トップへ戻る

ダイハツのロッキー&トヨタのライズ発売!僕たちはこのサイズと価格を待っていた!

ダイハツのロッキー&トヨタのライズ発売!僕たちはこのサイズと価格を待っていた!

ダイハツは11月5日、1.0L3気筒ターボエンジンを搭載する新型コンパクトSUV「ロッキー」を発売し、トヨタはOEM供給車両「ライズ」を同時に発売しました。価格はロッキーで170万5000~242万2200円となっており、4mを切る全長の5ナンバーサイズであることからも、手軽に乗れるSUVとなっています。SUVの多くが3ナンバーで高価格になる現在、 僕たちはこのサイズと価格のSUVを待っていた!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツのロッキー、トヨタのライズ

ダイハツロッキーとトヨタライズ

「ロッキー」は「ビーゴ」、「ライズ」は「ラッシュ」なのだ!

左ダイハツビーゴ 右トヨタラッシュ

初代「ロッキー」は1990年~2002年にかけてダイハツから発売されていたラダーフレームを持つ本格的「クロカン」仕様車でした。

また、ダイハツでは2006年~2016年にビルトインラダーフレーム式モノコックを採用し、「ロッキー」よりも乗用車的要素を盛り込んだ「ビーゴ」を販売しており、5ドアであることやボディサイズ、ボディ後部のデザインも「ビーゴ」に似ていてることからも、新型「ロッキー」は「ビーゴ」の後継モデルと考えて間違いないでしょう。

「ロッキー」の名前になったのは、よりSUVらしさをアピールするためのようですが、「ロッキー」を覚えている人は少ないと思います。そしてこの「ビーゴ」のOEM供給車両であったのがトヨタの「ラッシュ」でした。すなわち新型「ライズ」です。

乗りやすそうで使い勝手もよいサイズとデザイン

ダイハツ ロッキー

ダイハツが生産するオリジナルモデルの「ロッキー」に沿って話を進めると、乗りやすそう、使いやすそうと思えるデザイン上のポイントが、シート座面までの高さを665㎜も取ったSUVならではのアイポイントの高さを活かした、優れた上下視界です。

またフロントピラーとドアミラーの間の死角が少なく、左右の視界も良好で、ボンネットフード左右前端がよく見えるので、狭い街路でも安心して運転できそうなのです。何かとデザイン優先になりつつあるSUVに疑問を持っている人にとってはまさしく朗報です。

ちなみにトヨタの「ライズ」との差はフロントフェイスのデザインとグレード構成だけなのですが、フロントの印象はかなり違うのでここは好みが分かれそうです。

トヨタ ライズ

「ロッキー」は、4代目タントに次ぐ「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」採用車種で、コンパクトカー用プラットフォームである「DNGA-Aプラットフォーム」採用第1号の車種となります。

この軽自動車を基点とするDNGAだから実現できたコンパクトSUVのパッケージングこそが、この「ロッキー」の全てを形造っているのです。

その結果、全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mmという5ナンバーサイズでも小ぶりなサイズながら、カップルディスタンス900mmの室内空間や、369Lの荷室容量を確保し、17インチの大径タイヤを装着しながらも、最小回転半径が5mという取り回しの良さも実現しています。

コンパクトだけれど、軽より余裕があり、本当にちょうどいい大きさなのです。

エンジンは3気筒1.0Lターボエンジン

ダイハツ ロッキー

トヨタ ライズ

走行性能では、DNGAによる軽量高剛性ボディ、サスペンションにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現。

また、最高出力72kW(98PS)、最大トルク140N・m(14.3kg・m)という「トールターボ」と同じ1KR-VET型3気筒1.0Lターボエンジンと、D-CVTを組み合わせることで、1.5Lクラス相当のトルクならではの走る楽しさと低燃費を両立しています。D-CVTは、従来のベルト駆動CVTにスプリットギアを組み込み、パワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りを実現しています。

ここまで来たコンパクトクラスの安全機能

ACC(アダブティブクルーズコントロール)

安全・安心装備についても、車両と歩行者を検知する衝突回避支援ブレーキ機能やブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)などを採用した最新の予防安全機能「スマートアシスト」全機能10と、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17機能を搭載し、しかも今回新たに後方確認をサポートするBSM(ブラインドスポットモニター)とRCTA(リヤクロストラフィックアラート)を一部機種に設定しています。

ライバルはスズキの「クロスビー」

スズキ クロスビー

ドンピシャのライバルがスズキの「クロスビー」。

3気筒1.0Lターボエンジンであることも同じです。

「クロスビー」はマイルドハイブリッドなのでパワーとトルクでは「ロッキー」より上ですが、燃費では「ロッキー」に分があるなど多少の違いはありますが、動力性能はほぼ同等。ボディサイズではやや「ロッキー」の方が余裕がありそうです。

最小回転半径 も同寸で使い勝手はどちらも良さそうです。荷室では長さは「ロッキー」の方が長いのですが、開口部の幅や荷室の高さは「クロスビー」の方が広いようです。

スズキの鈴木俊宏社長は11月5日に都内で開いた決算説明会で、この日に、スズキが『クロスビー』で先行するAセグメントSUV市場に、ダイハツ工業が新型車を投入したことについて「競争しながら販売をお互いに伸ばしていければ良い」との考えを示した。

ロッキー/ライズの方が安い!

ダイハツ ロッキー

そして、気になる価格ですが、「クロスビー」が1,798,500円(消費税10%抜き1,635,000円)からで、「ロッキー」は1,705,000円(消費税10%抜き1,550,000円)となり、しかも「ロッキー」は予防安全機能「スマートアシスト」標準装備ですからかなりお買い得と言えます。

ちなみにトヨタの「ライズ」には「スマートアシスト」非装備グレードがあり、 1,679,000円(税込)となっているので、実質約12万円ほどロッキー/ライズの方が安いことになります。これは比較する上でかなりポイントは高く、戦略的な値付けとなっています。

新型ハスラーもライバルに?

スズキ ハスラーコンセプト

もうひとつライバルとなりそうなのが、同じくスズキの次期「ハスラー」です。すでに東京モーターショーで発売予定のコンセプトカーが出展されていますが、こちらの方がロッキー/ライズにとっての真のライバルになる可能性があります。

まとめ

ダイハツにとっては「トール」と並ぶ普通乗用車の柱になることが期待される「ロッキー」。

そしてトヨタにとってはC-HR以下のSUVラインナップの空白を埋めるという車種となる「ライズ」。

販売予定台数は「「ロッキー」が2,000台、「ライズ」が4,100台とひかえ目ですが、先代モデルとなる「ラッシュ」と「ビーゴ」は、特に地方部において日常の足として多く見受けられます。そして、代替えするモデルがない状況にあることから、今回の新型には多くの顧客が関心を持つと思われます。

そして、新規のユーザーも引き付ける魅力もあり、2019年後半の最大のヒットモデルとなる可能性を秘めています。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。