目次へ戻る

スズキ アルトワークス 詳細情報一覧!スペック~中古車情報も網羅!

スズキ アルトワークス 詳細情報一覧!スペック~中古車情報も網羅!

初代~5代に渡るモデルチェンジを繰り返してきたスズキアルトワークス。スズキ アルトワークスを購入検討中の方、情報を集めている方、そんな方々向けにアルトワークスのスペック、燃費、ユーザー評価等を、今回は主に現行モデルである5代目にあたる2015年モデルHA36Sについてまとめています。


スズキ アルトワークスの概要

スズキ アルトワークスは、1987年2月に発売されました。1度2000年に販売終了していますが、2015年12月24日より再度発売されています。スズキ アルトワークスは、「ワゴンR」の登場まで、スズキを代表する軽自動車であった「アルト」のスポーツモデルとして登場しました。

軽自動車of軽自動車!スズキ、アルトの実力を探る!

http://matome.response.jp/articles/115

軽自動車本来の利便性を守っているスズキのアルト。アルトを知れば、昔の軽自動車の良さが見えてくるかもしれません。ワゴンRが登場するまでスズキの軽自動車を牽引してきたアルトについての詳細をまとめています。

「アルト」についての情報はこちらからご覧下さい。

軽自動車でありながらもパーツの豊富さ、走行性能の良さ、コストパフォーマンスの良さなどが、人気につながっているようです。また、売り上げの9割がMT車であることから、車好きの方からの支持も得ているようです。過去モデルはハッチバックでしたが、現行モデルの構成は5ドアとなっています。

スズキ アルトワークス 基本スペック一覧

 
トヨタ C-HR スペック表
駆動方式2WD/フルタイム4WD
エンジン型式R06A型種類 水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1500
室内寸法(長さ×幅×高さ)2040×1255×1,215
車両重量2WD 5MT:670kg
2WD 5AGS:690kg
フルタイム4WD:720kg
フルタイム4WD:740kg
最大乗車定員4名
燃費2WD 5MT:23.0km/L
2WD 5AGS:23.6km/L
フルタイム4WD 5MT:22.0km/L
フルタイム 5AGS:22.6km/L
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
総排気量0.658L
最高出力ネット 47<64PS>/6,000
最大トルクネット 100<10.2kg・m>/3,000
燃料タンク容量27L

スズキ アルトワークス 燃費は?

スズキ アルトワークスの燃費を駆動方式、トランスミッション別にまとめました。燃費については、JC08モード燃費と実燃費の平均値にて掲載しています。

 
スズキ アルトワークス 燃費表
2WD 5MTJC08燃費:23.0km/L実燃費:18.46km/L
2WD 5AGSJC08燃費:23.6km/L実燃費:20.17km/L
フルタイム4WD  5MTJC08燃費:22km/L実燃費:18.38km/L
フルタイム4WD 5AGSJC08燃費:22.6kkm/L実燃費:18.53km/L

スズキ アルトワークス エクステリア/カラーは?

スズキ アルトワークスのフロントバンパーには、WORKSのロゴが入っており大きなアクセントになっています。スズキアルトワークスのヘッドライトは、ブラックメッキヘッドライトが採用されており、引き締まったクールな印象を受けます。

また、以下のものが標準搭載になっています。

・フロントフォグランプ
・リアススポイラー
・アルミホイール
・UVカットグラス
・プライバシーグラス 

カラーバリエーションに関しては、シルバーメタリック、ピュアホワイトパール、ピュアレッド、ブルーイッシュブラックパール3の4種類です。

スズキ アルトワークス インテリア(内装)は?

