目次へ戻る

【最新版】人気・おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【最新版】人気・おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


軽自動車を選ぶなら?価格?燃費?広さ?何で選ぶ?

車を購入する際に、「軽自動車」を買う。という選択肢をとる方は非常に多いのではないでしょうか。ネットリサーチ事業を行っているマイボイスコム株式会社が2017年2月に実施した第4回目となる「軽自動車に関するインターネット調査」によると、軽自動車を買いたいと考える人は44.7%という調査結果が発表されていました。(回答:1万1482名)

軽自動車の購入意向

燃費が良く、維持費も安いという理由から、幅広い層で支持されてきている軽自動車。ですが、日本自動車工業会の自動車国内需要によると2014年度は、41.02%と全体の自動車販売の4割を占めていた軽自動車も、2016年度は34.12%と低下しています。

軽自動車のイメージ

軽自動車の需要が低下している理由としては、2015年度の軽自動車税の増税、2016年4月に起こった三菱/日産の燃費不正問題による原因も挙げられているようです。とはいえ、マイボイスコムの調査にもあるように約45%の人が軽自動車を「購入したい」と回答し、北海道・関東・近畿以外の地域では、4割強~5割の所有率を占め、幅広い世代、層に親しまれる軽自動車。

こちらの記事ではそんな「庶民の足」とも呼べる軽自動車の購入をする際に決め手として選ぶであろう「燃費」、「広さ(実用性・社内空間)」、「人気モデル・人気車種」の3つの観点で、おすすめの軽自動車をそれぞれピックアップし紹介していきます。

【最新】軽自動車の人気ランキング!売上TOP10 人気の軽自動車は? | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/3671

2019年上半期の、軽自動車人気ランキングトップ10(全軽自協調べ)をご紹介します

【おすすめの軽自動車】燃費で選ぶならこの3台!

まずは軽自動車のイメージとしてあげられる要素である「燃費」の観点からおすすめの車種を紹介していきたいと思います。冒頭でも挙げた「燃費不正問題」もあり、軽自動車を購入、検討する際に気にする方がかなり多い項目ではないでしょうか。※情報は2017年現在のものです

当時のニュースはこちら

本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10 !

https://matome.response.jp/articles/657

燃費の観点でおすすめの軽自動車をランキング型式で発表しています。

【2019年最新】軽自動車・燃費ランキングTOP5(JC08モード)

「カタログに掲載されてる燃費なんて当てにならない」と感じている方も多いとは思いますが、まずはカタログ掲載燃費(JC08モード燃費)でTOP5に入る車種の最新情報はこちらです。

1位 マツダ キャロル(37.0km/L)
1位 スズキ アルト(37.0km/L)
3位 スズキ アルトラパン(35.6km/L)
4位 スバル プレオ プラス(35.2km/L)
5位 ダイハツ ミライース(35.2km/L)

カタログ掲載燃費の第1位はスズキ「アルト」のOEMモデルであるマツダの「キャロル」(アルトと同率1位)の2台が1位で37.0km/Lという驚異的な燃費。

しかし、先ほども言った様に「実際の燃費じゃないから意味ないじゃん」と思ってる方も多いのが現状です。なので燃費の観点では、65万人の会員から実際の燃費データを収集しているコミュニティ・サイト「e燃費」の実燃費データを元に、上位3台を紹介していきます。

※燃費ランキングは現行販売されている「全型式」の実燃費の平均値となっています。

カタログ燃費も実燃費も堂々の1位!マツダのキャロル

マツダ キャロル

あれほど「実燃費じゃないからカタログ燃費は・・・」と言っていたにも関わらず、堂々の1位として選ばれたのはマツダ「キャロル」。

全タイプ(グレード)合算での実燃費は24.56km/Lです。現在販売されているキャロルの型式はFF駆動の5MT、CVT。4WDのCVTと3型式ありますが、どのタイプの実燃費も24km/L前後となっており非常に優秀な燃費であるといえます。

■マツダ キャロルのユーザー評価

マツダ「キャロル」の実際のユーザーからの評価をまとめます。やはり燃費に関しては評価が高いようです。

購入して3度満タンにしての燃費ですが、27kmは下りませんね。街乗りでこの状態なので遠出するのが楽しみです。
もう少しタンクが大きければいうことないのですが…

主に通勤で使いますが、燃費はとても良いです。夏場は少し燃費が落ちますが、購入してからの燃費はほぼ24km/lです。
ただフロントピラー等のの位置や形状が悪く死角が多いと感じます。

スズキ「アルト」のOEM車であるマツダ「キャロル」は、現行が7代目となるモデル。マツダが現在販売している車種の中では最も古い歴史を持っていて、初代のキャロルは1962年(昭和37年)にデビューしています。2017年現在で55年もの歴史を持っています。

マツダ 初代キャロル

現在はアルトのOEM車となっていますが、アルトと同一のOEM化がされたのは、1998年登場の4代目からとなっています。

キャロルの基本情報は下記になります。

ボディータイプ:ハッチバック 最高出力:49 全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1475
排気量:658 乗車定員:4名

■安全性能でもおすすめ

2015年に登場の現行モデルは、全車にコーナー走行での安全性を高める「DSC(横滑り防止機構)&TCS(トラクションコントロール)」が。

CVT車にはレーザーレーダーによる検知で低速走行時の衝突回避、被害軽減をサポートする「レーダーブレーキサポート」が標準装備されています。

冒頭の「軽自動車のイメージ調査」にて「軽自動車は安全性が低い」との回答が21.6%ありましたが、安全性能が強化されているため、安全性能がネックとなり、軽自動車の購入に踏み切れない、といった方には安全面、燃費と共におすすめできる車種といえます。

