目次へ戻る

アルトラパンが可愛すぎる!可愛いだけじゃない魅力満載のラパン!!

アルトラパンが可愛すぎる!可愛いだけじゃない魅力満載のラパン!!

可愛すぎると女性に人気のアルトラパン。でもこの車、女性だけが乗るにはもったいない!ぜひとも男性にも乗ってほしいこの車の魅力を探っていきましょう!!!


アルトラパン概要・走行性能

概要・特徴

スズキは2002年に初代アルトラパンを発売したのち、2008年の11月26日に、新型『アルト ラパン』を発表しました。車両のシンボルキャラクターからもわかるとおり、「ラパン(Lapin)」とはフランス語で「うさぎ」を意味しています。

かわいいうさぎは、メインターゲットである女性にも大好評!あまり車に興味がない女性でも、アルトラパンだけはウサギのCMで知ってる!かわいい車だよね、とご存知の方も多いんじゃないでしょうか。

先代のラパンは『スピアーノ』という名称でマツダからOEM販売されていたそうですが、ラパンと違ってうさぎのシンボルはつきません。
アルトラパンよりは値段が手ごろなスピアーノであるにもかかわらず、「うさぎがいないのでスピアーノはイヤ。多少高くてもラパンを買う」という女性のお客さんが大勢いたほどの人気でした。

2015年から、3代目のアルトラパンが登場。未だに人気は色あせていませんね。

【スズキ ラパン 新型発表】ウサギがいなけりゃラパンじゃない! | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2008/11/28/117086.html

スズキは26日、新型『アルト ラパン』を発表した。車両のシンボルキャラクターからもわかるとおり、「ラパン(Lapin)」とはフランス語で「うさぎ」を意味する言葉。かわいいうさぎは、メインターゲットである女性に好評のようだ。

デザイン・ボディーカラー

スズキ アルト ラパン X

スズキ アルト ラパン X

アルトラパンは、女心を掴んだだけあって、デザインもオシャレです。

Gグレードのアルトラパンは、モノトーンの外観はAピラーやドアハンドルがボディ色、花びらがモチーフというホイールキャップ付きと心が洗われるほどスノッブなデザイン。

エクステリアはかわいさをアピールする“丸四角い”プロポーション。ルーフ~Cピラー、ドアミラーを白く塗り分けた2トーンボディと、ブラウンとネイビー色があるフェンダーアーチモールの3トーンボディも強烈な可愛さ。

ベルトラインは35mmほど低めになり、周辺視界、取り回し性に配慮したインテリアはまさにリビング、マイルーム感覚です。

シート、ドア内張りには先代同様、往年のアルマーニを思わせるかのような、質感の高いファブリック、またはキルティング表皮で製作されています。

天井もまた凝ったキルティング風デザインでまとめられています。

全体的な色味はベージュ系で明るく、淡色のウッド調パネル、助手席前のティッシュボックスがすっぽり入り、隠せる引出し式インパネボックスがマイルーム感覚を演出します。“加湿機能”を備えたナノイー付きオートエアコン、UV99%カットガラス、500ml紙パック(子供用でストロー併用とか)が入るボトルホルダー、豊富な収納など、装備類もまた女性ユーザー、子育てママの気持ちに寄り添ったデザインですね。

ラパンのサイトでは、なんとラパンくん診断ができちゃう

エンジンシステム

アルトラパンは、減速時のエネルギーで発電&充電。ガソリンの消費を抑えて低燃費を実現する「エネチャージ」を搭載しています。

減速時に発生するエネルギーを利用して、高効率・高出力のオルタネーター(発電機)で発電し、アイドリングストップ車専用の鉛バッテリーと高効率のリチウムイオンバッテリーに充電しています。その、
蓄えた電力を電装品に供給しそれにより発電によるガソリン消費を最小限に抑えます。

また、それと同時にエンジンへの負担を軽減し、軽快な走りにも貢献しているんですよ。

また、高効率リチウムイオンバッテリーは、軽量・コンパクトながら電気を効率よく充電できるため、走行時の発電を最小限に抑え、ガソリンの節約に貢献してくれる優れものです!

燃費にも配慮したアルトラパン

可愛い顔してやることやってる!アルトラパン

また、アルトラパンは、停まる前からエンジンを止めて、ムダなガソリンを節約する、かしこくエコな「新アイドリングストップシステム」を搭載しているのをご存知でしょうか。

このシステムは、停車前の減速時にアクセルを離すとガソリンの供給をストップ。

さらにブレーキを踏んで、時速が13km以下になると自動でエンジンを停止してくれ、減速からエンジン再始動までの間、無駄なガソリン消費を抑えて、低燃費に貢献します。エンジンの再始動は、ブレーキを離すかハンドルを動かすだけ。交差点でもスムーズな発進が可能です。

そんなアルトラパンは、35.6km/リットルの低燃費!!まさにいろんな意味で主婦の味方ですね。

アルトラパン車内空間・収納

ラゲッジスペース

気になるのはやっぱり、何と言ってもラゲッジスペースですよね。新型のアルトラパンはラゲッジの開口高を先代より3cm低めることで、重い荷物の出し入れ性を改善しました。また、開口幅も5~50mm拡大することによって、ベビーカーなどの積み込み性も向上しています。

それに、ラゲッジスペースだけではなく、前席を中心に収納スペースがたっぷりありますので、収納はばっちりですね。

搭乗人数・シート

シートは、キルティング素材を採用し、女性らしさを追求しています。

また、前席のヒップポイントが高いことで、開口部の地上高が低く、腰や膝の移動も少なく洋服を気にせずに乗り降りできます。ミニスカートや、着物など、少し乗り降りに不便を感じる服だったとしても安心ですね。

