目次へ戻る

走りも、見た目も個性的に!個性派軽自動車10選!

走りも、見た目も個性的に!個性派軽自動車10選!

今、男女問わず幅広い世代に人気の軽自動車。コンパクトで小回りが利くだけじゃなく、スポーツカータイプやSUVなど様々なタイプの個性的な軽自動車も多く販売されています。ここでは軽自動車にどのような個性的なクルマがあるのかをご紹介していきます。


スポーツカー、SUV、カスタム仕様など。見た目も走りも個性的な軽自動車10台をご紹介!

みなさん、軽自動車にはどのようなことを望んでいますか?

小回りが利く、維持費が少ない、燃費が良い、運転しやすい、など
色々な意見があると思います。

また、イメージとして「可愛らしい」形をした車が多く女性に人気というイメージを
持たれているかもしれません。

しかし、今はスポーツカータイプやSUV、ターボ付きなど個性的で"走り"を楽しめる軽も多く出ています。

今回はそんな「走りも、見た目も個性的に!個性派軽自動車10選!」と称して通常のタイプとは違った
軽自動車10車種をご紹介していきたいと思います。

軽自動車スポーツ!

ホンダ S660

最初のテーマは軽自動車のスポーツカータイプです。

ご紹介するのは「ホンダ S660」です。

2015年にホンダ軽オープンスポーツとして登場しました。

スポーツカーですが、かわいいスタイリングが魅力的ですが、
さらにオープンカーで求められる空調コントロールを新たに加えた「ミッドモード」が特徴的です。

ミッドモードは、上院の腰やおなか周りに向けて風を送り込み、冬季は暖房、下記は冷房で
オープンカーでも快適に過ごすことが出来るようになっています。

S660のボディサイズ、燃費、価格についてです。

◆ボディサイズ

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,180mm

◆燃費

JC08モード:21.2~24.2km/L
実燃費:16.14~18.59km/L

◆新車価格

【α】
6MT CVT 2,180,000円

【α 特別仕様車 ブルーノレザーエディション】
6MT CVT 2,280,000円

【β】
6MT CVT 1,980,000円

◆中古車価格

1,840,000円~2,170,000円

ホンダ S660のユーザー評価

ホンダ S660
納車から2か月を過ぎて走行2,000kmという状況ですが、友人を乗せて1日400kmとビッグドライブ。
助手席の彼に、座ってみての第一印象を聞くと「左足を乗せるのに手を使いますね」。そう、乗りなれている私でさえ、
もう片足を車に入れるのに腹筋使ってますから・・。最初は狭そうにしていた友人でしたが、走るほどになじんできたようで、
「車と一つになった感じがします」と、だんだん楽しんできたよう。
街中の渋滞をぬ抜けて、高速、そして広めの山道の上り下り。
やはり、カーブを曲がるたびに、「ま、曲がるんですね」と驚きの声。そして、行きつけ(?)の峠道をちょっとハード気味にアタック!
「・・・」との感想。自分が楽しいからと同乗者がいることを忘れてはいけないと改めて感じました。
帰り道、満タンにすると燃費は20km越え!あんなに楽しんだのに、これって、いい感じ!

スポーツカーらしく山道を堪能でき、さらに燃費性能も非常に優れていてかなり満足されているようです。
アクティブなスポーティータイプの軽に乗りたい方にはおすすめです。

ホンダ S660について!