■マツダ キャロル 新車価格

新車価格は、847,800円~1,123,200円となり、グレード毎で異なります。グレードは全部で4つ展開されています。グレード別の価格は下記になります。

GF:847,800円 ~ ※5速MT
GL:915,840円 ~
GS:1,013,040円 ~
GX:1,123,200円 ~
※情報は2017年現在のものです

マツダ キャロル 公式ページはこちらから

■マツダ キャロル 中古車平均価格

マツダ「キャロル」の現行モデルの中古車の平均価格は約50万円~95万円となっています。先代モデルへと遡れば、20万円前後の価格帯の車両もあります。しかし、古い年式の場合、燃費にもかなり大きな差が出るので、「燃費」を念頭において軽自動車の購入をする場合は注意が必要です。
※情報は2017年現在のものです

マツダ キャロル 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S004/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

マツダ キャロルの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スズキ アルトワークス

なお、OEM提供元であるスズキのアルトは、平均実燃費にアルトワークスなども含まれているため実燃費は20.61km/Lと4位。しかしカタログ燃費(JC08モード)37.0km/Lの型式HA36Sは実燃費23.47km/Lとなっておりキャロルと同様の燃費となっています。

スズキ アルトの詳細はこちらから。

スズキ アルト 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S001/

スズキ アルトの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

アルトの中古車情報はこちらから。

とはいえ、アルトワークスに関しても現行モデルの燃費はターボ車であるにも関わらず2WD、4WD共に約19.0km/Lの低燃費。

冒頭にて紹介した軽自動車のイメージにも「パワー・馬力がない」というネガティブな回答が20%程ありますが、アルトワークスであれば、その観点においても非常におすすめです。「走りも楽しみたい」という男性には非常におすすめの軽自動車といえるでしょう。

スズキ アルトワークス 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S020/

スズキ アルトワークスの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

アルトワークスの中古車情報に関してはこちらから。

スバルの軽自動車 プレオプラスもおすすめ!

続いて、2位にランクインした軽自動車は、ダイハツ「ミライース」をベースとしたOEM供給モデルである、スバルの「プレオプラス」。全型式の平均実燃費が23.05km/Lという低燃費。

2017年5月9日に発売となった新型プレオプラス

そして何より2017年5月9日に新型プレオプラスが発売開始となったのも抑えておきたい要素。先ほど挙げた実燃費23.05km/Lは2014年発売の先代モデルの実燃費です。

JC08モード燃費は新型プレオプラス(型式LA350F)も、変わらずの35.2km/Lですが、高張力鋼板の拡大採用、リヤゲート、フロントフェンダー、燃料タンク等の素材を鉄から樹脂に変更されたことで、先代と比較し、最大80kgの軽量化が実現されています。

さらに省電力LEDランプや新開発タイヤの採用、空力性能の向上で実燃費は、先ほど記載した「23.05km/L」と比べても高まる可能性が高いため、新しい車種を選びたい!という方には非常におすすめできる1台といえるでしょう。

■安全性能も強化

また、スバルの新型プレオプラスは安全性能が従来型と比べ強化されました。スマートアシストIIIのステレオカメラ採用で物体を認識する性能が向上し、歩行者に対しても衝突回避ブレーキを作動するようになりました。

軽自動車にも先進安全をダイハツ「スマートアシスト」

https://matome.response.jp/articles/294

スマートアシストについての詳細はこちらからご覧下さい。

■2つの、軽自動車初の機能

フロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーを装備し、後進時に歩行者や障害物の接近を知らせする機能、使い勝手の面では、スイッチ式リヤゲートオープナーが軽自動車として初の搭載。(※2017年5月現在)

且つ、内装もブラック化が施され質感も向上しました。

■スバル プレオプラス(先代モデル)のユーザー評価

いいじゃん。ええやん。よかけん。
通勤快速として使ってます。片道10kmで渋滞込み。平均燃費18kmくらいです。郊外なら24km。高速なら25~29kmくらいいきますよ。(^-^)。本体安い。維持費激安。燃費もハイブリッド並み。いい車です。

プレオプラスの基本情報

ボディータイプ:ハッチバック
全長×全幅×全高(mm):3395x1475x1500(4WDのみ全高1510)
排気量:658 乗車定員:4名

■スバル プレオプラス 新車価格

プレオプラスの新車価格は896,400円~1,350,000円となっていて、グレード、駆動によって異なります。各グレードと駆動方式の新車価格は下記となります。※()は駆動方式

F(FF):896,400円、4WD:1,026,000円
Fスマートアシスト(FF):961,200円 4WD:1,090,800円
Lスマートアシスト(FF):1,090,800円 4WD:1,220,400円
Gスマートアシスト(FF):1,220,400円 4WD:1,350,000円
※価格は全て税込となります。

スバル新型プレオ プラス 公式ページはこちらから

■スバル プレオプラス 中古車平均価格

2017年5月現在、現行のプレオ プラスは発売されたばかりなので中古車情報として記載はできませんが、先代(初代)モデルの中古車平均価格、は30万円~100万円が相場となっています。60万円台での中古車が割合としては多いようです。

