目次へ戻る

スズキクロスビーを買うべき5つの理由

スズキクロスビーを買うべき5つの理由

スズキが2017年12月25日より発売した「クロスビー」は、新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンとして注目されています。そこで、誰もが「ハスラー」を想像するそのスタイリング以外にも、スズキらしいユニークなアイデアと装備満載のこの「クロスビー」を、絶対に買うべき5つの理由を報告します。


買うべき理由その1:デカハスラーじゃない、個性的なデザイン

まず、クロスビーを見て「ハスラー」を大きくしただけと思ったら大間違い。

たしかに、Aピラーを立てたり、涙目形状のヘッドライトやブリスターフェンダーを用い、さらにツートンカラーを設定したところなどは、「デカハスラー」と言われるゆえんですが、それはマイナスにはならず、かえって親しみが持てるのは、ハスラーのデザインが浸透しているおかげでしょうか。

ただし、ボリュームのあるリアデザインなどは、ハスラーより「MINI クロスオーバー」といったほうがシックリきます。

そして、コンセプト自体がワゴンとSUVの融合なので、全高が高く、それでいてSUVらしさの証である地上高を高めにしたため、他にない独特のスタイリングを持ったクロスビー。このスタイリングだけでも買うべき理由になるはずです。

買うべき理由その2:コンパクトでもワゴンの広さと快適な室内

コンパクトなボディーサイズながらも、Aピラーを立てたことで、ゆとりある頭上空間を確保。そして、ソリオにはかないませんが、スイフトやイグニスより高い1,280mmという全高により、大人5人がしっかり乗れる居住性と積載性を実現し、後席ではゆとりある足元空間を確保出来ています。

そして、冒険心を刺激するインテリアには、撥水加工を施すなど実用性もあり、て大人5人がしっかり乗れる広さと、足を組んでも広々とした後席空間に仕立て上げています。

また、後席の背面やラゲッジフロアは汚れをふき取りやすい素材を採用、そして荷室下にはラゲッジアンダーボックスを採用しています。特に2WD車は大容量で、さらにラゲッジボードを外せば荷室高が拡大して背の高い荷物を収納することもできます。

このように、乗り込んだ瞬間からワクワクしてくるインテリアは、クロスビーを買うべき理由になります。

買うべき理由その3:行きたいところに連れていってくれる走行性能

クロスビーはカッコだけではない。ビスカスカップリング式の4WDシステムを採用し、大径タイヤや180mmの最低地上高を確保したりと、余裕あるロードクリアランスで悪路でも、高い走破性を可能にするSUVでもあるのです。

高剛性と軽量化を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に、1.5Lエンジン並みのパワーを発揮する1.0Lの直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドをスズキで初搭載しました。

さらに、「スポーツモード」と、「スノーモード」を新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を約7km/hで維持する「ヒルディセントコントロール」とあわせて4WD車に標準装備しています。この走り、買うべき理由になりますよね。

買うべき理由その4:後退時もサポートする安全性能

安全装備では、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキ小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を装備。

さらに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する機能を持たせています。

このように、他メーカーに負けない安全性能もクロスビーを買うべき大事な理由になります。

買うべき理由その5:ライバル不在の新ジャンル

クロスビーの価格は1,765,800円からとヴェゼル並みですが、その「やんちゃ」な雰囲気は別物。また、C-HRやCX-3の様にスタイリッシュとはいえず、どの車種とも比べられないクロスビーだけのもの。

「ハスラー」がそうであったように、まったく新しいジャンルといってもいいでしょう。

もちろん本格的なSUVではありませんから、積極的に悪路に挑む人はいないと思いますが、キャンプや釣り、そしてマリンスポーツやウィンタースポーツなど、どこかに行って何かをしたくなる。泥だらけになっても気にしないという、都会派クロスオーバーといった「こじゃれた」モデルとは異なる、わくわくする車種がクロスビーなのです。

そういえば、スズキでは「小型クロスオーバーワゴン」と言ってますから、SUVでもないのかも知れません。まさにオンリーワンのクロスビー。こんな事実も、買うべき理由になりますよね。

まとめ

はたして、クロスビーは軽自動車での「ハスラー」のように、一大ブームを巻き起こすことが出来るのか。1.0L車としては割高な価格設定であったり、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼル、マツダCX-3、そして三菱のエクリプスクロスなど、強力なモデルがひしめいているなど、厳しい状況ではありますが、楽しみなモデルであるのは確かです。

関連する投稿


ジムニーシエラ最新情報 燃費・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ最新情報 燃費・価格・評価・中古価格は?

