目次へ戻る

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

ダイハツのミライースが5月9日にフルモデルチェンジを行い、装い新たに登場しました。改めて、新型ミライースの基本情報にはじまり、評価、評判、価格、中古価格までをまとめてみました。


ダイハツの新型ミライースが絶好調!爆売れの理由とは

フルモデルチェンジして発売された軽乗用車の『ミラ イース』。

この新型ミラ イースの累計受注台数が、発売後1か月で月販目標9000台の2倍を上回る約2万台となったとダイハツが発表しました。

新型ミラ イースは、初代モデルの特長だった「低燃費・低価格」に加え、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」や「コーナーセンサー」を採用するなど「安全・安心」を追求しました。

さらに基本性能や使い勝手の向上も図っています。

購入層は50代以上を中心に、老若男女幅広い年齢層にわたり、約8割がスマートアシストIII搭載グレードを選択しているとのこと。

また主な好評点としては、購入しやすい価格で設定された安全装備や35.2km/L(JC08モード)の低燃費、力強さと先進性を表現したデザイン、ストレスなく運転できる加速性能や上質でフラットな乗り心地などの基本性能が挙げられています。

今回はそんなミラ イース新型について改めて見ていきたいと思います。

ダイハツ ミライース新型 基本情報

ミライースは、ダイハツから「第3のエコカー」をコンセプトに作られました。

2011年に販売開始。2017年5月9日より販売されている現行ミライースは、2代目にあたります。

5ドアのハッチバックで、スバルのプレオプラス(2代目)、トヨタのピクシスエポック(2代目)はミライースのOEMです。

ダイハツ ミライース新型 基本情報!先代ミライースよりも軽量化!

 
ダイハツ ミライース 新型 基本情報
全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,510
ホイールベース(mm)2,455
室内長×幅×高(mm)1,935×1,345×1,240
車両重量(kg)720
乗車定員(名)4
JC08モード燃費32.2
エンジン 型式KF型
エンジン 種類水冷直列3気筒 12バルブDOHC横置
最高出力(ネット)36kW(49 PS)/6,800r.p.m
最大トルク(ネット)57N(5.8 kgm)/5,200r.p.m
※Lグレード(4WD)を参考にした

先代のミライースと比較すると、先代は全長3,395×全幅1,475×全高1,500なので、高さが10mm高くなっていることがわかります。

また、車両重量も、先代のミライース4WDでは、790kgであったのに対し、新型ミライースは720kgと、70kg軽くなっていることが明らかです。

ダイハツ ミライース新型 エクステリア 先代よりも力強いデザインへ

新型ミライース

先代のミライース

新型のミライースは、先代に比べて、よりしっかり力強く見えるように、ショルダーラインをしっかり出すことで、がっちり見えるようにデザインされています。

また、今回の特徴としては、Cピラーからリアウインドウにかけて、空力の効果も見込んで少し絞り込みが。

ミライース新型

また、リアフェンダーをしっかり張り出させることでスタンスを良く見えるようにしました。

ダイハツ ミライース新型 費用対効果は抜群!燃費がすごい

ミライース新型、特筆したいのが、燃費の良さ。

2WDのG“SA Ⅲ”、 X“SA Ⅲ”グレードでは、34.2km/L。
2WDの他グレードでは、35.2km/L。
4WDでは32.2km/L。

という驚異の低燃費を実現しています。

※数値はすべてJC08モード燃費のもの

ミライースの低燃費を褒めるオーナーさんの声も多数見られました。

今朝帰って来る際640kmを無給油で、帰ってこれました。
スタンドで給油すると、25リットルまだ、走れたのかと驚きました。

肝心の燃費は、妻の近場(5km以内)のりでもエアコンなしだと20km/Lぐらい。私が通勤(片道30km)に使うと29km/L!エアコンフル稼働だとそれぞれ15km、25kmと2割ほど落ちます。でも、この燃費、ミラの1.5倍です。夏場とはいえ、CVTやエンジンの暖気が早く終わること、また、軽いため上り坂での燃費悪化が少ないことが要因です。