S2000後継車は、S660に似ている!? S660を改めて振り返る

http://matome.response.jp/articles/714

東京モーターショーにて初公開が予想されている、ホンダS2000後継車ですが、後継車のデザインがS2000というよりはS660に近い?!と噂されています。今回はそんなウワサのS660について改めて振り返ってみました。

ダイハツ コペン(シリーズ)

続いては「ダイハツ コペンシリーズ」です。

新骨格構造「D-Frame」により、骨格のみでスポーツカーに必要な高い剛性を確保している軽自動車です。

運転席にいながらスイッチ操作一つでルーフが開き爽快な走りが体現出来ます。

エンジンは専用にチューニングされた660ccターボで、スポーツカーらしさが演出されています。

コペンのボディサイズ、燃費、価格についてです。

◆ボディサイズ

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,280mm

◆燃費

JC08モード:22.2~25.2km/L
実燃費:17.14~18.54km/L

◆新車価格

【COPEN Robe】
2WD CVT 1,852,200円
2WD 5MT 1,873,800円

【COPEN Robe S】
2WD CVT 2,052,000円
2WD 5MT 2,073,600円

【COPEN XPLAY】
2WD CVT 1,852,200円
2WD 5MT 1,873,800円

【COPEN XPLAY S】
2WD CVT 2,052,000円
2WD 5MT 2,073,600円

【COPEN Cero】
2WD CVT 1,906,200円
2WD 5MT 1,927,800円

【COPEN Cero S】
2WD CVT 2,106,000円
2WD 5MT 2,127,600円

◆中古車価格

1,780,000円~2,100,000円

ダイハツ コペン(シリーズ)のユーザー評価

ダイハツ コペン セロ
意外や意外、クローズドで走る限りラゲッジスペースに不足はなく、立派な実用車です。
反面、動力性能的にはあくまでも「スポーティカー」。乗ってはいませんがS660やアルトワークスと比較はできないと思います。
ただ、ハンドリングの素性はよく長距離ドライブは大得意。サスが固く凹凸路での底突きがやや興ざめですが、乗っていて気持ちがいいことは保証します。

セカンドカーとして、普段の買い物や、たまのレジャーに利用しています。郊外で少し長距離なら22km/L~26km/Lは十分走ります。
トランクのスペースも十分です。普段の買い物でも、キビキビした軽快な運転を楽しめます。
普段乗るための実用車として購入しましたが、満足しています。

コペンシリーズはスポーツカータイプでありながら、実用車としての使い方もしっかり出来る便利な軽になっています。

コペンシリーズの中古車情報!

ダイハツ コペン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S005/

ダイハツ コペンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

軽自動車SUV!

スズキ ハスラー

次にご紹介するのはSUVタイプの軽自動車をご紹介します。

まずは「スズキ ハスラー」です。

全11色もあるカラーバリエーションは「遊べる軽」というキャッチコピーにピッタリで、
幅広い層から人気を得ています。

車内はとても広く、シートはプラスチック製のシートバックを持つので、
汚れたものや濡れたものを車内に持ち込んでも対応出来るので、ご家族やお友達などとアウトドアなどにお出かけしても
気兼ねなく楽しむことが出来るのも「遊べる軽」を体現出来る部分となっています。

ハスラーのボディサイズ、燃費、価格についてです。

◆ボディサイズ

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm

◆燃費

JC08モード燃費 24.2~32.0km/L
実燃費     19.70km/L

◆新車価格

【xターボ】
2WD・CVT 1,547,640円
4WD・CVT 1,674,000円

【Xターボ 2トーンルーフ仕様車】
2WD・CVT 1,590,840円
4WD・CVT 1,717,200円

【X】
2WD・CVT 1,461,240円
4WD・CVT 1,587,600円

【X 2トーンルーフ仕様車】
2WD・CVT 1,504,440円
4WD・CVT 1,630,800円

【Gターボ】
2WD・CVT 1,359,720円
4WD・CVT 1,486,080円

【Gターボ 2トーンルーフ仕様車】
2WD・CVT 1,402,920円
4WD・CVT 1,529,280円

【G】
2WD・5MT 1,162,080円
4WD・5MT 1,277,640円
2WD・CVT 1,273,320円
4WD・CVT 1,399,680円


【X 2トーンルーフ仕様車】
2WD・5MT 1,205,280円
4WD・5MT 1,320,840円
2WD・CVT 1,316,520円
4WD・CVT 1,442,880円