スバル プレオプラス 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S051/

スバル プレオプラスの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

プレオプラスの中古車情報はこちらから。

ダイハツだって負けてない!“新みんなのエコカー” ミライース

燃費で選ぶおすすめの軽自動車、最後の1台はプレオプラスにOEM提供をしている、ダイハツのミライースです。ミライースもプレオプラス同様、2017年5月9日に6年ぶりとなるフルモデルチェンジをしました。

先代の実燃費平均は20.67km/Lとなっていて、カタログ掲載燃費(JC08モード)35.2km/Lの型式の平均実燃費は22.19km/Lと、OEM提供をしているスバルのプレオプラスとほぼ同一の燃費となります。

2011年9月に発売された初代のミライースは、軽自動車としては当時初めて、燃費を30km/Lに乗せ、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)ではない「第3のエコカー」としての訴求をしてきました。

環境性能や経済性能などを徹底追求した同社の技術群の呼称「e:S(イース)テクノロジー」を車名に宿したモデルです。

都内の発表会で三井正則社長は新型車について「ダイハツのアイデンティティを凝縮したのがミライース。第3のエコカーを進化させた"新みんなのエコカー"として開発した」とアピールした。

新型ミライースもプレオプラスと同様の軽量化等が施されているため、実燃費が向上する可能性が高く安全性能も向上しています。ダイハツ、スバルどちらを選ぶかはお好みで。というところでしょうか。

■ダイハツ新型ミライースの詳細はこちらから

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

https://matome.response.jp/articles/921

フルモデルチェンジをしたダイハツ ミライースの詳細についてはこちらからご覧下さい。

先代(初代)のダイハツ「ミライース」詳細情報を確認したい方は下記の記事をご覧下さい。

■ダイハツ ミライース(先代モデル)のユーザー評価

先代モデルのダイハツ「ミライース」の評価をまとめます。やはり燃費に関しての評価は相当高いようで他車種と比べても高評価が目立ちます。

乗り換えて4か月目に入ります。
気温が上がるにつれ、順調に燃費が伸びています。
30度近くの真夏日で、どこまで伸びるやら。
現時点で満タン法(同じGSの同じスタンドNO)で32K/Lを超えてきました。
27~8度の気温で名古屋~岐阜の高速のみであれば、楽に40K/Lを超えてきます。
マイナーチェンジ前(2014年3月末登録)の中古車でこれですので、新しいミライースが出たら乗り換えてみたい気がしますね。

この前の日・月(5/24~25)仕事休みでしたので、友人訪ねて淡路市まで行ってきました。
往復距離900km(北陸道~米原JCT~名神高速)で平均巡航速度100km
にて走行、エアコンも100%使用でした。
上り下りの道ではスロコンのスポーツモード(spo3)を利用して高速走行(最高120km/h)していましたので、25km/lを割ってしまうかなと思っていましたが なんとか燃費は28km/lで終えることができました。
スロコンとエコチューンのおかげです。スゴイ!!

年間20万円ほどの節約につながったという声も。

ガソリン高騰に伴い、往復約100kmの通勤でのガス代が家計を苦しめているなかで、前車の査定額でおつりがくる中古のミライースを購入しました。人生初であるこの軽自動車は、これまで乗ってきた弄ったインテグラや180SX、ノーマルのBMW3シリーズやマツダ・ロードスターと比べるとギブスをしながら運転しているようなストレスに見舞われ、さらに純正シートから腰痛が発症し、我慢との戦いでした。しかし、RECAROシートを入れてからは楽になり、同時に軽い車重がもたらす軽快な乗り味にも好感を持つようになりました。1年で23,000kmほど乗ったときに計算しましたが、ガス代と税金や保険で年間20万円以上で月1.6万円以上の節約ができていることを知り、見事に家計の危機を救ってくれました。これまでのところ平均燃費は26.2km/L…ノントラブルでもうすぐ7万km突破予定です。

■ダイハツ 新型ミライース 新車価格

ダイハツ新型ミライースの新車価格は84万2400円から133万9200円となっています。グレード別の金額は下記となります。※()内は北海道地区においてのメーカー小売価格

B:842,400円(858,600円) 4WD:972,000円(同額)
B “SA Ⅲ”:907,200円(923,400円) 4WD:1,036,800円(同額)
L:874,800円(891,000円) 4WD:1,004,400円(同額)
L “SA Ⅲ”:939,600円(955,800円) 4WD:1,069,200円(同額)
X “SA Ⅲ”:1,080,000円(1,096,200円) 4WD:1,209,600円(同額)
G “SA Ⅲ”:1,209,600円(1,225,800円) 4WD:1,339,200円(同額)
※価格は全て税込で表示

ダイハツ新型ミライース 公式サイトはこちら

■ダイハツ 新型ミライース 中古車平均価格

こちらも発表されたばかりの新型となるため、先代(初代)の中古車平均価格を記載します。ミライースの中古車の価格帯は20万円~120万円前後。未仕様車や特別仕様車の場合はもちろんですが価格が高額になります。

スバルのプレオプラスに比べ、販売台数が多いため比較的新しい2016年登録の中古車でも60~70万円台で購入できることも多いようです。

ダイハツ ミライース 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S065/

ダイハツ ミライースの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ミライースの中古車情報はこちらから。

燃費のことを最優先として考える場合は、「マツダ キャロル」「スズキ アルト」「スバル プレオプラス」「ダイハツ ミライース」が、おすすめと言えるでしょう。軽自動車の購入をお考えの方の参考になれば幸いです。※情報は2017年現在のものです

【おすすめの軽自動車】広さ・実用性・使い勝手で選ぶなら?

