目次へ戻る

維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

維持費・税金どちらがお得?軽自動車VSコンパクトカー徹底比較

移動手段として便利なクルマですが、所有するだけでも、税金、ガソリン代や駐車場代などの「維持費」が多くかかります。こちらのまとめでは、クルマの維持費についてと節約術をまとめました。


年間の維持費はいくらかかるのか

自動車は、遠くへ移動する際にとても便利な乗り物です。

そんな便利な車ですが、所有しているだけでも結構なお金がかかります。自動車税、ガソリン代、駐車場代、車検代、保険料などと、多くの維持費が重なるのです。

自動車保険の一括見積もりサービスを運営しているインズウェブが、車の維持費に関するアンケートを公開しました。

その結果によると、年間の維持費としては、「10万円から20万円」が32.6パーセント、次いで「20万円から30万円」が27.8パーセントとなっています。

では、維持費が倍なったらすぐに手放してしまうのでしょうか。

そうでもないようで、52.6パーセントと、東京都以外の半数の人が「持ち続ける」と回答。

交通機関が発達していない地方では、無くてはならない移動手段の一つとなっていることが、アンケート結果に反映されています。

維持費の理想や、一番割高な維持費は?

年間で20万円前後も維持費がかかる自動車ですが、では、理想的な金額はどれくらいなのでしょうか。

それについても、インズウェブはアンケート調査結果を報告しています。

「理想の維持費は」との質問に、「年間10万円以下」が42.9パーセントと、ほぼ半数近くの人が答えています。今よりも半分以上に減らしたいと考えている人が多いのです。

ちなみに、エコカー減税やエコカー補助金については、九割以上が「知っている」と回答しています。自賠責やメンテナンス費用に関しても、必要最低限だとして許容する意見も多いようです。

維持費の中でも特に割高だと考えているのが「燃料代」である、との結果も出ています。

31.7パーセントと三割近い人が負担に感じています。次いで、「税金」が25.5パーセント、「車検」が18.3パーセントという調査結果になっています。

軽自動車が一番お得!というわけではない!

維持費が安いと一般的に認知されているのは軽自動車ですが、果たして本当なのでしょうか。

実は今、軽自動車と、普通車であるコンパクトカーの維持費は、ほとんど大差なくなってきています。

一つは燃費です。街乗りだけならさほど問題ありません。ですが高速を使うとなると、追い越しや合流に不安があるために、ターボが必要となってきます。ターボはとても燃費が悪く、加速しようとアクセルを踏むだけで、燃費がかなり悪化します。

それなら、排気量が十分にあるコンパクトカーの方が力もありますし、高速時の燃費はこちらが勝ります。

もう一つの点として、税金があります。自動車税も軽自動車の方が安くなっていますが、見直しが進められており、今後も上がっていく可能性があります。

更に、「新エコカー減税」などの導入で、初期費用の負担が大きくなっているのです。

ファミリーにやさしいコンパクトカー&軽自動車の節約術

自動車を所有していると、様々な維持費がかかります。

自動車保険やガソリン代、車検や半年点検などの整備費用、スタッドレスや痛んだ場合のタイヤ交換費用などのメンテナンス代です。

トータルすると結構な費用になってきますので、なるべく押さえたいものです。パッソの維持費は、平均実燃費が16.7km/Lと良いので、経済的だと言えます。

シエンタは長年乗りたい車だと思われますが、メンテナンスをきちんとして修理を極力押さえることが、かえって維持費の節約になります。

インターネットでパーツを安く購入し、ディーラーやカーショップ、整備工場に持っていくと出費が少なくて済みます。

ピクシススペースは軽ワゴンなので、低燃費でエコカー減税の対象車です。軽自動車は普通車に比べて、維持費の面では一番かからない車です。

コンパクトカー&軽自動車の見るべきポイント

コンパクトカーは低燃費なのに、軽自動車よりもデザイン性が格好良く機能性に優れています。

維持費もあまりかからないので、最近はブームになっています。車両価格も、170万円前後以下と経済的です。

ラゲッジのスペースは、普段のお買い物で荷物を積むことができる収納になっているので、不便さは感じないでしょう。

荷物が多くなる場合は、後部座席に積めばいいです。ある程度重い荷物を載せても、軽快に走ってくれます。

軽自動車の車両価格は、180万円以下とあまり普通車とは変わりません。

ですが維持費が安いので、人気となっています。ラゲッジのスペースは、2L×6本入りペットボトル箱2箱並べたぐらい狭いですが、後部座席を倒して使用することで、沢山荷物を収納することが可能です。

