目次へ戻る

燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

マツダの人気軽自動車、「キャロル」の情報をお届けします。キャロルが気になる、そんな方々向けにスペック、燃費、ユーザー評価等をまとめました。


マツダの軽自動車 キャロル 概要

マツダが現在販売する車の中で、「キャロル」は一番の最長寿ブランドです。

初代「キャロル360」が発売されたのは1962年、当時の日本では珍しい「クリフカット」型のリアウインドウなど個性的なデザイン、相当に凝ったメカニズムを搭載していました。


1989年発売の2代目以降はスズキ・アルトが基本構造のベースとなったものの、曲線を生かしたスタイリングや豊富なボディーカラーで女性ユーザーからの支持を集めて大ヒットしました。

また、その流れから1998年の4代目以降の「キャロル」は完全にスズキ・アルトのOEM車になっています。

その後、2015年、フルモデルチェンジを経て現行7代目「キャロル660」が登場しました。
【GF】【GL】【GS】【GX】の4つのグレードがあり、【GL】 【GS】グレードでは駆動系をFFか4WDで選択することができます。


車両重量の軽量化と低燃費を実現した結果、全グレードで「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、さらには国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)でも第1位を記録するなど、燃費の良さもこの「キャロル660」の特徴のひとつです。

マツダ キャロル 基本スペックは?

続いて気になる「キャロル660」の基本スペックをグレードごとに紹介していきます。

○エンジン種類
【GL】【GS】【GX】
水冷直列3気筒DOHC12バルブVVTエンジン [EGRシステム付]
【GF】
水冷直列3気筒DOHC12バルブエンジン

○総排気量
【全グレード】0.658

○駆動方式
【GL】【GS】
FF or 4WD
【GF】【GX】
FFのみ

○最高出力
【GL】【GS】【GX】
38kW〈52PS〉/6,500rpm
【GF】
36kW〈49PS〉/6,500rpm

○最大トルク
【GL】【GS】【GX】
63N・m〈6.4kgf・m〉/4,000rpm
【GF】
58N・m〈5.9kgf・m〉/4,000rpm

○燃費
【GF】 27.2km/L
【GL】【GS】
・FF駆動
37.0km/L ・4WD駆動 33.2km/L
【GX】 37.0km/L

○燃料タンク
【全グレード】
容量 27L

○乗車定員
【全グレード】
4人

○車両重量
【GF】 610kg
【GL】【GS】
・FF駆動 650kg
・4WD駆動 700kg
【GX】650kg

○ボディサイズ(mm)
【GF】【GL】【GS】
全長 3,395全幅 1,475全高 1,475
【GX】
全長 3,395全幅 1,475全高 1,500

○室内サイズ(mm)
【GF】【GL】【GS】
室内長 1,985室内幅 1,255室内高 1,215
【GX】
室内長 1,985室内幅 1,255室内高 1,215

マツダ キャロルは燃費が優秀!

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)において1位に選ばれた「キャロル660」。

その気になる実燃費はどうなっているのでしょう?

マツダの公式サイトによると、各グレードとタイプのJC08モード燃費は以下の通り。
【GF】 27.2km/L
【GL】【GS】
・FF駆動 37.0km/L ・4WD駆動 33.2km/L
【GX】37.0km/L


実燃費を調べるにあたっては、65万人の会員から実際の燃費データを収集しているコミュニティ・サイト「e燃費」の実燃費データを元にしました。

燃費ランキング・ガソリン価格・車種情報の共有コミュニティ - e燃費

https://e-nenpi.com/

実燃費による燃費ランキング、ガソリン価格、車種情報、車レビューを62万人のe燃費会員と共有するコミュニティ・サイトです。車選びの指標を提供し、エコカーライフを支援します。

データでは「キャロル660」の燃費はFF駆動で26.94km/L 4WD駆動でも25.17km/L をマークし、実燃費も非常に優秀であることがわかります。

マツダ キャロル エクステリア/カラーは?

「キャロル660」のカラーバリエーションは、どのグレードでも選択可能な「フィズブルーパールメタリック」「アーバンブラウンパールメタリック」「ピュアレッド」「シルキーシルバーメタリック」「シフォンアイボリーメタリック」の5色と、【GX】では選択できない「スペリアホワイト」 逆に【GX】での専用色となる「ピュアホワイトパール」の合計7色となります。


さらに見た目では、【GX】のタイヤサイズが15インチにサイズアップされており、見た目にも他のグレードとの差別化がなされています(他グレードでは13インチ)。

どのグレードでも豊富に選べるエクステリアアイテムが用意されていますから、外見をさらに際立たせることも可能です。

マツダ キャロル インテリアは?

