目次へ戻る

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


トヨタの大人気クロスオーバーSUV、ハリアーとは

「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発されたハリアー。
もともとは、初代と2代目モデルがレクサスブランドにおいて「RX」として販売されていたこと、ご存知でしたか?3代目ハリアーにフルモデルチェンジした後は、レクサスRXから分離・独立して、日本国内専売車種となりました。

そんなハリアーについて見ていきましょう。

ハリアーのかっこいいイメージムービー、CMはこちら。

日本の高級ブランドレクサス人気車種!LC RX RC LFA 紹介

http://matome.response.jp/articles/38

日本車の高級ブランドとして世界中で認められる強固な地位を築いた「レクサス」。スポーツ、セダン、ハイブリッド、SUV、クーペと、さまざまなラインナップが揃えられています。2017年春に展開予定の注目すべき新型モデルはどんな車でしょう?

ハリアーのエンブレムは、トヨタマークじゃない!?

車名の由来は、鷹の一種である「チュウヒ」の英語名。それにちなんで、エンブレムのモチーフもチュウヒになっています。

トヨタのハリアー スペック完全網羅

トヨタ ハリアー エクステリアデザイン

ハリアーのエクステリアのコンセプト、それは初代ハリアーから引き継がれています。

ハリアーらしさ、について、豊田自動織機自動車事業部技術部デザイン室車両デザイン第1グループの冨田健二さんは「“WILD but FORMAL”という初代ハリアーからのテーマは引き継がれている。フォーマルではあるものの、どこか着崩したようなフォーマル感。少し着崩すことで、色気や艶っぽい雰囲気を醸し出している。そこがハリアーらしさだ」と語っていました。

また、2013年に発売された、現行のハリアー新型ではこのテーマを継承し、さらに磨きをかけていきました。

ハリアー新型デザイン、「プロポーションやデザインで勝負」

今回のハリアーの「エクステリアデザインのキーワードは、“Elegant Velocity(エレガント・ヴェロシティ)”」と話すのは、豊田自動織機自動車事業部技術部デザイン室車両デザイン第1グループの冨田健二さん。

「スピード感のある伸びやかさ、勢いを感じさせるようデザインした。あまりごちゃごちゃしたデザインではなく、プロポーションやスタンスで勝負している」そうです。

具体的には、「フロントオーバーハングをあえて長く取り、リアオーバーハングはかなり短く切り詰めた。こういうプロポーションで躍動感を表現している」とし、面に関しては、「凄くシンプルに作った。シンプルに作れば作るほどごまかしがきかなくなるので、面の練り込みなど細かいところには気を使い仕上げた」と述べていました。

トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」

ハリアー インテリアデザイン

ハリアーは、シンプルでありながら、豊かさが細部にまで行き渡るインテリアを目指しました。

トヨタ製品企画本部ZD技範の石井隆さんによると、ハリアー新型のインテリアは、「画期的に“飛ぶ”ことをテーマにしたことから、ハリアーらしさという点では、全く残っていない。高級感、本物感のある、いかにも職人が手を入れたようなという内装だ。対して、外観は、ハリアーをある程度残しながら、正常進化という表現で、デザインした」と語りました。

ハリアー 搭乗人数、シートカラー

トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”

ハリアーのシートは5人乗りです。
シートの色は、ブラック、アイボリーの2色のカラーバリエーション。
また、シートの表皮は、本革かファブリック(上級)+合成皮革があります。

トヨタ『ハリアー』のインテリアは、これまでとは違う発想でデザインされていったという。

トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部グループ長の上新隆さんによると、「ディープボルドーというボルドーワインの深い味わいをイメージしたインテリアカラーがあり、この色、そして使っている素材や仕立てありきでデザインのテーマが出来たのだ」と話す。

つまり、「まずはこのカラーを使おう。そこに似合うインテリアデザインがどういうものかをデザインしていった。当然新しい形ではあるものの、まずはこの取り組み方や、発想の仕方が(これまでとは)違っており、この考えが途中で変わることなく製品にまで結実したことを今回アピールしたい」という。

ハリアー カラーバリエーション

ハリアーのボディカラー、カラーバリエーションは全部で7色です。

ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
ブラック
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
ブラッキッシュレッドマイカ
ダークブラウンメタリック

このラインナップを見ると、ブラック系の色味が多いことがわかりますね。

このダーク系を中心としたカラーバリエーションは、豊田自動織機自動車事業部技術部デザイン室車両デザイン第1グループの冨田氏によると、「夕暮れ時にどの色も黒と錯覚してしまう微妙なニュアンスを持つ色を揃えました。イメージはダークスーツです」と述べています。

ハリアー ボディサイズは?他のSUVと比べてどう?

ハリアーのボディサイズは、

・全長 4,720mm
・全幅 1,835mm
・全高 1,690mm

となっています。

この大きさは、日産のSUV、エクストレイル
・全長 4640mm
・全幅 1,820mm
・全高 1715mm


マツダのSUV、CX-5とほぼ同じくらいの大きさです。
・全長 4,545mm
・全幅 1,840mm
・全高 1,690mm

日産 エクストレイル

マツダ CX-5

ハリアー 燃費情報 他のSUVと比較した結果!

ハリアー、気になる燃費はどれくらいなのでしょうか。

《ハイブリッド車 燃費》
・ハイブリッド車(PREMIUM"Advanced Package"、PREMIUM、ELEGANCE):21.4km/L
・ハイブリッド車(GRAND):21.8km/L

ちなみに、ライバル車と比較してみると、
・日産 エクストレイル 20.0km/L(4WD)
・ホンダ ヴェゼル 21.6-23.2km/L(4WD)

この数字だけを見てしまうと、ハリアーはヴェゼルにやや劣っているという印象を持たれてしまいますが、
なんと言ってもハリアーはヴェゼルよりも少し大きいので、大きさの違いを踏まえると、やはりハリアーはすばらしい燃費を誇っていると言えるでしょう。

《ガソリン車 燃費》
・ガソリン車(2WD全車):16.0km/L
・ガソリン車(4WD車(PREMIUM”Advanced Package”)):14.8km/L
・ガソリン車(4WD車(PREMIUM、ELEGANCE、GRAND):15.2km/L

※全てJC08モード

ハリアー 安全性能

プリクラッシュセーフティシステム、インテリジェントクリアランスソナー搭載

ハリアーには、プリクラッシュセーフティシステムが搭載されています。

この、プリクラッシュセーフティシステムとは、
進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援するもの。

万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速。

またドライバーがブレーキを踏めなかった時には、プリクラッシュブレーキが作動。

先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

「高級・進化・新規」をテーマに開発されたハリアーは、近年の新型車には定番となりつつあるプリクラッシュセーフティシステムをはじめとした各種安全装置のほか、高級車らしい充実した装備を標準グレードから設定したことで、お買い得感を高めている。

JNCAP予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

また、ハリアーにはアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与する、インテリアクリアランスソナーを搭載しました。

車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を新たに追加したものです。

トヨタ ハリアー | 安全装備 | 予防安全 | トヨタ自動車WEBサイト

http://toyota.jp/harrier/safety/active/

toyota.jp ハリアーの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。

ハリアー 一番気になる!グレード、価格、中古車情報完全網羅

トヨタ ハリアー グランド

一番気になるのはズバリ、価格、お値段ですよね。
ハリアーは一体どれくらいのお値段なのでしょうか。

ハリアーのグレード別価格 紹介!

《ハイブリッド車》
※北海道地区では値段が異なります
・PREMIUM“Advanced Package” 4,591,963円
・PREMIUM 4,032,000円
・ELEGANCE 3,774,857円
・GRAND 3,713,143円

《ガソリン車》
・PREMIUM“Advanced Package” 4WD  3,891,927円
・PREMIUM“Advanced Package” 2WD 3,697,527円
・PREMIUM 4WD 3,331,543円
・PREMIUM 2WD 3,137,143円
・ELEGANCE 4WD 3,074,400円
・ELEGANCE 2WD 2,880,000円
・GRAND 4WD 2,992,114円
・GRAND 2WD 2,797,714円
・Gʼs 4WD 3,485,455円
・Gʼs 2WD 3,291,055円