荷物が多くなり重い場合は、走りも多少スピードが出ない感じになるので、気をつけて運転して下さい。

コンパクトカー&軽自動車どちらを購入するか迷ったら

コンパクトカーも軽自動車も、それぞれメリットが違います。

コンパクトカーは小さい普通車なので、購入する人は経済的な普通車ということで、購入しています。

車体は小さくても、中型車や大型車とかわりないので不便さは感じないでしょう。自宅に広い駐車スペースが無い方にとっても、おススメできる車です。

軽自動車は、やはり魅力的なのは維持費がかからない点です。

ご近所のお買い物に使用したり、遠くない仕事の通勤には十分です。小回りがきくので、駐車スペースが小さい場合に狭い場所にも駐車できます。

運転にあまり自信が無い方でも、軽自動車であれば楽に運転できるでしょうし、最近は室内もなるべく広くしてあるので、コンパクトカー感覚で便利に使用できる車種もあり、選ぶ際に検討してみると良いです。

選ぶ目的を明確にすれば、欲しい車のタイプも分かりやすいでしょう。

低燃費タイヤとは

大型トラックなどに装着されるタイヤは、ダブルタイヤの場合が一般的ですが、シングルタイヤXONEにすることで大幅な軽量化になります。

それ故、発進や加速がスムーズになり、燃費性を高める事が出来るわけです。

また、タイヤの本数が減るので、メンテナンスコストの削減にも繋がります。タイヤを交換するタイミングとしては、車検時や消耗・劣化時、そして季節の変わり目が挙げられます。

一度履いたタイヤは長く使い続けることになるので、できるだけ安全性の高いものを選んだ方が、その後の満足感と安心感は高くなるわけです。

一口にシングルタイヤといっても、個別の製品銘柄やサイズとなると、専門家でなければ、なかなか詳しくは分からないものです。

それ故、安全性等のタイヤの性能に関することは、専門ショップやの店員に相談するのが良いと言えます。

最新の技術を採用したシングルタイヤは、安全性のみならず、燃費性向も向上させるので、自分のクルマに最適なタイプを選ぶことが何よりも重要になると言えます。

それぞれの車種に合った低燃費タイヤ

現在、3台に1台はミニバンだと言われるほど人気車種ですが、重量がある上に車高が高いため、走行時のふらつきが大きくなります。

特に高速道路のレーンチェンジや山道などの急カーブでは、揺れが大きくなったり、抜けた後の収まりが遅れたりします。

それ故、ミニバンにはミニバン専用のタイヤが開発されており、ふらつきを抑える構造になっています。タイヤの外側のブロックを強めたり、全体の形状を変えたりして、横揺れを抑え安定性を保ちます。

一般的なタイヤと違って左右の溝パターンが非対称なのが特徴となっています。車種別のタイヤとしては、現在爆発的な人気になっている軽自動車にも用意されています。

特徴である小回りの良さを一層高め、燃費性向の向上にも貢献できるタイプもあります。また、軽自動車にもミニバン同様に車高が高いものがあるので、ミニバン専用タイヤのノウハウを採り入れた軽自動車専用タイヤが開発されているわけです。

そうしたことから、タイヤの不満や不備を相談する際には、低燃費タイヤを選択してみるのが良い方法です。

低燃費タイヤと認められる条件

現在、殆どのメーカーは、低燃費タイヤをラインナップしており、カタログ性能において4〜6パーセントほど、燃費がアップすると言われています。

燃費が良くなるカギとなるのが、ゴムの材質とブロックパターンの形状にあり、路面との摩擦を如何に減らせるかがポイントになります。

摩擦が大きいと発熱も大きくなり、タイヤのグリップ力を高めることになります。それ故、発熱を抑える材質やパターンを採用することで、転がり抵抗力を下げ、燃費を良く出来るわけです。

但し、タイヤのグリップ力を下げるとブレーキ性能にも影響を及ぼすので、パターンに改良を加えるなどして、制動力を維持する必要があるわけです。

これらの性能をバランスよく獲得できたものだけが、「低燃費タイヤ」として認められています。

そうした基準は、ラベリング制度によって定められており、転がり抵抗がAクラス以上、グリップ性能がa〜dの範囲に収まっているタイヤだけが低燃費タイヤとして合格になっています。

関連する投稿


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

7月13日、ホンダのNシリーズにニューフェイスが登場します。その名もN-VAN(エヌバン)!N-VANは機能性・走行性能・安全性能を追求した軽貨物車です。N-BOXのプラットフォームを最大に活かし、軽バンとしての積載量は十分に確保した新型N-VAN。N-VANが気になっている人、本記事を読んで、ぜひとも検討してみては?


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」の概要を6月18日に発表し、同時に7月に発売するのを正式に予告しました。またジムニーをベースとした小型車規格の「ジムニーシエラ」も正式に発売が発表されたので、併せて車種の概要や価格についてを紹介します。


スズキ新型ジムニーの5ドア、カブリオレ、ピックアップの3バージョン予想CG!

スズキ新型ジムニーの5ドア、カブリオレ、ピックアップの3バージョン予想CG!

ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」が、スズキ新型ジムニーの5ドア、カブリオレ、ピックアップの3バージョンの予想CGをサイトで公開しました。 どれもそのまま出しても違和感のないレベルの完成度のCGで、過去のジムニーでもピックアップやオープンモデルは設定されたこともあり新型でも是非発売を期待したいですね


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!