目次へ戻る

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

ダイハツのミライースが5月9日にフルモデルチェンジを行い、装い新たに登場しました。改めて、新型ミライースの基本情報にはじまり、評価、評判、価格、中古価格までをまとめてみました。


ダイハツの新型ミライースが絶好調!爆売れの理由とは

フルモデルチェンジして発売された軽乗用車の『ミラ イース』。

この新型ミラ イースの累計受注台数が、発売後1か月で月販目標9000台の2倍を上回る約2万台となったとダイハツが発表しました。

新型ミラ イースは、初代モデルの特長だった「低燃費・低価格」に加え、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」や「コーナーセンサー」を採用するなど「安全・安心」を追求しました。

さらに基本性能や使い勝手の向上も図っています。

購入層は50代以上を中心に、老若男女幅広い年齢層にわたり、約8割がスマートアシストIII搭載グレードを選択しているとのこと。

また主な好評点としては、購入しやすい価格で設定された安全装備や35.2km/L(JC08モード)の低燃費、力強さと先進性を表現したデザイン、ストレスなく運転できる加速性能や上質でフラットな乗り心地などの基本性能が挙げられています。

今回はそんなミラ イース新型について改めて見ていきたいと思います。

ダイハツ ミライース新型 基本情報

ミライースは、ダイハツから「第3のエコカー」をコンセプトに作られました。

2011年に販売開始。2017年5月9日より販売されている現行ミライースは、2代目にあたります。

5ドアのハッチバックで、スバルのプレオプラス(2代目)、トヨタのピクシスエポック(2代目)はミライースのOEMです。

ダイハツ ミライース新型 基本情報!先代ミライースよりも軽量化!

 
ダイハツ ミライース 新型 基本情報
全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,510
ホイールベース(mm)2,455
室内長×幅×高(mm)1,935×1,345×1,240
車両重量(kg)720
乗車定員(名)4
JC08モード燃費32.2
エンジン 型式KF型
エンジン 種類水冷直列3気筒 12バルブDOHC横置
最高出力(ネット)36kW(49 PS)/6,800r.p.m
最大トルク(ネット)57N(5.8 kgm)/5,200r.p.m
※Lグレード(4WD)を参考にした

先代のミライースと比較すると、先代は全長3,395×全幅1,475×全高1,500なので、高さが10mm高くなっていることがわかります。

また、車両重量も、先代のミライース4WDでは、790kgであったのに対し、新型ミライースは720kgと、70kg軽くなっていることが明らかです。

ダイハツ ミライース新型 エクステリア 先代よりも力強いデザインへ

新型ミライース

先代のミライース

新型のミライースは、先代に比べて、よりしっかり力強く見えるように、ショルダーラインをしっかり出すことで、がっちり見えるようにデザインされています。

また、今回の特徴としては、Cピラーからリアウインドウにかけて、空力の効果も見込んで少し絞り込みが。

ミライース新型

また、リアフェンダーをしっかり張り出させることでスタンスを良く見えるようにしました。

ダイハツ ミライース新型 費用対効果は抜群!燃費がすごい

ミライース新型、特筆したいのが、燃費の良さ。

2WDのG“SA Ⅲ”、 X“SA Ⅲ”グレードでは、34.2km/L。
2WDの他グレードでは、35.2km/L。
4WDでは32.2km/L。

という驚異の低燃費を実現しています。

※数値はすべてJC08モード燃費のもの

ミライースの低燃費を褒めるオーナーさんの声も多数見られました。

今朝帰って来る際640kmを無給油で、帰ってこれました。
スタンドで給油すると、25リットルまだ、走れたのかと驚きました。

肝心の燃費は、妻の近場(5km以内)のりでもエアコンなしだと20km/Lぐらい。私が通勤(片道30km)に使うと29km/L!エアコンフル稼働だとそれぞれ15km、25kmと2割ほど落ちます。でも、この燃費、ミラの1.5倍です。夏場とはいえ、CVTやエンジンの暖気が早く終わること、また、軽いため上り坂での燃費悪化が少ないことが要因です。

ダイハツ ミライース新型 気になる評価・評判は

6月7日に納車、約一ヶ月待ちでした。6月半ばの発注ですと納車は早くて8月末だとか、良いタイミングでした。前車はアトレーワゴン4WDのターボ車条件の良い走行でも10km/lがやっと、ミライースは音も静かでビックリ