スズキ アルトワークスのインテリアは、人間工学を考慮した専用開発のレカロシートが採用されています。これにより、スポーツドライビング時の高いホールド性、ロングドライブ時の快適性を実現しました。

ターボ過給圧の上昇に呼応して、色が白から赤に変化するブーストインジケーターをメーター内に搭載しています。これにより加速時の視覚的な愉しさを増幅させます。また、ドライブに便利な収納スペースも搭載されており、携帯電話や小物などを収納できるインパネセンタートレーやセンターロアポケット、コンソールドリンクホルダーなどを備えています。長時間のドライブも快適に過ごせるでしょう。

スズキ アルトワークス 安全装備について

スズキ アルトワークスは2014年度 予防安全性能評価 先進安全車「ASV」を獲得しています。(5AGS車)快適なドライブを安全なものにするために、搭載されている安全装備についてまとめました。

♦レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ](5AGS車)
♦誤発進抑制機能
♦エマージェンシーストップシグナル(5AGS)
♦ESP(R)[車両走行安定補助システム]
♦ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
♦運転席、助手席SRSエアバッグ
♦シートベルトリマインダー
♦ISOFIX※対応チャイルドシート固定用アンカー※ 国際標準化機構(ISO)が定めたチャイルドシート固定装置に関する規格
♦EBD付4輪ABS+ブレーキアシスト
♦軽量衝撃吸収ボディー TECT[テクト] 
♦頭部衝撃軽減構造インテリア
♦歩行者傷害軽減ボディー

スズキ アルトワークス 新車価格は?

スズキ アルトワークスの新車価格です。

♦2WD 5MT/2WD 5AGS:1,509,840円(税込)
♦4WD 5MT 4WD 5AGS:1,617,840円(税込)

スズキ アルトワークス 中古車価格は?

スズキ アルトワークスの中古車の平均の価格帯は99.9万円~150万円が大よその相場となっているようです。先代モデルのものであれば10万円前後~でも検討できる車両が多くあります。先代モデルとなると17年以上前の年式となりますが、とにかく費用を抑えたいという方は下記の中古車情報もチェックしてみてください。

スズキ アルトワークス 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SZ/S020/

スズキ アルトワークスの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スズキ アルトワークス ユーザーの評価・口コミは?

スズキ アルトワークスのユーザー評価をまとめました。

♦走る道で燃費が大きく違う 市内:15~16km高速や信号の少ない国道: 18~19km発進時のアクセル操作でも1~2kmは違ってくる 

ワークス4WDです。Dモードで自動シフトにしていると普通のATよりもギアを落としたがる制御のようです。3-2ダウンですとブリッピングしてるのが聞こえます、おかげで燃費が18km/L位で頭打ちしてます。しばらくMモードで走ってみて燃費を伸ばす方法を模索します。目指すは20km/L

乗り方次第で楽しい車 5AGSは乗り方次第で表情が変わる車、気になるのはスタート時と1・2速の繋がりの悪さ。悪いといってもNAのキャリー・アルトと比較したらかなり良い出来といえる、(キャリー系はMCで2速発進モードが付いたよううです)。スタート時から3000回転程度に抑えた運転をすると昔の4速ATと比較してもいつ変速したかわからないくらいスムースな変速もしたくれます、アクセルをバタバタ踏むとやはりぎくしゃくしますが、パドルシフトと併用すればぎくしゃく感はかなり改善されます。Dモードでもパドルは操作できるので、下り坂でエンジンブレーキが必要な時にはシフトダウンすることでエンジンブレーキも効き、学習機能に記録されるのか同じ道を通った時には自動でシフトダウンしてくれるようになりました。シフトプログラムがもう少し研究されたら良いミッションになると思います、初期モデルでこの性能は上出来です。何より楽しいのは中間加速の良さ、車体が軽いのでストレスなく加速してくれます、後輩に運転させたところ「昔懐かしい車」との感想でした、昔のドッカンターボではないのでコーナーリング中も安心してアクセルを踏めます、「涼しくなったら峠ドライブしたい」とも言ってました。燃費は街乗り最悪16km代・遠乘最高19.9kmこの性能でこの燃費は文句なし!

