目次へ戻る

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV「LX」のベース車となるトヨタのランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサス LXは、レクサスの最上級SUV

「LX」は、レクサスブランドのフラッグシップSUVです。 レクサスLXは、トヨタ店のみが取扱いしている「ランドクルーザー」の姉妹車になり、1996年に初めて登場した初代モデルから3代目モデルの途中まで北米中心の海外市場専用モデルとして販売されていました。

左ハンドルの設定しか取扱いが無く台数も非常に少なく希少価値がついている中古車も実際にあります。

2015年の8月から、日本国内でも発売されランドクルーザーの上級グレードにあたる「ランドクルーザー シグナス」として発売されていました。

レクサスLXは、ランドクルーザー同様に、ラダーフレームに高度なオフロード走行性能にフルタイムAWDの組み合わせによって、どの様な路面状況でも問題なく進むことができ、大きなボディで力不足を感じさせないエンジンが搭載されています。

レクサスLXはランドクルーザーがベース!?

高級SUVで人気のあるトヨタ「ランドクルーザー200」とレクサス「LX」は、同じプラットフォームに車体形状やボディサイズにメカニズムなどが採用されています。しかし、トヨタ「ランドクルーザー」の新車価格は約480万円からの設定になっているとことレクサス「LX」はランドクルーザー200の2倍の価格設定になっています。

価格設定が倍になっているレクサス「LX」の特徴は、エクステリア・内装・品質どれも最上級で豪華になり価格に見合った内容になっています。

ずっしりと構えるボディなのに、一度運転してみると「静寂性」「安定性」「操作性」に拘りがありレクサス「LX」でしか味わうことができません。輸出向けに製造された「LX」の顧客は、中近東や北アメリカに多くなっています。

1996-2007年 LX450

1996年-1997年 初代モデル

ボディタイプ   5ドアSUV
エンジン   1FZ-FE型/直列6気筒215ps
排気量    4.500cc
駆動方式   AWD
変速機    4速AT
寸法    全長4,820mm×全幅1,930mm×全高1,850mm
車両重量   2,100kg

レクサス初のプレミアムSUVは1996年国内で製造し、海外で販売されていました。ベース車種は、トヨタのランドクルーザー80系でフロントグリルやヘッドライトにバンパーやホイールなどをLX専用デザインになっています。

1998-2007年 LX470

1998年-2007年 2代目モデル

ボディタイプ   5ドアSUV
エンジン   2UZ-FE型/V型8気筒275ps
排気量    4.7L
駆動方式   AWD
寸法    全長4,890mm×全幅1,940mm×全高1,850mm
車両重量   2,535kg

2代目モデルは、ランドクルーザー100系がベースになり初代モデルではあまり人気がでませんでしたが2代目LX470では成功を収めています。

エクステリアのデザインや、ステップ灯や内装の室内灯にLEDが採用されインテリアには本木目パネルに、パワーシートなど最高級SUVにふさわしい上級装備がふんだんに搭載され高級SUVのベストに認定されています。

2007年 LX570

2007年 海外発売 3代目モデル
2015年 国内発売 3代目モデル

型式       Lx570
乗車定員     5人乗り/8人乗り
ボディタイプ   5ドアSUV
エンジン   3UR--FE型/V型8気筒DOHC
排気量    5,662型
駆動方式   四輪駆動
サスペンション  ダブルウィッシュボーン×トレーニングリンダ
寸法    全長5,080mm×全幅1,980mm×全高1,910mm
車両重量   2,660-2,740kg
車体価格 1100万~1170万円
JC08モード燃費      6.5km/L

2007年にフルモデルチェンジが行われ、2015年8月20日に日本市場に導入され発売が開始されました。

ベースが同じですがレクサスLX570は、「豪華で高級に優雅や威厳などを持ち合わせる」になり新しい時代の要望によって誕生した高級SUV車です。

レクサスLX エクステリアとインテリア

レクサスLXのエクステリアは、SUVの頂点にふさわしいオーラに力強さとラグジュアリー性があります。エクステリアのデザインは、シャープなシルエットに上質なグリルメッキや三眼フルLEDヘッドランプとデイライト機能付きLEDクリアランスランプはL字に配置され昼間と夜間では見え方も異なっています。殆どの機能が標準装備で付いています。

インテリアは、運転席にドアや2列目に3列目どこも高品質で収納も多く実用性に優れています。3列目の居住空間もしっかり確保されどこに座っても心地が良い空間を演出することができます。本格クロカンの性能を持ち、全長5m越えのロングボディで大人が8人乗車してもくつろぐことができるのは、レクサスLXならではといえます。

レクサスLX 中古車価格

レクサスLX 初代モデル
中古車価格 不明

レクサスLX 2代目モデル
中古車価格 195万~365.8万円
※認定車 無し/左ハンドルのみ

レクサスLX 3代目モデル2015年以降
中古車価格 887.2万~1.070万円 

レクサスLXの中古車の台数が多い年式は、2015年以降からになっています。2代目モデルは探せば見つけることができますが台数が非常に少ないです。

認定中古車以外でも中古車を取扱いしている販売店はありますが、メンテナンス費用などを考えると保証がある「認定中古車」がお勧めです。

最後に レクサスLXは高いけどその価値がある車!

レクサスLXは、大きなボディと大きなエンジン、高級感あふれる室内に、満足できる走行性能などどれを見ても満足できる車です。中古車になると、車体価格と比べて安く購入することができますが800万円オーバーになっています。国内で維持するには非常にお金がかかるレクサスLXですが、それでも満足できる車と言っていいでしょう。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 LX SUV

関連する投稿


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

「ラダーフレーム」とは、その名の通りはしご型のフレームのことです。国内外のSUV車に、広く採用されています。軽度の衝撃にはびくともせず安心して運転できます。ラダーフレームが変形してしまった場合の修理料金や修理方法など詳しく紹介していきます。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

スーパーカーとは、自ら名乗るものではなく、世界で認められた車がそう呼ばれて存在するもの。その基準で考えれば、レクサス LFAは、誰もが認めるスーパーカーでしょう。4千万円に届こうかという新車価格と、全世界500台限定という稀少性によって、限られたオーナーしか知り得ない国産車の頂点の世界には、どんな景色が広がっているのでしょうか? ご紹介いたします。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。