目次へ戻る

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。


ホンダの軽オープンスポーツカー「S660」

ホンダ S660

ホンダが2015年に発売して以来大変人気を集めている軽規格の2シーターオープンスポーツカー「S660」。

ホンダとしては、1996年10月に販売終了となってしまった「ビート」以来、19年ぶりの軽スポーツカーです。

左:S660 右:ビート

左:S660 右:ビート

発売当初から人気は高く、4月の発表後以降は年内納車が難しくなるほどの人気を誇っています。人気の理由としては、軽自動車ではあるものの洗練されたスポーツカーとしてのデザインもさることながら、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)駆動という点等も挙げられます。

また、スポーツカーとしては燃費が優秀なのも特徴です。

これからS660の購入を考えていたり、迷っている方に向け、S660のスペックやジャーナリストによる試乗評価、ユーザーによる口コミ、新車、中古車価格などを詳しく紹介いたします。

ホンダ S660の基本スペック・燃費

ホンダ S660の基本スペック、ボディサイズや燃費については下記の通りとなっています。

ホンダ S660
 
ホンダ S660 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式MR
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1180
室内寸法(長さ×幅×高さ)895×1215×1020
車両重量830~850kg
最大乗車定員2名
燃費JC08モード 21.2~24.2km/L
最小回転半径4.8m
総排気量660cc+ターボ
最高出力47kW(64PS/6000rpm)
最大トルク104N・m(10.6kgf・m)/2600prm)
燃料タンク容量25L
新車価格1,980,720円~2,850,120円

ホンダ S660の実燃費

S660のカタログ燃費はJC08モード燃費でMT車が21.2km/L、CVT車が24.2km/Lとなりますが、当然ながら乗り方によって燃費は変わってきます。

e燃費で計測されている実燃費平均は、MT車で18.16km/L、CVT車で17.01km/Lとなり、スポーツカーという観点を抜いてみても非常に低燃費な車となっています。

ホンダ S660の新車・中古車価格

車を買う上で気になるのはやはり価格です。

ホンダ S660のグレード別新車価格と中古価格についてそれぞれ紹介します。

S660 モデューロX

S660 モデューロX

ホンダ S660 グレード別新車価格

S660 α 2,185,920円
S660 β 1,980,720円
S660 α特別仕様車トラッドレザーエディション 2,275,560円
S660 Modulo X 2,850,120円

ホンダ S660の中古車価格

中古価格を調べてみると最安値で133万円で、最高値は433万円とかなり開きがあります。

もちろん走行距離や法定整備などが付いていれば通常の価格より高くなりますが、それ以外にもカスタムの有無で価格差が大きく出ます。

中古車情報については下記リンクよりご確認いただけますので、気になる方は是非チェックしみてください。

ホンダ S660 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S106/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ホンダ S660の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダ S660のデザイン

車を決める際にエクステリアやインテリアを最重要ポイントとして設定する方も多くいるでしょう。
そのため、ここからはスポーツカーの要素と運転しやすさを追求したホンダS660のデザインをエクステリア、インテリアの両面で紹介していきます。

エクステリア

S660

S660 ボディカラー:カーニバルイエローⅡ

ホンダS660のボディカラーは、下記の8色がラインナップされています。
※()内は選択可能なグレード

・プレミアムスターホワイト(全グレード)
・アドミラルグレー・メタリック(α、β、モデューロX)
・ナイトホークブラック・パール(α、β、α特別仕様車トレッドレザーエディション)
・フレンチブルー・パール(α、モデューロX)
・ブリティッシュグリーン・パール(α、α特別仕様車トレッドレザーエディション)
・カーニバルイエローⅡ(α)
・フレームレッド(α)
・アラバスターシルバー・メタリック(モデューロX)

S660

ボディカラー 左から順に「フレームレッド」「プレミアムスターホワイト・パール」「ナイトホークブラック・パール」

S660

エクステリアについてはまずは重心の低さに目をつけなくてはいけません。

「ホンダならではの痛快なハンドリング」の実現のため、フロントにエンジンを置かずにミッドシップに配置しています。軽自動車の限られたサイズで、曲線美を表し、低いフロントを起点にウェッジを効かせ、スーパーカーのようなプロポーションにが実現されています。

車高が低ければ道路を走る快感を味わいやすいですが、これに関してS660は図抜けているでしょう。コンパクトなボディにすることで運転しやすいデザインに仕上げています。

