トップへ戻る

ホンダ S660 新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660 新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの軽オープンスポーツカー「S660」

ホンダ S660

ホンダが2015年に発売して以来大変人気を集めている軽規格の2シーターオープンスポーツカー「S660」。

ホンダとしては、1996年10月に販売終了となってしまった「ビート」以来、19年ぶりの軽スポーツカーです。

左:S660 右:ビート

左:S660 右:ビート

発売当初から人気は高く、4月の発表後以降は年内納車が難しくなるほどの人気を誇っています。人気の理由としては、軽自動車ではあるものの洗練されたスポーツカーとしてのデザインもさることながら、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)駆動という点等も挙げられます。

また、スポーツカーとしては燃費が優秀なのも特徴です。

これからS660の購入を考えていたり、迷っている方に向け、S660のスペックやジャーナリストによる試乗評価、ユーザーによる口コミ、新車、中古車価格などを詳しく紹介いたします。

ホンダ S660の基本スペック・燃費

ホンダ S660の基本スペック、ボディサイズや燃費については下記の通りとなっています。

ホンダ S660

 
ホンダ S660 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式MR
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1180
室内寸法(長さ×幅×高さ)895×1215×1020
車両重量830~850kg
最大乗車定員2名
燃費JC08モード 21.2~24.2km/L
最小回転半径4.8m
総排気量660cc+ターボ
最高出力47kW(64PS/6000rpm)
最大トルク104N・m(10.6kgf・m)/2600prm)
燃料タンク容量25L
新車価格1,980,720円~2,850,120円

ホンダ S660の実燃費

S660のカタログ燃費はJC08モード燃費でMT車が21.2km/L、CVT車が24.2km/Lとなりますが、当然ながら乗り方によって燃費は変わってきます。

e燃費で計測されている実燃費平均は、MT車で18.16km/L、CVT車で17.01km/Lとなり、スポーツカーという観点を抜いてみても非常に低燃費な車となっています。

ホンダ S660の新車・中古車価格

車を買う上で気になるのはやはり価格です。

ホンダ S660のグレード別新車価格と中古価格についてそれぞれ紹介します。

S660 モデューロX

S660 モデューロX

ホンダ S660 グレード別新車価格

S660 α 2,185,920円
S660 β 1,980,720円
S660 α特別仕様車トラッドレザーエディション 2,275,560円
S660 Modulo X 2,850,120円

ホンダ S660の中古車価格

中古価格を調べてみると最安値で133万円で、最高値は433万円とかなり開きがあります。

もちろん走行距離や法定整備などが付いていれば通常の価格より高くなりますが、それ以外にもカスタムの有無で価格差が大きく出ます。

中古車情報については下記リンクよりご確認いただけますので、気になる方は是非チェックしみてください。

ホンダ S660 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S106/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ホンダ S660の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ホンダ S660のデザイン

車を決める際にエクステリアやインテリアを最重要ポイントとして設定する方も多くいるでしょう。
そのため、ここからはスポーツカーの要素と運転しやすさを追求したホンダS660のデザインをエクステリア、インテリアの両面で紹介していきます。

エクステリア

S660

S660 ボディカラー:カーニバルイエローⅡ

ホンダS660のボディカラーは、下記の8色がラインナップされています。
※()内は選択可能なグレード

・プレミアムスターホワイト(全グレード)
・アドミラルグレー・メタリック(α、β、モデューロX)
・ナイトホークブラック・パール(α、β、α特別仕様車トレッドレザーエディション)
・フレンチブルー・パール(α、モデューロX)
・ブリティッシュグリーン・パール(α、α特別仕様車トレッドレザーエディション)
・カーニバルイエローⅡ(α)
・フレームレッド(α)
・アラバスターシルバー・メタリック(モデューロX)

S660

ボディカラー 左から順に「フレームレッド」「プレミアムスターホワイト・パール」「ナイトホークブラック・パール」

S660

エクステリアについてはまずは重心の低さに目をつけなくてはいけません。

「ホンダならではの痛快なハンドリング」の実現のため、フロントにエンジンを置かずにミッドシップに配置しています。軽自動車の限られたサイズで、曲線美を表し、低いフロントを起点にウェッジを効かせ、スーパーカーのようなプロポーションにが実現されています。

車高が低ければ道路を走る快感を味わいやすいですが、これに関してS660は図抜けているでしょう。コンパクトなボディにすることで運転しやすいデザインに仕上げています。

インテリア

S660 内装・インテリア

S660 内装・インテリア

S660のインテリアのコンセプトは、「スーパーコックピット」。

「F1のコックピットに座ったようなドライバーの空間にしたかった。そうすることでワクワクしたり、クルマを操る楽しさを感じてほしい」という思いのもとデザインされています。

センターコンソールを中心として、ドライバーを包み込む形状になっている他、操作類が全て手元周辺に集中させているため、ステアリングを握った状態で手が届きやすいことが特徴として挙げられます。

S660 モデューロX 内装・インテリア

また、モデューロXには専用のスポーツレザーシートをはじめ、ボルドーレッドを多くちりばめることで上質感が演出されています。

ホンダ S660の口コミ・評価

ここからはホンダS660の口コミを紹介します。
ジャーナリストやユーザーからはどう評価されているのでしょうか?

ジャーナリストによる試乗評価

S660

リアルワールドで走らせて、このクルマのファンな走行性能も再認識した。
クルマに身体が馴染んでくると、本当にクルマと一体になって山道もヒラヒラと気持ちよく走れる。
「α」グレードの本革/ラックススエード表皮のシートは、サイズも十分で、ワインディングでも的確に身体を保持してくれた。

6速MT車で山道も思いのままに走っての燃費は19.0km/リットルだった(JC08モード燃費は21.2km/リットル)。
燃料タンク容量は25リットルだから、足の長さを度外視すれば、気後れせず満タンにできる。

事前からこの車のハンドリングに関しては相当に評判が良い。
今回は東北自動車道と第3京浜(関東地区以外の人にはわからないかもしれないが)という2本の高速道路と、一般道で色々と試してみた。
まずステアフィール、ハンドリングだが、相当にシャープである。
僅かな転舵に対しても敏感に反応する。
軽とはいえ一応ミッドシップスポーツなわけで、俊敏な走りは見事に実現されていると思えた。

ユーザーによる口コミ

乗ってから3週間経っての感想です。
行きつけ(?)の峠道やら初めての道やら、結構試しました。
やはり、「え?曲がっちゃう!」という感じです。結構、オーバーだなというスピードでカーブに入ってもシュルンって感じで曲がっちゃいます。
スローインファストアウトが基本でしょうが、全体的にスピードがアップできる、そんな感じです。
クイっとハンドルを切り頭を入れて、アクセル踏み込みテールを振る、カウンタを当ててカーブ脱出!ピタッと決まるとうれしくなります

見てのとおりで着座位置は当然低目です。
左足を入れて座るまではいいけど、そのあとの右足をどこにもぶつけずに入れるのがちょっと大変。
でも、インテリアの質感もすごくいいし、走り出してのハンドリングは、もうすごい!
直線では面白味はほとんどないけど、コーナリングはすごい!
今までブレーキしていたカーブが、そのまま突っ込んでスルッとまわっちゃうの!

「ホンダならではの痛快なハンドリング」という通り、旋回性能・ハンドリングの評価は非常に高いようです。

また、燃費に関しての評価・口コミがやはり高い点が高評価なポイントとして挙げられます。

一方で軽自動車サイズのため、仕方ない点とはいえますが、乗車の際「乗りづらい」という声が見受けられます。

まとめ

S660

発売されてから四年たちますが、数少ない軽オープンスポーツカーとしても人気の衰えないホンダ「S660」。

購入を検討されている方は是非中古車情報などもチェックしてみてください。

モデルチェンジ情報や新型情報などについては情報入手次第、随時別記事にて紹介していきます。

個性派軽自動車をお探しの方はこちらもチェック

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 S660

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ホンダ オデッセイ|燃費、価格、おすすめグレードなど徹底解説!

ホンダ オデッセイ|燃費、価格、おすすめグレードなど徹底解説!

オデッセイは発売以来、四半世紀にわたり、ホンダを代表するミニバンとして人気を博してきました。そして今なお、前進し続けています。 今回は、オデッセイの歴史から、2020年11月におこなわれたマイナーチェンジの内容を中心にまとめました。


新型ホンダ ヴェゼル|あれ、かっこいいぞ?!最新ドレッシーSUV

新型ホンダ ヴェゼル|あれ、かっこいいぞ?!最新ドレッシーSUV

初代モデルがのほほんとした表情で大ヒットしたのに、モデルチェンジで路線を大きく変更してシャープなルックスに変貌した新型ホンダ ヴェゼル。新型で大変革したのはエクステリアだけでなく、インテリアや使い勝手までに変革は及んでいます。正式発表前の公開ではややネガティブな印象をお持ちの方もいたようですが、実物を見るとノックダウンされてしまう方も。その魅力を詳しく追っていきます。


ホンダ フィットは使い勝手がいいの?サイズや荷室、室内空間を徹底解説!

ホンダ フィットは使い勝手がいいの?サイズや荷室、室内空間を徹底解説!

ホンダ フィットはあらゆる層の方から人気のある車です。しかし、他の車と比較して購入を迷われている方も多いのではないでしょうか。この記事では、ホンダ フィットのサイズや荷室、室内空間などの基本情報を他の車と比較しながらご紹介いたします。フィットの購入を悩んでいる方、サイズ感やインテリアについて知りたい方はぜひ本記事をご覧ください。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。