トップへ戻る

【2020年最新版】マツダが発売中の現行車種一覧

【2020年最新版】マツダが発売中の現行車種一覧

あなたの好きなマツダ車は何ですか?本記事では、新車で購入できるマツダの現行車種をボディタイプ別にご紹介しています。CX-30、マツダ3、そしてロードスターなど(SUV、セダン、ミニバン、軽自動車)マツダの車種情報、燃費や価格情報などをまとめています。マツダが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2020年最新版】マツダの発売する現行車種一覧

本記事では、新車で購入できるマツダの現行車種をボディタイプ別にご紹介しています。

CX-30、マツダ3、そしてロードスターなど(SUV、セダン、ミニバン、軽自動車ほか)気になる情報をまとめています。

マツダの現行 SUV一覧

CX-5の発売以降、マツダはSUVをメインに据えることとなり、新規モデルを次々に導入しラインナップの充実を図っています。

特徴としては他に類を見ない複雑な曲面を採用したデザインテーマ「魂動(こどう)」を全面採用したデザインと、高品質なインテリア。

そして人馬一体を実現する走行性能です。

現行のマツダのSUVラインナップは、CX-3、CX-5、CX-8そして新しく加わったCX-30の4車種です。

CX-3(シーエックススリー)

CX-3とは?

マツダ CX-3

スタイリッシュでスポーティーなデザインと、使いやすいコンパクトなパッケージング、そして運転が楽しくなる走行性能が特徴です。

エンジンは、トルクと燃費性能を両立する1.8Lのクリーンディーゼルと、2.0Lのガソリンエンジンをラインナップしています。

また、全グレードに6ATと6MT、2WDと4WDが設定されています。SUVとしては車高が低くスポーツクーぺとしての性格を合わせ待ち、1人もしくは2人で走りを楽しむライフスタイルに向いた車種と言えます。

CX-3 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

マツダ CX-3

燃費ではディーゼル車の方が良く、燃料代もリッター当たり10円以上少ないなど維持費が安く上がります。

力強い走りも得られることも相まって、高い人気を誇っています。ただし、ガソリン車はディーゼル車に比べて価格が約30万安いという長所があります。

■WLTCモード燃費
1.8Lディーゼルエンジン車(km/L):19.0~23.2
2.0Lガソリンエンジン車(km/L):15.2~16.2

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):4,275×1,765×1,550

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
2,127,600~3,094,480円

■中古車相場
99.8~303万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年11月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年11月現在)

CX-3をもっと深堀り!

マツダ CX-3

マツダのSUVラインナップの中ではもっとも小さいCX-3は、CX-5より全長で27センチ短く「マツダ2(旧デミオ)」クラスの大きさなので取り回しが非常に良いSUVとなっています。

また、現在装備アップされた特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブ モッズ)」が設定されています。

CX-30(シーエックスサーティー)

CX-30とは?

マツダCX-30

マツダで一番新しいSUVとなるCX-30は、ベースとなるCX-3のコンパクトさと、スタイリッシュな「魂動(こどう)」デザイン、そして人馬一体の走行性能を持ちながらも、室内の広さや荷室の広さと言った機能性も併せ持つCXシリーズ最高傑作となっており、CX-3ではちょっと狭いなと思っているファミリー層にはまさにピッタリの車種となっています。

また、1.8Lのクリーンディーゼルと、2.0Lのガソリンエンジンに加えて、世界で初めて実用化した新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」を搭載するグレードも2020年1月下旬には発売予定となっており、多彩なエンジンラインナップも魅力となっています。

CX-30 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■WLTCモード燃費(km/L):
1.8Lディーゼルエンジン車:18.4~19.2
2.0Lガソリンエンジン車:15.4~16.2
スカイアクティブX車:未定

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):4,395×1,975×1,540

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)
2,392,500~3,713,600円

■中古車相場
発売直後のため未確定
※新車情報は公式サイト調べ(2019年11月現在)

CX-30をもっと深堀り!

マツダCX-30 リアシート

CX-30はこれもでの「カッコイイけど後部座席がせまい」「荷室の容量が少ない」という声に答えつつ、スタイリッシュなデザインを保っているのが最大の特徴です。

これによりマツダのSUVに躊躇していたファミリー層を取り込むことができたのです。そして新世代エンジン「スカイアクティブX」の搭載は、少しお高めな価格ではありますが、マツダのSUVの中でもCX-30は特別なモデルとしています。

CX-5(シーエックスファイブ)

CX-5とは?

