トップへ戻る

スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

2017年12月にスズキより発売された新型クロスオーバーワゴン「クロスビー」の、実際の試乗評価やユーザーなどの口コミ・評判はどうなのか?そして中古車価格についてまとめてみました。また、2018年のクロスビーの販売台数についても合わせて紹介しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ「クロスビー」2017年12月に登場

2017年12月に登場したスズキのクロスオーバーSUV「クロスビー」は、「使いやすく広い室内空間を持つワゴンと、SUVの楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン」として開発されました。

エンジンには1.0Lターボ採用し、使い勝手と低燃費クロスオーバーSUVとしての高い走行性能を両立しています。

スズキ クロスビーの基本スペック

 
スズキ 新型クロスビー サイズ・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,760×1,670×1,705mm(ホイールベース:2,435mm)
室内寸法(全長×全幅×全高)2,175×1,355×1,280mm
最大乗車定員5名
車両重量960kg(1,000kg)
燃費JC08モード:22.0km/L(20.6km/L)
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒直噴ターボ
総排気量0.996L
最高出力(kW/rpm)ネット73<99PS>/5,500
最大トルク(N・m/rpm)ネット150<15.3kg・m>/1,700-4,000
タンク容量 32L(30L)
駆動方式2WD(FF)/フルタイム4WD

スズキのクロスビー 販売台数は?

2017年12月に発売が開始されたクロスビーは、発売当初のSUVの販売台数ランキング(2017年12月時点)では、12月25日からの発売からの期間があまり長く無かったにも関わらず、結果としてはランキングのTOP10に入りました。これは、何よりも事前の注目度の高さとともに、顧客ニーズに沿った製品開発が功を奏した結果です。

また、それ以降2018年に入ってからも、販売台数(SUV)は7位と安定した形でランキング入りを果たしています。

2018年1月~12月累計台数

1 位C-HR  76,756台
2 位ヴェゼル  59,629台
3 位エクストレイル  50,304台
4 位ハリアー  44,652台
5 位CX-5  38,290台
6 位CX-8  30,701台
7 位クロスビー 30,624台
8 位ランドクルーザーW 29,416台
9 位フォレスター 28,751台
10位CX-3  17,036台

※一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)および一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計をまとめたもの

この数字が示しているのは、当初の想定よりもクロスビーが良好な売上を上げているという点です。

同じタイミングで発売されたマツダのCX-8(2017年12月14日発売開始)と、クロスビーは売上台数で肩を並べる結果になっている点や、月間の販売目標台数が2,000台だったという点からも好調なな結果と言えます。

スズキ クロスビーの試乗評価は?

さしずめ“インスタ映えする実用車”といったところか。乗って、走らせて、使ってみると、見ただけでは実感できない魅力がわかるクルマだから、だ。

ルックスは『ハスラー』由来であることは確かだろう。けれど軽自動車+αのデザイン代(しろ)分、フェンダーのプレスが丸みを帯び絞りも効かされているなど、より表情豊かにまとめられている。どちらがいい、悪いではなく、クルマのデザインというもの、ボディサイズの違いでこれだけ仕上がりに差ができる…の教材のようでもある。

インテリアもクロスオーバーカー風のテイストはハスラーに通じるも、高い質感をベースに奮ったデザインに。とくに中央のスイッチパネル部は、見栄え、触感、操作感とも上々。『スイフト』の3つの空調ダイヤルの真ん中のようなフェイクなデザインはなく、機能とデザインがキチンと両立しているのは立派だ。

「スポーツモード」のスイッチである。
カーナビのすぐ下。運転中に何度も視界に入る場所である。しかもスイッチが大きい。目立っていて、押せと言わんばかりの存在感なのだ。で、押してみる。当然、まさにスイッチが入ったように走りが快活に変わる。6ATということもあり、エンジン音とトルク感のバランスがよくて、気持ちよく走れることこの上ない。ずーっとこのスイッチを入れっぱなしにしておきたいくらいだ。というか、こちらを標準にして、標準モードにエコスイッチをつけたほうがいいんじゃないの?というくらい。

だけど、そこには、大人の事情がある。カタログに載せるJC08モードは標準の燃費値を載せることになっている。ユーザーは燃費に反応するから少しでもいい数字をとなれば、標準+スポーツモード・スイッチの組み合わせにせざるを得ないというわけだ。だけど、このクルマに燃費の競争って本当に必要なんだろうか。

もちろん、良いにこしたことはないけれど、そのぶん、燃費を稼ごうとするあまり標準モードの40~50km/hあたりで、振動とこもり音が出るのは、違うと思う。クロスビーを選ぶような人はどんな状況でも、しみったれたことは考えず乗り倒してもらいたいと思うのだ。スポーツモードのスイッチが、超押しやすい位置につけられたのは、もしかしてそのせいか?

イグニッションをオンにしたら、常にスポーツモードもオン。ぜひ、わくわくを満喫していただきたい。

このように外見、インテリアだけでなく、走行も含めワクワクさせてくれる車ではないでしょうか。

スズキ クロスビーの新車価格・中古車価格は?

発売から数年経過した現在のクロスビーですが、新車の場合は、HYBRID MXタイプであれば、170〜200万円ほど、HYBRID MZタイプは200〜220万円程度となっています。
中古の場合は、130〜200万円程度となっており、相場としては180万円程となっています。

コスパ・居住性も良く遊び心満載のクロスビーに今後も注目

コスパも良く、SUVとしてもタフに走ることの出来るスズキクロスビー。コンパクトSUVという誰にとっても乗りやすいという車はますます人気を博していくでしょう。
今後車の購入や買い替えを検討している方にぜひ一度チェックしていたきたい車となっています。

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。