続いては、広さ・実用性・使い勝手という観点からおすすめの軽自動車を紹介していきます。軽自動車のイメージのひとつとして「狭い・小さい」というイメージをどうしても持ってしまう方もいらっしゃるんではないでしょうか。「いくら維持費が安い、燃費がいいといっても狭い車はちょっと・・・」と、特にファミリーの方なら思うかもしれません。

しかし、ここ数年の軽自動車の進歩は目覚しく、「ハイトワゴン」「スーパーハイトワゴン」といったタイプの軽自動車が各メーカーから多く登場し人気を博しています。

大人が乗ってもここまで広々。

お子様がいらっしゃるファミリー層であれば特に気になる「広さ」という要素。そして使い勝手などの観点からおすすめできる軽自動車の概要・特徴をユーザーの声と共にご3台紹介していきます。

トールワゴン・ハイトワゴンの軽自動車売上ランキングTOP 10!

トールワゴン、ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンのみでの売上ランキングになります。広い軽自動車をお探しの方はこちらの記事をご覧下さい。

広い軽自動車といえば!トール・ハイトワゴン 売上ランキングTOP10!

https://matome.response.jp/articles/703

ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンをお探しの方はこちらの記事をご覧下さい。

広さで選ぶならこの軽で間違いなし?ホンダ N-BOX!

まず紹介するのは、ホンダN-BOXです。もはや「広い軽自動車」の代名詞とも呼べるN-BOX。非常に人気の高い軽自動車となっていて、2017年8月4日に全国軽自動車協会連合会が発表した、2017年7月の軽四輪車通称名別新車販売台数も、ホンダ N-BOXが1位となっていて、17ヶ月もの期間連続でトップという記録を保持している車です。

4月の軽四輪車通称名別新車販売台数 ニュース記事はこちら。

ホンダN-BOXは2011年に登場したスーパーハイトワゴンで、その特徴はなんと言っても「広さ」という点において他ならないでしょう。

また、2017年9月にはフルモデルチェンジを行い、発売前の8月30日時点で既に事前受注が2万5000台に達するという驚異的な人気を見せる軽自動車です。

画像を見ていただいてもわかるとおり、かなりの広さ。新型N-BOXの社内空間、ラゲッジルームの広さは下記の通りとなります。

室内長×室内幅×室内高(mm)
2,240×1,350×1,400

苛室空間に関しては、後席収納時の苛室長は153.5cm(1535mm)、通常時44~63cm、開口高120.5cmという大容量となっています。

新型となったN-BOXの燃費に関しては、カタログ掲載燃費(JC08モード燃費)25.6~27.0km/Lと、i-VTECエンジンの場合は先代モデルに比べ燃費も良くなっています。

参考値として、先代モデルの実燃費は平均で15.37km/L。燃費の良い軽自動車と比べた場合は劣りますが、やはりこれだけの広さを誇っているとユーザー(所有者)からの評価も非常に高いようです。

キャンプ道具を積んで海に山に(ほぼ山ですが)走り回ってます。シートを倒せば大人2人が就寝できるスペースが出来るので、アウトドア派の私にとってまさにぴったりの車です。

また、自転車も楽に積めるようです。

娘の通勤用ママチャリパンクした時、何の苦労もなく積めました。後ろの席は乗用というより荷室と考えればすごく使い勝手の良い車です。
燃費はガマンの運転で結構伸びるがターボを多用するとガクンと落ちる。
息子のライフのほうがエンジン音やドアの閉まり音等、1ランク上の上品さがあり負けているのが残念!ピュアサウンドブースを施工すれば良くなるのかな?

■ホンダN-BOX 新車価格

ホンダ新型N-BOXの主要グレードの新車価格は1,385,640円~1,880,280円となっています。各グレード毎の新車価格は下記の通りとなり、全モデルにホンダセンシングが標準装備されているため、先代モデルに比べると若干価格が上がっています。

G:1,385,640円 4WD:1,516,320円
G・L:1,499,040円 4WD:1,629,720円
G・EX:1,596,240円 4WD:1,726,920円
G・Lターボ:1,695,600円 4WD:1,826,280円
G・EXターボ:1,749,600円 4WD:1,880,280円
※価格は全て税込みで表示
※参考価格、先代モデルは1,198,000円~1,600,000円

ホンダN-BOXの公式ページはこちらから。

■ホンダN-BOX 中古車平均価格

ホンダN-BOXの中古車平均価格の相場は、N-BOXが50万~200万円(※N-BOXカスタムの価格含む)となっています。一番多い中古車の価格帯としては80万円~120万円となっていますので中古車としてN-BOXをお探しの場合は目安としてお考え下さい。
※情報は2017年現在のものです

ホンダ N BOX 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S094/

ホンダ N BOXの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダN-BOXの中古車情報はこちらから。

子育て世代&ママに絶大な人気!ダイハツ タント!