インテリア

S660 内装・インテリア
S660 内装・インテリア

S660のインテリアのコンセプトは、「スーパーコックピット」。

「F1のコックピットに座ったようなドライバーの空間にしたかった。そうすることでワクワクしたり、クルマを操る楽しさを感じてほしい」という思いのもとデザインされています。

センターコンソールを中心として、ドライバーを包み込む形状になっている他、操作類が全て手元周辺に集中させているため、ステアリングを握った状態で手が届きやすいことが特徴として挙げられます。

S660 モデューロX 内装・インテリア

また、モデューロXには専用のスポーツレザーシートをはじめ、ボルドーレッドを多くちりばめることで上質感が演出されています。

ホンダ S660の口コミ・評価

ここからはホンダS660の口コミを紹介します。
ジャーナリストやユーザーからはどう評価されているのでしょうか?

ジャーナリストによる試乗評価

S660

リアルワールドで走らせて、このクルマのファンな走行性能も再認識した。
クルマに身体が馴染んでくると、本当にクルマと一体になって山道もヒラヒラと気持ちよく走れる。
「α」グレードの本革/ラックススエード表皮のシートは、サイズも十分で、ワインディングでも的確に身体を保持してくれた。

6速MT車で山道も思いのままに走っての燃費は19.0km/リットルだった(JC08モード燃費は21.2km/リットル)。
燃料タンク容量は25リットルだから、足の長さを度外視すれば、気後れせず満タンにできる。

事前からこの車のハンドリングに関しては相当に評判が良い。
今回は東北自動車道と第3京浜(関東地区以外の人にはわからないかもしれないが)という2本の高速道路と、一般道で色々と試してみた。
まずステアフィール、ハンドリングだが、相当にシャープである。
僅かな転舵に対しても敏感に反応する。
軽とはいえ一応ミッドシップスポーツなわけで、俊敏な走りは見事に実現されていると思えた。

ユーザーによる口コミ

乗ってから3週間経っての感想です。
行きつけ(?)の峠道やら初めての道やら、結構試しました。
やはり、「え?曲がっちゃう!」という感じです。結構、オーバーだなというスピードでカーブに入ってもシュルンって感じで曲がっちゃいます。
スローインファストアウトが基本でしょうが、全体的にスピードがアップできる、そんな感じです。
クイっとハンドルを切り頭を入れて、アクセル踏み込みテールを振る、カウンタを当ててカーブ脱出!ピタッと決まるとうれしくなります

見てのとおりで着座位置は当然低目です。
左足を入れて座るまではいいけど、そのあとの右足をどこにもぶつけずに入れるのがちょっと大変。
でも、インテリアの質感もすごくいいし、走り出してのハンドリングは、もうすごい!
直線では面白味はほとんどないけど、コーナリングはすごい!
今までブレーキしていたカーブが、そのまま突っ込んでスルッとまわっちゃうの!

「ホンダならではの痛快なハンドリング」という通り、旋回性能・ハンドリングの評価は非常に高いようです。

また、燃費に関しての評価・口コミがやはり高い点が高評価なポイントとして挙げられます。

一方で軽自動車サイズのため、仕方ない点とはいえますが、乗車の際「乗りづらい」という声が見受けられます。

まとめ

S660

発売されてから四年たちますが、数少ない軽オープンスポーツカーとしても人気の衰えないホンダ「S660」。

購入を検討されている方は是非中古車情報などもチェックしてみてください。

モデルチェンジ情報や新型情報などについては情報入手次第、随時別記事にて紹介していきます。

個性派軽自動車をお探しの方はこちらもチェック

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 S660

関連する投稿


ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSX。初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

みなさんはホンダのバモスをご存知でしょうか。初代バモスはオープンカー型のピックアップトラックとして発売され、モデルチェンジを経て軽ワンボックスとして発売されました。現在は販売終了していますが、中古車で購入することは可能です。本記事ではそんなバモスの価格や燃費、評価についてまとめています。


ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダの「インテグラ」の実燃費や中古価格などを歴代モデルごとにまとめてみました。「インテグラ」に乗り換えをお考えの方は是非参考にしてください。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリードスパイクは、ホンダが2010年~2016年まで発売していた車です。ミニバンのフリードをベースに、トールワゴンタイプになったモデル。後継車はフリード+です。中古でトールワゴンを探しているという方、フリードスパイクはどうでしょうか。本記事ではフリードスパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価を見ていきます。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。