目次へ戻る

ダイハツ ミラトコット CM・ボディサイズ・スペック・価格・試乗評価完全網羅!

ダイハツ ミラトコット CM・ボディサイズ・スペック・価格・試乗評価完全網羅!

6月25日より発売された、ダイハツの新型軽・ミラトコット。ミライースの派生モデルであり、実質的なミラココアの後継車です。カワイイ見た目とオシャレなデザイン性から特に若年女性エントリーユーザーをターゲットとした車になっています。本記事ではこのミラトコットについて燃費・価格・スマアシⅢ・CMの女優さんや名前の由来も網羅!


ダイハツ ミラトコット、6月25日より発売中!

ダイハツは、6月25日より、若年女性エントリーユーザーなどをターゲットとした新型軽乗用車『ミラ トコット』を発売しています。

ミラトコットは、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトとし、幅広い層に日々のモビリティライフをより安心して過ごしてもらいたいとの想いを込めて開発した新型軽乗用車です。

可愛らしい見た目からもわかるように、このミラトコット、実はダイハツ女性社員で構成されたプロジェクトチームが企画に参画し、顧客視点でのコンセプトや採用アイテムに関する意見を反映させた車なんです。

本記事では、そんなミラトコットについて改めて様々な角度から徹底分析しています。ミラトコットが気になっている方、軽自動車の買い替えを考えていた方はぜひ、本記事を読んで検討してみてはいかがでしょうか。

ダイハツ ミラトコット キーワードは「肩肘はらない」

若い女性をメインターゲットとし、ファッション用語の「エフォートレス」をキーワードに開発したという『ミラトコット』。調べるとエフォートレスは2014~15年頃にファッション・トレンドとして浮上したようだから、トコットの企画時期に重なる。しかも一過性ではなかった。2018年の今でもそれはトレンドのメインストリーム。商品企画担当者の先見の明に、まずは頭が下がる。

エフォートレスは「努力しない」のではなく、「肩肘張らない」ということ。「頑張ってオシャレしました」と見えないように、あえてスキを作る「抜け感」、ユルいコーデをきちんと着こなす「こなれ感」などが大事らしい。

【気になる】ダイハツ ミラトコット「おとなまる子」CM たまちゃん、花輪君の俳優さんは?

吉岡里帆(よしおかりほ)さんが演じるちびまる子ちゃん…ならぬ「おとなまる子」でおなじみのこのCM。貴方も一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

もちろん、これがダイハツのミラトコットのCMです。ちなみに、吉岡里帆さんの他にも、たまちゃん役の奈緒(なお)さんや、花輪君役の竜星涼(りゅうせいりょう)さん、ヒデじい役には村松利史(むらまつとしふみ)さんが出演しています。

そもそもおとなまる子とは?

そもそもおとなまる子とは…。

原作では9歳(小学3年生)のまる子が、22歳(社会人1年生)になってクルマの免許を取ったら?
・・・という架空の設定で、吉岡里帆さん演じるおとなまる子を中心に繰り広げられるシリーズです!
今回の出演オファーを受けた際に吉岡さんは、「のんきで飾らない、だけどちょっとおっちょこちょい」など、原作のまる子の性格に多くの共通点を感じ、「ぜひやってみたい!」と思われたそうです。

※ダイハツ ミラトコット 公式ホームページより引用

ダイハツ ミラトコット 基本情報

ダイハツ ミラトコットとは

ミラ トコットは、ダイハツが製造・販売しているハッチバック型(軽セダン)の軽自動車。名の通りミラシリーズに属していて、単に「トコット」とも呼ばれます。

ミライースの派生モデルとして登場、2018年3月に終売となったミラココアの実質的な後継車ともいえます。プラットフォームは基本的に既存の2代目ミライースと共通になっています。

ダイハツ ミラトコット 名前の由来は3つのC

トコット…。

このトコット、という名前ですが、一体どこからきたのでしょうか。

実は、“to character”“to comfortableness”“to convinience”という3つの英語の頭文字Cと、その前に付く前置詞toを組み合わせたTOCをベースに、それを反対からも読めるようにさらにOTを付けたのがその由来なんだとか。

名前の由来を知ると、その車に対してさらに愛着がわきますね。

ダイハツ ミラトコット 基本スペック(燃費・ボディサイズ・エンジン他)

 
【ダイハツ ミラトコット(G“SA Ⅲ”)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,530mm(ホイールベース:2,455mm)
最大乗車定員4名
車両重量720kg
燃費JC08モード:29.8km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力(kW(PS)/rpm)38kW(52PS) /6,800 rpm
最大トルク(N・m/rpm)60N·m (6.1kgf·m) /5,200rpm
タンク容量 30L
駆動方式FF/フルタイム4WD

燃費は、JC08モード燃費で29.8km/L、駆動方式はFFと4WDから選択できますよ。

ボディサイズは、ミライースと同等です。

ハイトタイプの軽自動車が人気を集める中、ミラ トコットは全長3395×全幅1475×全高1530(4WDは1540)mmと、軽乗用車のベーシックモデル『ミラ イース』と同等のコンパクトサイズとした。

ダイハツ ミラトコット エクステリア

ミラトコットは、愛嬌のある丸い目元に、箱型のキュービックなデザインで全体的にシンプルな印象を受けます。

四角いと言っても、四隅が丸みを帯びていることから、全体的に優しい雰囲気があります。

シルバーをベースに、ホワイトパールで彩ったホイールキャップも個性的ですね。

トコットはショルダーの折れ線の直下に、細いプレスラインを刻み込んでいる。言わば折れ線にアンダーラインを引いた格好だ。鈍角に挟まれた折れ線をピンカドにすることを業界用語で「ドンピン」と呼ぶが、ドンピンをプレスするのは簡単ではない。デザイナーの意図より甘くなりがちだが、そこにアンダーラインを引くことで折れ線が際立って、「きちんと」見えてくる。巧いことを考えたものだ。

