トップへ戻る

レクサスRXってどんなSUV?価格・燃費・中古価格・評価ほか

レクサスRXってどんなSUV?価格・燃費・中古価格・評価ほか

高級車ブランド「レクサス」の新感覚SUVである「レクサスRX」の性能や燃費、実際の評価もまとめてご紹介していきます。SUVが気になっている方は是非「レクサスRX」本記事を読んでみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日本国内では「トヨタ・ハリアー」として1998年に登場

1998年に「ハリアー」として国内で販売されたのが初代の「レクサスRX」で、「高級クロスオーバーSUV」ということで特に北米で大ヒットしたモデルです。

発売から5年間の販売台数は約37万台にも昇り、レクサスRXが登場したことで、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されることにもなりました。

また、2005年には高級クロスオーバーSUVとしては世界初となるハイブリッドモデルがラインナップに追加され、こちらも人気車種となっています。

2003年にモデルチェンジして「ハリアー」の2代目となる

2003年2月にフルモデルチェンジが行われ、2台目「ハリアー」として国内では発売されました。

V6 3,000ccの最上級グレード (AIRS)には電子制御エアサスペンションが搭載され、ミリ波レーダーを併用する自動車装備として、世界初となるプリクラッシュセーフティシステムがオプションとして選択可能になったところが大きな特徴です。

2006年1月の一部改良では、1MZ-FEエンジンが廃止され、新開発の3,500cc・2GR-FEエンジンが採用されました。

さらに350Gの2WD車にVSC&TRCを標準装備とし、240Gと350Gにはオートレベリング機構付きのディスチャージヘッドランプを設定して、全車に標準装備にしました。

また全車にシートベルト警告ブザー、2鏡面式補助確認装置、ワイヤレスドアロック対応キー3本を標準設定し、カーナビゲーションをHDDタイプに改めるなど装備がかなり充実しました。

スペックは次の通りです。

ボディタイプ5ドア クロスオーバーSUV
エンジン

2003年2月-2005年12月モデル:
2AZ-FE型 2.4L 直4 160PS

2006年1月-2013年10月モデル:
2AZ-FE型 2.4L 直4 160PS
2GR-FE型 3.5L V6 280PS
1MZ-FE型 3.0L V6 220PS

駆動方式FF / 4WD
変速機4速AT / 5速AT
ボディサイズ

全長4,735mm、全幅1,845mm、全高1,670-1,680mm

3代目モデルから国内でもレクサスRXとしてデビュー

2009年1月よりついに国内でも「レクサスRX」として発売されました。

「レクサスRX」はこれまでにはなかった、くつろぎの時間を提供するプレミアムクロスオーバーSUVとして誕生しました。

特徴としては伸びやかで余裕のある走行性能と高い省燃費性能や、「統合安全コンセプト」に基づいた先進の安全性能。そして優れた居住性と走行性能を持つプレミアムセダンとSUVらしいモダンで洗練されたスタイリングと機能性などが挙げられます。

発売当初のラインナップはガソリンエンジンの「RX350」とハイブリッドモデルの「RX450h」で、両車ともにV型6気筒3.5 Lエンジンが搭載され、2010年8月には直列4気筒2.7 Lエンジンを搭載する「RX270」もラインナップに追加されました。

RX350のスペック
ボディタイプ
5ドア SUV
エンジン2GR-FSE型:3,456cc V型6気筒DOHC
駆動方式
FF/アクティブトルクコントロールAWD
最高出力206kW (280PS)/6,200rpm
最大トルク348N・m (35.5kgf・m)
変速機6速AT(6 Super ECT)
ボディサイズ
全長4,770mm、全幅1,885mm、全高1,690mm

レクサスRX 現行モデルは2015年に発売

2015年10月に発売された現行モデルは、先代から続くレクサスラインナップに共通したスピンドルを大胆にとり入れていて、ダイナミックで洗練されたボディデザインになっています。