続いての広さで選ぶおすすめの軽自動車はダイハツのタントです。ホンダN-BOXと比べ、2003年に初代タントが登場しているので、認知度で言うと高いかもしれません。また、人気も高く2017年7月の軽四輪車通称名別新車販売台数においても、N-BOX、デイズに次ぎ3位となっています。

ダイハツ「タント」もホンダN-BOXと同様のスーパーハイトワゴンで社内空間の広さは群を抜いています。

タントの社内空間、ラゲッジルームの容量、広さは下記の通りです。

室内長×室内幅×室内高(mm)
2200 × 1350 × 1365
ラゲッジルームの 高さ×奥行き×幅(mm)
1045 × 1380 × 870

燃費に関しては、カタログ掲載燃費(JC08モード燃費)で24.6~28.0km/L、実燃費の平均は15.99km/Lとなっています。N-BOXと比較すると若干ではあるものの燃費の観点では分があるようです。また、実燃費はどうしても走り方によって左右されてしまうので、実燃費18.0km/L前後で走れたり、高速道路での運転であれば20.0km/Lをキープすることも珍しくありません。


下記はユーザー(所有者)の実際の声となっています。タントは子育て世代のファミリー層や、女性に特に人気の車種ですが、男性からの評価も高いものとなっています。

セレナからの乗り換え。
前のセレナがリッター8キロしか走らない車だったので、リッター18キロは御の字。視線が高いので普通車ワンボックスからの乗り換えでもそれほど違和感がありません。センターメーターのインパネも見やすいです。

3人家族ですが、以前はミニバンに乗っていました。
私は身長が180cmあるので軽は狭いかと思っていましたが、タントは頭上も広々していて良いです。燃費も街乗りで15km以上走りますし、軽に変えて良かったです。

ダイハツ「タント」新車価格

ダイハツ「タント」の価格は122万0400円から187万3800円となっています。新車価格はグレード毎に異なっており、グレード毎の価格は下記になります。

L:1,220,400円 4WD:1,350,000円
L “SA Ⅲ”:1,285,200円 4WD:1,414,800円
X:1,355,400円 4WD:1,479,600円
X “SA Ⅲ”:1,420,200円 4WD:1,544,400円
X “ホワイトアクセントSA Ⅲ”:1,485,000円 4WD:1,609,200円
Xターボ “SA Ⅲ”:1,501,200円 4WD:1,625,400円
※価格は税込みで表示しております。

ダイハツ「タント」公式サイトはこちらから。

ダイハツ「タント」中古車平均価格

現行モデルのダイハツ「タント」の中古車平均価格の相場は、60万~180万円となっています。一番多い中古車の価格帯としては100万円~150万円となっていますので中古車としてタントをお探しの場合は目安としてお考え下さい。また、先代モデルのタントの中古車であれば、価格は10万20万円台でも販売されていますが、その場合は走行距離も大きく差があり、燃費も大幅に変わってしまうので検討の際はご注意下さい。

ダイハツ タント 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S006/

ダイハツ タントの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ダイハツ「タント」の中古車情報はこちらからご確認下さい。

広さは劣るが使い勝手はバツグン?スズキ「ワゴンR」!

続いての広さ、実用性でおすすめの軽自動車はスズキ「ワゴンR」です。スーパーハイトワゴンの台頭により、「広さ」という観点ではどうしても劣ってしまいますが、ハイトワゴンの火付け役ともいえるスズキのワゴンRも忘れてはならない1台です。

スズキ「ワゴンR」は、2017年2月1日にフルモデルチェンジとなりました。新型ワゴンRは広くなった室内空間と軽ワゴンならではの使い勝手の良さをさらに向上させ、幅広い世代のライフスタイルと、さまざまな価値観に対応するために、3つの外観デザインが用意されています。

N-BOXの広さが、
室内長×室内幅×室内高(mm)
2180 × 1350 × 1400
ラゲッジルームの 高さ×奥行き×幅(mm)
1120 × 1430 × 880

それに対し、スズキ「ワゴンR」は、
室内長×室内幅×室内高(mm)
2165 × 1295 × 1265
ラゲッジルームの 高さ×奥行き×幅(mm)
910 × 1360 × 1000
※3タイプともに同一

上記となっていて、高さや広さといった観点はやはり「スーパーハイトワゴン」に軍配は上がるものの、充分なサイズ感。何よりスズキ新型ワゴンRは、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドとなっていて、カタログ燃費は(JC08モード燃費)、軽ワゴンNo.1の低燃費33.4km/Lという点が大きな特徴といえるでしょう。

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

https://matome.response.jp/articles/72

新型ワゴンRの新車価格や、詳細情報に関してはこちらからご確認下さい。

実燃費の平均に関しても、19.68km/Lが現行の新型ワゴンRの燃費となっています。先代ワゴンRから乗り換えたユーザー(所有者)からも評価は高いようです。

ワゴンRスティングレーT(MH55S)
先代MH44S(NA)からの乗り換えです。
納車から2週間ですが、二回の給油で
満タン方で平均20.5(先代より良い)
乗り心地は遥かに良くなってます
また、ギクシャク感も無くなり快適です
賛美両論ありますがとても良い車です

また、ハイトワゴン系の中ではトップという声も。

購入から一週間、高速を使った遠出も含め500km程乗りましたが、45kmから110kmまで使えるオートクルーズと静粛性の高さ。そしてシャシー性能の高さからL152Sムーブに比べて疲れ度合いが全く違いました。
10年間の進歩は凄いと感じたと共に、本当に今の軽自動車って凄いな。と。
いい所ばかり書きましたが、悪いところはBピラーのデザインから左折時の歩行者目視確認や、高速合流等での右側目視確認に死角が多い事。
売りのEVクリープ走行は所詮50Nm。作動上限10km/hとなっていますが、5kmまで持っていくにも結構時間掛かるので他の車の迷惑になるため、うまく使えるシーンは限られますね。
何個か悪いところもありますが、全体的にはハイトワゴン系でのトップだと思います。
今後長く大事に乗っていきたいと思います。

■スズキ「ワゴンR」新車価格

スズキ「ワゴンR/スティングレー」の新車価格は107万8920円~173万5560円となっています。グレード別の価格やグレード毎の詳細については下記のリンクよりご確認下さい。

■スズキ「ワゴンR」中古車平均価格

スズキ新型ワゴンR/スティングレーの中古車平均価格の相場は、およそ90万円~170万円となっています(2017年5月現在)。2017年2月に登場した車種だけに、新車価格と大きく価格は変わりません。新型の購入を検討される際は余程のことがない限りは、新車での購入をおすすめします。また、先代のワゴンRであれば60万円~100万円程で購入できる車体も多くなっています。

スズキ ワゴンR 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S015/

スズキ ワゴンRの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スズキ「ワゴンR」の中古車情報はこちらからご確認下さい。

【おすすめの軽自動車】人気モデルから選ぶなら?