【A】
2WD・5MT 1,078,920円
4WD・5MT 1,199,880円
2WD・CVT 1,078,920円
4WD・CVT 1,199,880円

◆中古車価格

800,000円~1,500,000円

スズキ ハスラーのユーザー評価

スズキ ハスラー
ハスラーは、燃費もいいし、乗り心地もそんなに悪くない。
いろんな道も気にしず走れるし、僕にとっては素晴らしいパートナーやね。
そして何より、ルックスが好き。
重宝しています。

スズキ ハスラー
エアコン使わず、高速道路80~90キロくらいを維持して走ると、燃費は29キロ/リッターくらいです。
30キロ/リッターに微妙に届かない(・・*)ゞ
ちなみに静岡西部と福井市を無給油で往復できました(^^)v

ハスラーは燃費も良くSUVとしての走りを楽しむことが出来るようです

大人気SUVハスラー。成功を予想したのは一人だけだった!!

大人気SUVハスラー。成功を予想したのは一人だけだった!!

http://matome.response.jp/articles/404

大人気のハスラー。実は、スズキの予想外のヒット車種だったこと、知っていましたか?

マツダ フレアクロスオーバー

続いては「マツダ フレアクロスオーバー」です。

スズキのハスラーのOEMにあたるフレアクロスオーバーは、オシャレな外観や個性的なデザインを併せ持つ軽SUVです。

軽ワゴン並みの室内空間の広さと使い勝手が魅力的で、さらに燃費性能にも優れていているので
個性的だけでなく、実用性も伴っている軽自動車SUVとしてとても人気が高い一台となっています。

フレアクロスオーバーのボディサイズ、燃費、価格についてです。

◆ボディサイズ

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm

◆燃費

JC08モード燃費 26.2~32.0km/L
実燃費     18.59km/L

◆新車価格

【XG】
2WD・CVT 1,338,120円
4WD・CVT 1,464,480円

【XS】
2WD・CVT 1,472,040円
4WD・CVT 1,598,400円

【XT】
2WD・CVT 1,558,440円
4WD・CVT 1,684,000円

◆中古車価格

1,148,000円~1,398,000円

フレアクロスオーバーのユーザー評価

フレアクロスオーバー
適度にアップダウンがある山間部の国道とかだと非常に燃費がいい。
それほどアクセルを踏まずに登れる坂とエンジンブレーキで定速走行できる下り坂の組み合わせでは
カタログ燃費を上回る事も。

道の状況によってはカタログ燃費を上回る燃費性能を発揮出来るようです。
走りを楽しみたい方にはそちらも嬉しい高い性能です。

関連する投稿


スズキ ハスラーの特別仕様車「タフワイルド」7月17日より発売中!

スズキ ハスラーの特別仕様車「タフワイルド」7月17日より発売中!

スズキは、軽乗用車『ハスラー』にブラック2トーンの車体色を採用した特別仕様車「タフワイルド」を設定し、7月17日より発売しています。いったいどんな仕上がりになっているのでしょう。注目して見ていきたいと思います。


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

7月13日、ホンダのNシリーズにニューフェイスが登場します。その名もN-VAN(エヌバン)!N-VANは機能性・走行性能・安全性能を追求した軽貨物車です。N-BOXのプラットフォームを最大に活かし、軽バンとしての積載量は十分に確保した新型N-VAN。N-VANが気になっている人、本記事を読んで、ぜひとも検討してみては?


スズキのジムニー歴代モデル振り返り! 初代~3代目

スズキのジムニー歴代モデル振り返り! 初代~3代目

2018年7月5日に、4代目となる新型ジムニー、新型ジムニーシエラが発売されましたね。でも、ちょっと待って!新型ジムニーを知る前に、改めて歴代のジムニーを振り返ってみませんか?本記事では1970年に発売された初代ジムニーから始まる、歴代ジムニーについてまとめています。


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!