目次へ戻る

ダイハツ ムーヴに改良新型が登場!スマアシⅢも導入!

ダイハツ ムーヴに改良新型が登場!スマアシⅢも導入!

ダイハツは、軽乗用車『ムーヴ』および軽福祉車両『ムーヴ フロントシートリフト』をマイナーチェンジし、8月1日から販売を開始しています。本記事ではさらに進化をとげたムーヴについてまとめています。


ダイハツ ムーヴから改良新型が8月1日より発売開始

ダイハツ工業は、軽乗用車『ムーヴ』および軽福祉車両『ムーヴ フロントシートリフト』をマイナーチェンジし、8月1日から販売を開始しています。

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストIII」を搭載しました。

また、4つのカメラで車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全・安心性能を向上させています。

ムーヴ改良新型に搭載された、スマートアシストⅢとは

運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避の支援や被害の軽減を図り、安全運転をサポートしてくれるのが「スマートアシストⅢ」です。

「スマートアシスト」がいまいちピンと来ない、という方に簡単に説明すると、安全機能をまとめたお得なパックを「スマートアシスト」その第三世代が「スマートアシストⅢ」というイメージでしょうか。

他のメーカーですと、トヨタは「Toyota Safety Sence P」、スバルは「アイサイト」などがありますね。

クルマの周囲を認識し、危険が迫るとドライバーに警告したり、緊急ブレーキをかけ、安全運転を支援する「スマートアシスト」。
スマアシは進化を続け、現在第3世代になりました。

ソナーセンサーに加え小型のステレオカメラを採用し、先行車だけでなく、歩行者へのブレーキも可能になります。

スマアシⅢが導入されることで、軽自動車の安心がさらに広がりますね。

スマアシⅢにはこんな機能がある!一挙紹介

衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起します。

万が一、更に危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。

衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

車線逸脱警報機能

約60km/h以上で走行中、ステレオカメラが車線を検知している場合に、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報、逸脱回避操作を促します。

誤発進抑制制御機能(前方)

前方約4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知した際に、シフトポジションを「前進」にしたまま、ブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制してくれます。

誤発進抑制制御機能(後方)

後方約2~約3m先までに壁などの障害物等があることを、ソナーセンサーが検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたまま、ブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前の車が発進したことに気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

オートハイビーム

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを手をわずらわせることなく自動で切り替えてくれます。

先行車や対向車などがいない時にはハイビームにし、遠くまで見通しを確保。

安心感を高めます。

ムーヴ改良新型 内外装が一新

また、『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』ともに内外装を刷新しました。

ムーヴではメッキフロントグリルや新意匠の14インチアルミホイールの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現しています。

ムーヴ カスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)や、スモーククリアのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプ、新意匠のインパネガーニッシュなどを装備。

先進的で上質感ある内外装としています。その他、リヤシートのラゲージ側にリヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させています。

ムーヴ 新型改良 気になる価格は


気になる価格ですが、111万2400円から174万9600円となっています。
エントリーグレードの価格を引き下げるなど、見直しを図っています。

さらに、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」についてもマイナーチェンジを実施。

ムーヴ/ムーヴ カスタムの変更内容を織り込み、安全・安心性能の向上と内外装の魅力向上を図りました。

価格は125万4000円から160万4000円です。

いかがでしたか。

本記事では新しくなったムーヴについてまとめました。

軽自動車、というと安全面が不安、という方も多いかと思いますが、スマアシⅢが導入されたムーヴなら、候補に入れてみても良いかもしれないですね。

関連する投稿


スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・デザイン・燃費は?

スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・デザイン・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


マツダの軽トール、フレアワゴン。価格、スペック、評価や燃費は?

マツダの軽トール、フレアワゴン。価格、スペック、評価や燃費は?

使い勝手の良さを追求し、先進の安全技術と充実した機能も備えているマツダの軽自動車のフレアワゴン。どのように使いやすいのか、なぜ人気なのか、フレア・フレアクロスオーバーとどのように違うのか、今回はこのフレアワゴンの魅力について、燃費などのスペックや価格、ユーザーの方からの口コミ評価など様々な視点から徹底的に解説します。


マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

スズキからワゴンRのOEM供給を受け誕生したマツダのフレア。一体どのような軽自動車なのか、本記事では価格や燃費などのスペック、さらにユーザーの口コミ評価まで幅広い角度からフレアを徹底的に解剖しご紹介していきたいと思います。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの大人気軽トールワゴン・タントにフルモデルチェンジの時期が近づいています。2018年発売?デザインは東京モーターショーで初公開されたコンセプトカー”ダイハツ DN U-SPACE”(ディーエヌ ユースペース)??他、タントのモデルチェンジについて気になる情報をまとめています。


最新の投稿


年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

三井ダイレクト損害保険株式会社は、年末年始(2017年12月22日~2018年1月3日)に高速道路を利用して長距離移動をする、もしくはする予定がある18歳~69歳の男女1,000人へ「年末年始の長距離移動」に関するアンケート調査を行いました。その結果からみえた2017年末の動向を見てみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング