トップへ戻る

レクサスRXってどんなSUV?価格・燃費・中古価格・評価ほか

レクサスRXってどんなSUV?価格・燃費・中古価格・評価ほか

高級車ブランド「レクサス」の新感覚SUVである「レクサスRX」の性能や燃費、実際の評価もまとめてご紹介していきます。SUVが気になっている方は是非「レクサスRX」本記事を読んでみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日本国内では「トヨタ・ハリアー」として1998年に登場

1998年に「ハリアー」として国内で販売されたのが初代の「レクサスRX」で、「高級クロスオーバーSUV」ということで特に北米で大ヒットしたモデルです。

発売から5年間の販売台数は約37万台にも昇り、レクサスRXが登場したことで、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されることにもなりました。

また、2005年には高級クロスオーバーSUVとしては世界初となるハイブリッドモデルがラインナップに追加され、こちらも人気車種となっています。

2003年にモデルチェンジして「ハリアー」の2代目となる

2003年2月にフルモデルチェンジが行われ、2台目「ハリアー」として国内では発売されました。

V6 3,000ccの最上級グレード (AIRS)には電子制御エアサスペンションが搭載され、ミリ波レーダーを併用する自動車装備として、世界初となるプリクラッシュセーフティシステムがオプションとして選択可能になったところが大きな特徴です。

2006年1月の一部改良では、1MZ-FEエンジンが廃止され、新開発の3,500cc・2GR-FEエンジンが採用されました。

さらに350Gの2WD車にVSC&TRCを標準装備とし、240Gと350Gにはオートレベリング機構付きのディスチャージヘッドランプを設定して、全車に標準装備にしました。

また全車にシートベルト警告ブザー、2鏡面式補助確認装置、ワイヤレスドアロック対応キー3本を標準設定し、カーナビゲーションをHDDタイプに改めるなど装備がかなり充実しました。

スペックは次の通りです。

ボディタイプ5ドア クロスオーバーSUV
エンジン

2003年2月-2005年12月モデル:
2AZ-FE型 2.4L 直4 160PS

2006年1月-2013年10月モデル:
2AZ-FE型 2.4L 直4 160PS
2GR-FE型 3.5L V6 280PS
1MZ-FE型 3.0L V6 220PS

駆動方式FF / 4WD
変速機4速AT / 5速AT
ボディサイズ

全長4,735mm、全幅1,845mm、全高1,670-1,680mm

3代目モデルから国内でもレクサスRXとしてデビュー

2009年1月よりついに国内でも「レクサスRX」として発売されました。

「レクサスRX」はこれまでにはなかった、くつろぎの時間を提供するプレミアムクロスオーバーSUVとして誕生しました。

特徴としては伸びやかで余裕のある走行性能と高い省燃費性能や、「統合安全コンセプト」に基づいた先進の安全性能。そして優れた居住性と走行性能を持つプレミアムセダンとSUVらしいモダンで洗練されたスタイリングと機能性などが挙げられます。

発売当初のラインナップはガソリンエンジンの「RX350」とハイブリッドモデルの「RX450h」で、両車ともにV型6気筒3.5 Lエンジンが搭載され、2010年8月には直列4気筒2.7 Lエンジンを搭載する「RX270」もラインナップに追加されました。

RX350のスペック
ボディタイプ
5ドア SUV
エンジン2GR-FSE型:3,456cc V型6気筒DOHC
駆動方式
FF/アクティブトルクコントロールAWD
最高出力206kW (280PS)/6,200rpm
最大トルク348N・m (35.5kgf・m)
変速機6速AT(6 Super ECT)
ボディサイズ
全長4,770mm、全幅1,885mm、全高1,690mm

レクサスRX 現行モデルは2015年に発売

2015年10月に発売された現行モデルは、先代から続くレクサスラインナップに共通したスピンドルを大胆にとり入れていて、ダイナミックで洗練されたボディデザインになっています。

迫力いっぱいのフロントグリルとフロントバンパーからボンネットの造形をはじめ、繊細な薄型ヘッドランプやボリューム感あふれる流れるようなサイドビュー、クォーターピラーが浮いたようなユニークなボディスタイル、そしてディフューザーを装備した安定感のあるリヤビューなど、個性的なエクステリアが特徴となっています。

スペックは次の通りです。

ボディタイプ

5ドアSUV
エンジン8AR-FTS型:1,998cc 直列4気筒 直噴DOHCターボ
駆動方式FFダイナミックトルクコントロールAWD
最高出力175kW (238PS)/4,800-5,600rpm
最大トルク350N・m (35.7kgf・m)/1,650-4,000rpm
変速機6速AT(6 Super ECT)
ボディサイズ

全長4,890mm、全幅1,895mm、全高1,710mm

2018年8月、特別仕様車ブラックシークエンス発売

レクサス LX 特別仕様車 三眼フルLEDヘッドランプ(特別仕様車専用クリアブラック)

レクサス LX 特別仕様車 三眼フルLEDヘッドランプ(特別仕様車専用クリアブラック)

2018年8月23日から、レクサスは国内における累計販売台数50万台達成したことを記念して、GS・IS・CT・LX・RX・NXの各モデルに特別仕様車である「Black Sequence」を設定しました。

RXの特別仕様車「Black Sequence」は、標準仕様をベースにスピンドルグリル、LEDフロントフォグランプベゼル、アルミホイール、リヤバンパーロアガーニッシュなどのカラーをブラックとし、エクステリアに精悍な印象付けをしています。

そしてインテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキなどを標準設定し、安全運転を支援する装備も充実させているのが特徴です。

レクサスRXの性能や評価は?

レクサスRX改良新型

レクサスRX改良新型

262馬力、335Nmのスペックを持つV6・3.5リットルエンジンに167馬力、335Nmのモーターを組み合わせたハイブリッドユニットがフロントタイヤを駆動、リヤは68馬力139Nmのモーターで駆動するE-FOURシステムを採用。雪道などの滑りやすい路面ではもちろん、コーナリング時のトルク配分も担い安定感を向上している。

このように乗り心地にも配慮し、軽快な走りも楽しめるのがRXの良いところと言えそうです。

レクサス RX 燃費はモデルごとでかなり違うの?

燃費につきましては
初代モデルが10・15燃費で9,1km/Lから11,0km/L、実燃費が6,67km/Lから9,92km/Lとなります。
2代目モデルが10・15燃費で9,0km/Lから9,7km/L、実燃費が6,08km/Lから8,38km/Lです。
3代目モデルがJC08燃費で9,1km/Lから10,0km/L,実燃費が9,32km/Lです。
4代目モデルがJC08燃費で11,2km/Lから11,8km/L、実燃費が9,68km/Lから9,72km/Lとなっています。

レクサス RX各モデルの中古車価格はどれくらい?

中古車価格は初代モデルが1999年の型式で走行距離が8,9万キロのものが19,8万円で安く、2003年の型式で走行距離が3,9万キロのものが129万円となっています。

2代目モデルは2004年の型式で走行距離が10,1万キロのものが28,8万円と安く、2009年の型式で走行距離が8,1万キロのものが139,8万円となっています。

3代目モデルが2009年の型式で走行距離が20,0万キロのものが99万円と安く、2015年の型式で走行距離が4,1万キロのものが628万円と高値になっています。

現行モデルでは2015年の型式で走行距離が4,2万キロのものが258万円と安く、2019年の型式で走行距離が13kmのものが852,2万円と高値がついています。

このように初代モデルでも中古価格であっても、100万円を超えるという流石高級車という価格になっています。

まとめ

海外でも高い人気を誇っていた「レクサスRX」は、やっぱりどこから見てもカッコイイです。

値段はそれなりにしますがそれだけの価値があります。

ただし中古車になると価格も手ごろなものもありますし、台数も結構揃っているので自分に見合ったものが探せると思います。中古でレクサスRXを買って、豪華な気分を味わってみましょう。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 RX SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。