その上燃費は条件が良ければ25km/lを上回り、燃費レポートでは市街地走行も含めて平均19.92km/lまだ総走行距離1250kmまだ伸びるでしょう。

値引き6万、スマートアシストⅢやLEDや各種装備が追加され価格据え置き102万円、ETCやカーナビ等付けて127万円はお買い得 ガソリン代等の経費も大幅削減これからが楽しみです。

その効果は乗ってみると明確に感じることができる。発進時、アクセルを軽く踏み込んだときの加速感がカッチリしている。クルマ全体の作り込みがしっかりしていてスキがない。わずか49馬力のエンジンにCVTの組み合わせのパワーユニットだが、非力さを感じることはない。さすがに速いという印象ではないが期待を裏切らない、期待どおりの加速を得られる。

じつはこの試乗は男3名の同乗だった。せっかくの80kg軽量化は助手席と後席に乗った同乗者によって帳消しにされているわけだが、そんなことをみじんも感じさせない底力を持っている。これが一般道だけでなく、高速道路でも十分な性能を味わえるのだからちょっとびっくりである。

さらに乗り心地も十分に確保されている。どの席でも乗り心地は十分だが、とくに後席は軽自動車のレベルを超えているイメージ。後席を分割可倒にせず、大きなシートで荷重を受け止めていることが功を奏しているのだろう。ただし、タイヤ空気圧が260kPaと高めなので、ザラザラした乗り味が残っている部分がもったいない。

燃費の良さはもちろんのこと、乗り心地や走りも進化したことがわかりますね。

ダイハツ ミライース新型 グレード別価格 84万2,400円~!

 
ダイハツ ミライース 新型 価格
G “SA Ⅲ”(2WD)1,209,600円
G “SA Ⅲ”(4WD)1,339,200円
X “SA Ⅲ”(2WD)1,080,000円
X “SA Ⅲ”(4WD)1,209,600円
L “SA Ⅲ”(2WD)939,600円
L “SA Ⅲ”(4WD)1,069,200円
L(2WD)874,800円
L(4WD)1,004,400円
B “SA Ⅲ”(2WD)907,200円
B “SA Ⅲ”(4WD)1,036,800円
B (2WD)842,400円
B (4WD)972,000円

新型ミライース、新車価格はエントリークラスが84万2400円~で、“SA Ⅲ”とついているモデルは、スマートアシストⅢが搭載されています。

軽自動車とはいえ、100万円以下で自動車を購入できるのはかなり低価格ですね。

ダイハツ ミライース新型 中古価格はいくらくらい?

ミライース新型、中古で購入するといくらくらいになるのでしょうか。
調べてみたところ、約70万円~くらいから購入できることがわかりました。

絶対に新車!という人でなければ、中古での購入もオススメです。

ダイハツ ミライース 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S065/

ダイハツ ミライースの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

最後に

第3のエコカーと名高い、ダイハツのミライース新型について今回はまとめましたがいかがでしたでしょうか。

ミライースは低価格・低燃費で、家庭にやさしい車と言えますね。

軽自動車でお悩みの方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

https://matome.response.jp/articles/555

【2017年9月6日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。

関連する投稿


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

7月13日、ホンダのNシリーズにニューフェイスが登場します。その名もN-VAN(エヌバン)!N-VANは機能性・走行性能・安全性能を追求した軽貨物車です。N-BOXのプラットフォームを最大に活かし、軽バンとしての積載量は十分に確保した新型N-VAN。N-VANが気になっている人、本記事を読んで、ぜひとも検討してみては?


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」の概要を6月18日に発表し、同時に7月に発売するのを正式に予告しました。またジムニーをベースとした小型車規格の「ジムニーシエラ」も正式に発売が発表されたので、併せて車種の概要や価格についてを紹介します。


ダイハツ ミラ トコット 発売!エントリーユーザー向けの新型軽!

ダイハツ ミラ トコット 発売!エントリーユーザー向けの新型軽!

ダイハツは、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトとし、幅広い層に日々のモビリティライフをより安心して過ごしてもらいたいとの想いを込めて開発した新型軽乗用車、ミラ トコットを6月25日より発売しました。トコット、という可愛らしい響きのこの車。最新情報をまとめました。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!