最後に、人気モデル、売れ筋のモデルからおすすめの軽自動車をご紹介します。

人気が高い=広さ・実用性が高い? N-BOX、タントはやはり人気

売上トップを走り続け、2017年9月にフルモデルチェンジをしたホンダN-BOX

やはり、「人気モデル」の「軽自動車」といえば、こちら。ホンダのN-BOXは外せない車といえるでしょう。室内空間、車内空間の広さ、実用性の高さにおいて、お子様をお持ちの家庭、ファミリー層に絶大な人気を誇ります。

ホンダN-BOXの公式ページはこちらから。

ホンダ N BOX 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S094/

ホンダ N BOXの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダN-BOXの中古車情報はこちらから。

ダイハツ タント カスタムRS

ダイハツ タント カスタムRS

また、ダイハツ「タント」もやはり人気モデルという観点でも非常におすすめです。2017年4月の軽四輪車通称名別新車販売台数でも3位に位置づけています。やはり「広い」「実用性が高い」という要素が高く評価されているというところでしょうか。

4月の軽四輪車通称名別新車販売台数 ニュース記事はこちら。
ダイハツ「タント」公式サイトはこちらから。

ダイハツ タント 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S006/

ダイハツ タントの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ダイハツ「タント」の中古車情報はこちらから。

軽ハイトワゴンの2台巨頭!ダイハツ「ムーヴ」も忘れちゃいけない!

また、ダイハツの「ムーヴ」も人気の高いモデル。同様の2017年4月の軽自動車販売台数ランキングでも2位の人気モデルとなっています。

スズキのワゴンRと共に軽自動車の「ハイトワゴン」という分野を長く牽引してきたダイハツのムーヴ。現行のムーヴは2014年12月に登場した6代目モデルで、2017年8月にマイナーチェンジを行ない、スマートアシストⅢが搭載されました。

サイズ感もワゴンR比べ、ほぼ変わらず、

室内長×室内幅×室内高(mm)
2080 × 1320 × 1280
ラゲッジルームの 高さ×奥行き×幅(mm)
840 × 1250 × 900

となっています。ハイトワゴンならではの室内空間のゆとりがあります。

また、後部座席は最大で240mmのスライドが可能となっていて、ラゲッジルームの拡大や、チャイルドシートを使用する際に前席に近づけるなど、多種多様なニーズに応えることが可能となっています。

燃費に関しては、27.4~31.0km/Lがカタログ掲載燃費(JC08モード燃費)となっていて、ターボ込みでの平均の実燃費は18.72km/Lとなっています。ターボとなると燃費が下がる傾向が多くありますが、ムーヴのユーザー(所有者)からの評価は高いようです。

902sを中古車で10万km走行車を購入してから、4年たち20万km超えたので、今回車検を受けたら、25万kmオーバーするので、買い替えました、RSターボで燃費通勤で高速35km下道30km、毎日130km走行して、L19から21kmは、
走ります燃料代も902sの6割ぐらいです、

使用用途:ほとんど通勤(片道40㎞程度を週5日)

道路状況:ほぼ先行車なし、平坦路10%くらい、残りは坂道、直線もキツいカーブも60㎞/hをキープ。

世間一般的な道路状況とは違うかもしれないけど、一応参考までに。4WD・ターボ・スタッドレスタイヤ履き潰し。平均燃費20㎞/L台後半。

■ダイハツ「ムーヴ」新車価格

2017年8月にマイナーチェンジされたムーヴの新車価格は、1,112,400円~1,474,200円となっていてグレードにより異なります。

L:1,112,400円 4WD:1,236,600円
L “SAⅢ”:1,177,200円 4WD:1,301,400円
X:1,209,600円 4WD:1,333,800円
X “SAⅢ”:1,274,400円 4WD:1,398,600円
Xターボ“SAⅢ”:1,350,000円 4WD:1,474,200円
※価格は税込みで表示

ダイハツ「ムーブ」公式サイトはこちら。

■ダイハツ「ムーヴ」中古車平均価格

ダイハツ「ムーヴ」の現行モデルの中古車の価格帯としては、60万円~150万円が中古車平均価格の相場となっています。ライバル車と言えるスズキ「ワゴンR」に比べると、現行モデルが2014年登場のため、比較的安めの価格帯の選択肢が多いという点も魅力と言えるでしょう。

比較的新しい、2016年式の車両も100万円を切る金額で検討することができるため、購入費用も極力抑えたいと言う方にもおすすめです。

ダイハツ ムーヴ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S012/

ダイハツ ムーヴの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ダイハツ「ムーヴ」の中古車情報はこちらからご確認下さい。

下記の記事ではトールワゴン、ハイトワゴンからスーパーハイトワゴンの軽自動車のみに絞って、売上台数TOPのランキングにしました。今売れているハイト系ワゴンは…?