ターボ車でありながらも燃費の良さにはほとんどのユーザーの方が高く評価をしています。一部のユーザーからは走行面も「ギクシャクする」「繋がりが悪い」などの声がありますが、加速の良さなどと共に個性として受け入れ、運転を楽しんでいる方が多い印象です。


総合的に概ね評価は高く感じられます!

まとめ

スズキ アルトワークスは、スポーティな走りがしたい方、加速感を感じて運転を楽しみたい方などにおすすめの車だと感じました。現行モデルはドア数も5になっているので普段使いにも重宝する軽自動車ではないでしょうか。


運転が好きな方はぜひ試乗して、スズキ アルトワークスの乗り心地を体感しましょう。

軽自動車 オススメの記事一覧

スズキの軽自動車をお探しの方は下記の記事をご覧下さい。現行で販売されているスズキの軽自動車の燃費、スペック、価格等を一覧にてまとめ、最新情報を随時更新しています。

スズキの軽自動車を一覧で比較!燃費・スペック・中古価格をチェック!

http://matome.response.jp/articles/831

軽自動車といえばスズキというぐらい世の中に浸透しているスズキの軽。現在どれだけの軽自動車がスズキから販売されているかご存知でしょうか?今回はそんな人気のスズキの軽自動車にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

下記の記事では軽自動車を「人気モデル」「燃費」「広さ」の観点に分け、オススメ、人気の車種を10台ピックアップし、紹介しています。

【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年7月13日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめて掲載しています。

こちらは、スズキ「ワゴンR」などを始めとする軽トールワゴンのみに掲載車種を絞り、2017年上半期の販売台数を元にランキングにしています。軽トールワゴン、軽ハイトワゴンをお探しの方は是非ご覧下さい。

軽でも広い!2017年最新のトール・ハイトワゴン売上人気ランキング!

http://matome.response.jp/articles/703

今、軽自動車の販売台数がどんどん増えています。それは維持費の安さなど経済的理由だけでなく、車内の広さ、快適さにも注目が集まっています。そこで今回は車内が広い軽自動車の代名詞ともいえるトールワゴン、ハイトワゴン、スーパーハイトワゴンに絞った軽自動車の売上ランキングTOP10を発表したいと思います。

関連する投稿


スズキ ハスラーの特別仕様車「タフワイルド」7月17日より発売中!

スズキ ハスラーの特別仕様車「タフワイルド」7月17日より発売中!

スズキは、軽乗用車『ハスラー』にブラック2トーンの車体色を採用した特別仕様車「タフワイルド」を設定し、7月17日より発売しています。いったいどんな仕上がりになっているのでしょう。注目して見ていきたいと思います。


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

【7月13日発売】ホンダのNシリーズ 新型軽バン N-VAN(エヌバン)最新情報

7月13日、ホンダのNシリーズにニューフェイスが登場します。その名もN-VAN(エヌバン)!N-VANは機能性・走行性能・安全性能を追求した軽貨物車です。N-BOXのプラットフォームを最大に活かし、軽バンとしての積載量は十分に確保した新型N-VAN。N-VANが気になっている人、本記事を読んで、ぜひとも検討してみては?


スズキのジムニー歴代モデル振り返り! 初代~3代目

スズキのジムニー歴代モデル振り返り! 初代~3代目

2018年7月5日に、4代目となる新型ジムニー、新型ジムニーシエラが発売されましたね。でも、ちょっと待って!新型ジムニーを知る前に、改めて歴代のジムニーを振り返ってみませんか?本記事では1970年に発売された初代ジムニーから始まる、歴代ジムニーについてまとめています。


2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

2018年上半期 軽自動車販売台数ランキングを分析!N-BOXに死角はあるのか?

全国軽自動車協会連合会が7月5日、2018年上半期(1月~6月)の軽四輪車通称名別新車販売速報を発表しました。N-BOXが圧倒的に売れている印象の2018年の軽自動車市場ですが、上半期を振り返って分析してみました。下半期に期待の新型車もピックアップしてみました。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。