迫力いっぱいのフロントグリルとフロントバンパーからボンネットの造形をはじめ、繊細な薄型ヘッドランプやボリューム感あふれる流れるようなサイドビュー、クォーターピラーが浮いたようなユニークなボディスタイル、そしてディフューザーを装備した安定感のあるリヤビューなど、個性的なエクステリアが特徴となっています。

スペックは次の通りです。

ボディタイプ

5ドアSUV
エンジン8AR-FTS型:1,998cc 直列4気筒 直噴DOHCターボ
駆動方式FFダイナミックトルクコントロールAWD
最高出力175kW (238PS)/4,800-5,600rpm
最大トルク350N・m (35.7kgf・m)/1,650-4,000rpm
変速機6速AT(6 Super ECT)
ボディサイズ

全長4,890mm、全幅1,895mm、全高1,710mm

2018年8月、特別仕様車ブラックシークエンス発売

レクサス LX 特別仕様車 三眼フルLEDヘッドランプ(特別仕様車専用クリアブラック)

レクサス LX 特別仕様車 三眼フルLEDヘッドランプ(特別仕様車専用クリアブラック)

2018年8月23日から、レクサスは国内における累計販売台数50万台達成したことを記念して、GS・IS・CT・LX・RX・NXの各モデルに特別仕様車である「Black Sequence」を設定しました。

RXの特別仕様車「Black Sequence」は、標準仕様をベースにスピンドルグリル、LEDフロントフォグランプベゼル、アルミホイール、リヤバンパーロアガーニッシュなどのカラーをブラックとし、エクステリアに精悍な印象付けをしています。

そしてインテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキなどを標準設定し、安全運転を支援する装備も充実させているのが特徴です。

レクサスRXの性能や評価は?

レクサスRX改良新型

レクサスRX改良新型

262馬力、335Nmのスペックを持つV6・3.5リットルエンジンに167馬力、335Nmのモーターを組み合わせたハイブリッドユニットがフロントタイヤを駆動、リヤは68馬力139Nmのモーターで駆動するE-FOURシステムを採用。雪道などの滑りやすい路面ではもちろん、コーナリング時のトルク配分も担い安定感を向上している。

このように乗り心地にも配慮し、軽快な走りも楽しめるのがRXの良いところと言えそうです。

レクサス RX 燃費はモデルごとでかなり違うの?

燃費につきましては
初代モデルが10・15燃費で9,1km/Lから11,0km/L、実燃費が6,67km/Lから9,92km/Lとなります。
2代目モデルが10・15燃費で9,0km/Lから9,7km/L、実燃費が6,08km/Lから8,38km/Lです。
3代目モデルがJC08燃費で9,1km/Lから10,0km/L,実燃費が9,32km/Lです。
4代目モデルがJC08燃費で11,2km/Lから11,8km/L、実燃費が9,68km/Lから9,72km/Lとなっています。

レクサス RX各モデルの中古車価格はどれくらい?

中古車価格は初代モデルが1999年の型式で走行距離が8,9万キロのものが19,8万円で安く、2003年の型式で走行距離が3,9万キロのものが129万円となっています。

2代目モデルは2004年の型式で走行距離が10,1万キロのものが28,8万円と安く、2009年の型式で走行距離が8,1万キロのものが139,8万円となっています。

3代目モデルが2009年の型式で走行距離が20,0万キロのものが99万円と安く、2015年の型式で走行距離が4,1万キロのものが628万円と高値になっています。

現行モデルでは2015年の型式で走行距離が4,2万キロのものが258万円と安く、2019年の型式で走行距離が13kmのものが852,2万円と高値がついています。

このように初代モデルでも中古価格であっても、100万円を超えるという流石高級車という価格になっています。

まとめ

海外でも高い人気を誇っていた「レクサスRX」は、やっぱりどこから見てもカッコイイです。

値段はそれなりにしますがそれだけの価値があります。

ただし中古車になると価格も手ごろなものもありますし、台数も結構揃っているので自分に見合ったものが探せると思います。中古でレクサスRXを買って、豪華な気分を味わってみましょう。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 RX SUV

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。