【おすすめの軽自動車】女性に人気の2車種を紹介!

今まであげてきた軽自動車は比較的、男性、女性、年齢問わず、幅広い層の方々に選んでいただける軽自動車と呼べるでしょう。最後は、「女性に人気」と言う観点で2車種ご紹介します。

カワイイだけじゃなく、燃費、実用性良しのスズキ「アルトラパン」

まずはスズキのアルトラパンからご紹介。名前の通り現行のスズキ「アルト」をベースとした派生車種。「可愛いけれど、子供っぽくない」という狙いのアルトラパン。現行のモデルは2015年6月に登場した3代目のモデルとなっています。

アルトラパンはユーザーの約9割が女性で、そのうちの約6割が20~30代という若い層に人気の車種となっています。内装、外装共に女性に嬉しい作りとなっていて、エクステリア、インテリア共に自由度が高く、色の選択が可能となっています。

また、燃費が良いので経済的観点で言っても女性には嬉しい要素です。カタログ掲載燃費(JC08モード燃費)で33.2~35.6km/L、実燃費の平均も19.11km/Lという低燃費。ユーザー(所有者)からの評価も、見た目などだけではなく、走行性能や燃費について高評価な意見が多く見受けられました。

省燃費のためにマニュアルモードで走ります。
この場合、エコ運転採点機能は働きませんが、そんなものはどうでもよいのです(笑)
20kmで2速、30kmで3速、40kmで4速、50kmで5速を基本にしていますが、減速時は当然自動でシフトダウンしますので、余計なことは考えなくともきびきび走ります。
ATモードの1~2速のつながりはアクセルオフの操作が必要ですので、無段変速に成れている方はやはり大変な違和感を覚えるかもしれません。

我が家では完全にペダルなし5速マニュアル車として使っています。
実際ATモードで運転することはほとんどなく(あえていうなら左手に棒アイスを持った状態で運転する時くらいでしょうか?(^^)


良いクルマにめぐりあえました。

ターゲットユーザーから若干ファンシーなテイストながらも“自動車”のアイコン的シンプルなフォルムと奇をてらわないデザイン。
走りも含めベーシックカーはこれで十分という完成度の高さがあると思います。
スタイリングの副次効果として立ったフロントピラーと圧迫感のないインパネで高速でも疲れません。また隅が見えるボンネットは車両を認識しやすく運転のしやすさは格別です。

アルトラパンの詳細はこちらからご確認下さい。

■スズキ「アルトラパン」新車価格

アルトラパンの新車価格は107万7840円~149万2560円となっていてグレード毎に異なります。各グレードの価格は下記。

G:1,077,840円 4WD:1,188,000円 ※5速MT
L:1,202,040円 4WD:1,312,200円
S:1,285,200円 4WD:1,387,800円
X:1,389,960円 4WD:1492560円
※価格は税込で表記しています。

スズキ アルトラパン 公式サイトはこちら。

■スズキ「アルトラパン」中古車平均価格

現行モデルのアルトラパンの中古車本体価格は、60万~140万円が中古車平均価格となっています。2016年式、17年式の車両でも100万円を切る価格帯の中古車情報が見受けられるため、購入価格を抑えたいと言う女性の方にもおすすめしやすい1台です。

スズキ アルトラパン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S002/

スズキ アルトラパンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スズキ アルトラパンの中古車情報はこちらからご確認下さい。

可愛さも使いやすさも欲しい女性に!ダイハツ「ムーウキャンバス」

女性におすすめの2台目の軽自動車は、ダイハツの「ムーヴキャンバス」です。人気車種である「ムーヴ」の派生モデルとして2016年9月に登場した「ムーヴキャンバス」。

画布、帆布を意味するキャンバスから、あれこれできるという意味の“can”とバス(bus)を組み合わせた造語が名前の由来となっていて、の名前からもミニバスを意識した作り。この車のターゲット層は、ズバリ未婚女性で、理由は近年この市場でダイハツが苦戦しているからだそうです。

クラス的には「ハイトワゴンクラス」に属するムーヴキャンバス、軽ハイトワゴンのクラスとしては、初の「両側スライドドア」を採用しています。

ハイトワゴンクラスのため、室内長×室内幅×室内高(mm):2115 × 1345 × 1285、ラゲッジルームの 高さ×奥行き×幅(mm):855 × 1340 × 880と、ワゴンR、ムーヴと比べても少し多くゆとりがある車内空間となっています。

また、後部座席の足元が収納スペースに変わる「置きラクボックス」もあり、使い勝手と言う観点では、広さもあり抜群に高いといえるでしょう。燃費はカタログ掲載燃費が28.6km/L、実燃費の平均が17.82km/Lという燃費になっています。

■ダイハツ ムーヴキャンバス 新車価格

ムーヴキャンバスの新車価格は118万8000円~166万8600円となっていてグレード毎に異なります。各グレードの料金は下記になります。

L:1,188,000円 4WD:1,312,200円
L“SAⅡ”:1,252,800円 4WD:1,377,000円
X:1,296,000円 4WD:1420200円
X“SAⅡ”:1,360,800円 4WD:1,485,000円
X“メイクアップSAⅡ”:1,414,800円 4WD:1,539,000円
X“リミテッドSAⅡ”:1,425,600円 4WD:1,549,800円
X“リミテッドメイクアップSAⅡ”:1,479,600円 4WD:1,603,800円
G“SAⅡ”:1,490,400円 4WD:1,614,600円
G“メイクアップSAⅡ”:1,544,400円 4WD:1,668,600円
※価格は税込表記です。

