目次へ戻る

軽自動車of軽自動車!スズキ、アルトの実力を探る!

軽自動車of軽自動車!スズキ、アルトの実力を探る!

軽自動車本来の利便性を守っている、スズキのアルト。アルトを知れば、昔の軽自動車の良さが見えてくるかも!?しれません…。


アルト概要・走行性能

軽自動車の中の軽自動車。アルトの魅力

2014年の12月に発売された、8代目「アルト」。
プロポーション、フロントマスク、インテリア、そのすべてがスタイリッシュになったアルト。

軽自動車本来の姿ってこういうものだよね、と感じさせてくれる「ちょうどいい」車。それがアルトです。

ダイハツが、「タント」というモデルを出して以降、車室空間を売りにするクルマが増えて、軽自動車が元来持っていた小さくて、スマートで、小回りが利いて、利便性の高いモデルは軽自動車というジャンルの中では、マイナーな存在になってきている現実があります。

もちろん、車内が広いこと自体は嬉しいものの、必要以上に車高が高くなれば、イコール、アンバランスになるため、どうしても重心高を下げる工夫をしなくてはならず、結果として重量が重くなるという悪循環に陥り、前述したタントなど、一番軽いモデルでも車重は920kgもあるケースも。

そこへ行くと新しいアルトは一番軽いモデルだと僅か610kg。なんでこんなに軽いのか?その原動力は新しいプラットフォームにあります。
プラットフォームだけで60kgの軽量化は、元々車重が軽い軽自動車にしてみれば驚異的ですね。
そんな、軽の中の軽。アルトについて見ていきましょう。

THE・軽!そのデザイン

フルモデルチェンジしたスズキ「アルト」のデザインテーマは、ズバリ“クオリティとプロポーション”なんだとか。


「そのテーマを踏まえ、日本で購入しやすいクルマとは何か、また、ユーザーにどのような喜びを与えられるかを考え、シンプルでクリーン、スタイリッシュなデザインを心掛けた」とは、スズキ四輪デザイン部企画管理課チーフデザイナーの内山一史チーフデザイナーの弁。

デザインするにあたっては、「我々の先輩が初代アルトをどのような気持ちで作ったのか。それをヒントにしながらこのクルマをデザインした」と述べられていました。

具体的には、「初代アルトがあったら、どんなことができるだろう、どんな喜びがあったのか、このクルマが家の前に来るときにユーザーはどのような喜びを感じていたのだろうかを考えた」と説明し、そのうえで、「(新型アルトでは)ユーザーの生活にあった美しいクルマを目指した。むやみにキャラクターラインを入れるなど、デザインのためのデザインをするのではなく、シンプルでクリーンなデザインを実現したのだ」とのこと。

一方で、「フロントは少しだけ遊び心を入れている」と内山さんは語ります。
「もちろん必要以上にデザインしてしまうと全体のバランスを崩すので、メガネをモチーフにしてヘッドライト周りをデザインすることで、ちょっとだけ目力を出して表情を作った」。「最近のクルマのように、怖すぎる顔や、可愛らしすぎる顔ではなく、どちらかというと初代アルトのように、昔は異形のランプではなくても表情があるクルマが多かったので、そこに通じる表情になっていると思う」だそうです。

エンジンシステム

アルトは、減速時のエネルギーで発電・充電し、ムダな燃料消費を抑える「エネチャージ」を搭載しています。
エネチャージとは、なんぞ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
減速時に発生するエネルギーを利用し、高効率・高出力の発電機を使ってで発電、アイドリングストップ車専用の鉛バッテリーと高効率のリチウムイオンバッテリーに充電します。
それを、蓄えた電力を電装品に供給することで、発電によるガソリン消費を最小限に抑えるとともに、エンジンへの負担を軽減することで、軽快な走りにも貢献してくれる、これがエネチャージの仕組みです。

また、アルトには、効率よくエンジンを止めてガソリンを節約してくれる、「新アイドリングストップシステム」が搭載されています。

停車前の減速時にアクセルを離すとガソリンの供給をストップし、さらにブレーキを踏んで時速13km以下になると自動でエンジンを停止、減速からエンジン再始動までの間、ムダなガソリン消費を抑え低燃費に貢献してくれるんです。

エンジンの再始動は、ブレーキを離すかハンドルを動かすだけ。交差点でもスムーズな発進が可能ですよ。

アルト車内空間・収納

ラゲッジスペース

軽自動車だからと言って、侮ってはいけません。
アルトは、ランプ類をリヤバンパーにおさめ、広いバックドア開口部幅を確保しています。

そのために荷物の出し入れがラクにできます。ラゲッジアンダーボックスには、傘などの長物も収納可能です。

シートアレンジ、乗り降りのしやすさ

腰の移動量が少なくなるよう前席ヒップポイントを高めに(前席ヒップポイント地上高585mm)、ドア開口部を低めに(開口部地上高335mm)設計しています。

ですので、楽な姿勢で、乗り降りが可能です。

また、アルトのX、Sに装備されているシートリフター。これがあることで、シート位置の細かい設定が可能です。

さらにXはチルトステアリングも採用しているため、体格や好みに応じて運転ポジションを合わせられます。

ただ一点、シートも車両価格の安さゆえの限界があるのでしょうか、ウレタンのスペックはかなり低いものと推測されました。

ロングドライブにおいて疲れを溜め込まないためには、1時間に1回、クルマを降りて休憩するのが望ましいです。

しかし、シートも悪いことばかりではありません。座面やシートバックの形状は非常によく考えられて作られており、カーブの連続する山道でも思いのほか体をしっかりホールドしてくれます。