マツダ CX-5

CX-5は、マツダがSUV戦略にシフトし、マツダの新世代技術「スカイアクティブ」を全面採用した第一弾となるモデルで、2016年11月にフルモデルチェンジされた後は、その「魂動(こどう)デザイン」と、パワフルなエンジン、そして優れた走行性能にさらに磨きをかけています。

CX-5を一躍有名にした力強いディーゼルエンジンを初め、2.0、2.5Lのガソリンエンジンエンジン、そしてターボなど、エンジンのバリエーションが豊富で、価格帯も広いことが特徴となっています。

CX-5 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■WLTCモード燃費
2.2Lディーゼルエンジン車(km/L):17.4~19.4
2.0Lガソリンエンジン車(km/L):14.6
2.5Lガソリンエンジン車(km/L):13.0~13.8
2.5Lガソリンターボエンジン車(km/L):12.2~12.8

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):4,545×1,840×1,690

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込)2,618,000~3,954,5000円
■中古車相場55~424万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年11月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年11月現在)

CX-5をもっと深堀り!

マツダ CX-5

このクラスのSUVで260万円からという手頃な価格で、本格的な走行性能と高い居住性。

そして高品質なインテリアのCX-5は買い得もあり、アウトドアに積極的に挑戦する人から家族でロングドライブをする人まで幅広い方におすすめできるモデルです。

CX-8(シーエックスエイト)

CX-8とは?

マツダ CX-8

マツダの最上位モデルであるCX-8は、ミニバンに代わる車種として、3列シート7(6)人乗りクロスオーバーSUVとなっています。

豊富なシートアレンジや乗員全てが快適に過ごせる室内となっています。エンジンは優れた燃費性能と高トルクのクリーンディーゼルと、2.5Lのガソリンエンジン。そしてハイパワーの2.5Lターボエンジンを用意するなど、高い走行性能と多人数乗車の融合を目指した意欲的なSUVです。

CX-8 情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

・WLTCモード燃費
2.2Lディーゼルエンジン車(km/L):15.4~15.8
2.5Lガソリンエンジン車(km/L):12.2~12.4
2.5Lガソリンターボエンジン車(km/L):11.6~12.0

・ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):4,900×1,840×1,730

・乗車定員(名):6~7

・メーカー希望小売価格(消費税10%込):2,948,000~4,890,600円

・中古車相場
248.9~529.8万円

※新車情報は公式サイト調べ(2019年11月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年11月現在)

CX-8をもっと深堀り!

マツダ CX-8

3列シート車といっても、3列目シートはセレナやヴォクシークラスのミニバンと比較すれば物足りないものがあります。

しかし、常に3列フルに利用する人でなければ、たまに3列目シートを利用するには十分であり、広い荷室が存在することで様々な利用価値があるのです。

ミニバンに取って代わるのではなく、ミニバンの様な使い方も出来るSUVというのが正解で、より多くの人が使えるモデルと言えます。

マツダの現行 セダン一覧

マツダ6セダン

現行のマツダの4ドアセダンはマツダ3とマツダ6の2車種のみです。

セダン需要が低迷する中でも旧アクセラ、アテンザ時代から一貫してセダンをラインナップし続けており、そのスタイリッシュなデザインと走行性能は、4セダンも捨てがたいと思わせる魅力的なモデルとなっています。

マツダ3セダン(旧アクセラセダン)

マツダ3セダンとは?

マツダ3 セダン

2019年5月のフルモデルチェンジにおいて、5ドアハッチバックタイプのファストバックとともに、名称をアクセラからマツダ3に改名。水平基調を強めた伸びやかなデザインと、2.0Lガソリンエンジンと18Lエンジンを搭載。

さらに12月には「スカイアクティブ-X」搭載車が追加設定されるなど走行性能も進化しています。

ファストバックよりもゆったりとした室内と、広いトランクルームにより優れた居住性と機能性を備えています。

スカイアクティブX

マツダ3セダン情報(燃費・ボディサイズ・乗車定員・価格・中古車価格ほか)

■WLTCモード燃費
1.8Lディーゼルエンジン車(km/L):19.0~20.0
2.0Lガソリンエンジン車(km/L):15.8
スカイアクティブX搭載車(km/L):17.0~18.2

■ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm):4,660×1,795×1,445

■乗車定員(名):5

■メーカー希望小売価格(消費税10%込):2,515,741~3,616,963円

■中古車相場:229~354.7万円 9.9~281.9万円(アクセラ)

※新車情報は公式サイト調べ(2019年12月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2019年12月現在)

マツダ3セダンをもっと深堀り!

マツダ3 セダン

マツダ3の主力は派手なデザインのファストバックであり、セダンは少数派ですが、その実用性はセダンが勝ります。

明るく視界の良い快適な室内であることから、ファミリーでのドライブや普段のショッピングにも最適な丁度良いサイズのモデルです。

そして、マツダが世界で最初に実用化したガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良い所取りの新世代エンジン「スカイアクティブX」をいち早く搭載したのは見逃せません。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。