ジムニーのワイド版・スズキのジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格・内装画像などを見ていきます。ジムニーシエラを購入検討されている方は必見です。ジムニーと迷っている方にもおすすめです。(※2020年3月更新しました)


クロスオーバーとは?SUV・クロカンとの違いやおすすめ車種をご紹介

クロスオーバーとは?SUV・クロカンとの違いやおすすめ車種をご紹介

「クロスオーバー」という言葉がありますが、みなさんは詳しくご存知ですか? 今回は、「クロスオーバー」という言葉がよくわからない方へ向けてクロスオーバーとSUVの違いやクロスカントリー(クロカン)との違いについてもご説明していきます。おすすめのクロスオーバーSUVも厳選してお伝えします!


 レクサスRX 高級ミドルサイズSUVのフルモデルチェンジは2021年!?最新情報

レクサスRX 高級ミドルサイズSUVのフルモデルチェンジは2021年!?最新情報

レクサスRXは2019年8月29日にマイナーチェンジが行われました。ミドルサイズの高級SUVとして人気がありますが、そろそろフルモデルチェンジの噂も…。フルモデルチェンジはあるのでしょうか?今回はレクサスRXのフルモデルチェンジの情報、現行モデルの外装・内装・価格・グレードについて徹底調査しました。


【絶対オススメ】 雪道に強いおすすめの車 厳選5選

【絶対オススメ】 雪道に強いおすすめの車 厳選5選

冬本番。日に日に寒くなり、雪がちらついてくると心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車情報をお届けいたします!SUVやミニバンなどなど。この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【最新情報】スバルのアセント 米国価格は約340万円から!日本発売は?

【最新情報】スバルのアセント 米国価格は約340万円から!日本発売は?

スバルの大型SUV、アセント。2018年に米国で発売されました。気になるのが日本発売があるのか?という点ですよね。本記事では他にも、価格はいくら?エンジン、内装、スペックは?といったアセントの気になる疑問・最新情報についてまとめています。(※2020年3月更新しました)


最新の投稿


【2020年版】日本で買える外車22メーカーとおすすめ車種22台を動画で紹介!

【2020年版】日本で買える外車22メーカーとおすすめ車種22台を動画で紹介!

世界には歴史のある欧州メーカーやアメリカのメーカーなど、数多くの自動車メーカーとブランドがあります。そこで、日本人にもなじみ深い、日本で購入可能な外車(輸入車)メーカー、そしてその代表的な車種を公式動画を交えてご紹介します。


ジムニーシエラ最新情報 燃費・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ最新情報 燃費・価格・評価・中古価格は?

ジムニーのワイド版・スズキのジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格・内装画像などを見ていきます。ジムニーシエラを購入検討されている方は必見です。ジムニーと迷っている方にもおすすめです。(※2020年3月更新しました)


維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

移動手段として便利なクルマですが、所有するだけでも税金・ガソリン代・駐車場代といったさまざまな「維持費」が発生します。こちらのまとめでは、クルマの維持費についてと節約術をまとめました。(※3月30日更新しました)


日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|アメリカの現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外で展開している高級車ブランドがインフィニティです。当記事では現行でアメリカで発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきます。インフィニティを購入検討されている方、必見です!(2020年3月30日更新しました)


【ゴールデンウィーク(GW)2020】渋滞予測・混雑日・混雑する道路は?

【ゴールデンウィーク(GW)2020】渋滞予測・混雑日・混雑する道路は?

2020年のゴールデンウィークは5月2日~5月6日まで。多くの方にとって短い連休となりそうです。本記事ではゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。情報が入り次第、随時更新予定です。