ダイハツ ムーヴキャンバス 公式サイトはこちら。

■ダイハツ ムーヴキャンバス 中古車平均価格

ムーヴキャンバスの中古車平均価格の価格帯は90万円~160万円となっています。2016年9月に登場とあり、比較的中古車本体価格もあまり大きくは下がっていないようです。

しかし、発売約1ヶ月で2万台を受注するなど人気モデルなだけに台数は比較的新しい車種とは言え、中古車情報が見受けられます。タイミングにもよりますが100万円を切る価格で検討することも可能ではあるので、お探しの方は下記リンクからも確認できますので是非ご活用下さい。
※情報は2017年現在のものです

ダイハツ ムーヴキャンバス 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S073/

ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ムーヴキャンバスの中古車情報はこちらからご確認下さい。

見た目も可愛く女性に人気な軽自動車10選はこちらから

女性におすすめの軽自動車のみをピックアップし紹介しています。女性に人気の軽自動車をお探しの方はこちらの記事をご覧下さい。

最後に…

色々な角度からおすすめの軽自動車をまとめてみましたが、いかがでしたか?軽自動車を検討している方もそうでない方にも、気になる1台を見つけるきっかけになれば幸いです。

他の軽自動車、比較・おすすめ情報はこちら!

軽自動車に関連する記事はこちら

関連する投稿


マツダの軽自動車の種類は?現行車種の特徴を解説!

マツダの軽自動車の種類は?現行車種の特徴を解説!

マツダはロータリーエンジンを使用したスポーツカーが世界的な人気を博す企業ですが、その一方で販売する軽自動車はあまり語られません。スズキのOEM供給車で占められている、マツダの軽自動車のラインナップをボディータイプごとに分類して紹介します。


スズキの新型ジムニー 納期はいつ?燃費・価格・内装ほか最新情報

スズキの新型ジムニー 納期はいつ?燃費・価格・内装ほか最新情報

スズキの軽SUV、ジムニーは2018年にフルモデルチェンジされて発売されました。発売されて約2年たちましたが、いまだに売れ続けている人気車種です。本記事ではそんな新型ジムニーについて、徹底的に燃費・価格・内装から最新情報まで調べてお伝えしていきます。


スバルの軽 プレオってどんな車? 歴代中古車価格

スバルの軽 プレオってどんな車? 歴代中古車価格

スバル プレオは、スバルが2018年まで発売していた軽自動車です。初代モデルはヴィヴィオの後継車として登場し、2代目モデルはダイハツの軽自動車、ミラのOEM車です。新車で購入することはできませんが、中古車を購入検討してみてもいいかもしれません。本記事ではスバルのプレオについてご紹介します。


軽自動車の維持費は?普通車・コンパクトカーよりどれだけお得なのか

軽自動車の維持費は?普通車・コンパクトカーよりどれだけお得なのか

今回は気になる軽自動車の維持費についてです。軽自動車、コンパクトカー(1500cc)、普通車(今回は2000cc)で維持費を比較してみました。車の購入を考えているけれど、軽自動車か普通自動車か迷っている方にぜひ一読してほしい内容となっています!


トヨタ軽自動車一覧|ピクシスシリーズの燃費、スペック、中古車情報

トヨタ軽自動車一覧|ピクシスシリーズの燃費、スペック、中古車情報

言わずと知れた日本の自動車メーカー、トヨタ。長年の実績もさることながら時代の需要に応じて、魅力的な軽自動車をラインナップに取り入れ、多くの日本人の足となっています。今回は、そんなトヨタの軽自動車ピクシスシリーズ情報の一覧、新車・中古車価格情報をお届けします。


最新の投稿


現行レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格ほか 最新情報

現行レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格ほか 最新情報

レクサスと聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や新車価格の相場、中古車価格、試乗記などをまとめています。


ホンダの軽ワゴン バモス中古価格まとめ

ホンダの軽ワゴン バモス中古価格まとめ

ホンダのバモスは、2019年1月まで発売されていた軽ワゴンです。初代のバモスホンダは1970年に生産されていたオープンカータイプの軽トラであり、2代目のバモスは軽ワゴンタイプとして発売されていました。本記事では、2代目の軽ワゴン、バモスの中古車価格についてご紹介いたします。


日産のスーパーカー GT-R 中古価格まとめ

日産のスーパーカー GT-R 中古価格まとめ

日産のGT-R。日産の代表的なスポーツカーです。本記事では、GT-Rの特徴から中古車価格や燃費などをまとめました。GT-Rを中古車で購入検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


【豆知識】タイヤ交換にも使用するトルクレンチとは?使い方も解説

【豆知識】タイヤ交換にも使用するトルクレンチとは?使い方も解説

タイヤ交換をする際はナットを限界まで締めたら完了ではなく、「トルク値」も管理する必要があるのはご存知ですか?トルク値を管理することには、様々な部品を長持ちさせ安全な走行ができるといったメリットがあります。今回は、そんなトルク値を管理する際に使用する道具「トルクレンチ」についてご紹介します。


スバルのジャスティ中古価格まとめ

スバルのジャスティ中古価格まとめ

スバル ジャスティは、コンパクトトールワゴンです。その室内空間の広さに定評がある車です。現行のジャスティはダイハツ、トールのOEM供給モデルであり、ルーミー、タンクとは姉妹車となっています。本記事ではそんなジャスティの中古車価格についてまとめています。