は先代モデルよりオフロードテイストが全面に出ており、また北米市場を意識した機能性重視のワイルドなイメージですが、ハリアーは初代からのプレミアムSUVとしてのテイストをキープ、しかも国内専用車ということでRAV4より日本のユーザーに受け入れやすい造りとなっています。

特に、2019年7月2日に発売された、ブラックを基調としたハリアーの特別仕様車 PREMIUM“Style NOIR(ノアール)”などはその最たるもので、ブラック塗装の専用18インチアルミホイール、スモーク調メッキ加飾のヘッドランプエクステンション、漆黒メッキのフードモールやサイドプロテクションモールを採用することで上質感を演出しています。

また、インテリアでは、インストルメントパネルやドアトリム、ステアリングスイッチのベゼル部などに、ダークシルバー塗装を施し、ドアスイッチベースやシフトパネル、オプティトロンメーターにはピアノブラック加飾を施すことで、室内にシックで精悍な印象を際立たせています。

特別仕様車 PREMIUM“Style NOIR(ノアール)”

好みによって意見が分かれるかとも思いますが、日本人の好きな内外装でもてなすハリアーは、他メーカーであれば「RAV4キラー」というべき強力な対向車であり、年配者の方などの多くはハリアーに心動かされるのではないでしょうか。

ハリアーを選ぶ理由その3  新型RAV4はハリアーより割高

C-HRが発売された時、今回の新型RAV4以上の大ヒットを記録したことは今も記憶に残っています。しかし、その裏で最も販売に影響が出ると思われたトヨタのハリアーが、逆に急激に販売を伸ばしましていました。

その理由はクラス下でハリアーより小型のC-HRが、上級グレードになるとハリアーにかなり近い価格になるという事でした。

同じ金額を出すならより高級なプレミアムSUVのハリアーの方が良く見えるのは当然といえば当然の結果です。特に取り扱い販売店が統一されつつある現在では、新型RAV4はハリアーと同じ店頭に並ぶ可能性が多くなっています。

新型RAV4とハリアーの価格比較

新型RAV4 2.0L直噴ターボ車
2,608,200~3,137,400円
新型RAV4 2.5Lハイブリッド車
3,202,200~3,817,800円

ハリアー2.0L車
2,949,480~3,493,800円
ハリアー2.0L直噴ターボ車
3,380,400〜4,574,880円
ハリアー2.5Lハイブリッド車
3,774,600〜4,953,960円

C-HR

新型車種は値引きできなくても、発売から年数の立っている車種は値引きもされ、価格が逆転することもあります。そのことがC-HRより価格の近い新型RAV4でも起こりえます。

事実、エントリーグレード以外の新型RAV4の価格はハリアーとバッティングしています。

理由その1とその2があって、そして価格が同じなら、街乗りでしかSUVに乗らない大多数のユーザーがどのような判断を下すのか。

ちなみに一大ムーブメントを引き起こしたC-HRも、今はかつてほどの勢いはなく、ホンダのヴェゼル以下に販売ランキングを下げています。

まとめ

2019年中はおそらくRAV4が快進撃を続けることと思います。

しかしながら、RAV4の様なオフロード系の尖ったSUVがファミリーカーとして大ヒットを続けるのは、スポーツSUVのC-HRより難しいでしょう。

その理由は中心価格帯が300万円台ということと、1.8mを超える幅のボディサイズ。そして好みの分かれるデザインもあります。

したがって、同じ金額を払うならハリアーと思う人がさらに増えても驚きはしないのです。

関連する投稿


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。


今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

2019年度の新車販売台数累計を見ても、上位の多くを占めるトヨタ車は、中古車市場においても高い人気を誇ります。その中でも特に人気の高いおすすめしたい車種の中古車を(前モデルも含めて)ご紹介します。


【フルモデルチェンジ】トヨタ新型ハリアー発売 価格は299万円から

【フルモデルチェンジ】トヨタ新型ハリアー発売 価格は299万円から

トヨタハリアーがついにフルモデルチェンジして発売されます。1997年に高級SUVとしてデビューして以来、長年人気を牽引してきたハリアー。7年ぶりのフルモデルチェンジとなるハリアーについて、発売時期や価格などを調査し徹底解説していきます。新型ハリアーの最新画像、最新動画、最新情報満載です!


新型アルファードは2022年登場?姉妹車ヴェルファイアと統合か!?

新型アルファードは2022年登場?姉妹車ヴェルファイアと統合か!?

トヨタの人気ミニバン、アルファード。姉妹車のヴェルファイアと共に根強い人気があります。本記事では2022年以降発売されるかと噂されるアルファード新型の最新情報、姉妹車ヴェルファイアとの統合化の噂と合わせて、改めてアルファードについてまとめています。(※2020年5月更新しました)


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。