目次へ戻る

燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

マツダの人気軽自動車、「キャロル」の情報をお届けします。キャロルが気になる、そんな方々向けにスペック、燃費、ユーザー評価等をまとめました。


マツダの軽自動車 キャロル 概要

マツダが現在販売する車の中で、「キャロル」は一番の最長寿ブランドです。

初代「キャロル360」が発売されたのは1962年、当時の日本では珍しい「クリフカット」型のリアウインドウなど個性的なデザイン、相当に凝ったメカニズムを搭載していました。


1989年発売の2代目以降はスズキ・アルトが基本構造のベースとなったものの、曲線を生かしたスタイリングや豊富なボディーカラーで女性ユーザーからの支持を集めて大ヒットしました。

また、その流れから1998年の4代目以降の「キャロル」は完全にスズキ・アルトのOEM車になっています。

その後、2015年、フルモデルチェンジを経て現行7代目「キャロル660」が登場しました。
【GF】【GL】【GS】【GX】の4つのグレードがあり、【GL】 【GS】グレードでは駆動系をFFか4WDで選択することができます。


車両重量の軽量化と低燃費を実現した結果、全グレードで「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、さらには国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)でも第1位を記録するなど、燃費の良さもこの「キャロル660」の特徴のひとつです。

マツダ キャロル 基本スペックは?

続いて気になる「キャロル660」の基本スペックをグレードごとに紹介していきます。

○エンジン種類
【GL】【GS】【GX】
水冷直列3気筒DOHC12バルブVVTエンジン [EGRシステム付]
【GF】
水冷直列3気筒DOHC12バルブエンジン

○総排気量
【全グレード】0.658

○駆動方式
【GL】【GS】
FF or 4WD
【GF】【GX】
FFのみ

○最高出力
【GL】【GS】【GX】
38kW〈52PS〉/6,500rpm
【GF】
36kW〈49PS〉/6,500rpm

○最大トルク
【GL】【GS】【GX】
63N・m〈6.4kgf・m〉/4,000rpm
【GF】
58N・m〈5.9kgf・m〉/4,000rpm

○燃費
【GF】 27.2km/L
【GL】【GS】
・FF駆動
37.0km/L ・4WD駆動 33.2km/L
【GX】 37.0km/L

○燃料タンク
【全グレード】
容量 27L

○乗車定員
【全グレード】
4人

○車両重量
【GF】 610kg
【GL】【GS】
・FF駆動 650kg
・4WD駆動 700kg
【GX】650kg

○ボディサイズ(mm)
【GF】【GL】【GS】
全長 3,395全幅 1,475全高 1,475
【GX】
全長 3,395全幅 1,475全高 1,500

○室内サイズ(mm)
【GF】【GL】【GS】
室内長 1,985室内幅 1,255室内高 1,215
【GX】
室内長 1,985室内幅 1,255室内高 1,215

マツダ キャロルは燃費が優秀!

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)において1位に選ばれた「キャロル660」。

その気になる実燃費はどうなっているのでしょう?

マツダの公式サイトによると、各グレードとタイプのJC08モード燃費は以下の通り。
【GF】 27.2km/L
【GL】【GS】
・FF駆動 37.0km/L ・4WD駆動 33.2km/L
【GX】37.0km/L


実燃費を調べるにあたっては、65万人の会員から実際の燃費データを収集しているコミュニティ・サイト「e燃費」の実燃費データを元にしました。

燃費ランキング・ガソリン価格・車種情報の共有コミュニティ - e燃費

https://e-nenpi.com/

実燃費による燃費ランキング、ガソリン価格、車種情報、車レビューを62万人のe燃費会員と共有するコミュニティ・サイトです。車選びの指標を提供し、エコカーライフを支援します。

データでは「キャロル660」の燃費はFF駆動で26.94km/L 4WD駆動でも25.17km/L をマークし、実燃費も非常に優秀であることがわかります。

マツダ キャロル エクステリア/カラーは?

「キャロル660」のカラーバリエーションは、どのグレードでも選択可能な「フィズブルーパールメタリック」「アーバンブラウンパールメタリック」「ピュアレッド」「シルキーシルバーメタリック」「シフォンアイボリーメタリック」の5色と、【GX】では選択できない「スペリアホワイト」 逆に【GX】での専用色となる「ピュアホワイトパール」の合計7色となります。


さらに見た目では、【GX】のタイヤサイズが15インチにサイズアップされており、見た目にも他のグレードとの差別化がなされています(他グレードでは13インチ)。

どのグレードでも豊富に選べるエクステリアアイテムが用意されていますから、外見をさらに際立たせることも可能です。

マツダ キャロル インテリアは?

