トップへ戻る

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

2017年2月1日にスズキの人気軽自動車であるワゴンRの新型である、新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。軽ワゴンの中では最高クラスの燃費を誇る新型ワゴンR。その魅力や特徴を徹底解剖します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2017年2月 新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレー登場!

画像は新型ワゴンRスティングレー

2017年2月1日、スズキが誇る人気軽自動車のワゴンRから新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。

スズキのワゴンRは、1993年に初代が登場し、軽自動車の市場で「ワゴン」という新しいジャンルを切り開いた先駆者です。登場した以降、90年代半ばからは軽自動車試乗で、ベストセラーを続け、常にTOP、上位の座に君臨していました。

しかしながら、ここ最近は他社の「ハイトワゴン」にトップの座を譲っている状況でした。

新型ワゴンR 3つの異なるデザイン!

2017年2月に登場した新型ワゴンRは、約5年ぶりとなる新型改良、フルモデルチェンジとなっており、6代目のワゴンRとなっています。

この新モデルはスポーティーなタイプの「スティングレー」を含めて、フロントマスクが全く異なる、3タイプが登場となりました。

向かって左がHYBRID FZ、右がスティングレー(L,HYBRID T,HYBRID X)、上がFA,HYBRID FX

3つの異なるデザインを用意した背景としては、軽自動車に求められているニーズがますます多様化していることがあり、生活環境の変化によっても、求める車が変わってきているからだと2月1日の発表会にてコメント。

個性が異なる3つのデザインを用意して、若い方から年配の方まで幅広い世代に、そして男性も女性もと、様々なライフスタイルや新しい価値観に対応できるラインアップにしたとのこと。

新型ワゴンR 驚くべき燃費性能!

2月1日に発売した新型ワゴンRですが、ハイブリッドタイプの燃費性能ですが、ワゴンタイプの軽自動車の中では最高値となる、33.4km/リットル(JC08モード)という驚きの燃費性能を確保しています。

その高燃費を支える原動力が、進化させたマイルドハイブリッドシステムです。

このスズキのマイルドハイブリッドは、エンジンのスターターと発電装置を兼ねている「ISG」と呼ぶモーターと、リチウムイオン電池を組み合わせた簡易型のシステムです。

今までもスズキの軽自動車では「スペーシア」、「ハスラー」に設定してきたようですが、新型ワゴンRでは、新たに発進時と減速して停止する際に最長10秒間、モーターのみでEV(電気自動車)走行ができるよう進化したようです。

従来の機能ではありますが、モーターは発進時から100km/hまでの幅広い範囲で加速のアシストを行い、さらにはアクセルもブレーキも踏まない状態の「クリープ走行」としてモーターのみで走り、高燃費を実現しているとのこと。

この新システムは、「クリープ走行」の機能追加のため、モーターの高出力化とリチウムイオンバッテリーの大容量化を図られたようです。

具体的数値として、モーターの最高出力は従来の1.6kWから2.3kWに大容量化。バッテリーの容量も3Ahから10Ahへと3倍強に用量を増やしています。

このバッテリー性能を高めた点と、軽量化と高剛性を両立させた軽自動車用の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」による両面で軽ワゴン最高となる高燃費を支えているようです。

新型ワゴンR 安全性能と利便性も向上!

新型ワゴンRですが、魅力的な特徴は3つのデザインと、低燃費だけではありません。

先進の安全装備

まず安全性能についてですが、安全装備として、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車の検知をし、衝突による被害を軽減するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」。

周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能が導入されています。

わずらわしいと感じる場合は、走行中でもしまえるようです。

また、運転席前方のダッシュボードには、運転速度やデュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」が、軽自動車として初の採用をしています。充実した先進の安全装備となっています。

