目次へ戻る

ダイハツのオープンカー コペン!電動ルーフが便利なコペン紹介!

ダイハツのオープンカー コペン!電動ルーフが便利なコペン紹介!

国産のオープンカーと言えば、みなさんはどんな車を思い浮かべますか?ホンダのS660、マツダのロードスター・・・そして、ダイハツのコペン。今回はカワイイオープン、コペンについてまとめています。


国産オープンカー!ダイハツのコペン

スイッチ操作で運転席にいながらにしてルーフが開き、頭上に大空が広がる爽快感。走り出せば、軽ならではのボディサイズとあいまって味わえる、
人車一体の感覚。オープンエアスポーツの楽しさを、みんなの毎日に広げたCOPEN。革新はそれだけではありません。
走りの高い資質を支える骨格「D-Frame」。その画期的な構造は、デザインの自由度を高め、ひとつの骨格から“Robe”、“XPLAY”、“Cero”と3つのスタイルを生み出し、
さらに、“Robe”と“Cero”のスタイルを相互に“着せかえられる”新しい楽しみ方まで実現しました。一段とスポーティな“Sグレード”や
選べる内外装色の設定など、より広がりを見せる楽しさ。そこには、「“クルマって楽しい”を届けたい」という、ダイハツの強い想いが息づいています。

コペンは、ダイハツから発売されている2人乗り、小型のオープンカーです。

スイッチひとつで、運転席にいながらルーフを開閉できます。

また、走行中、車との一体感がより強く感じられるのはまさに軽というボディサイズならではです。

今回はそんなコペンについて見ていきましょう。

ダイハツ コペン スペック

■全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,280
■乗車定員(名):2
■ホイールベース(mm):2,230
■燃費(JC08モード):22.2~25.2km/L
■最高出力:47kW(64ps)
■最大トルク:92Nm(9.4kgm)
■駆動方式:2WD

コペン グレード別価格

■COPEN Robe 7速CVT 1,852,200円
■COPEN Robe 5速MT 1,873,800円

■COPEN XPLAY 7速CVT 1,852,200円
■COPEN XPLAY 5速MT 1,873,800円

■COPEN Cero 7速CVT 1,906,200円
■COPEN Cero 5速MT 1,927,800円

■COPEN RobeS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN RobeS 5速MT 2,073,600円

■COPEN XPLAYS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN XPLAYS 5速MT 2,073,600円

■COPEN CeroS 7速CVT 2,106,000円
■COPEN CeroS 5速MT 2,127,600円

ダイハツ コペン エクスプレイ

もともと、ローブのみでしたが、よりスタイリッシュなエクスプレイ、そして先代を思い出させるような丸目のセロを導入し、ラインアップが充実しました。

ダイハツ コペン セロ

コペン、ライバル車は?

S2000後継車は、S660に似ている!? S660を改めて振り返る

http://matome.response.jp/articles/714

東京モーターショーにて初公開が予想されている、ホンダS2000後継車ですが、後継車のデザインがS2000というよりはS660に近い?!と噂されています。今回はそんなウワサのS660について改めて振り返ってみました。

コペンのライバルは、同じ軽オープンカー、ホンダのS660でしょう。

■ホンダ S660 α
パワートレイン:水冷直列3気筒DOHC 660ccターボ(横置)
トランスミッション:6速マニュアル
駆動方式:MR
エンジン最高出力:64ps(47kW)
エンジン最大トルク:104Nm(10.6kgf・m)
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1180mm
ホイールベース:2285mm
車両重量:830kg(MT)
JC08モード燃費:21.2km/リットル(MT)

価格は200万円前後です。

コペン 口コミ 評判は

セカンドカーとして10年乗ってきましたが、SUVに心が動いています。
雪のない季節は最高す。
冬も走ることはできますが、憂鬱な時もあります。
手放さずに、サードカーの購入を考えた方がいいかも。

セカンドカーとして、普段の買い物や、たまのレジャーに利用しています。郊外で少し長距離なら22km/L~26km/Lは十分走ります。トランクのスペースも十分です。普段の買い物でも、キビキビした軽快な運転を楽しめます。普段乗るための実用車として購入しましたが、満足しています。
もちろん少し遠出して、オープンにすれば、わくわく感も楽しさも倍増です。

通勤用として購入しました。
通常は1人しか乗らないし、高速道路主体のため、燃費は18km/l 前後までは伸びています。エアコンを入れると15km/lまで落ちますが止むを得ないと思っています。
あまりオープンにすることはありませんが、永く乗りこみたいと思っています。

丸目がでてすぐ予約しました。
意外や意外、クローズドで走る限りラゲッジスペースに不足はなく、立派な実用車です。
反面、動力性能的にはあくまでも「スポーティカー」。乗ってはいませんがS660やアルトワークスと比較はできないと思います。
ただ、ハンドリングの素性はよく長距離ドライブは大得意。サスが固く凹凸路での底突きがやや興ざめですが、乗っていて気持ちがいいことは保証します。
埼玉県西部の流れのいい国道が使用のメインです。平均燃費は今のところ14Km/㍑です。

季節もいいし、ドライブしたい。ドライブするならやっぱりオープンカー欲しいかも、と思ったときにはぜひ、ダイハツのコペンをどうぞ。

ルーフの開閉も、電動式でとても使い勝手の良いオープンカーですよ!

関連する投稿


本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

スズキからワゴンRのOEM供給を受け誕生したマツダのフレア。一体どのような軽自動車なのか、本記事では価格や燃費などのスペック、さらにユーザーの口コミ評価まで幅広い角度からフレアを徹底的に解剖しご紹介していきたいと思います。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの大人気軽トールワゴン・タントにフルモデルチェンジの時期が近づいています。2018年発売?デザインは東京モーターショーで初公開されたコンセプトカー”ダイハツ DN U-SPACE”(ディーエヌ ユースペース)??他、タントのモデルチェンジについて気になる情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング