トップへ戻る

トヨタのスポーツカー!86(ハチロク)次期型はいつ発売?価格・試乗記ほか

トヨタのスポーツカー!86(ハチロク)次期型はいつ発売?価格・試乗記ほか

トヨタが手掛ける小型FRスポーツカー86(ハチロク)。ドライバーの感覚ひとつでどんなようにも取り回せる“手の内感”や操る楽しさを体感できる、“直感ハンドリングFR”が製品コンセプトの車です。近年では、この86にもいよいよ次期型が発売される?と噂されていますね。そんなわけで本記事では気になる86の最新情報をまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタのスポーツカー!86(ハチロク)情報

トヨタが手掛ける小型FRスポーツカー86(ハチロク)。ドライバーの感覚ひとつでどんなようにも取り回せる“手の内感”や操る楽しさを体感できる、“直感ハンドリングFR”が製品コンセプトの車です。近年では、この86にもいよいよ次期型が発売される?と噂されていますね。

そんなわけで本記事では気になる86の最新情報をまとめました。

貴方は86をどれだけ知っている?改めて知りたい86!

86とは、トヨタ自動車がSUBARU(旧・富士重工業)と共同開発したFRレイアウトのスポーツカーです。

トヨタとしてはスポーツ800(ヨタハチ)以来となる水平対向エンジンのスポーツカー。

SUBARUからは兄弟車のスバル・BRZが販売されています。

より多くの人々に楽しんでもらうために、という信念のもと、できるだけ低価格に設定されています。

そのため、若い層にも比較的手が届きやすい一台になっています。

スバル BRZ

トヨタ 86(ハチロク) 試乗記

『86』は見るからにスポーツカーらしい2ドアクーペの外観デザインを持つ。昔はこのようなスポーツモデルが各社から作られていたが、今では希少な存在である。

運転席に座ると、すぐに着座位置の低さが感じられる。路面が近くに感じられるからだ。個人的には周囲の確認がしやすいようにシートリフターで高めの位置に座るのが好きだが、こうした低い位置からの視界もいかにもスポーティカーらしくて良いと思う。

スポーツカーらしくエンジンはとても良く回る。レッドゾーンは7400回転からだが、マニュアル車ならそれを超えて回っていくほどの勢いがあるし、AT車も7000回転までをきっちり使ってシフトアップしていく。

6速MT車に乗って、手の届きやすい位置に配置されたシフトレバーを操作すると、短いストロークできちっと決まる。クルマを操る楽しさを存分に実感できる。マニュアル車に乗れる免許があるなら是非ともマニュアル車を選ぶと良い。

コーナーでは低重心パッケージを生かしてロールの少ない安定した走りを実現する。ほとんどロールすることなくクルマが向きを変えていく回頭性の良さは、タイトなコーナーを走り抜けるのが楽しくなる

トヨタ 86(ハチロク)価格は

■トヨタ 86 G 6AT 2,647,080円 
■トヨタ 86 G 6MT 2,623,320円

■トヨタ 86 GT 6AT 3,048,840円
■トヨタ 86 GT 6MT 2,981,880円

■トヨタ 86 GT リミテッド 6AT 3,250,800円
■トヨタ 86 GT リミテッド 6MT 3,183,840円

■GR 6MT 4,968,000円
■GR SPORT 3,846,960円

■86 GT“Limited・Black Package” 6AT 3,423,600円
■86 GT“Limited・Black Package” 6MT 3,356,640円

■特別仕様車 GT“British Green Limited” 6AT 3,318,840円
(注文期間:2019年5月31日まで)

■特別仕様車 GT“British Green Limited” 6MT 3,251,880円
(注文期間:2019年5月31日まで)

若者を意識して製作されたとはいえ、ライバル車のマツダ、ロードスターや、スバルのBRZと同じ価格帯になっています。

トヨタの86(ハチロク)次期型最新情報

トヨタ 86 次期型 予想CG

そして、気になるのが86次期型の最新情報ですよね。

86次期型の最新情報をまとめてみました。

トヨタ 86(ハチロク) 次期型 MTモデルはある?

トヨタ『86』、スバル『BRZ』次期型に関して、正式に開発がスタートしたとのニュースが飛び込んできました。

また、未確定要素ながら、そのパワートレインはダウンサイズされた1.8リットル水平対向ターボになるという情報も。

また、新型『スープラ』では見送られるであろうMTモデルですが、86/BRZでは設定される可能性が高いとのことです!

トヨタ 86(ハチロク) 次期型 エンジンはどうなる?

噂によれば、パワートレインは現行モデルの2.0リットルから2.4リットルへ拡大されるとみられていました。

しかしながら、今回入手した最新情報によると1.8リットル4気筒水平対向ダウンサイジングターボの可能性があるとのこと。

それでいて最高出力は240ps~250ps程度まで向上するとも噂されています。「水平対向といえばターボ」というファンも少なくないと思いますが、これが事実ならば朗報ですね。

トヨタ 86(ハチロク) 次期型 気になる!ワールドプレミアはいつ?

予想されるワールドプレミアは2020年内で、2021年の発売が現在の有力とされています。

今から待ち遠しいですね!

関連する投稿


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

トヨタの製造販売していたクロカンSUV、FJクルーザーは、国内での販売以前に2006年に北米で2008年にはメキシコ・中国で発売された後、2010年に国内販売がなされた車です。2018年の製造販売終了まで殆ど形を変えず販売されていました。今回はこのFJクルーザーについて見ていきます。気になる日本復活はあるのでしょうか。


なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

アルファード! 豪華でカッコよくて、いつかは乗ってみたいクルマですよね。 大ヒットしているアルファード、なぜそんなに売れるのかを探ってみました!


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。