一番値段が高いグレードは、ハイブリッド車のPREMIUM“Advanced Package”で4,591,963円。
逆に一番値段が安いグレードはガソリン車の、GRAND 2WD 2,797,714円となっているようです。

ハリアー 中古車の価格帯

場所やお店、グレードなどによって値段は左右されますが、
ハリアー新型は290万~400万あたりの価格で購入できるようです。

新車に比べると、少しばかりお安くなりますので、中古車を購入するという選択肢も良いかもしれませんね。

トヨタ ハリアー 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S114/

トヨタ ハリアーの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ハリアー 試乗記紹介

ハリアー ガソリン車 試乗

きらめき感あるエクステリアはインパクトと先進感、新鮮味あるものだ。インテリアにしてもソフトパッドを奢るインパネ回り、8インチディスプレーを含む艶やかなフラットパネルが美しいセンターコンソール、シートデザインなど、高級感と先進性が見事。ガソリン車でも十分に新型らしさを味わえる。

走り出せば、加速感は実に軽快。17インチタイヤ装着車であれば乗り心地も滑らかで快適そのもの。操縦性は自然でクセがなく、始めてステアリングを握ったとしても、すぐにクルマを手足のように操れる感覚だ。ホイールベースの短縮が功を奏し、最小回転半径は先代の5.7mに対してウィッシュ並みの5.3mに。これならUターンの容易性だけでなく駐車のしやすさも抜群だ。

ハリアー ガソリン車の燃費性能の感触は

実燃費は市街地30%、高速70%で13km/リットル前後を記録(同条件でHVは15km/リットル程度)。ミッドサイズのラグジュアリーなSUVとしてはなかなかの燃費性能と言えそうだ。

もちろん、ハイブリッドも魅力的だが、価格差はエレガンス・グレード基準でハイブリッドとガソリン4WD同士では約70万円、ガソリンFFになれば約90万円に広がる。このクルマのオンロード&都会派のキャラクターからすれば、走行性能は200万円台後半から手に入るガソリン車のFFで十分とも思える。

ハリアー ハイブリッド車 試乗

ガソリン車との違いは?

直4の2リットルエンジンとなったガソリン車との内外装の違い、演出は最小限。たとえばメーター回りも2眼メーターの左側が回転計(ガソリン車)、ハイブリッドシステムインジケーターになるだけ。ソフトパッドを奢るインパネ表皮、超高級車さなからの各所のステッチやシート地のデザインなどの仕立て、高級感は素晴らしく、新型ハリアーのハイライトのひとつだが、それもまたガソリン車と大きく変わらない。

ハリアーHV すばらしい低燃費 

先進感と未来感、きらめき感あるスタイリング、インテリアからすれば、HVとの相性がいいと感じてしまうのは当然だろう。ハイブリッドシステムは直4 2.5リットルエンジンにフロント&リヤモーターを加えたもので、駆動方式はエスティマなどにも採用されるE-Fourと呼ばれるもの。プロペラシャフトを持たず、直接モーターが後輪を駆動する電子式4WDである。スタート時や加速中、前輪がスリップしたときには4WD、通常走行時にはFF状態となり、燃費に貢献する。

システム出力は197ps。エンジン排気量の余裕もあり、2リットルガソリン車の151psを大きくしのぐ。燃費性能も最高21.8km/リットルとクラス最上である。

ハリアー ハイブリッドとガソリン車、どっちを買うか悩んだ時は…

高速70%、市街地30%走行時の実燃費はゆったりと流せば最高15km/リットル前後。SUVとしては文句なくいい数値ではあるが、ガソリン車との差は約13%(同13km/リットル前後)と思ったほど大きくない。これをどう見るか。内外装、装備の差別化が少ないガソリン車との価格差は駆動方式によって70~90万円程度もあるのだから悩める…。

購入検討時にはガソリン、ハイブリッド両車に試乗すべきだが、街乗りメインなら2リットルのガソリン車でも十二分の性能ではある。ナビを付けるなら、あくまでデザイン&機能的に30万円以上する純正ナビ装着になることも忘れずに。

トヨタ・レクサスのSUVを一覧で比較したい方はこちら

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。