「キャロル660」の内装はシンプルで好感が持てます。

トヨタ車のような満足感はないかもしれませんが、最小限ながらも装備がうまくまとめこまれており、運転席前のメーター類がしっくりきます。

ドライブに便利な収納スペースも数多く用意されており、助手席シートバックにはカバンもかけられる大型のショッピングフックが採用、ラゲッジルームも広く、コンセプトどおり、乗る人の日常を大切にしてくれているのが伝わります。

マツダ キャロル 安全装備について

「キャロル660」には多くの安全装備が搭載されています。

高い安全性を追求した【軽量衝撃吸収ボディ】をはじめ、横滑り防止機構【DSC (ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)】&自動的に駆動輪のトルクを調節する【TCS (トラクション・コントロール・システム)】

4輪それぞれのブレーキを最適にコントロールする 【4W-ABS(4輪アンチロック・ブレーキ・システム)】&制動力を車輪に対して最適に制御配分する【EBD(電子制御制動力配分システム)】&【ブレーキアシスト】が全車に標準で搭載。

また、【GF】以外のグレードには、自動ブレーキで前方不注意による「追突事故」の被害を軽減する【レーダーブレーキサポート】
・エンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制する【誤発進抑制機能】
・走行中に急ブレーキをかけるとハザードランプが自動で高速点滅。

後続車に急ブレーキを知らせ注意を促す、【エマージェンシーストップシグナル】が搭載され、高い安全性を発揮します。

マツダ キャロル 新車価格は?

気になる「キャロル660」のお値段、新車価格はいくらになるのか。

各グレード、タイプ別に
【GF】
\84,7800(税込)

【GL】
・FF駆動 \915,840(税込)
・4WD駆動 \1,021680(税込)

【GS】
・FF駆動 \1,013,040(税込)
・4WD駆動 \1,113,480(税込)

【GX】 \1,123,200(税込)
となっています。

たくさんの魅力の詰まった「キャロル660」ですが、このお値段の手頃さも魅力のひとつですね。

マツダ キャロル 中古車価格?

中古価格についても調べてみました!

「キャロル660」【GL】を参照したところ、\560,000~¥940,000 が大よその相場となっています。

他のグレードやタイプ、走行距離によっては価格もそれぞれに変わってきます。
検討してみたい! という方は下記の中古車情報もチェックしてみてくださいね。

マツダ キャロル 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S004/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

マツダ キャロルの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ キャロル ユーザー評価

実際のユーザーからの評価も気になるところ、燃費に対する評価はとてもよいようです。

購入して3度満タンにしての燃費ですが、27kmは下りませんね。街乗りでこの状態なので遠出するのが楽しみです。
もう少しタンクが大きければいうことないのですが…

主に通勤で使いますが、燃費はとても良いです。夏場は少し燃費が落ちますが、購入してからの燃費はほぼ24km/lです。
ただフロントピラー等のの位置や形状が悪く死角が多いと感じます。

まとめ

時代とともに変化してきた「キャロル」、長い歴史を持つからこその変遷が見て取れるのが個人的にはとても面白く感じます。皆様はいかがでしたでしょうか?


燃費がよく価格も手頃、軽自動車に求められるメリットを十分に享受できる「キャロル660」は高い安全性能もかね揃えています。

今の時代だからこそのニーズに応える「マツダ・キャロル」、興味を持っていただけましたら幸いです。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

マツダは、ロサンゼルスモーターショー2018で新型『マツダ3』(日本名『アクセラ』)を世界初公開しました。北米モデルのボディタイプはハッチバックとセダンの2種類を用意しています。新型エンジン「SKYACTIV-X」の採用もあって、今大注目のアクセラ新型に迫りました。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】世界初公開 マツダの新型アクセラ!

【ロサンゼルスモーターショー2018】世界初公開 マツダの新型アクセラ!

期待の高まるマツダの新型アクセラ。そんなアクセラですが、ロサンゼルスモーターショー2018のプレスデーに先駆けて行われたプレビューイベントにて世界初公開されました。最新技術、そして最新エンジンを搭載したアクセラ新型に迫ります。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。