ダイハツ ミラトコット インテリア

明るいインテリアとコーディネートされたシンプルで見やすいメーターに仕上がっています。

数字も大きく見やすいですね。


シートの表皮に濃淡を織り交ぜた糸を使い、あたたかみを感じる、ファブリックシート表皮に。

背もたれは明るいベージュ、座面はブラウンにした2トーンで個性的なシートですね。また、縫い合わせの部分にはパイピングが施されています。

また、電気スイッチ式のオープナーを採用。

樹脂製の軽いバックドアと合わせて、開け閉めも簡単です。

インテリアはシンプルで軽快なインパネやドアトリムで全体のユルさを見せながら、そこに厚み感のある「きちんと」したシートを組み合わせることで対比を巧く演出。同じ織り柄ながら座面とバックレストで糸の色を変えたシート表皮も、統一しすぎないコーデでスキを作る効果をあげている。

ダイハツ ミラトコット カラーバリエーションは全8色!

ミラトコットのカラーは何色あるのでしょうか。

ミラトコットのカラーバリエーションは、セラミックグリーンメタリック他新色3カラーを含む全8色です。

●セラミックグリーンメタリック
●ジューシーピンクメタリック
●サニーデイブルーメタリック
●パールホワイトⅢ
●ブラックマイカメタリック
●プラムブラウンクリスタルマイカ
●レモンスカッシュクリスタルメタリック
●ファイアークォーツレッドメタリック

セラミックグリーンメタリック

ジューシーピンクメタリック

サニーデイブルーメタリック

ブラックマイカメタリック

パールホワイトⅢ

プラムブラウンクリスタルマイカ

レモンスカッシュクリスタルメタリック

ファイアークォーツレッドメタリック

ダイハツ ミラトコット 人気カラーは新色のセラミックグリーン!

こんなに色があって、何のカラーにすればいいかわからん…。そんな迷える貴方に、7月末時点でのミラトコットの人気色をご紹介します。

ダイハツによると、ミラトコットのボディカラーは新色のセラミックグリーンメタリックが、最も人気だそうです。

また、後ほどご紹介する、アナザースタイルパッケージも、スイートスタイルを中心に好評を得ているとのことですよ。

ダイハツ ミラトコット メーカーオプションのDesign Film Topも

また、メーカーオプションではありますが、デザインフィルムトップ(キャンバス地調/アイボリー)という2トーンカラーにすることも可能です。

※G“SA Ⅲ”、X “SA Ⅲ”にメーカーオプション

カラーバリエーションは、全4種類。
●セラミックグリーンメタリック〈G61〉+デザインフィルムトップ(キャンバス地調/アイボリー)
●ジューシーピンクメタリック〈R73〉+デザインフィルムトップ(キャンバス地調/アイボリー)
●サニーデイブルーメタリック〈B84〉+デザインフィルムトップ(キャンバス地調/アイボリー)
●パールホワイトⅢ〈W24〉※+デザインフィルムトップ(キャンバス地調/アイボリー)

セラミックグリーンメタリック+デザイントップフィルム(キャンバス地調/アイボリー)

ジューシーピンクメタリック+デザイントップフィルム(キャンバス地調/アイボリー)

サニーデイブルーメタリック+デザイントップフィルム(キャンバス地調/アイボリー)

パールホワイトIII+デザイントップフィルム(キャンバス地調/アイボリー)

ダイハツ ミラトコット 自分色を出すならアナザースタイルパッケージ

スイートスタイル

そのほか、シンプルなベース車両に対して、もっと自分の色を出したい!というユーザー向けに、個性を際立たせる3種類の「アナザースタイルパッケージ」を設定しました。

アナザースタイルパッケージは、
●スイートスタイル(パールホワイトで彩られた可愛らしいデザインパッケージ)
●エレガントスタイル(華やかな大人にふさわしい、エレガントなデザインパッケージ)
●クールスタイル(都会、街乗りにぴったりの黒をアクセントにしたデザインパッケージ)

上記の3パッケージがあります。

ベース車両では物足りないという方には、こちらもオススメです!

エレガントスタイル

クールスタイル

ダイハツ ミラトコット 安全性能 スマアシⅢ搭載!

スマートアシストIII(衝突警報(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者))

関連する投稿


【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しました。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなっています。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


日産デイズ/三菱 eKワゴン新型 ワールドプレミアは2019年3月か

日産デイズ/三菱 eKワゴン新型 ワールドプレミアは2019年3月か

日産と三菱の合併会社「NMKV」が開発し、兄弟モデルとして発売されている軽自動車『デイズ』『デイズハイウェイスター』、及び『eKワゴン』『eKカスタム』ですが、2019年春頃に新型が発表される予定です。いったいどんな点が新しくなったのでしょうか。


【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

スバルはその社名に引けを取らないくらいきら星のように光り輝く軽自動車をいくつも生み出してきましたが、今現在、残念ながら軽自動車の生産を終了しています。しかし、OEM供給により軽自動車の販売は継続しています。今回は、スバルの軽自動車の歴史を振返りながら、OEM提供にて現行販売されているスバルの軽自動車を紹介しています。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。