トップへ戻る

トヨタのスポーツカー!86(ハチロク)次期型はいつ発売?価格・試乗記ほか

トヨタのスポーツカー!86(ハチロク)次期型はいつ発売?価格・試乗記ほか

トヨタが手掛ける小型FRスポーツカー86(ハチロク)。ドライバーの感覚ひとつでどんなようにも取り回せる“手の内感”や操る楽しさを体感できる、“直感ハンドリングFR”が製品コンセプトの車です。近年では、この86にもいよいよ次期型が発売される?と噂されていますね。そんなわけで本記事では気になる86の最新情報をまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタのスポーツカー!86(ハチロク)情報

トヨタが手掛ける小型FRスポーツカー86(ハチロク)。ドライバーの感覚ひとつでどんなようにも取り回せる“手の内感”や操る楽しさを体感できる、“直感ハンドリングFR”が製品コンセプトの車です。近年では、この86にもいよいよ次期型が発売される?と噂されていますね。

そんなわけで本記事では気になる86の最新情報をまとめました。

貴方は86をどれだけ知っている?改めて知りたい86!

86とは、トヨタ自動車がSUBARU(旧・富士重工業)と共同開発したFRレイアウトのスポーツカーです。

トヨタとしてはスポーツ800(ヨタハチ)以来となる水平対向エンジンのスポーツカー。

SUBARUからは兄弟車のスバル・BRZが販売されています。

より多くの人々に楽しんでもらうために、という信念のもと、できるだけ低価格に設定されています。

そのため、若い層にも比較的手が届きやすい一台になっています。

スバル BRZ

トヨタ 86(ハチロク) 試乗記

『86』は見るからにスポーツカーらしい2ドアクーペの外観デザインを持つ。昔はこのようなスポーツモデルが各社から作られていたが、今では希少な存在である。

運転席に座ると、すぐに着座位置の低さが感じられる。路面が近くに感じられるからだ。個人的には周囲の確認がしやすいようにシートリフターで高めの位置に座るのが好きだが、こうした低い位置からの視界もいかにもスポーティカーらしくて良いと思う。

スポーツカーらしくエンジンはとても良く回る。レッドゾーンは7400回転からだが、マニュアル車ならそれを超えて回っていくほどの勢いがあるし、AT車も7000回転までをきっちり使ってシフトアップしていく。

6速MT車に乗って、手の届きやすい位置に配置されたシフトレバーを操作すると、短いストロークできちっと決まる。クルマを操る楽しさを存分に実感できる。マニュアル車に乗れる免許があるなら是非ともマニュアル車を選ぶと良い。

コーナーでは低重心パッケージを生かしてロールの少ない安定した走りを実現する。ほとんどロールすることなくクルマが向きを変えていく回頭性の良さは、タイトなコーナーを走り抜けるのが楽しくなる

トヨタ 86(ハチロク)価格は

■トヨタ 86 G 6AT 2,647,080円 
■トヨタ 86 G 6MT 2,623,320円

■トヨタ 86 GT 6AT 3,048,840円
■トヨタ 86 GT 6MT 2,981,880円

■トヨタ 86 GT リミテッド 6AT 3,250,800円
■トヨタ 86 GT リミテッド 6MT 3,183,840円

■GR 6MT 4,968,000円
■GR SPORT 3,846,960円

■86 GT“Limited・Black Package” 6AT 3,423,600円
■86 GT“Limited・Black Package” 6MT 3,356,640円

■特別仕様車 GT“British Green Limited” 6AT 3,318,840円
(注文期間:2019年5月31日まで)

■特別仕様車 GT“British Green Limited” 6MT 3,251,880円
(注文期間:2019年5月31日まで)

若者を意識して製作されたとはいえ、ライバル車のマツダ、ロードスターや、スバルのBRZと同じ価格帯になっています。

トヨタの86(ハチロク)次期型最新情報

トヨタ 86 次期型 予想CG

そして、気になるのが86次期型の最新情報ですよね。

86次期型の最新情報をまとめてみました。

トヨタ 86(ハチロク) 次期型 MTモデルはある?

トヨタ『86』、スバル『BRZ』次期型に関して、正式に開発がスタートしたとのニュースが飛び込んできました。

また、未確定要素ながら、そのパワートレインはダウンサイズされた1.8リットル水平対向ターボになるという情報も。

また、新型『スープラ』では見送られるであろうMTモデルですが、86/BRZでは設定される可能性が高いとのことです!

トヨタ 86(ハチロク) 次期型 エンジンはどうなる?

噂によれば、パワートレインは現行モデルの2.0リットルから2.4リットルへ拡大されるとみられていました。

しかしながら、今回入手した最新情報によると1.8リットル4気筒水平対向ダウンサイジングターボの可能性があるとのこと。

それでいて最高出力は240ps~250ps程度まで向上するとも噂されています。「水平対向といえばターボ」というファンも少なくないと思いますが、これが事実ならば朗報ですね。

トヨタ 86(ハチロク) 次期型 気になる!ワールドプレミアはいつ?

予想されるワールドプレミアは2020年内で、2021年の発売が現在の有力とされています。

今から待ち遠しいですね!

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。