「キャロル660」の内装はシンプルで好感が持てます。

トヨタ車のような満足感はないかもしれませんが、最小限ながらも装備がうまくまとめこまれており、運転席前のメーター類がしっくりきます。

ドライブに便利な収納スペースも数多く用意されており、助手席シートバックにはカバンもかけられる大型のショッピングフックが採用、ラゲッジルームも広く、コンセプトどおり、乗る人の日常を大切にしてくれているのが伝わります。

マツダ キャロル 安全装備について

「キャロル660」には多くの安全装備が搭載されています。

高い安全性を追求した【軽量衝撃吸収ボディ】をはじめ、横滑り防止機構【DSC (ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)】&自動的に駆動輪のトルクを調節する【TCS (トラクション・コントロール・システム)】

4輪それぞれのブレーキを最適にコントロールする 【4W-ABS(4輪アンチロック・ブレーキ・システム)】&制動力を車輪に対して最適に制御配分する【EBD(電子制御制動力配分システム)】&【ブレーキアシスト】が全車に標準で搭載。

また、【GF】以外のグレードには、自動ブレーキで前方不注意による「追突事故」の被害を軽減する【レーダーブレーキサポート】
・エンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制する【誤発進抑制機能】
・走行中に急ブレーキをかけるとハザードランプが自動で高速点滅。

後続車に急ブレーキを知らせ注意を促す、【エマージェンシーストップシグナル】が搭載され、高い安全性を発揮します。

マツダ キャロル 新車価格は?

気になる「キャロル660」のお値段、新車価格はいくらになるのか。

各グレード、タイプ別に
【GF】
\84,7800(税込)

【GL】
・FF駆動 \915,840(税込)
・4WD駆動 \1,021680(税込)

【GS】
・FF駆動 \1,013,040(税込)
・4WD駆動 \1,113,480(税込)

【GX】 \1,123,200(税込)
となっています。

たくさんの魅力の詰まった「キャロル660」ですが、このお値段の手頃さも魅力のひとつですね。

マツダ キャロル 中古車価格?

中古価格についても調べてみました!

「キャロル660」【GL】を参照したところ、\560,000~¥940,000 が大よその相場となっています。

他のグレードやタイプ、走行距離によっては価格もそれぞれに変わってきます。
検討してみたい! という方は下記の中古車情報もチェックしてみてくださいね。

マツダ キャロル 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S004/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

マツダ キャロルの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ キャロル ユーザー評価

実際のユーザーからの評価も気になるところ、燃費に対する評価はとてもよいようです。

購入して3度満タンにしての燃費ですが、27kmは下りませんね。街乗りでこの状態なので遠出するのが楽しみです。
もう少しタンクが大きければいうことないのですが…

主に通勤で使いますが、燃費はとても良いです。夏場は少し燃費が落ちますが、購入してからの燃費はほぼ24km/lです。
ただフロントピラー等のの位置や形状が悪く死角が多いと感じます。

まとめ

時代とともに変化してきた「キャロル」、長い歴史を持つからこその変遷が見て取れるのが個人的にはとても面白く感じます。皆様はいかがでしたでしょうか?


燃費がよく価格も手頃、軽自動車に求められるメリットを十分に享受できる「キャロル660」は高い安全性能もかね揃えています。

今の時代だからこそのニーズに応える「マツダ・キャロル」、興味を持っていただけましたら幸いです。

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキの軽自動車、ジムニーが20年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、早ければ年内に発表されるという情報が舞い込みました。残念ながら東京モーターショー2017での発表はありませんでしたが、新型ジムニーについての情報を随時更新しお届けします。


”最も美しいコンセプトカー”は、マツダ「ビジョン・クーペ」に決定!

”最も美しいコンセプトカー”は、マツダ「ビジョン・クーペ」に決定!

マツダの次世代コンセプトカー「ビジョン・クーペ」が、フランス・パリで開催された「第33回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」において「年間で最も美しいコンセプトカー」に選出されました。2015年授賞の「RX-VISION」と共にご紹介します。


マツダCX-5がマイチェンで3月発売!進化したポイントを徹底紹介!

マツダCX-5がマイチェンで3月発売!進化したポイントを徹底紹介!

マツダの大人気クロスオーバーSUV「CX-5」がマイナーチェンジを行い、 3月8日に発売することを発表しました。CX-8に搭載されていたクリーンディーゼルエンジンがCX-5に搭載され、出力、トルクともに向上するようです。気になるCX-5のマイナーチェンジの詳細についてお伝えします。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。