アルト装備・安全性

安全装備

アルトは、予防安全性能アセスメントにおいて 先進安全車「ASV」を獲得しています。(レーダーブレーキサポート装着車)なので、安心してドライブすることができます。

また、アルトXには、レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]が標準装備されています。(S、L、F 5AGS車にはメーカーオプション設定)

渋滞などで低速走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知してくれ、万が一衝突を回避できないと判断した場合に、自動ブレーキが作動。追突などの危険を回避、または衝突の被害を軽減してくれます。

また、お年寄りや、免許をとってから浅い期間の人などの間でも起こりやすい、ペダルやシフトの操作ミスによる衝突。
こういった状況にならないために、アルトは停車または約10km/h以下での徐行中に、レーザーレーダーが前方の障害物を検知。シフト位置が「前進」の状態でアクセルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制してくれます。駐車場などでの衝突回避に貢献してくれます。


バリエーション・価格

グレードは、X、S、L、Fの4グレードです。
価格は、2WDにするか、4WDにするか、2トーンバックドア仕様にするのかでも値段が変わってくるので一概には言えませんが、一番安いもので、Fの2WDが847,800円。一番高いものだと、Xの4WDのミディアムグレー2トーンバックドア仕様車でお値段が1,245,240円になっています。

実際に試乗した感想は?

それでは気になる試乗の感想はどうなのでしょうか。
レスポンスの試乗記を調べてみました。

アルトは、従来に比べて60kgの軽量化を達成しました。そしてこの軽さが走りの軽快さにつながっているんです。

アクセルペダルを軽く踏み込むだけでスムーズに走り出し、走り出した後も滑らかに加速が伸びていく。この軽快感はなかなか気持ち良いもので、クルマは軽いことが大切だということを改めて思い起こさせてくれます。

元気良く走らせたいなら、アクセルを強く踏み込めば良い。アクセル開度に応じて副変速機付きのCVTがロー側を使って力強く加速していってくれます。

ボディや走りの軽さが軽薄さにつながる部分がないとはいえませんが、それでも変な安っぽさを感じさせないのが良い。軽自動車は上級車に比べて走りの質感で劣るのはやむを得ないが、アルトの走りは不満を感じさせないです。新開発のプラットホームをベースにボディ剛性を高めたことが、走りの良さにつながった部分があるのでしょう。

とのことです。

一度、原点に戻って、軽自動車を楽しんでみてはいかがでしょうか。

軽自動車の定番商品『アルト』がモデルチェンジで大幅な軽量化を実現した。最近は軽自動車も装備の充実化によってクルマが重くなる傾向が強かったが、アルトは改めて軽量化に挑戦し、従来に比べて60kgの軽量化を達成した。最上級グレードのXでもFF車は650kgという軽さである。

そしてこの軽さが走りの軽快さにつながっている。アクセルペダルを軽く踏み込むだけでスムーズに走り出し、走り出した後も滑らかに加速が伸びていく。この軽快感はなかなか気持ち良いものだ。クルマは軽いことが大切だということを改めて思い起こさせてくれる。

元気良く走らせたいなら、アクセルを強く踏み込めば良い。アクセル開度に応じて副変速機付きのCVTがロー側を使って力強く加速していく。

ボディや走りの軽さが軽薄さにつながる部分がないとはいえない。それでも変な安っぽさを感じさせないのが良い。軽自動車は上級車に比べて走りの質感で劣るのはやむを得ないが、アルトの走りは不満を感じさせない。新開発のプラットホームをベースにボディ剛性を高めたことが、走りの良さにつながった部分があるのだろう。

関連する投稿


売れに売れてる「ジムニー」は本当に買うべきなのか?

売れに売れてる「ジムニー」は本当に買うべきなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。今回は、スズキの新型「ジムニー」だ。


まるでGクラス!?スズキのジムニーにGクラスを思わせるキット登場

まるでGクラス!?スズキのジムニーにGクラスを思わせるキット登場

日本が世界に誇るチューナー、「Liberty Walk」(リバティウォーク)。そんなリバティウォークが、スズキ『ジムニー』をメルセデス『Gクラス』風に変身させる夢のキット「G mini」をインスタグラムで発表しました。これは予約殺到の予感!?気になる情報をまとめています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【軽自動車7月度販売台数ランキング】1位はホンダN-BOX そしてジムニーが…

【軽自動車7月度販売台数ランキング】1位はホンダN-BOX そしてジムニーが…

全国軽自動車協会連合会が、2018年7月における軽自動車の販売台数を発表しました。それによると、安定の人気を誇る軽自動車から、一気に躍り出てきた新型車まで様々です。本記事ではそんな激震の軽自動車販売台数ランキング7月度をまとめています!


【新車で買える】2018年マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】2018年マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。