トップへ戻る

スズキクロスビーを買うべき5つの理由

スズキクロスビーを買うべき5つの理由

スズキが2017年12月25日より発売した「クロスビー」は、新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンとして注目されています。そこで、誰もが「ハスラー」を想像するそのスタイリング以外にも、スズキらしいユニークなアイデアと装備満載のこの「クロスビー」を、絶対に買うべき5つの理由を報告します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


買うべき理由その1:デカハスラーじゃない、個性的なデザイン

まず、クロスビーを見て「ハスラー」を大きくしただけと思ったら大間違い。

たしかに、Aピラーを立てたり、涙目形状のヘッドライトやブリスターフェンダーを用い、さらにツートンカラーを設定したところなどは、「デカハスラー」と言われるゆえんですが、それはマイナスにはならず、かえって親しみが持てるのは、ハスラーのデザインが浸透しているおかげでしょうか。

ただし、ボリュームのあるリアデザインなどは、ハスラーより「MINI クロスオーバー」といったほうがシックリきます。

そして、コンセプト自体がワゴンとSUVの融合なので、全高が高く、それでいてSUVらしさの証である地上高を高めにしたため、他にない独特のスタイリングを持ったクロスビー。このスタイリングだけでも買うべき理由になるはずです。

買うべき理由その2:コンパクトでもワゴンの広さと快適な室内

コンパクトなボディーサイズながらも、Aピラーを立てたことで、ゆとりある頭上空間を確保。そして、ソリオにはかないませんが、スイフトやイグニスより高い1,280mmという全高により、大人5人がしっかり乗れる居住性と積載性を実現し、後席ではゆとりある足元空間を確保出来ています。

そして、冒険心を刺激するインテリアには、撥水加工を施すなど実用性もあり、て大人5人がしっかり乗れる広さと、足を組んでも広々とした後席空間に仕立て上げています。

また、後席の背面やラゲッジフロアは汚れをふき取りやすい素材を採用、そして荷室下にはラゲッジアンダーボックスを採用しています。特に2WD車は大容量で、さらにラゲッジボードを外せば荷室高が拡大して背の高い荷物を収納することもできます。

このように、乗り込んだ瞬間からワクワクしてくるインテリアは、クロスビーを買うべき理由になります。

買うべき理由その3:行きたいところに連れていってくれる走行性能

クロスビーはカッコだけではない。ビスカスカップリング式の4WDシステムを採用し、大径タイヤや180mmの最低地上高を確保したりと、余裕あるロードクリアランスで悪路でも、高い走破性を可能にするSUVでもあるのです。

高剛性と軽量化を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に、1.5Lエンジン並みのパワーを発揮する1.0Lの直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドをスズキで初搭載しました。

さらに、「スポーツモード」と、「スノーモード」を新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を約7km/hで維持する「ヒルディセントコントロール」とあわせて4WD車に標準装備しています。この走り、買うべき理由になりますよね。

買うべき理由その4:後退時もサポートする安全性能

安全装備では、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキ小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を装備。

さらに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する機能を持たせています。

このように、他メーカーに負けない安全性能もクロスビーを買うべき大事な理由になります。

買うべき理由その5:ライバル不在の新ジャンル

クロスビーの価格は1,765,800円からとヴェゼル並みですが、その「やんちゃ」な雰囲気は別物。また、C-HRやCX-3の様にスタイリッシュとはいえず、どの車種とも比べられないクロスビーだけのもの。

「ハスラー」がそうであったように、まったく新しいジャンルといってもいいでしょう。

もちろん本格的なSUVではありませんから、積極的に悪路に挑む人はいないと思いますが、キャンプや釣り、そしてマリンスポーツやウィンタースポーツなど、どこかに行って何かをしたくなる。泥だらけになっても気にしないという、都会派クロスオーバーといった「こじゃれた」モデルとは異なる、わくわくする車種がクロスビーなのです。

そういえば、スズキでは「小型クロスオーバーワゴン」と言ってますから、SUVでもないのかも知れません。まさにオンリーワンのクロスビー。こんな事実も、買うべき理由になりますよね。

まとめ

はたして、クロスビーは軽自動車での「ハスラー」のように、一大ブームを巻き起こすことが出来るのか。1.0L車としては割高な価格設定であったり、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼル、マツダCX-3、そして三菱のエクリプスクロスなど、強力なモデルがひしめいているなど、厳しい状況ではありますが、楽しみなモデルであるのは確かです。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


軽SUVの人気車種は?魅力から人気あるモデルと特徴を徹底調査

軽SUVの人気車種は?魅力から人気あるモデルと特徴を徹底調査

新車販売台数のトップを記録しているジャンルは、コンパクトクロスオーバーSUVです。各社様々なラインナップを展開しており、街中でも見かけることが多いジャンルの車です。SUV人気の影響は軽自動車にも及んでおり、ハスラーをはじめとして、多種多様な車種が販売されています。今回は軽自動車という限られた規格の中でSUVの魅力をぎっしり詰め込んだ5車種をピックアップします。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。