お客様の声が反映された利便性

続いて利便性についてですが、まず挙げられる点として、室内空間が更に広くなったという点です。軽ワゴンならではの使い勝手の良さをさらに向上させました。

ラゲッジルームも、荷室開口幅が拡大され大きな荷物も入れやすくなったようです。

また、後席ドアの両側には「アンブレラホルダー」が設けられており、濡れたままの傘を収納しても、雨水を車外に排出できる仕組みになっています。

ワゴンRユーザーに収納についての話を聞いたところ、「傘の収納に困る」という声が一番多かったことから設置されったとのことです。

雨の日等に窓とドアパネルの隙間に入った水滴を車外に逃がすために、もともとある水抜き穴を活用し、ユーザーの悩みに応え、利便性も向上させたようです。

前席のドアにもと思い、開発を進めたようですが、側面衝突の際ドアの変形に影響が出てくることなどから、途中で断念したようです。

新型ワゴンR 各デザイン・グレード別価格!

最後に、各デザイン、各グレード毎の価格を燃費と共に掲載します。ご購入を検討の際は参考にして下さい。

新定番スタイル 新車価格と燃費

まずは新定番スタイルからです。

ガソリン車であるグレード「LA」と、ハイブリッドであるグレード「HYBRID FX」が新定番スタイルとなっており、各グレード共に2WDと4WDが設定されています。

グレード:LA(ガソリン車)
2WD 燃費(JC08モード):26.8km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,078,920円

4WD 燃費(JC08モード):25.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,202,040円

グレード:HYBRID FX
2WD 燃費(JC08モード):33.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,177,200円

4WD 燃費(JC08モード):30.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,298,160円

ボディカラーは画像の「サニーイエローメタリック」をはじめとして、全10色のラインナップ。

※メーカー希望小売価格は参考価格となっており、販売会社が独自に価格を定めていますので、ご購入の際は各販売会社にお問い合わせ下さい。

スタイリッシュデザイン 新車価格と燃費

続いてのデザインは「スタイリッシュ」。

スタイリッシュに該当するグレードはハイブリッド車であるグレード「HYBRID FZ」になっています。

グレード:HYBRID FZ
2WD 燃費(JC08モード):33.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,350,000円

4WD 燃費(JC08モード):30.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,470,960円

カラーは画像の「ブリスクブルーメタリック」をはじめとして、全8色のラインナップ。

ストロングデザイン 新車価格と燃費

デザインテーマ、ストロングとされている車両は新型ワゴンRスティングレーになります。

グレードとしては、ガソリン車である「L」、ハイブリッド車である「HYBRID T」、「HYBRID X」がグレードとしてラインナップされており「HYBRID T」はターボ車となります。

グレード:L(ガソリン車)
2WD 燃費(JC08モード):26.8km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,293,840円

4WD 燃費(JC08モード):25.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,414,800円

グレード:HYBRID T
水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
2WD 燃費(JC08モード):28.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,658,880円

4WD 燃費(JC08モード):27.0km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,779,840円

グレード:HYBRID X
2WD 燃費(JC08モード):33.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,488,240円

4WD 燃費(JC08モード):30.4km/リットル
メーカー小売価格(税込):1,609,200円

カラーは画像の「スチールシルバーメタリック」をはじめとして、全6色のラインナップとなります。

スズキ新型ワゴンRの公式サイトはこちらから。

最後に

新型ワゴンRの情報をまとめましたが、いかがでしたか?気になる方は購入の際の検討材料としていただければ幸いです。

レスポンスまとめでは、新しい情報が入り次第、随時情報を更新しております。

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

スズキ ワゴンRニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/special/recent/1186/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD+%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3R

スズキ ワゴンRに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のクルマ…

ニュースサイト、レスポンスではスズキ ワゴンRのニュースを特集としてまとめております。 レスポンスまとめで掲載している情報の詳細記事も掲載されているので気になる方は是非こちらもご確認下さい。

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダが世に送り出した軽自動車のスポーツカー、S660。 軽自動車の枠を飛び越えたこのスポーツカーは高い実力を持ちながら、街乗りもこなせるマルチな車です。今回はホンダのS660についてご紹介します。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。