ダイハツ ミライース新型 気になる評価・評判は

6月7日に納車、約一ヶ月待ちでした。6月半ばの発注ですと納車は早くて8月末だとか、良いタイミングでした。前車はアトレーワゴン4WDのターボ車条件の良い走行でも10km/lがやっと、ミライースは音も静かでビックリ

その上燃費は条件が良ければ25km/lを上回り、燃費レポートでは市街地走行も含めて平均19.92km/lまだ総走行距離1250kmまだ伸びるでしょう。

値引き6万、スマートアシストⅢやLEDや各種装備が追加され価格据え置き102万円、ETCやカーナビ等付けて127万円はお買い得 ガソリン代等の経費も大幅削減これからが楽しみです。

その効果は乗ってみると明確に感じることができる。発進時、アクセルを軽く踏み込んだときの加速感がカッチリしている。クルマ全体の作り込みがしっかりしていてスキがない。わずか49馬力のエンジンにCVTの組み合わせのパワーユニットだが、非力さを感じることはない。さすがに速いという印象ではないが期待を裏切らない、期待どおりの加速を得られる。

じつはこの試乗は男3名の同乗だった。せっかくの80kg軽量化は助手席と後席に乗った同乗者によって帳消しにされているわけだが、そんなことをみじんも感じさせない底力を持っている。これが一般道だけでなく、高速道路でも十分な性能を味わえるのだからちょっとびっくりである。

さらに乗り心地も十分に確保されている。どの席でも乗り心地は十分だが、とくに後席は軽自動車のレベルを超えているイメージ。後席を分割可倒にせず、大きなシートで荷重を受け止めていることが功を奏しているのだろう。ただし、タイヤ空気圧が260kPaと高めなので、ザラザラした乗り味が残っている部分がもったいない。

燃費の良さはもちろんのこと、乗り心地や走りも進化したことがわかりますね。

ダイハツ ミライース新型 グレード別価格 84万2,400円~!

 
ダイハツ ミライース 新型 価格
G “SA Ⅲ”(2WD)1,209,600円
G “SA Ⅲ”(4WD)1,339,200円
X “SA Ⅲ”(2WD)1,080,000円
X “SA Ⅲ”(4WD)1,209,600円
L “SA Ⅲ”(2WD)939,600円
L “SA Ⅲ”(4WD)1,069,200円
L(2WD)874,800円
L(4WD)1,004,400円
B “SA Ⅲ”(2WD)907,200円
B “SA Ⅲ”(4WD)1,036,800円
B (2WD)842,400円
B (4WD)972,000円

新型ミライース、新車価格はエントリークラスが84万2400円~で、“SA Ⅲ”とついているモデルは、スマートアシストⅢが搭載されています。

軽自動車とはいえ、100万円以下で自動車を購入できるのはかなり低価格ですね。

ダイハツ ミライース新型 中古価格はいくらくらい?

ミライース新型、中古で購入するといくらくらいになるのでしょうか。
調べてみたところ、約70万円~くらいから購入できることがわかりました。

絶対に新車!という人でなければ、中古での購入もオススメです。

ダイハツ ミライース 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S065/

ダイハツ ミライースの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

最後に

第3のエコカーと名高い、ダイハツのミライース新型について今回はまとめましたがいかがでしたでしょうか。

ミライースは低価格・低燃費で、家庭にやさしい車と言えますね。

軽自動車でお悩みの方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

https://matome.response.jp/articles/555

【2017年9月6日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。

関連する投稿


本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

スズキからワゴンRのOEM供給を受け誕生したマツダのフレア。一体どのような軽自動車なのか、本記事では価格や燃費などのスペック、さらにユーザーの口コミ評価まで幅広い角度からフレアを徹底的に解剖しご紹介していきたいと思います。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの大人気軽トールワゴン・タントにフルモデルチェンジの時期が近づいています。2018年発売?デザインは東京モーターショーで初公開されたコンセプトカー”ダイハツ DN U-SPACE”(ディーエヌ ユースペース)??他、タントのモデルチェンジについて気になる情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。