また、運転席と助手席はシートヒーターを装備。座っているだけで優しくカラダを温めてくれます。そして後席には足元から温風を送るリヤヒーターダクトを採用しているので暖かいです。寒い日でも快適なドライブが楽しめます。

室内環境では防音・防振にこだわりが。会話がはずむ静かな空間を実現するため、助手席や後席との距離、頭まわりの空間にも余裕を持たせることで、解放感のある素敵な時間をお届けできるようになりました。

アルトラパン装備・安全性

快適装備

なんと、アルトラパンは「ナノイー」を搭載したフルオートエアコンです。

「ナノイー」とは、空気中の水分から生み出される微粒子イオンのことです。このナノイーは、肌や髪にやさしい弱酸性で、運転席側のエアコン吹出口から「ナノイー」を放出、室内全体を爽やかな空気環境へといざないます。
きれいで清浄な空気の中で運転ができますね。

【スズキ アルトラパン 新型発表】パナソニックのナノイーを採用…肌や髪に優しい弱酸性イオン放出 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2015/06/05/252793.html

パナソニックは、「nanoe(ナノイー)」デバイスが、スズキの新型『アルトラパン』や『スペーシア』のXグレード、『スペーシア カスタム』のXSグレードに採用されたと発表した。

また、アルトラパンは全方位モニター(X、S、Lにメーカーオプション)つき。これがあれば、苦手な人が多い駐車場での車庫入れや狭い道でも大丈夫です。クルマの前後左右にカメラを設置して7インチ大画面モニターで表示してくれるため、運転席から見えにくい場所を映し出してドライブをサポートします。

安全装備

SRSエアバッグ

アルトラパンは、レーダーブレーキサポートを搭載しています。

レーダーブレーキサポートは、渋滞などでの低速走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知し、衝突を回避できないと判断した場合に、自動ブレーキが作動してくれます。そのため、追突等の危険を回避し、衝突の被害を軽減してくれます。

また、誤発進抑制機能は、ペダルの踏み間違いや、シフト操作ミス時におこる、衝突を軽減してくれる機能です。

運転席、助手席には、SRSエアバッグ搭載。前の方向から衝突した際に、センサーが一定以上の衝撃を感知し、エアバッグが瞬時に膨張・収縮してくれます。シートベルトの効果とあわせて、前席乗員の頭部や胸部への衝撃を緩和してくれるんです!

バリエーション・価格

アルトラパンは、X、S、L、Gの4タイプ。Xが最上位グレードで、2WD CVTは1,389,960円。4WD CVTは1,492,560円と、200万以下で購入できるお手頃価格となっています。

Sグレードは、2WD CVTが1,285,200円。4WD CVTが1,387,800円。Lグレードは、2WD CVTが1,202,040円。4WD CVTが1,312,200円。Gグレードは、2WD CVTが1,077,840円。4WD CVTが1,188,000円となっています。

あなたもラパンが欲しくなる!試乗記

乗ってみれば、これが意外とよかったのだ!

まず室内が快適で、ウッドのテーブルを模したインパネには、置き時計をイメージしたメーターとフォトフレームをイメージしたカーナビがあり、シートや天井はキルティング風です。まるでリビングのソファに座るかのようです。また、ガラスエリアが大きく明るい色味の室内色のせいか広々感もあるそうです。

そして何と言っても運転がしやすいとか。なんといっても視界が広く、フロントウインドウは立ち気味で、ウエストラインを落としたサイドラインのせいでサイドウインドウも広くなっています。振り返ったときの斜め後ろの視界も良好です。さらにクルマを上から見たように周囲を確認できる全方位モニターがあるので、駐停車時にも安心度が高い。また全グレードに衝突被害軽減自動ブレーキが標準装備されている。この存在も運転に不安のある人には嬉しいものでしょう。

そして、燃費性能は35.6km/リットルにも達する。つまり、総合的に言ってアルトラパンは、快適で運転しやすい実用的なクルマだそうです!とはいえ、モニター内に表示されるキャラクターは、おじさんにはちょっと辛いかも!?同じ内容のままで、もうちょっと男性寄りにしたバージョンがあったら…とのことです。

やはり、男性には可愛すぎるか!?今後のラパンに期待ですね。

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

関連する投稿


【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しました。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなっています。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

【スバルの軽】軽自動車生産の歴史を現行販売モデルと合わせて振返る

スバルはその社名に引けを取らないくらいきら星のように光り輝く軽自動車をいくつも生み出してきましたが、今現在、残念ながら軽自動車の生産を終了しています。しかし、OEM供給により軽自動車の販売は継続しています。今回は、スバルの軽自動車の歴史を振返りながら、OEM提供にて現行販売されているスバルの軽自動車を紹介しています。


【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正され、図柄入りナンバーが導入されました。軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっているラグビーワールドカップ、東京オリンピックの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーについての概要から手続き方法や、料金、またメリット・デメリットに関してを紹介しています。


【軽自動車7月度販売台数ランキング】1位はホンダN-BOX そしてジムニーが…

【軽自動車7月度販売台数ランキング】1位はホンダN-BOX そしてジムニーが…

全国軽自動車協会連合会が、2018年7月における軽自動車の販売台数を発表しました。それによると、安定の人気を誇る軽自動車から、一気に躍り出てきた新型車まで様々です。本記事ではそんな激震の軽自動車販売台数ランキング7月度をまとめています!


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。